« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月

肺の限界

だいぶ 泳げるようになりました。

400m単位の練習も 慣れてきたので ついに 肺の手術前にやっていた「600練習」にチャレンジしてみました。

手術前にやっていた 600m練習。

長水路で 「600m×4 9.00サークル」 で だんだんタイムを上げていく。

手術前は 1本目を8分00秒でスタートして どれだけ上げられるか? ・・・という感じでやっていました。

最も速かったのは 7分40秒? くらい・・・

このタイムには ほど遠いとしても とりあえず 同じメニューをやってみよう!

先日 長水路プールで 「600×4 9.00」をやってみました。

タイムはともかく 600m単位で泳いだ感覚が 自分の中で残っていて その感覚と どのくらい変わっているか・・・?

まずは1本目。

1本目は UPのつもりで 8分45秒。

とりあえず 9分は切れた・・・

600mが とっても 長~く感じる・・・ 

2本目は 8分30秒。

結構 がんばったつもり。。

何とか 泳げたが 以前の泳ぎとは はるかに違う感じ。。。

すでに 肺が苦しい。

3本目は もうちょっと上げてみよう。

スタートから なんとなくきつい。。。

300mを通過したところで かなり息苦しい感じに。

とりあえず がんばって 600m行こう!

400mを通過。

これまでに 感じたことがない苦しさに。

なんとか 500mを通過。

やばい・・・

肺も苦しいのですが 肺の周囲に痛みが。

ろっ骨の下から わき腹 背中 ・・・と 肺を取り囲むように 痛みが。。。

600mゴール タイムは 8分15秒で タイムは上出来だが・・・ 

苦しすぎて 息ができない。

今 水を飲んだら 窒息してしまうかも。

肺の周囲が痛すぎて どうしたらおさまるのか 分からない。。。 

しばらく休憩。

休んでも休んでも 心拍数が戻ってこない。。。 

息切れも いつまでも おさまらない。

ちょっと 4本目は やめておこう。。。

たくさん クールダウンをしたのですが この後も 大変でした。

更衣室でも 車に乗っても 心拍数が通常に戻らず 息が切れる。。。

しばらく車で寝てから帰りました。

初めて 「肺の限界」を体験しました。

ここまで強度を上げると ヤバいということがわかったぞ。。。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

