« エンシュア② | トップページ | 強引に!?退院。。。 »

栄養指導

栄養指導を受けました。


まずは この半年くらいの ざっくりした 食事傾向から。


食欲に変化が出てきたのは 忘れもしない7月の 終わりころ。


突然 ビールが飲めなくなり コーヒーも。。。


普通の食事よりも フルーツの方が 食べたくなり フルーツや ゼリーや アイスばかり食べるようになりました。


9月に入り 少しずつ 食べられるものが増えてきましたが それでも 以前とは エライ違い。


量が食べられなくなったのは 10月ころ。


食べるとお腹が痛くなり始めたのは 11月に入ってから。


そして ついに 腸が詰まってしまい 現在の入院・・・という感じ。。。


次に 最近の 食生活を 細かく聞かれました。


栄養士さんが わたしの話をまとめ カルテを見ながら いろいろと考えている。。。


しばらくして 栄養士さんから出た 第一声は。。。


「あらいさんは 慢性的な 栄養不足です。 フラフラしているのは 貧血もありますが 栄養不足でフラフラしているのも あると思います。」


「栄養不足ですか。。。」


「はい。 今回の入院で 絶飲食で 点滴だけにしたら 体調が良くなったというのは 明らかに 今までが 栄養不足だった ・・・ということです。」


「なるほど。。。」


「今後 口から入れるものは 胃腸に負担のないものが 絶対条件ですが あとは いかに カロリーを摂るか? ・・・になります。例えば お粥は なんとなく ごはんっぽいし 食べた気になるのですが 栄養的には 炭水化物で カロリーは 全く足りません。 あらいのように 身体にやさしいものを食べようとすると 炭水化物がメインになりがちで タンパク質不足になる傾向があります。」


「はい。。。」


「やはり 栄養補助剤で バランスのとれた栄養素 カロリーを補う必要があります。 補うというよりも カロリーのメインは 栄養補助剤で摂ると思っていただきたいのです。食事っぽいものは たいしたカロリーにならないので そこは 満足感を得て あとは 栄養補助剤で しっかり カロリーを摂る。1食の割合は 食事っぽいもの1 栄養補助剤9 くらいのイメージでいいと思います。」


「そ そんなに!? そうかぁ。。。 食べられそうなものを 一生懸命考えるより 栄養補助剤をしっかり摂った方がいいのかぁ。。。」


「そうです。 今のあらいさんにとって 大事なのは カロリーを摂ることです。 このままだと どんどん痩せてしまいますからね。」


「でも 高カロリーのものなら なんでも ・・・という訳ではないですよね?」


「そうです。 まず 腸閉塞にならないための 控えるべき 食材のリストをお渡ししますので そこに書いてあるものは 極力 避けていただきたいです。」


そのリストを見ながら 調理の仕方 食べ方など 細かい説明を聞きました。


勘違いしていたのは 胃腸のことを考えると 消化のいいものがいいのかと思っていたのですが そうではなく 詰まらないものがいいとのこと。


例えば やわらかいパンなんて 消化はいいのですが パンは スポンジのようなもので 胃で水分を吸収し 詰まりやすくなるとのこと。


う~ん。。。


わかりやすい。。。


ある程度 食事が わかったところで 次に 栄養補助剤のお話に。。。。


保険が効く エンシュアや ラコールは 栄養素 カロリー的には ほぼ完璧。


処方箋でしか手に入らないので 薬局で買うことはできません。。。


栄養的には 最高なのですが 問題は 飲みやすさ。


味の種類が少なく かなり濃厚なので 毎日これだけを 飲み続けるのは きついはず。。。


そこで 保険が効かない 栄養補助剤の サンプルと カタログを 見せていただきました。


まぁ 驚いたのは その 種類の多さ。


電話帳とまでは 言いませんが カタログは かなりの厚さで ありとあらゆる 食べ物が ペースト状になっていたり 飲み物になっています。


ほんの一口サイズで 200kcalもあるゼリーがあったりして ビックリ!


あまりの種類の多さに とても 一日じゃ 見きれない。。。


今や 世の中は ヘルシー志向。


少ないカロリーで 満足させるものはあっても わざわざ カロリーを摂るための ものなんて エナジードリンクや カロリーメイトくらいしか ないと思っていました。


少ない量で カロリーが摂れるものが こんなにあるなんて 面白い。


これ ずっと見ていても 飽きないかも。。。


「エンシュアが 飲みにくくても これだけ 色々なものがありますから 大丈夫ですよ。」


「そうですね。 なんか 安心しました。 そうかぁ。 カロリーね。。。 例えば お水や お茶って カロリーがないじゃないですか。 お水ばっかり飲んでいたら もったいない?・・・なんて。」


「そうね。 水や お茶を飲むなら ジュースの方がいいかもね!?」


先生からは 20~30分 と言われていた 栄養指導の時間でしたが お話がとってもわかりやすく おまけに 美人の栄養士さんで 生い立ちや 趣味のことなど 余計な話を含め かかった時間は1時間半。。。


今の わたしにとっての 理想の食生活が よくわかり とってもいい時間でした。


|

« エンシュア② | トップページ | 強引に!?退院。。。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

やっと栄養の話にたどりつきましたか。

病気自体がアウトプットとすれば、

栄養は身体にとって唯一のインプット。

肉魚が食べられない状況であれば、

普段は補助食品としてとらえていたものをメインに。

ひとのほとんどを構成しているのは水とたんぱく質。

良質なたんぱく質をたくさん補給できるといいですね。

市販品はほとんど100g中24~9g程度。

たんぱく質以外の糖類とか乳製品とかいろいろ入っています。

私が取得しているのは95%たんぱく質。

糖質脂質はゼロ。


たんぱく質は摂取し過ぎると腎臓に負担を掛けます。

ほどよく自身の身体と対話しながら、ですね。


お薬って元気なひとが飲むものだと思っています。

元気がなければお薬も効かないのです。


もっともたんぱく質とかのお話は小学校4年5年生レベルのお話です。

いいものと出会えるといいですね。

投稿: D | 2014年12月25日 (木) 10時55分

>おまけに 美人の栄養士さんで

なんかいっつもそっちの方に話もっていきますよねw

投稿: K | 2014年12月25日 (木) 20時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1395152/58367376

この記事へのトラックバック一覧です: 栄養指導:

« エンシュア② | トップページ | 強引に!?退院。。。 »