« アルブミンの輸血 | トップページ | 5週間ぶりの治療 »

新たな転移

具合が悪すぎて 寝たきりです。


ショックなことが 多すぎて 無気力です。


何をするにも 身体がしびれてしまい 疲れて できなくなります。


トイレに行き 手を洗おうとしても 3回こすると もう ぐったり。


力がなく スマホも 持っても すぐに疲れて 手を離してしまいます。


文字を打つのも すぐに疲れてしまい 10文字程度打っては しばらく休憩。


具合が悪く 退院のめどは たちません。


先週 つらい告知がありました。


-------------------------------------------------------------------------------------------


内視鏡検査の際に 胃に2ヶ所見つかった腫瘍は メラノーマの悪性腫瘍でした。


ついに 胃に転移してしまいました。


あまり 胃の転移は 聞いたことがなかったので まさか でしたが 先生曰く 胃の転移は あります と。


胃や 腸は 画像検査では わからないので 見つけにくいそうです。


ヘモグロビンの減りが異常なので 「小腸にも 転移し 腫瘍からの出血があるはず 」 とのことです。


それも 1ヶ所や 2ヶ所ではなく たくさん あるのではないかと。


肺と 肝臓だけでも 精一杯だったので 胃と小腸の転移は 大変ショックでした。


胃の転移具合 小腸の転移を調べたいのですが 今は 検査に耐えられない身体なので 検査できる身体にすることに 集中しましょう と。


延期してきた ニボルマブの治験の治療は 終了となりました。


治験には いろいろと条件があるのですが 「転移した」ということは 「治療したことで 悪化した」 という評価になるようです。


ただ ニボルマブの治療は すでに 承認されているので 頻度と量は 変わりますが 治療はできます。


治療は できるのですが 今の身体では 治療に耐えられないので 治療はできないということです。


昨日 採血の結果がよければ 治療の予定でしたが ヘモグロビンが下がりすぎていたので 即 輸血となりました。


昨日4単位。


本日も4単位 です。


-------------------------------------------------------------------------------------------


一気に たくさんの 課題ができました。


今後の治療のこと。


貧血の度合いが ひどいので 今後の輸血対策。


治験のしばりがなくなったので 皮膚転移したしこりを 手術で取りたいこと。


取るにしても 今の身体では 麻酔が打てないこと。


胃の転移 小腸の転移は どうするか。


検査もできない状態なので まずは 検査をしてから。


ニボルマブで 悪化したとしたら ニボルマブに意味があるのか という問題も。


今回のような 緊急な事態が 今後 増える可能性があるので ガンセンターですべて対応すると 行くのも大変だし わたしの負担が大きいのではないか ということ。


ガンセンターではなくても できる処置 できる治療は 近くの病院で行えるように 体制を作る必要があるのでは。


家でも 在宅のケア環境を作り 介護用ベッドなどの 対応を 考える必要も。


-------------------------------------------------------------------------------------------


つい この前までは 定期的に 治療をして 転移したがんが 小さくなることを 望んでいました。


元気になることを 望んでいました。


元気になって 動いている自分 泳いでいる自分が 想像できました。


今は まったく 状況が変わってしまいました。


自分でできることは できるだけ助けを借りずにやりたいが 助けを借りなければできないことが 多くなりました。


-------------------------------------------------------------------------------------------


大きなショックを受けると同時に たくさんの課題ができました。


考えると キリがない。


悩んでいると キリがない。


具合が悪い状態が続くと 「このまま 退院できず 病院で最期を迎えるのかなぁ 」 なんて思ったり。


不思議と 見る夢は いい夢ばかりで 元気に 動き回っている自分がいます。


しかし 目が覚めると ぐったり 動けない自分が。


つらいけど これが現実。


-------------------------------------------------------------------------------------------


今現在 退院のめどは まったく たちません。


毎日 毎日 様子をみて 明日の予定を立てる。


翌日になると 状況が変わってしまい 予定していたことは 変更に。


めまいがひどい 高熱が出る 痛みがひどい 身体がしびれる 数値がひどい。。。


その場その場で できる対処をしていただくが 頻繁に 想定外のことが 起こるので どうするかは その日にならないと わからない。


いろいろと 計画を立てても 治療もできない 麻酔も打てないので お手上げです。


今は 「治療できる身体になること」 「退院できる身体になること」 を 目標に 頑張るしかないです。。。


-------------------------------------------------------------------------------------------


細かい話は たくさんあります。


貧血のことだけでも 毎日 毎日 細かい話を聞くので 書きたいことは たくさんありますが それは また そのうちに。


山崎先生が 毎日 3回くらい 来てくれます。


病棟の先生も 看護師さんも 一生懸命 対応してくれます。


本当に ありがたいです。


あ~ 疲れた。。。


これだけ打つのに 3日がかりです。。。

|

« アルブミンの輸血 | トップページ | 5週間ぶりの治療 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1395152/57951691

この記事へのトラックバック一覧です: 新たな転移:

« アルブミンの輸血 | トップページ | 5週間ぶりの治療 »