« 第2ステージ④ | トップページ | 第2ステージ⑥ »

第2ステージ⑤

転移という衝撃的なことを告知され しばらくは 何も手につかず ただただ 落ち込んでいた毎日でした。

しかし 日がたつにつれ 何かできることはないのか? と思うようになりました。

脳のMRは 造影剤を入れて再検査。

肺のCTは とりあえず MRの結果次第で 「脳が転移なら 肺も切除しましょう」ということに。

先生方の見解では 「転移が確定して 手術をしたら その後は 化学療法をやった方がいいでしょう。」とのこと。

病院では 検査や診察を どんどん進めていく。

手術をするかどうか? 化学療法をするかどうか? これら すべてのことが 決まる前に 

自分でできること 調べられることは すべてやろうと思いました。

---------------------------------------

悪性黒色腫が 転移した場合 どうすることが最善策なのか?

何をしたらいいのか?

全て先生たちにお任せでいいのか?

他に方法はないのか?

悪性黒色腫に効く薬はない ・・・というのが実情。

放射線は効かない。

唯一 ある 抗がん剤も 誰もがみな効くというわけでもない。

まして 転移となった場合 抗がん剤が効く確率は かなり下がってしまう。。。

アメリカで 承認された 悪性黒色腫の特効薬と言われている 新薬「ビスモデギブ」「ベムラフェニブ」「イピリムマブ」など。

いずれも アメリカでは 1000万円近くかかってしまうという 超高額な薬。

日本で承認されるのは いつになるのかわかりませんが もし されたとしても 保険がきいても 300万円くらいにはなるのかも・・・!?

いい薬があるなら それを 手に入れる方法は 他にないのだろうか・・・?

いろいろと 調べていくうちに 「新薬の治験」があることがわかりました。

-----------------------------------

●治験

まともにお金を出して治療受けるのは難しいが 治験なら 無料 もしくは格安で 治療が受けられます。

早速 片っ端から調べまくってみたところ 悪性黒色腫に関する治験を 全国で 数10個 見つけることができました。

最も興味があったのは 特効薬?とも言われている 「イピリムマブ」の治験でした。

5つくらい条件があり ほとんどに該当していたのですが 唯一 引っかかってしまったのが 

「化学療法をやっていない人」という条件でした。

つまり 抗がん剤をやったことがある人は 治験が受けられないのです。

う~ん・・・

それがこれ↓↓↓↓↓

--------------------------------
●治験の名称
 転移性悪性黒色腫日本人患者を対象としたイピリムマブのダカルバジン併用第2相臨床試験
●疾患名
 悪性黒色腫
●試験薬剤名
 イピリムマブ + ダカルバジン 
●試験の目的
 化学療法未治療の切除不能なステージIII、N3又はステージIVの悪性黒色腫日本人患者において、 イピリムマブとダカルバジン(DTIC)の併用療法による1年生存率を評価する。
●適格基準
・病理組織学的診断により悪性黒色腫と診断されている患者
・過去に化学療法を受けていない切除不能なステージIII、N3又はステージIVの悪性黒色腫の患者
・16週間以上の生存が見込める患者
・ECOG performance statusが0又は1の患者
・年齢:20歳以上
除外基準 -脳の画像診断において、脳転移を有する患者
・原発巣が眼球の悪性黒色腫又は粘膜の悪性黒色腫
・自己免疫疾患の合併又は既往歴を有する患者
●評価項目・方法
・主要な評価項目 1年生存率
・主要な評価方法 治験薬投与開始日から1年以上生存した被験者の割合により1年生存率を評価する。

--------------------------------

他の治験も 問い合わせてみると ほとんどが 治療をしていない人という条件が多かったです。

いろいろと 調べていて わかったのですが 治験には 2つの種類がありました。

1つは 医師が募集している治験。

もう一つは 製薬会社が募集している治験でした。

医師が募集している治験は 効果が高いと言われていて 日本で承認されていないものが多く かなり 受ける価値が高いものばかりだと思いました。

一方 製薬会社が募集しているものは どうかな・・・ 大丈夫かなぁ・・・!? という 人体実験的なものが多く 「効くのかどうか とりあえず 人間で試したい」 ・・・みたいなものが 多くあるように思えました。

全く知らない世界だっただけに 唯一の抗がん剤以外にも いろいろと 薬や治療はあるのだということがわかりました。

ただし やはり こういった治験を繰り返して 最も安全で 確実なものが 治療の薬として承認されているわけですから やはり 今 承認されているものが一番 間違いないものかもしれません。

日本は 薬の承認が遅いということが あちこちで書かれてあるので 慎重なのか? お役所仕事が遅いだけなのか? よくわかりませんが いいものは 早く使えるようになるといいと思いました。

|

« 第2ステージ④ | トップページ | 第2ステージ⑥ »

心と体」カテゴリの記事

コメント

チャンルー 天然石

投稿: チャンルーブレス | 2013年10月30日 (水) 23時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1395152/53511412

この記事へのトラックバック一覧です: 第2ステージ⑤:

« 第2ステージ④ | トップページ | 第2ステージ⑥ »