検査2日目

本日は 超音波と 造影剤のCT検査でした。

超音波検査は ひさしぶり。

先月のCT検査で 胆のうで ちょっとした異常が見つかり そのための検査でした。

超音波は 肝臓 腎臓 膵臓 胆のう 脾臓の 5つ。

どちらの検査も絶食だったのですが 超音波は 水を飲むこともダメで 造影剤は 逆に 水は多めにとるとのこと。

そのため 予約は CTが先で 超音波が後だったのですが 超音波検査を先にして そのあと水を一気に飲んで CTに・・・という流れに 変わりました。

まずは 超音波検査へ。

担当のかわいいおねえさんが お迎えに。

検査室に入り ベッドにあおむけになり 上半身に クリームを塗る。

おねえさんは 画面を見ながら 超音波のセンサーで お腹をグリグリ押す。

検査中は 大きく深呼吸を繰り返す。

めいっぱい息を吸って しばらく息を止める。

ゆっくり息を吐いて そこでまた 息を止める。

これを 20~30分間 繰り返す。

超音波技師のおねえさんは かわいい顔して 容赦ない。。。

「もっと吸って~!」

「こ これ以上は・・・」

「もっと もっと!」

センサーで お腹をグリグリ押しながら ずっと 画面を見ている。

たまに 気になる声が・・・

「あっ・・・!」

「ど どうかしましたか?」

「いいえ。 何でもないです。 ほら ちゃんと 息を止めてて!」

また しばらくすると・・・

「あら?」

「ど どうかしました? なにか映りましたか?」

「いえ。 何でもないです。。。」

うーん。。。 気になる。。。

「あのう・・・ 何か異常があると わかりますか?」

「まあ そうですね。 細かいことは わかりませんけど 通常ないものが映ればね。。。」

「さっき あっ! とか あら? とか言ってたじゃないですか! 何か 気になることがありました?」

「もし あったとしても わたしからは言えませんので 先生に聞いてください。」

「あー! あったとしても・・・ってことは なにかあったんだ~! そうでしょ!」

「わたしからは 何も 言えませんし 言ってはいけないことになっているので すべては 先生に聞いてください。」

「ちらっと 教えるっていうのは どうですか? 気になるものがあったかなぁ~? くらいな感じで。。」

「ダメです。。。」

無事 超音波検査は 終わりましたが 長時間の深呼吸は さすがに疲れました。

続いて CT検査に。

毎度 同じことを 問診票と 同意書に記入するので 事細かに書いたものを作って持ってきました。

名前が呼ばれ 造影剤のルートをとる注射を。

Nec_1646

再び 待合室に戻り 検査を待ちます。

この日の検査室は 4つ。

いつもより混んでいるようで 大勢の人が 検査着で待っていました。

順番がくると 検査の担当の人が お迎えにきます。

検査室A は ちょっと毛深いムチムチくん

検査室Bは お肌がツルンツルンの たまごちゃん

検査室Cは ジャニーズ風イケメンくん

検査室Dは 大ベテランおねえさま

今日は 誰に当たるかな・・・

昨日は 最悪だったから 今日は たまごちゃんがいいなぁ・・・

そして私の番に。

お迎えにきたのは・・・ イケメンくんでした!

検査台に乗り まずは 造影剤なしの 単純撮影を。

撮影が終わると 造影剤を入れます。

点滴のルートに 生食水を流し 造影剤がゆっくり身体に入っていきます。

舌の上 のどの奥 頭のてっぺん 手のひら 股間 足の裏 ・・・徐々に全身が熱くなる。。。

最後は息苦しくなるほど 身体中が 熱湯風呂に入っている感じになる。

・・・ん??

なんか いつもより長い・・・??

いつまでたっても 造影剤が終わらない。。。

ようやく 造影剤の注入が終わり 撮影をし終了。

「お疲れさまでした。 気分悪くないですか?」

「あ~ 毎度毎度気持ち悪いですけど・・・ なんか 今日は 造影剤の量が多いような気がするのですが・・・」

「そうですね。 造影剤の量は 体重と撮影する範囲で決まるのですが 今日は いつもより広範囲だったので 量が多いと思います。」

さて ようやく 絶食から解放される。

大量に水を飲んで 早く身体から 造影剤を出さなければ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

楠田絵里子

今週は 病院三昧です。

本日は 採血と採尿 頭のMR検査です。

明日は 造影剤の全身CTと 腹部USという 超音波検査です。

金曜日は 腫瘍外来というわけで 今週は びっちり病院通いです。

とにかく 転移がないことを祈って。

今朝は気合いを入れて 採血「1番」を目指し 午前7:30に カードを通したのですが・・・
Nec_1644

なんと 「52番」・・・( >_<)

本日の採血は 声が「楠田絵里子」そっくりの人!

「52番のかた~ いらっしゃいますか~?」

「はーい」

「お名前をフルネームでおっしゃってくださ~い」

「アライトシオです」
 
「は~い ありがとうございま~す」

「な なんか 声が 楠田絵里子さんに そっくりですね。」
 
「ははは そうですか~ 似てると言われたことはあります。」

「似てるとかいうレベルじゃないですよ! 全く一緒です! ちょっと 『楠田絵里子です』って言ってほしいんですけど・・・」

「えっ? 言うんですか? じゃあ・・・ 『楠田絵里子です』」

「わー! すごい! そっくりだ~! じゃあ 今度は 『皆さんこんにちは 楠田絵里子です』って言って~!」

「もういいですよ。」

楠田絵里子さんに 採血していただき 無事終了。

次は MRに。

MR検査室は 女性のスタッフが多い。

しかし・・・

なんということでしょう。

この日に限って カルテを受け取る人も 説明をする人も 検査をする人も み~んな 男!

スタッフは 女性の方が多いのに なぜか 男ばかりに当たってしまった・・・

検査台に乗り 耳栓 ヘッドホンをつけて 頭をベルトで固定する。

「なにかありましたら このボタンを押してください。」

「毛布」

「は はい? いま何か?」

「寒いから 毛布」

「ああ 寒いですか? では 毛布をかけますね。」

「もう一枚」

「はい? 何か おっしゃいました?」

「寒いから もう一枚 毛布」

「だ だいじょうぶですか? 具合悪いですか?」

「まあ ちょっとね。 具合が悪いというか 気分が悪いというか」

「ご気分が悪いですか?」

「男ばっかりだからね・・・」

「お おとこ・・・??」

30分ほど MRのトンネルに入り 無事 終了。

トンネルから出ると 女性の声が・・・

「おつかれさま~ ご気分はいかがですか~♪」

「あ~ なんだか とってもいい気分だなぁ~」

「検査前は 気分が悪そうだったという話だったので。」

「そ そうなんだよね。 なんでかな? でも 今は元気いっぱい!」

「ははは~ よかったぁ~♪」

今日の検査は 無事終了しました。

明日は とっても憂鬱な 造影剤。

絶食後の食事を楽しみにがんばろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

肺のトレーニング!?

