« 過去最悪の体調 | トップページ | 内視鏡 »

輸血

昨日は 大変な一日でした。

人生初の 輸血をしました。

----------------------------------------------------------------------

昨日は フラフラで 歩けず 車イスで 入院しました。

入院して すぐに検査が始まりました。

一見して 相当 具合が悪いと思われたみたいで 先生と 看護師さん 薬剤師さんが 飛んできて 今ある症状を 一つ一つ 丁寧に 聞いてくれました。

まずは 貧血から。

フラフラして まともに歩けない。

立っていても 座っていても すぐに 目の前が真っ白になって 目が回る。

これだけ聞くと 結構ひどい貧血の症状。。。

貧血のような症状は いろいろと原因が考えられる。

熱が出ることでも 貧血になる ・・・などなど。

貧血は 大きく 2通りあって 単純に 血が薄くなっていることと めまいのような症状は 違う対処になる。

なんで 貧血なんだろう・・・?

次に 熱のこと。

結局 前回の退院から 毎日 熱が出た。

高いときは 39度台。

解熱剤は 強くないものを出しているが 痛み止めにも 解熱の効果はある。

毎日 午後になると 熱が出るということも 気になる。

咳や鼻水が出ていないから 単なる風邪ではなさそう。

また肺炎かも!? ・・・ 肺炎の検査もしましょう。

あとは 蜂巣織炎のような感染か?

いまだと インフルエンザ? RSウイルス? デング熱? とりあえず 片っ端から 調べよう。

ちょっと 先生に質問を。。。

「家で 自分で調べたら 『腫瘍熱』というのを見つけて 熱が出るタイミングや 症状が かなり当てはまるように思ったのですが。。。」

「悪性腫瘍があるだけで出る 腫瘍熱も 考えられますが まずは感染など 重要なことから考えて どれにも当てはまらない時に 腫瘍熱かもしれないという判断もありますね。」

次に 痛みのこと。

いまある 痛いところを 一つずつ 点数をつけて いきました。

・皮膚転移したガン 12ヶ所
右大腿部
右脚の付け根
左鎖骨の下
心臓の上
左脇の下
左脇の下の5㎝下
左脇腹
左背中
左背中の中心部
左前腕
左のあご
右の肘
・みぞおちの内部
・右の股関節
・右の腰
・左の鎖骨
・頭痛
・左耳の奥。

一つ一つ 数えたら 痛みのあるところは 全身の18ヶ所でした。

それぞれ 痛みの度合いと どう痛いのか。

これらが 同時に 痛いとなると かなり つらいね・・・と。

痛み止めの 薬も 再検討 ・・・ということに。

次に だるさのこと。

肝臓によるだるさなのか?

熱による だるさなのか?

貧血による だるさなのか?

痛みによる だるさなのか?

もう なんだか 訳がわからない。。。

----------------------------------------------------------------------

検査結果次第では 治療の中止 もしくは 治療の継続ができなくなるかも・・・という話に。

そうこうしているうちに 検査結果が出ました。

ヘモグロビンが 6しかない。

「あ。。。 これは大変だ! 今から すぐに輸血しましょう。」

「ゆ 輸血!?」

すぐに 同意書を書いて 輸血のための ルートを取る。

輸血に必要な さらに詳しい検査のための 血を取る。

ただでさえ 血が足りないのに たくさん取らねばならず 悪戦苦闘。

「輸血って どのくらい 入れるのですか?」

「献血で200cc取るでしょ。 あれを4回分入れましょう。」

「800ccも 入れるのですか? それって 誰の血??」

「献血に協力していただいた方々の血液です。 場合によっては 追加します。」

すぐに輸血が始まり さらに 問診は続きました。。。

----------------------------------------------------------------------

悪性腫瘍があるだけで 貧血になることもある。

身体のどこかで 出血しているかもしれない。

みぞおちが痛いのは 胃や その周辺で 内出血しているかもしれない。

「念のため 胃カメラも飲んでおきましょう。 便が黒くないですか?」

「痛み止めを 常用するようになってから 確かに 便が黒い気がします。」

「では 便の検査もしましょう。 あと 耳が痛いというのも気になります。 耳は敏感なところなので 耳鼻科の先生にも 診ていただきましょう。」

先生と 看護師さんに いまの つらいことを とことん聞いていただき 延々と問診は続きました。

先生のするどい質問に 頑張って答え 看護師さんに 同情してもらうと 泣いてしまい 疲れ切って いつの間にか 寝てしまいました。

途中 何度か トイレに起きた以外 ぐったりしたまま 一日が過ぎました。

----------------------------------------------------------------------

朝 起きると。。。

すごい汗 汗びっしょり。

ベッドに腰かけ 着替えると。。。

あれ? フラフラしない!?

歩行器で トイレに行くと 。。。

あれれ? 歩いても フラフラしない!?

だるさもあるし 痛みも かなりありますが 貧血のフラフラは なくなった気がします。

昨日のことを 覚えているうちに 書こうと思い かれこれ 2時間 ゆっくり ゆっくり 書いています。

これだけ文字を打てただけでも ちょっと 元気になったのかも。

今日は 絶食で 朝から いろいろ検査です。


|

« 過去最悪の体調 | トップページ | 内視鏡 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

もう目一杯がんばっているはずなので、とても「がんばって!」とは言えません…なんにもできない自分が悔しいです。少しでも良い方向に向かうよう祈ります。先生はぜったい大丈夫!

投稿: 狛江のみきちゃん | 2014年10月23日 (木) 16時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1395152/57759980

この記事へのトラックバック一覧です: 輸血:

« 過去最悪の体調 | トップページ | 内視鏡 »