« 仙人 | トップページ | 絶飲食② »

絶飲食①

先週の 入院中のお話です。


「緊急入院」の 記事の続きです。。。


-----------------------------------------------------------------------------


絶飲食で 24時間の点滴が始まりました。


この点滴は 1500mlで 1500kcalも 摂れるので 何も食べなくても とりあえず この点滴だけで 生きていけるそうです。


何も口にしない・・・と言われても 飲まず食わずで 24時間過ごすのは なんとなく 口寂しい。。。


せめて お水くらいは 飲んでもいいか 聞いてみよう。。。


「あのう。 お水は飲んでもいいですか?」


「ダメです。 いま 何かを口にすると また 腸が詰まる可能性があるので。」


「そうですか。。。」


口の中は カラカラだが 一滴の水も飲まずに 過ごさねばならないようだ。。。


全く水分を摂らないで 大丈夫なのだろうか?


すでに 喉は渇いているし お腹も減りそう。。。


またまた 質問を。。。


「あのう。。。 飲まず食わずは どのくらいの期間になるのでしょうか?」


「どのくらいも なにも もう 胃腸を使うことは 難しいかも知れません。 そうなると 一生 です。」


「えー!? 一生 飲まず食わずですか?」


「あらいさんの 胃腸は いま 生きるか死ぬかのギリギリの状態なんです。 先生からも説明があったと思いますが 次に同じように詰まったら 今度は おしまいですから。」


「胃腸が 使えるようになる可能性は ゼロなんでしょうか?」


「わかりませんが とりあえず 2~3日は 絶飲食で 点滴だけの栄養補給に 慣れていただきます。ただ もし 口から栄養が摂れるようになったとしても 固形物は 無理だと思いますから 液体のみですね。」


「そ そうですか。。。」


先生から 説明を受けたときは かなりまずい状態だということは よくわかったのですが。。。


点滴のみで 一生 飲まず食わずなんて。。。


そんなの 耐えられるのだろうか・・・?


口から ものを入れられたとしても 液体のみで 固形物はダメだということは 結局 今後 一生 食べることができないということ?


前向きに考えれば 「点滴という方法で 助かる」と思えるかもしれませんが 食べられないということは 人が生きていく上での 大きな欲求が満たされないわけで。。。


食べることは 生きていく上で とっても大きな楽しみです。


食べる量をおさえるダイエットだって 続かない人が多いというのに 一生 絶食なんて。。。


このところ なんとなく 胃腸の調子が悪かったので あまり 食べていなかったのですが 食欲がないのと 一生食べられないのは エライ違いです。


痛みも苦痛だけど「一生 食べられない」は 同じくらいの苦痛かも。


和食も 洋食も 中華も イタリアンも。。。


果物や スイーツも。。。


食べ物 すべてが ダメって 。。。


テレビでは グルメ番組が ひっきりなしに放送されている。


これも 全部 ダメってことか。。。


絶飲食の意味が あまり ピンときてなかったのですが よくよく考えてみると とんでもないことなんだと 気づきました。


「一生食べられない」ことは 考えれば 考えるほど ショックは大きく。。。


身体のあちこちが 痛くて痛くて それを 耐えるだけでも大変なのに 食べることもできなくなったら 生きている価値がないような。。。


「なにも食べてはダメ」「 なにも飲んではダメ」 と言われると 逆に 飲みたくなったり 食べたくなってしまう。。。


なにか 気が紛れるようなことでもあればいいのですが 一日中 寝ているだけなので 余計に つらい。。。


かなりの量の 水分を 点滴で入れているようで トイレには 頻繁に行きたくなる。。。


一滴も 水を飲んでないのに よく出るなぁ。。。


飲むこと 食べることが 禁止なので 当然のことながら 冷蔵庫は 空っぽ。


サービスの お湯が入ったポットも 片付けられ。。。


トイレ以外は 寝ているだけ。


飲むこと 食べることは 考えないようにしよう。


夜になり 午後7時ころ 看護師さんが。。。


「あらいさ~ん お食事 下げていいですか~?」


「あのう。。。 わたくし 絶飲食なので。。。」


「あっ! そうだったわね。 お食事は出ないのよね。 ごめんなさいね。。。」


食べることは 考えないようにしていたのに 追い討ちを かけられた。。。


なんか 長い一日だなぁ。。。


夜は 眠れるのだろうか?


おなかが減って 起きてしまうのでは? ・・・なんて 思っているうちに 朝になりました。

|

« 仙人 | トップページ | 絶飲食② »

心と体」カテゴリの記事

コメント

病の中 着眼点や文脈
全て 驚くばかりです、ユーモアの
センスも輝いてます。
まだまだ強い気持ちを持って前進
しましょうね。

今日もあらいさんの全ての祈りが
叶えられますように、祈ります。

投稿: 元ライバル | 2014年12月21日 (日) 08時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1395152/58328027

この記事へのトラックバック一覧です: 絶飲食①:

« 仙人 | トップページ | 絶飲食② »