1月に入ってから ぼちぼち 泳ぎ始めました。

どのくらい きついことが できるのか?

「肺は 1/3なくなっている」 ・・・ということは どういう感じなのか?

「肺の機能は 3~4割 落ちている」 ・・・とも 言われたのですが どういう感じなのか?

身体の様子をうかがいながら おそるおそる 泳いでいます。

とりあえず 肺の機能とか 肺の大きさがどうのということよりも 動くと ろっ骨の下が引っ張られて 痛みがあるので これを気にしながら泳ぐと 肺に負担がかかるほど強度を上げられません。

そこで 手術後から リハビリで始めた 「自転車こぎ」で 肺の負荷を上げています。

あちこちのジムで バイクのマシーンをこいでいるのですが 負荷が「ワット」で表示されるものはわかりやすいのですが 単なる レベルで表示されるものは どのくらいの負荷がかかっているのか 分かりにくいです。

肺は 使わないと 小さくなってしまうので 大きな呼吸をするように 言われています。

歩いたり 走ったりができるなら 簡単に有酸素運動ができて いいのですが わたしの場合 歩くことが 最も負担が大きくなってしまいます。

自転車は 体重の負担がかからないことと 上半身が動かないので ろっ骨の下が揺れないで運動ができます。

最近になって 自転車こぎは わたしにとって 最良の有酸素運動だということがわかってきました。

リハビリで始めた 自転車こぎ。

「泳げるようになるまで 続けよう!」 と思って 週に2~3回こぎ続けていました。

1月になり プールに入って泳げるようになったのですが やはり プールでは 自転車こぎほど 肺に負荷をかけられないので 自転車こぎを続けることにしました。

10月に手術をし 11月から始めたのですが はじめは ただ ゆるめの負荷を延々と続ける ・・・という感じでした。

次第に こぎ慣れてきて 心肺機能も上がってきたことから 負荷を上げ始めました。

「ワット表示」の負荷のマシーンだと 最近ではこのような↓↓↓トレーニングをしています。

はじめの15分間は ウォーミングアップ。

50W位くらいからはじめて 80Wくらいまで。

回転数は 70~80くらい。

心拍数は 15分かけて 100くらいにあげます。

そこから 20分間 メインセットを。

最近は 下記のどちらかをやるようにしています。

●120~150Wで 20分間こぎ続ける

●「250W×30sec+70W×90sec 」これを10セット連続

どちらも 心拍数は 100~120くらいです。

最後に10分間 一気に負荷を落として クールダウン。

全部で45分間です。

この負荷が どのくらいのレベルなのか? よくわかりませんが ここまで負荷を上げると 呼吸は激しくなり かなり息苦しくなります。

「肺を 最大限使っている~!」 ・・・という感じがします。

汗は 開始後20分くらいから出始めて 最後は 汗びっしょり・・・

即ストレッチをして シャワーへ・・・

もっと泳げるようになっても この自転車こぎは 肺のトレーニングになるので 続けてみようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

このところスイム

水泳のお話です。

少し 自主トレを始めました。

とりあえず 当面の目標は 肺の手術以前の 練習タイムに近づくこと。

今週までに 3回ほど 同じメニューをやってみました。

400×3 6.00 と 200×1 

400は だんだん上げるつもりで。

200は がんばる!

結果は 以下の通りでした。

-------------------------------------------

●短水路プール1

400×3 6.00

5.30 ― 5.20 ― 5.18

200×1

2.33

●短水路プール2

400×3 6.00

5.20 ― 5.18 ― 5.15

200×1

2.30

●短水路プール3

400×3 6.00

5.20 ― 5.15 ― 5.13

200×1

2.28

-------------------------------------------

いずれのプールも クイックターン禁止なので タッチターンで。

クイックターンだったら もう ちょっと速いかなぁ・・・

とりあえず 徐々に 近づきつつあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サイン

水泳の日本選手の活躍が目ざましい! 今日この頃ですが こんなにも 水泳がメジャーになったきっかけは わたしは 「I.ソープ選手」の登場からだと思います。

1999年 プレ五輪大会で 突如現れた 15歳の少年 「I.ソープ選手」

2000年のシドニー五輪では 圧倒的な強さを見せ 一気に水泳界の スター選手に!

