« 治験② | トップページ | 治験④ »

治験③

20140605063246_1
昨日は 一日治療でした。

朝から 採血を。

朝食をとって 治験の先生 腫瘍科の先生たちが 体調の確認をしに来ました。

「お薬ができ次第 治療を始めます。」

午前9:00 心電図の検査のおねえさんが登場。

「治療後に また 心電図をとりますので 身体に貼ったしるしは そのままつけておいてください。」

看護師さんが 抗アレルギー薬を 5錠持ってくる。

「治療前に これを飲んでください。」

お薬を飲む。。。

しばらくして 先生と看護師さんが登場。

太めの針で 点滴のルートを取る。

そのルートから 採血を。

「では お薬ができましたら 持ってきますので。」

いよいよ お薬が登場! ・・・というときに ビックリ!

な なんだ? 

この物々しい雰囲気は!?

看護師さんが 全身 防護服のようなものを着て 顔も覆われていて 大きな透明なメガネをかけて 点滴を持ってきた。

な なんか 看護師さんらは 物々しいのに 肝心の患者のわたしは 丸腰なんですけど・・・!?

そのまま ルートにつなぎ 点滴がスタート。
20140605063246_3

今まで入院してきた病院では 看護師さんが 時間を測りながら 点滴を落とす早さを調整していたのですが こちらは すべて機械がやってくれるので 点滴の量と 終了時間を設定すると 自動的に 早さを調整してくれます。。。

副作用に関しては 治験の段階なので 何が起こるか わからないけれど これまでの抗がん剤と比べたら 副作用は強くないはず ・・・とのことでした。

はじめのうちは 全然 副作用はなし。

これなら 終わったあとも元気だろう ・・・と思っていました。

しかし。。。

点滴の途中で 採血をしに 看護師さんが登場。

点滴していない方の腕から 採血を。

「具合は いかがですか?」

「ちょ ちょっと だるくなってきました。。。」

お昼の時間になり 昼食を。

気持ち悪くて 全く食べられない。。。

食べられたのは わたしの苦手なはずの メロンだけ。。。
20140605063246_2

その後は だるさがひどく もう起き上がれない。。。

寝ては起きて ・・・を 繰り返す。

起きると 寝汗がひどい。

ルートを抜きに来たのも うろ覚え。

心電図を取られたのも うろ覚え。。。

結局 夕方まで だるくて 気持ち悪くて 起き上がれない。。。

こ これは 思ったよりも ダメージがあるかもしれない。。。

わたしは これまでも なにかと 効きすぎる傾向があるようで 今回も そんな感じかも。。。

まあ いい方向に考えれば 何も起きないよりは ダメージがあった方が 効いているような気がする。。。

結局 夕食も お味噌汁以外は 食べられず・・・
20140605063246

-------------------------------

お見舞いに来られる方 午後3:00~6:00くらいで どうぞ。




|

« 治験② | トップページ | 治験④ »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1395152/56405847

この記事へのトラックバック一覧です: 治験③:

« 治験② | トップページ | 治験④ »