« 怒涛の週末・・・ | トップページ | 大阪 »

波乱の週末

ちょっと 大変なことに なってしまいました。。。

-----------------------------

木曜日 

全身CTの検査をしました。

造影剤を入れるための ルートをとって 待つこと1時間・・・

ようやく検査室へ。

造影剤が 身体に入りだすと 身体のあちこちが 燃えるように 熱くなる。

無事 検査が終わり 帰ろうとすると 身体が寒く とってもだるい。

まあ 造影剤の影響だろう・・・ と思い 家に帰る。

家に帰ってからも だるさは 増すばかり。

夕食を食べるも 身体が寒く だるさがひどいので すぐに寝てしまった。

異変が起きたのは 夜の12:00ころ。

突然 吐き気と腹痛で目が覚め トイレに行く。

戻しそうなのだが 何も出ない。

水を飲もうにも おなかがパンパンに張っていて 水が入らない。

その後 嘔吐 下痢 をくりかえし・・・

トイレを出たのは 午前4:00

熱っぽく感じたので 熱をはかると 38度。

-------------------------

金曜日

朝 9:00ころ 起きる。

朝一で 検査に行かなければいけないのだが 全く行く気力がない。

病院に電話すると チームの先生は 病棟に。

「あらいさん 大丈夫ですか? どんな具合ですか?」

「造影剤のあとから だるさがひどくて 夜中に 嘔吐 下痢で 熱が38.0度まで上がりました。」

「今は どうですか?」

「今は 熱も落ち着いて 嘔吐下痢も 落ち着いています。」

「今日は インターフェロンの治療の予約がありますけど フェロンは ダメージが強いから やめておいた方がいいですね。 予約はそのまま翌週に入れておきますね。」

「はい。 あと MRの予約も 今日入っているのですが・・・」

「そうねえ。 MRは なかなか予約が取れないから もし 病院まで来られるなら MRだけやるのもいいですね。 そうしたら 午後に また電話をください。 新たに予約を入れるかどうか その時 決めましょう。」

「あ あと・・・ これは なんていうか・・・ 日曜日に 1500mを泳ぐ大会がありまして それって どんなもんでしょうか・・・?」

「今日 インターフェロンをやったら ダメージが強いから 許可は出せませんね。」

「元気になったら・・・?」

「元気になったら わたしが何を言おうと どうせ 出るでしょ。 その判断は ご自分で決めてください。」

「は はい・・・」

このようなわけで 金曜日の 採血採尿の検査 腫瘍外来の診察 インターフェロンの治療 MR の ハードスケジュールは とりあえず すべて延期に。

ここで 落ち着いたかに 思えたのですが・・・

この電話のあとから 急に 眠気とだるさが・・・

すぐに寝る。

起きて熱をはかると 38.0度。

その後も 寝て 起きると 熱が上がって・・・

夕方には ついに 39.6度に。

つらくなったので 再び病院に電話を。

「身体のどこかに 感染の腫れがないか調べてください。」

「感染の腫れは なさそうです・・・」

「感染の熱ではないので 救急で来なくても大丈夫だと思います。  持っている 抗生剤と解熱剤を飲んでください。 何かあったら また連絡ください。」

その後も ひたすら寝る・・・

寝て 目が覚めると 3時間くらいたっていて 熱をはかって また寝ると すぐに3時間・・・

こんなに寝ているのに 何で眠れるんだろう・・・

------------------------------

土曜日

朝 7:00

熱をはかると 38.5度。

あ~ やっと 下がってきた・・・

また寝ると 今度は 汗でびっしょり。

ようやく 汗が出てきた。

お昼になって 熱は37℃台に。

シーツも 枕カバーも 着ているものも 汗ですごいことになっているので 一度すべて交換を。

ついでに このブログを書いて また寝ます。。。

大阪の皆さんは もう 泳いでいるかしら・・・

おやすみなさい・・・

|

« 怒涛の週末・・・ | トップページ | 大阪 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1395152/51584043

この記事へのトラックバック一覧です: 波乱の週末:

« 怒涛の週末・・・ | トップページ | 大阪 »