2001年福岡の世界選手権では これまで NHKだけだった 水泳の放送を 民放が 行うようになりました。

たちまち 水泳は メジャーになっていきました!

その水泳の人気を後押ししたのが 北島選手の オリンピック2大会連続 2種目金メダルという快挙!!

あれから 10数年・・・

水泳は 様々なメディアで取り上げられるようになり 水泳の選手が バラエティー番組に出るまでになりました。

--------------------------------

わたしは 水泳競技のファンであります。

単純に 競技を見ることが大好きです。

ここ数年は 毎年 国際大会があるので それを録画しては 解説の一語一句まで言えるほど 繰り返し見ています。

テレビで見る水泳は それはそれで 迫力もあり 動きも見やすいのですが やはり 「生で見る」すごさは 全く別物です。

野球や サッカーや 駅伝でもそうですが テレビで見るより 生で見る動きは はるかに スピード感があります。

競技は 生で見るのが一番!

生で見て ライブで感動を味わうのが格別です。

会場にいると 偶然 通路で選手とすれ違ったりすることも多いです。 

ちょっと 声をかけて 握手をしてもらったり 一緒に写真を撮ってもらう ・・・なんてことはしません。

本番は 真剣勝負ですからね。

選手に 余計なストレスを 与えてはいけません。

サインなんて もってのほかです。

本番で 身体をフルに使うために この日に合わせて調整してきている選手の腕を サインのために無駄に エネルギーを使わせるなんて とてもじゃないが できません。

ましてや 水泳は 腕をメインに使うスポーツですから サインを書くために 腕を使わせるなんて 考えられません!

しかも 寺川綾選手や 星奈津美選手のように 世界でメダルを取るほどの TOPレベルの選手に サインを求めるなんて どうかしてますよ。

なんで そういう 気遣いができないかなぁ・・・

まあ 100歩ゆずって 選手が快く サインを書いてくれたとしてもですよ やはり 1枚の色紙に 一人ですよね。

一枚の色紙に 複数の選手にサインを書いてもらうなんて 大変失礼なことだと思います。

Nec_160011




| | コメント (0) | トラックバック (0)

Wi-Fiテザリング

わたし インターネットは Wi-Fiのルーターを使っています。

通信速度も まあまあで 月に4,000円弱なので いいかなぁ・・・と思っていました。

先日 Wi-Fiテザリング?なる 通信方法を知りました。

これは スマホから Wi-Fiの電波を出して それでパソコンや 他の通信機器で インターネットができるという技です。

こんなことができたなんて!

全然知らなかったので かなり ビックリんこです!!

これなら Wi-Fiのルーターなんていりません。

こんな素晴らしいことを なぜ ドコモは黙っているのか!?

しかも 今使っている とりあえず最速と言われている ルーターよりも速いです。

もっと早く知っていいたら・・・

2年しばりの ルーターの契約なんて しなかったのに・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

下りの階段

先日の クロール講習に参加された皆様 お疲れさまでした。

男ばかりの2時間・・・!?

また ちょっと いつもと違う雰囲気で よかったです。。。

説明の合間に なんとなく ここ数年の事情を話すと・・・

「実はわたし ここ数年 思うように泳げないことがありまして・・・  全く泳げない数か月があったり 泳げたとしても 極端に体力が落ちていたりしていました。 泳ぐ時間は ものすごく減ってしまったのですが なぜか? 遅くなるどころか 速くなっているような気もして不思議に思っています。 やはり 考えて泳ぐって大事ですね。」

講習が終わり ジャグジーで お話をすると・・・

「さっきの 泳げない期間があった ・・・という話ですが 実は わたし ここ数年間 何度も入院してたんですよ。。。」

「そんなこと 知ってますよ。」

「ええ?」

「そんなこと たぶん 皆さん知ってますよ。」

「そ そうですか?」

「ガンのことから 肺に転移して 手術したことから 先月の帯状疱疹のことも 皆さん ブログを読んでいるはずですから 当然 わかってますよ。」

「そうかぁ。。。 でも ブログに 病気のことって そんなに書いてたかなぁ・・・?」

「あのう・・・  誰が読んでも あのブログは 闘病記ですよ! タイトルだって 何万分の一?とか 戦うとか? 思いっきり病気のことじゃないですか!」

「そう言われてみれば そうかも・・・」

「しかし 肺を取って2か月で こんなに泳げるなんて すごいと思いますよ。」

確かに・・・

自分でもビックリです。

なんで こんなに 泳げるのだろうか・・・?

