« Wi-Fiテザリング | トップページ | このところスイム »

サイン

水泳の日本選手の活躍が目ざましい! 今日この頃ですが こんなにも 水泳がメジャーになったきっかけは わたしは 「I.ソープ選手」の登場からだと思います。

1999年 プレ五輪大会で 突如現れた 15歳の少年 「I.ソープ選手」

2000年のシドニー五輪では 圧倒的な強さを見せ 一気に水泳界の スター選手に!

2001年福岡の世界選手権では これまで NHKだけだった 水泳の放送を 民放が 行うようになりました。

たちまち 水泳は メジャーになっていきました!

その水泳の人気を後押ししたのが 北島選手の オリンピック2大会連続 2種目金メダルという快挙!!

あれから 10数年・・・

水泳は 様々なメディアで取り上げられるようになり 水泳の選手が バラエティー番組に出るまでになりました。

--------------------------------

わたしは 水泳競技のファンであります。

単純に 競技を見ることが大好きです。

ここ数年は 毎年 国際大会があるので それを録画しては 解説の一語一句まで言えるほど 繰り返し見ています。

テレビで見る水泳は それはそれで 迫力もあり 動きも見やすいのですが やはり 「生で見る」すごさは 全く別物です。

野球や サッカーや 駅伝でもそうですが テレビで見るより 生で見る動きは はるかに スピード感があります。

競技は 生で見るのが一番!

生で見て ライブで感動を味わうのが格別です。

会場にいると 偶然 通路で選手とすれ違ったりすることも多いです。 

ちょっと 声をかけて 握手をしてもらったり 一緒に写真を撮ってもらう ・・・なんてことはしません。

本番は 真剣勝負ですからね。

選手に 余計なストレスを 与えてはいけません。

サインなんて もってのほかです。

本番で 身体をフルに使うために この日に合わせて調整してきている選手の腕を サインのために無駄に エネルギーを使わせるなんて とてもじゃないが できません。

ましてや 水泳は 腕をメインに使うスポーツですから サインを書くために 腕を使わせるなんて 考えられません!

しかも 寺川綾選手や 星奈津美選手のように 世界でメダルを取るほどの TOPレベルの選手に サインを求めるなんて どうかしてますよ。

なんで そういう 気遣いができないかなぁ・・・

まあ 100歩ゆずって 選手が快く サインを書いてくれたとしてもですよ やはり 1枚の色紙に 一人ですよね。

一枚の色紙に 複数の選手にサインを書いてもらうなんて 大変失礼なことだと思います。

Nec_160011




|

« Wi-Fiテザリング | トップページ | このところスイム »

水泳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1395152/54615049

この記事へのトラックバック一覧です: サイン:

« Wi-Fiテザリング | トップページ | このところスイム »