« 復活の兆し | トップページ | 検査結果 »

入院までの経緯

すみません。

ご心配おかけしました。

ようやく パソコンが打てるようになりました。 

先週の水曜日から エライことになりました。。。

いろいろとあったので 思い出しながら 記録に残します。

----------------------------------------------------

エライことが起こり始めたのは 「希望のハードルを下げる」・・・などと ネガティブ感いっぱいの ヘタレなブログを書いた直後のことでした。。。

ただ 「体重が59kgになりました」 ・・・という話のつもりが 書き始めると 話は大きく脱線!?

あきらめなければ・・・と思ったのは 火曜日に 腕を回した時に 左腕を回すと 左の脇 胸 背中が 激痛だったから。。。

痛み止めを使ったのに こんなに痛いとなると もう これは いよいよ 泳ぐことは無理だな・・・と思ったので。。。

もう泳げないし お先真っ暗 ・・・なんて 思っていたら なんか 体調もずっと悪いし 咳は止まらないし 息苦しいし だるいし 熱は出るし あ~あ~ ・・・いいことないなぁ・・・と ひたすら ネガティブゾーンに。。。

遮光カーテンを閉め 暗~い部屋で 暗~い文字を 打ち終わった直後 咳が止まらなくなり 呼吸困難に。。。 

あんなものを 書いたばっかりに バチが当たったか?
とにかく いろいろなことが ありました。

----------------------------------------------------

●水曜日

ブログを書いた直後 咳が止まらなくなりました。

悪寒がひどくなってきて 熱を測ると 39.0度。

どうしよう ・・・と思い ガンセンターに電話。

先生から かかりつけの大学病院に行くように言われ すぐに電話をし 向かいました。

レントゲンを撮り 診察室で一緒に画像を見ながら診察を。

診断の結果は 「肺炎」。

ニボルマブの治療の関係で 使用できる薬が限られる。

使っている痛み止めと相性が悪いものも避け 処方してもらい 帰宅しました。

●木曜日

止まらない咳。。。

下がらない熱。。。

寝ても寝ても だるさがひどく。。。

●金曜日

朝から 咳が止まらず ドロドロした変な汗が出る。

体温を測ると 39.5度。

とにかく体調が悪い。

2日間 抗生剤を飲んだけど 悪化している気がする。

このままで いいのだろうか? ・・・と不安になり ガンセンターに電話。

「山崎先生に相談して 折り返し電話をするから とりあえず 大学病院に行ってください」と。

大学病院に着くと 山崎先生から電話が。

「普通の肺炎ではないかもしれません。 治療による肺炎だとすると 抗生剤が効かないので 今すぐ ガンセンターに来てください」 と。

救急でガンセンターに移動。

移動中も 身体中の痛み だるさ 咳が止まらず息苦しい。

さらに 熱の悪寒と ドロドロした汗が止まらず 話をすることも大変な状態。。。

ガンセンターに着くと 先生が待っていてくれて ストレッチャーで 検査に。

採血採尿 レントゲン CT 心電図の検査をし 空いている診察室のベッドに寝かせてもらい 結果を待つことに。

悪寒で 身体が震えてしまい 一から症状を説明するのも大変。

すぐに結果が出て 先生から説明が。

肺炎自体は そんなにひどくないが 症状が あまりにひどい。

血液検査の結果は めちゃくちゃで ほぼすべての数値が 高すぎるか 低すぎる。

治療による肺炎ではないことだけは わかったのですが なぜこんなに熱が出るのか? わからない。。。

「どこが痛いですか?」

「頭と のどと 背中と 脇と 胸と みぞおちと 腰と・・・」

「他に つらいことは?」

「・・・・」

もう つらすぎて 話ができない。

肺炎から 何かの合併症?

糖尿から 肺炎で なにかの合併症?

○○から○○の影響で○○みたいな よくわからない推測まで。。。

なんだかわからないので このまま いろいろ調べながら治療をしましょう ・・・ということで そのまま 入院に。

朝 お財布だけ持って 大学病院に向かったので 何の準備もないまま 入院になってしまいました。

これらのことも あとからわかったことで この時は 意識が朦朧としていて 気づたら 病棟のベッドでした。

いつの間にか パジャマを着て いつの間にか 点滴をしている。

とりあえず 一日分の下着 水 タオルなど 買ってきてもらい ひたすら寝る。

24時間心電図を測るため 吸盤をつけ 身体の横に機械が置かれる。

何の薬を入れているのかわからないが ずっと点滴。

珍しく? 山崎先生が 頻繁に見にきてくれました。

●土曜日

一日中 寝ているだけ。

熱は下がらず。。。

かなり脱水になっているとのこと。 

全く食事もとれないので 水分と栄養は 点滴で。。。

ずっと寝ているので 昼だか 夜だか わからない。。。

●日曜日

午後になり ドロドロした汗がおさまってきた。

夕方になり 熱が下がり始める。

久しぶりに食事を。

あたたかい そうめんを 食べました(^^)/


|

« 復活の兆し | トップページ | 検査結果 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

あらいさんの持っているいろんな力を信じています。
そして少しでも良くなって体が楽になることを願っています。
ブログの更新は待ち遠しいけれど、
体の負担にならない程度にしてくださいね。
それにしてもいつも見事な文章で感心しております。

投稿: N田 | 2014年10月 7日 (火) 02時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1395152/57598967

この記事へのトラックバック一覧です: 入院までの経緯:

« 復活の兆し | トップページ | 検査結果 »