まだまだ あちこち 痛いですし ちょっと頑張ると 息苦しいし。。。

痛い 苦しいは 感じつつも なぜか 水に入った途端に 別のスイッチが入るような感じで す・・・!? 

いまは 完全に 泳ぐより 歩く方が不自由です。

歩いて移動より 泳いで移動したいくらい。

足の麻痺は 相変わらずで それプラス ろっ骨の下が揺れると痛く 揺れないように 片手で押さえながら ゆっくりゆっくり歩くので 歩行速度が かなり 遅いです。。。

特に 下りの階段は とんでもなく時間がかかってしまいます。

横浜国際のサブプールは ロッカー室に行くのに 長い下りの階段があります。

どんなに ジャグジーと採暖室で あたたまっても 階段を下るのが超低速なので 下りきったころには 身体がキンキンに冷えてしまいます。

あまりに時間がかかるので ソリみたいなもので 一気に滑り降りたい気分・・・!?

横浜国際は 素晴らしいプールなのですが もう少し室温が上がるといいなぁ・・・

それと 新システムが 分かりにくすぎるのも 困ったもので・・・!?

そういえば 入口で ハギトモさんにお会いし 覚えていてくれたのか? あちらから 「あ~ どうも こんにちは!」と言ってくれました(^^)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カレンダー

そうそう 絵手紙のカリスマ先生 石川郁子さんのカレンダーを 昨年いただきました。

いつも思いますが 石川さんの作品は 文字も絵も 躍動感がある!

写真で見るより 実物はさらに 何とも言えない迫力があります。

このカレンダーは かなりい大きいものなので 写真だと わかりにくいかも・・・!?

素晴らしい! の 一言に尽きます。

Nec_15961111

Nec_1598111


いつだったか? わたしの誕生日に 大きな色紙に書かれた 絵をいただきました。

これは わたしの宝物となっており 目が覚めると見える位置に置いてあるので 毎朝見ています。 

この絵も 何とも言えない迫力があり 毎日元気をもらっています!

Nec_159911

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コラム

コラムが更新されました。

今回は 「ひとかきひとけり」のお話です。

ひとかきひとけり ・・・というと 平泳ぎでは 当然のように行っている水中動作ですが 「いつ どうして このような動作が生まれたのか?」 というお話です。

平泳ぎを速く泳ぎたいがあまりに生まれた さまざまな泳法。

その泳法を制限するために ルールが改正され その結果 誕生したのが ひとかきひとけり。

この ひとかきひとけりを生んだのも 日本人ということに なるかもしれません。。。

日本人が速くなると ルールが変わる・・・!?

なかなか 深いお話でございます。(全2回)

↓↓↓↓↓

http://swimnet.jp/special

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BRAF遺伝子検査

まだ 日本では 承認されていない薬の一つ「ベムラフェニブ」

昨年 肺に転移した組織を 国立がんセンターで BRAF遺伝子検査をしてくれることになりました。

もしこれで 陽性反応が出たら 「ベムラフェニブ」を使うことができる ・・・ということになります。

そろそろ 結果が出たころなので 山崎先生に電話をしてみました。

「あ~ あらいさんね。 ちょうど今 結果を見ていたところでしたよ。」

「それで ・・・どうでしたか?」

「それがね 2種類の検査をやってみたのですが どちらも 陰性ということなので あらいさんは 残念ながら この薬を使うことができないのですよ。」

「そうですか・・・ 」

「この薬に関しては 使えないですが 他にも たくさん出てきていますので 心配しなくても大丈夫ですからね。 最近はいかがですか?」

「はい。 とりあえず 元気です。 年末のMRとCTの結果も シロでした。」

「それは よかったですね。」

「そうすると 今後は もし また転移したら 山崎先生に連絡をすればいいでしょうか?」

「そうですね。 転移は ないに越したことがないのですが 万が一 転移ということになったら 何もせずに すぐに連絡をいただきたいですね。」

「はい。 電話でいいのですか?」

「そうですね。 まあ できれば 何事もなくても 月に一度くらいのペースで 報告していただけるといいですね。 また 今年の2月~4月の間に 新たな治験が入る予定で そういう最新の情報も知っておいた方がいいと思いますので。」

