« 全身に転移 | トップページ | なにもしない日 »

最後の戦い

告知から数日間は なにも手につかず 誰にも言えず ショックと 恐怖に怯える毎日でしたが 日がたつにつれ 気持ちが変わっていきました。


ガンが全身に転移したことは 本当につらいこと。


でも いつまでも こうして 落ち込んでいても 意味がない。


なってしまったのだから 仕方がない。


もう こうなったら 前に進むしかない。


ついに来たな 悪性腫瘍ども!


片っぱしから 踏んづけてやる!(おネエ!?)


負けてなるものか!


よし! がんばるぞ。


-------------------------------------------------------------------------------------------


先生方のスタンスは 「これをやりましょう」 「あれをやりましょう」 ・・・ではなく 「あらいさんが望むなら・・・」という感じ。


検査や 治療も 勧めてはきません。


「あらいさんが望むなら できる限りの 検査や治療は やりますよ」という感じ。


じゃあ できる治療を片っ端から ・・・と思ったところで この 貧血がある限り 今できる治療 できる処置は ほとんどありません。。。


頭の転移をどうにかしないと。


いやいや 内蔵の方が 怖いかも。。。


でも 貧血が。。。


課題が多すぎて 頭がパニックになる。


なにから 手をつけたらいいのか?


何を はじめたらいいのか?


う~ん。。。


何をしたいか。。。


そうか。


いま ボクは 何をしたいんだ?


どうなりたいんだ?


そう考えると 答えが 出てきそうだ。


無理だとしても 例えば 「プールに行きたい」とか 「好きなものを食べたい」とか 「出かけたい」とか。


そうするためには どうしたらいいのか。


まずは 退院しなければならないなぁ。。。


よし!


直近の目標を 「退院」にしよう ・・・と 思いました。


今の貧血状態だと 1週間に数回の 輸血が 必要になるので 永久に 退院できません。


通院での輸血も できなくはないですが それなら 入院していた方が ずっと楽です。


退院するためには 「家で輸血ができればいい」・・・と思いました。


-------------------------------------------------------------------------------------------


入院してすぐに 「緩和ケア」の チームが組まれました。


ドクター1名 看護師1名 痛みの専門家 メンタルの専門家 ソーシャルワーカー の皆さんです。


この皆さんが とにかく 親切 丁寧で 毎日 1時間以上 話を聞いてくれたり アドバイスを頂けます。


特に 痛みの専門家は すごいです。


その辺の話は 長くなるので そのうちに。


この緩和ケアのチームの皆さんが 痛みや ストレスを楽にしてくれるのと同時に 在宅医療 往診 訪問看護 ヘルパーさんの手配 介護認定など すべて 行ってくれるとのこと。


いま入院で おこなっていることが 家でできるようになれば もしかしたら 退院が できるかもしれない。。。


絶望しかなかった 未来に 光が射しました。


-------------------------------------------------------------------------------------------


緩和ケアと 同時進行で 先生方が 今ある 転移の部位の 専門の先生に 詳しい話が聞けるように 依頼をかけてくれました。


頭のことは 脳外科に。


骨のことは 整形外科と 放射線科に。


胃と 小腸のことは 消化器外科 消化器内科に。


肺のことは 呼吸器に。


肝臓 胆嚢のことは 腫瘍内科に。


そして。。。


重要人物を 忘れてはいけません。。。


これら すべての事が動き出す前に 大忙しの山崎先生に 電話をし 現状を伝え ご意見をうかがいました。


------------------------------------------------------------------------------------


わたしには 偉大な先生方 支えてくださる方 応援してくださる方 大勢の人がついている。


ア バオア クー での 最後の戦い!?


強敵「メラノーマ軍」を倒すのだ!


