« 治験③ | トップページ | 治験⑤ »

治験④

ちょっと 疲れてしまったので 明日 金曜日のお見舞いは なしで お願いしますm(__)m

土曜日は 午後2:00以降 お見舞いに来られる方はどうぞ。

-----------------------------------

わたし この治験を受けるにあたって とっても気になることがありました。

それは いま ガンの転移は どうなっているのか・・・?

4月30日の検査の結果で 肺に2か所 肝臓に多発転移が わかりました。

毎月検査をしていて 3月末の検査では 何もなかったので 1ヶ月で 突然 転移したことになります。

あれから 1ヶ月たちました。

たくさんの転移は いま どのくらい進んでしまったのか?

もしかして 別のところに 転移がしてしまったのではないか?

いろいろと 考えてしまい 気になっていたので 先生に話をしてみました。

------------------------------------

先生が問診に来た時に いろいろとお話をしました。

山崎先生は 出張されていて 別の先生とのお話でした。

「昨日は ずいぶん つらそうでしたね。」

「はい。 副作用は少ないと聞いていたので 大丈夫だと思っていたのですが 思ったよりダメージがありました。。。」

「今日の体調は いかがですか?」

「今日は だいぶ元気になりました。」

「肺のまわりに痛みがあるとのお話ですが どういう痛みですか?」

昨年 肺に転移使した際に 肺を切除した経緯を話し 術後の痛みは だんだん少なくなってきていたのに 4月の終わりころから また違った痛みが出てきて 今は じっとしていても 嫌な痛みがあるという話をしました。

「先生 ちょっと知りたいことがあるのですが。。。」

「なんでしょうか?」

「転移とわかった検査が4月の末で それから1か月以上たっているので いま 転移が どうなっているのか知りたいのです。 こちらで検査した CTや PET-CTの結果って 見せていただくことはできますか?」

「はい。 いつでも見られますよ。 では いまから 見てみましょう。」

先生と カンファレンス室に移動。

パソコンには 電源が入っていて いつでも画像が読み出せる状態。

すぐに画像を 出してくれました。

「まずは 全身の3D画像です。 黒いところが腫瘍です。」

「え~!? 頭と 下腹部が 真っ黒じゃないですか!」

「あ。 頭と 下腹部は 誰でも真っ黒になるので 大丈夫です。」

「そ そうなんですか。 よかった。。。」

「肺は やっぱり黒くなっていますね。 このあとの スライス画像で 詳しく見ていきましょう。」

「はい。」

「画像は 何度も確認をしました。 4月30日の画像から 肺は 多少大きくなっていて 肝臓も 少し増えているようですが それほど 大きな病変はありません。。。」

「そうですか。 大きく変化していないなら ちょっとは よかったのかなぁ。。。」

「肝臓は PETだとわかりにくい傾向があります。 PETには映ってなかったけど 実際には 転移があったということは よくあることなので 肝臓に関しては 造影剤のCTの方が わかりやすいですね。」

「そうなのですか。。。」

肺と 肝臓の画像を 何度も確認。

造影剤のCT画像も 何度も確認。

転移は もちろんしているが ものすごく大きくなっているとか ものすごく数が増えているとか 他の転移とか ・・・ということは なさそう。

この治験で どのくらい効果が出るのかなぁ。。。

少しでも 小さくなってくれれば と思います。

------------------------------------
わたしが入院しているのは 国立がんセンター中央病院です。

おとなりの 国立がん研究センター研究所ではありません。。。

築地 銀座 東銀座 新橋 汐留 ・・・など いろいろな駅が近いようですが 最寄りの駅は 大江戸線 築地市場駅みたいです。。。



|

« 治験③ | トップページ | 治験⑤ »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1395152/56414966

この記事へのトラックバック一覧です: 治験④:

« 治験③ | トップページ | 治験⑤ »