「では 今後は 月に一度 がんセンターに行きます!」

「来るのは大変だからね 電話でいいですよ。」

「いやいや 電話じゃ・・・ いま こうしてお話ししている間にも 待合室で待っていらっしゃる方が大勢いるはずですから 毎月伺います。」

「そうですか。 『何事もなく 元気でした!』 という報告を聞いて終わってしまうかもしれませんけど いいですか?」

「もちろんです。 山崎先生のお会いするだけで なんか いいことがあるような気がします。」

「ははは。 そうですか。 では 2月の予約をとってしまいますね。」

残念ながら 遺伝子検査は陰性でしたが アジア人で陽性反応が出るのは 3割くらいという話なので 仕方ないかな。。。

これで 毎月 画像検査と 毎月 2つの病院で診察となったので ちょっと安心です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自主練開始

新春有酸素スイムが あまりにいい感じで 泳げたので  自主練を ぼちぼち始めようと思います。

--------------------------------------------------

火曜日の レッスンの時に 一緒に泳いでみました。

今月は バタフライ月間ということで 前半1時間は 説明と基本動作をじっくりと・・・

後半 2グループにわかれて バタフライで 「100m×2」を行いました。

目標は完泳。

余裕のある人は がんばって!?

100m泳ぎきれない人は いけるところまで。

2グループが 100m×1本 終わった後に わたしも100mを泳いでみました。

バタフライは かなり ろっ骨の下の痛みがあったので 第1キックで 思いっきり肩を前方に出すことができずにいたのですが だいぶ痛みに慣れてきたせいか!? ほどほどの感じで泳げ タイムは1分13秒。

ちょっといい感じ!?

続いて 2本目を みなさんが泳ぎ そのあと わたしも 2本目を。

タイムは1分11秒。

なんか バタフライを思い出してきた!?

その後 15分間 有酸素系のインターバルを行い 最後に 好きな種目で 50×1を。

わたしは バタフライで 泳いだのですが なんと 30秒! 

これは できすぎだ・・・

--------------------------------------

調子に乗って 水曜日 横浜国際のサブで ちびっと自主練を。

400m単位にすることに。。。

さて サークルは どのくらいにしようか・・・?

いろいろ迷ったのですが 4日の辰巳の練習がいい感じだったので 思い切って 5分30秒に。

とりあえず 間に合うこと。

余裕があれば 5分に近いタイムで 泳げるといいなぁ ・・・という感じで。 

「400×6 5.30」

戻りタイムは 5.05 - 5.00 - 4.59 - 4.58 - 5.00 - 4.58 でした!

かなり いい感じでいけたのですが・・・ 

さすがに 疲れました(>_<)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クロール講習

用心に用心を重ねて・・・

4日に 過酷に泳いだので おとなしくしています。。。

しかし・・・

疲れもほとんどなく だるさもなく 筋肉痛すらない。。。

う~ん・・・

わたしの身体は どうなっちゃったのかしら・・・?

まさか・・・

ドカンと来るのは 明日かも!?

-----------------------------------

1月13日(祝)に 横浜国際プールが 取れていたので クロールの講習会を行います。

ご希望の方は メールください!

詳しくは こちらから
↓↓↓↓↓

クロール講習

1週間後ですので 超ギリギリ告知です!?