わたしは 戦うことに決めました。

|

« 全身に転移 | トップページ | なにもしない日 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

恐怖と絶望を胸に過ごしても1日。

穏やかに笑って過ごしても1日。

強くは無い。
やりたい事、みたい物、行きたい場所が有る限り前に進むしか無いのですよね。

生きている限り希望はつながって状況が変わると思います。
今回の戦いを最後に、その後は穏やかな日常が訪れますように。

投稿: あさこ | 2014年11月21日 (金) 18時17分

必ず小さくても希望を持って下さい。
それ自体が未来なんですから
毎日 少しでも良くなるように
祈ります。
最終目標?
三浦の伝説のスーパーウルトラ
クラウチングスタートを復活させる
事でしょう。
私は横にいて ドキモ抜かれたんですから
びびりましたよ。笑

投稿: 元ライバル | 2014年11月21日 (金) 18時34分

道は自分で作る


人の作った道では味気ない


そんな感じですね

ひとそれぞれ時間の感覚は違います


これからは


きっと濃厚な時間を過ごされるのだと思います


投稿: D | 2014年11月21日 (金) 18時50分

ア バオア クーの戦いに挑む
あらいさんの
御武運お祈りしております


笑顔の可愛らしいあらいさんの笑顔がまた見られる事を
心よりお待ちしています

投稿: きき | 2014年11月21日 (金) 20時43分

あらいさんの強い気持ちに、こちらが勇気づけられます‥。
同じメラノーマと闘う同志として、共に闘ってるつもりです。
あらいさん、あなたの生きる力を信じてます!

投稿: | 2014年11月21日 (金) 20時50分

あらいさんの強い気持ちに、こちらが勇気づけられます‥。
同じメラノーマと闘う同志として、共に闘ってるつもりです。
あらいさん、あなたの生きる力を信じてます!

投稿: サクラ | 2014年11月21日 (金) 20時52分

心から尊敬しています。
祈りは伝わると言われます。
たくさんの方の祈りが、新井先生の力になりますように。

投稿: なすまま | 2014年11月21日 (金) 21時07分

何をコメントしても言葉が足りないというか、
言葉が軽くなってしまうというか、
人に思いを伝えるのは難しいですね。

ただ私が思うに、
あらいさんは闘病中に競泳で、
驚異的に記録を伸ばしたり、
通常では考えられない事を成し遂げていますよ。

あらいさんの目標は絶対に達成されるはず。

そのうち第3回あらフェスも目標に入れてくださいね。

投稿: N田 | 2014年11月21日 (金) 21時23分

あらいさんとはいつでもあそべるから

投稿: sun | 2014年11月21日 (金) 23時35分

水泳を全く知らなかった私が、もう25年も水泳をやってます。人に教えてます。
全て新井くんの丁寧な指導のおかげです。
私の水泳の基礎は、そこにあります。
あの頃は、とても楽しい皆との時間を過ごせました。
母親に世界の七不思議と言われますが、まだまだやりますよ~。

大阪の大会で、新井くんのバタフライを見たい!
来年はゼヒお願いします。

投稿: 九州女子 | 2014年11月21日 (金) 23時41分

頑張ってくださいね!
ご健闘をお祈り申し上げます。

投稿: cae | 2014年11月22日 (土) 00時56分

何て前向き♪\(^^)/
さすがです。
メラノーマ軍を
こてんぱんにやっつけて~

投稿: dump | 2014年11月22日 (土) 07時59分

あらいさんの面白解説がないと世界水泳もオリンピックも見方がわかりません。頼みます!

投稿: Y田 | 2014年11月22日 (土) 10時49分

やはりあらいさんはただものではない。
きっと泳げる日が来る。絶対にくる。

投稿: ピピ | 2014年11月22日 (土) 11時02分

富士山が待ってます❗️

投稿: swan | 2014年11月22日 (土) 15時34分

こんな素晴らしいブログ、本当にはじめてです。 いろんな事を教えられています! まわりの人が一生懸命なのも、あらいさんの人徳のなせる業でしょう。! 

投稿: K | 2014年11月22日 (土) 21時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1395152/58049587

この記事へのトラックバック一覧です: 最後の戦い:

« 全身に転移 | トップページ | なにもしない日 »