« 怒涛の自主練 | トップページ | すべらないように »

今月のはしご

木曜日は 病院のはしご。

漢方の病院と 免疫療法の病院で治療でした。

---------------------------------

家を出てるのは まだ夜が明けぬ 午前6:00 

首都高に乗るころ お空は茜色の 美しい東雲。

7:00にホテルに到着。

まずは 優雅な朝食を。

病院に行く前に いい気分になると よりいい治療が できるような気がする。

漢方の病院では 受付の方も 看護師さんたちも すっかり顔なじみに。

病院内のトイレに向かうと 帯津先生とバッタリ。

「あなたは いつも元気そうでいいね~ どこが悪いんだ?って 思っちゃうね。」

「はい。 ありがとうございます。 ここに来ると 元気になる気がします。」

看護師さんに 検査データを渡し 診察を。

特に報告することは ノロにかかったことと じんましんくらい。

検査結果も悪くない。

触診でも いつもの 「肝臓のへりにふれる」ということくらいで あとは問題なし。

いつもの漢方をいただいて つぎは 免疫療法の病院へ移動。

-----------------------------------------

免疫療法の病院は ビルの8階にあり 専用のエレベーターがあります。

8階は 免疫療法の病院と ガンの東洋医学系のクリニックと ガンのセカンドオピニオン専用のクリニックがあって つまり この階に来る人は 「全員ガン患者」ということになります。

このエレベーターに 他の人が一緒に乗ることは まず ないのですが この日は 他の人も一緒に8階へ。

ニット帽をかぶり つえをついた男性。Nec_0530

この人は間違いなく ガン患者だな・・・ と思いながら つえをよく見ると・・・

な なんだ この杖は!?

この方 つえ評論家と化してきたわたしが 全く見たことがない すごいデザインの 杖をついていました。

う~ん・・・ これは 見たことがないぞ・・・

つえが倒れない構造の 四足の杖があるのですが 四足なのに 非常にコンパクトで 四足部分が スキーのストックのリング位の大きさになっている。

あまり かっこよくはないけど 機能的には素晴らしい・・・

待合室に到着。

ここは 一流ホテルの ロビーを思わせるような 優雅な雰囲気。

受付を済ませ 待っていると 足の細い看護師さんがお出迎え。

診察室に入ると このところ毎回診察していただいている先生が待っていました。

検査データと 近況を 丁寧に カルテに入力し 診察が終了。

治療のための個室に移動。

今日の治療は リンパ球法の点滴。

足の細い看護師さんが 検温 血圧をはかり 点滴のルートをとってくれる。

こちらの看護師さんは 針を扱うレベルが高すぎる。

白血球は ドロドロしているので 入れる針も太めなのですが 針を刺すのも 刺した後 奥に入れるのも 全くの無痛。

「こちらの看護師さんは 本当に 針を刺すのが 上手ですよね~」

「そうですか? 普通ですよ。」

「皆さん 病気の知識も豊富だし 相当 レベルが高いですよね。」

「そうですか?」

「応対も丁寧だし 針を刺すのも上手だし 足も細いし。」

「あらいさん 前回の時も 足が細いって言ってましたね。」

「そ そう? 足が細いって言ってた??」

「はい。『ボクがどんなに痩せても そんなに細い足にはなれない』って。」

「そ そんなこと言いましたっけ??」

「あと 『膝から下が細い人は多いけど 膝から上が細いっていうのは なぜですか?』 って聞かれました。」

「そ そんなことまで・・・!?」

「覚えていらっしゃらないのですか? 麺の話もされていましたよ。」

「め めん・・・!?」

「太いめんより 細いめんばっかり食べているんじゃないかって。」

「あ~ な なんか そんな話をしたような・・・」

「『なんで細いのかわかった!』 とおっしゃって 『きっと うどんより そうめんが好きでしょ! ポテトも太いのより 細い方が好きでしょ! 細いものばっかり食べているから 足が細いんだ~!』 って おっしゃっていました。」

「そ そう言えば そんなことを言ったような・・・」

部屋の電気を暗くして 点滴中は 熟睡。

点滴が 生食水に変わったことも気づかず 看護師さんに起こされ 点滴終了。

待合室に戻り お紅茶を飲みながら 目玉が飛び出そうな金額の治療費を精算。

治療ができることに感謝。

今日も とっても いい治療ができました。

|

« 怒涛の自主練 | トップページ | すべらないように »

心と体」カテゴリの記事

コメント

私は昨日、足の手術しただけなのに、
フラフラでパソコンやるのもしんどいのに、
あらいさんって、過酷な治療したのに、
とても元気そうなおもしろいブログ書くんですね。
生きる気力が凄すぎる感じがバンバン伝わってきます。
いつもあらいさんのブログに勇気をもらっています。
これからも末長く宜しくお願いします。

投稿: Rossana | 2013年1月13日 (日) 23時13分

Rossanaさん
足の手術をしたのですか?
だいじょうぶですか~?
わたしもRossanaさんのコメントに癒されています
いつもありがとうございます
こちらこそ よろしくお願いします

投稿: すじえもん | 2013年1月15日 (火) 11時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1395152/48726179

この記事へのトラックバック一覧です: 今月のはしご:

« 怒涛の自主練 | トップページ | すべらないように »