----------------------------------

ホームページを開くと PCからは PC用のページが。

スマホからは 自動的に スマホ用のページに 切り替わるようにしています。

これがですね・・・

なかなか 難しくて・・・

一ついじると ページの共通部分の同期と スマホサイトとの同期は うまくいくのですが WEB上の表示が くずれてしまう。。。

とりあえず 形だけ作った状態なので ジャンジャン更新をしたいのですが。。。

もう少し お勉強です!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

感謝された話

12月のことです。

プールのロビーで 見知らぬ美人女性から 声をかけられました。

この女性は 肺がんで 肺の左側の半分くらいを切除したとのこと。

わたしのブログを読み 同じように 肺を切除したので ぜひお話を ・・・とのことでした。

肺を切除をする前のことから 切除をした直後のこと あまりに似た感じだったので 聞き入ってしまいました。

その女性は お産を含め 数々の痛い思いをしてきましたが 「こんなに痛い思いことをしたことがない!」 と おっしゃっていました。

術後の痛みは それはそれは きつく 痛み止めも効かず 「こんなに苦しいなら死んでしまいたい」と思ったとのこと。

わたしも 全く同感。

「肺は小さくなると 広がらない」と言われ 肺のリハビリも 辛かった。

息を大きく吸い込むように言われるが 大きく息を吸い込もうとすると たんが絡み 咳が出る。

咳を一度してしまうと 激痛でうずくまる。 

身体中から脂汗が出て 一気に体力が消耗。。。

次第に 息を吸うことが怖くなり 呼吸はどんどん小さくなる。。。

もう 聞いていて 全く同じだったので あの痛みを思い出してしまいました。

痛みというのは なくなると忘れてしまうもの。

これまでも いろいろと 痛いことはありましたが 痛みがなくなると そういえば 痛かったなぁ・・・ くらいものになってしまう。

しかし・・・

「忘れられない痛み」というものが あるのだと 初めて思いました。

痛みが楽になってきた今でも あの痛みは鮮明に残っていて この女性と同じく 思いっきり息を吸い込むことは 怖いです。

この女性は その後も 痛みの恐怖が抜けなくて 深く息を吸うことができなくなってしまったとのこと。

術後 深い呼吸を 全くせずに過ごしてきたので 結果的に 肺は小さくなってしまったそうです。

色々とお話を伺い 最後に この女性が 涙を流しながら このようなお話をしてくれました。

「私は ずっと水泳をやっていました。 しかし 肺を取ってから あの痛みを経験し 息を吸うことの恐怖から 泳ぐことはできなくなりました。 今でも 痛みはあり 呼吸するたびに恐怖で 毎日毎日 咳をしないように 深呼吸をしないように 気を付けています。 周りで励ましてくれる人もいましたが この痛みは 誰にもわかるはずがない。 もう 泳ぐことなんて とてもできない ・・・と思っていました。 ある時 あらいさんのブログを見て 手術の方法 取った場所 大きさが全く同じであったことと 同じ痛みを経験したのに それでも 前向きなあらいさん姿を見て とっても感動しました。 そして 深い呼吸は 絶対怖いはずなのに まさか 術後1か月で泳ごうという意欲に 驚きました。 絶望感しかなかった私でしたが いつからか わたしも もう一度泳ごうかな? ・・・と思うようになりました。 ずっとふさぎ込んでいた私が 突然明るくなり 周りの家族は 何があったのか? 不思議に思っています。 今日は あらいさんに お会いできるとは思いませんでしたが スケジュールを見ると こちらのプールにいらっしゃるのではないかと思って来てみました。 わたしにとって あのブログは 本当に心の支えになって 励まされました。 さらに あきらめていた水泳を もう一度やってみようと思えるようになり あらいさんは わたしの 命の恩人だと思っています。 どうしても お礼が言いたくて 会いに来てしまいました。 ありがとうございました。 本当に感謝です。」

なんだかつられて わたしも泣いてしまいました。

初対面の方から こんなに感謝され 命の恩人とまで言われ 恐縮ですが とっても うれしく思いました。

あんな 痛い 辛いが 連発の記事が 人のためになっていたなんて・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初泳ぎ

初泳ぎをしました!

----------------------------

昨日は 新春有酸素スイムに 大勢 ご参加いただき ありがとうございました。

わたしは 一体 何年ぶりの辰巳になるのだろう??

震災後 一度も来ていないと思うので 3年以上来ていないかも・・・

辰巳のロビーに着くと すでに 数名が来ていました。

新年のご挨拶をし 一人ずつ受付を。

「急に来ちゃったけどいいですか?」 というような 当日の飛び入り参加の方も多く!? 

その中には 医師の許可が下りていないはずの!? 松田修一さんの姿が・・・

「ま まさか 泳ぐつもりじゃ・・・?」

「泳いじゃうよ~!」

「だ 大丈夫ですか? 泳ぎ始めは1月15日とか言ってませんでしたっけ?」

各年代の凄い人たちも続々登場し 結局 30名以上に。

では 入場しましょう!

外観は変わりないですが 更衣室にビックリ!

な なんだ? この高級感あふれるロッカーは!?

