« 自主練開始 | トップページ | コラム »

BRAF遺伝子検査

まだ 日本では 承認されていない薬の一つ「ベムラフェニブ」

昨年 肺に転移した組織を 国立がんセンターで BRAF遺伝子検査をしてくれることになりました。

もしこれで 陽性反応が出たら 「ベムラフェニブ」を使うことができる ・・・ということになります。

そろそろ 結果が出たころなので 山崎先生に電話をしてみました。

「あ~ あらいさんね。 ちょうど今 結果を見ていたところでしたよ。」

「それで ・・・どうでしたか?」

「それがね 2種類の検査をやってみたのですが どちらも 陰性ということなので あらいさんは 残念ながら この薬を使うことができないのですよ。」

「そうですか・・・ 」

「この薬に関しては 使えないですが 他にも たくさん出てきていますので 心配しなくても大丈夫ですからね。 最近はいかがですか?」

「はい。 とりあえず 元気です。 年末のMRとCTの結果も シロでした。」

「それは よかったですね。」

「そうすると 今後は もし また転移したら 山崎先生に連絡をすればいいでしょうか?」

「そうですね。 転移は ないに越したことがないのですが 万が一 転移ということになったら 何もせずに すぐに連絡をいただきたいですね。」

「はい。 電話でいいのですか?」

「そうですね。 まあ できれば 何事もなくても 月に一度くらいのペースで 報告していただけるといいですね。 また 今年の2月~4月の間に 新たな治験が入る予定で そういう最新の情報も知っておいた方がいいと思いますので。」

「では 今後は 月に一度 がんセンターに行きます!」

「来るのは大変だからね 電話でいいですよ。」

「いやいや 電話じゃ・・・ いま こうしてお話ししている間にも 待合室で待っていらっしゃる方が大勢いるはずですから 毎月伺います。」

「そうですか。 『何事もなく 元気でした!』 という報告を聞いて終わってしまうかもしれませんけど いいですか?」

「もちろんです。 山崎先生のお会いするだけで なんか いいことがあるような気がします。」

「ははは。 そうですか。 では 2月の予約をとってしまいますね。」

残念ながら 遺伝子検査は陰性でしたが アジア人で陽性反応が出るのは 3割くらいという話なので 仕方ないかな。。。

これで 毎月 画像検査と 毎月 2つの病院で診察となったので ちょっと安心です。

|

« 自主練開始 | トップページ | コラム »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1395152/54567222

この記事へのトラックバック一覧です: BRAF遺伝子検査:

« 自主練開始 | トップページ | コラム »