キレイになったこともそうですが とってもゴージャスな雰囲気に。

スタートは 15分後。

この日は 長水路を4コース貸切という 贅沢イベント。

ウォーミングアップする方は 泳ぎ始めている。

これから 90分間も泳ぐのに ウォーミングアップをするなんて すごい・・・!?

時間になり 各コースに分かれ 一斉にスタート!

Nec_1566_5


泳ぎ始めると 他の人のこと 他のコースのことは 全く分からない。

全ては自分との戦いである。

ほとんどの人が クロールで マイペースに 泳いでいでいる中で 背泳ぎや 平泳ぎ バタフライの人も!?

途中お休みして プールサイドから見学していた人もいたようですが!? 全員が 途中退場することなく 最後まで 泳いでいました。

参加された皆様 お疲れさまでした。

またこのような機会がありましたら ぜひ!

Nec_15691_3

--------------------------------------------------

ここからは わたしのお話を。

術後 こんなに泳ぐのは初めて。

しかも 前日までは 酒浸り・・・!?

わたしのコースは 「200×25 3.30サークル」というコース。

先頭は 松田仁美さん。

わたしは 2番を泳がせてもらい 3番は 両国きんぎょの若手男子。

そのうしろも 長距離でおなじみの面々が。

仁美さんの後ろで泳ぐことも もちろんですが 仁美さんは どういうわけか いるだけで 自分のテンションが上がってくる。

途中も 同じコースの方から 「あらいさん 目が輝いていますよ! 免疫力が上がってますね!」 なんて言われてしまった。

わたしの目標は とりあえず 最後まで泳ぎ切ること。

できれば 2分45秒くらいで 全部泳げたらいいなぁ・・・ くらいな感じでした。

1本目 なんとなく 仁美さんについていこうとしてしまい ゴールすると なんと「2分28秒」!

続く2本目も 2分29秒。

結局 10本目まで 2分28~32秒で泳げました。

「敏郎さん 絶好調じゃないですか!」

「な なんか ありえないタイムなんですけど・・・ 仁美さんは どのくらいで泳いでます?」

「25~28秒くらい。 15本まで このペースで行こうと思います!」

「すごいなぁ~ ぼくは がんばり過ぎたので ここから ちょっと落とします・・・」

ここから ペースを落としたのですが タイムは 2分35~40秒くらい。

今日は どうしたんだろう・・・ 

楽に泳いでいるのに 40秒を切れているなんて ありえない・・・

これは 仁美さん効果に違いない・・・!?

ラスト5本くらいになり うしろにいた 若手きんぎょ君が 急に速くなり うしろにピッタリついてきた!

「な なんか 急に速くなったんじゃない?」

「武器を使ってますから!」

見ると おっきなパドルと プルブイをつけている。。。

最後まで なんとか 仁美さんに離されすぎず!? 泳ぎきれました。

はじめの10本は だんだん疲れてきたのですが 15本目以降は 動きがかみ合ってきて どんどん疲れなくなってきました。

ラスト3本は あと10本くらい行けそうかも!? というくらい 元気に。

結局 25本全部 2分40秒以内という ありえないタイムで泳ぐことができました。

一番 気がかりだった肺は 泳ぎ終わった直後は かなり息苦しいのですが この息苦しさに慣れてくると 気にならなくなってきました。

全て終わった後も 大した疲労感はなく 腕や肩など 痛いところもない。

もっと ビックリなのは 24時間たった今 全くなんともないのです。。。

明日あたり ドカン!と 来るかも・・・!? 

いい初泳ぎでした!
  

| | コメント (2) | トラックバック (0)

あけおめ

新年 あけまして おめでとうございます。

12月31日より 飲み続けております。

昨日は ビールだけで 500mの缶ビールを 一人で10本あけました(^^)/

昼だか 夜だか よくわからない状況でございます。。。

昨年は 入院に手術と 色々とありましたが またこうして お正月を迎えられたことに 感謝でございます。

動かざること山の如し。

全く動いておりません。。。

明日は 新春有酸素で いきなり5000mを泳ぐ予定でおりますが だいじょうぶだろうか・・・!?

では 今年の目標を・・・

●ガンのこと

転移しないこと。

もう これに尽きます。。。

免疫力を落とさないように 疲れすぎないように 気を付けようと思います。

●水泳のこと

今年は 区分が上がるため 大会に出てみようと思います。

まだまだ 肺の手術の影響が かなりあるので まずは 手術前の状態に近づけることが 今年の目標です。

それでは 今年も よろしくお願いいたします。m(__)m

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »