« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

のど痛

あ~ やっと のどの痛みが落ち着いてきた・・・

---------------------------------

つい最近 ようやく スッキリしたばかりだったのに・・・ 

突如 激しいのど痛に襲われました・・・

---------------------------------

日曜日

この日は 夕方のレッスン。

レッスン中のわたしは いたって元気。

皆さんで 「1バタ」を 泳ぎました。

2バタで 満腹を覚えてしまった 皆さんにとって 1バタは 「おやつ」みたいなもの!?

皆さん ラクラク完泳!

最後に 中学生と 元マッチョと 一緒に わたしも参戦!

33.5秒 - 1分07秒 という 素晴らしいタイムが出ました。

続く 「200×4 6.00」 

がんばる人は ディセンディングで!

ゆるゆる行きたい人は お好きにどうぞ!

種目も ご自由に。

ゆるゆる組も 結局 ラストは 全開に!?

わたしは とってもいい感じだったので 最後 思いっきり行ってみたところ 2分17秒で泳ぐことができ またまた大満足でした。

皆様 お疲れさまでした。

いい気分で帰宅し この日は 早く寝ました。

----------------------------

月曜日

何かおかしい・・・

乾燥しているせいか のどが痛い・・・

のどが痛いっていうのは 嫌だなあ・・・

そんな感じで 目が覚めました。

何か飲めば おさまるだろう と思って お水やお茶を飲んでみるが のどの痛みがよくなることはなく むしろ 痛さが増している気がする。

朝ごはんでも・・・ と思っているうちに 痛みが どんどん強くなってきました。

のどの奥の方が痛いのですが どうも左側のような・・・

耳の奥も痛いような・・・

そのうちに しゃべると痛い という 初めての状況になり これはおかしいと思い 病院に行くことにしました。

おかしいと思ったら すぐに病院に!

何かあったらすぐに電話するように言われていたので 午前8:00でしたが 電話をし 腫瘍外来につないでもらうことに。

看護師さんが出たのですが うまくしゃべれないので 話を伝えるのに 時間がかかる・・・

ようやく 話が伝わり 先生から 耳鼻科に 診療依頼を出していただきました。

すぐに病院に向かい 受付で診療依頼の説明をするも のどの痛みは さらに増して うまくしゃべることができず・・・

「どうされましたか?」

「ほほはいはふへ・・・」(←のどが痛くて)

「は?」

「あははら ほほはいはふへ・・・」(←朝からのどが痛くて)

「すみません。 ゆっくりお話してください・・・」

「ひんひょうひはいへ・・・」(←診療依頼で)

「すみません。 聞き取れないので こちらに書いていただけますか?」

やむを得ず 筆談で説明。

次に 耳鼻科の受付に。

話は とおっていたので 9:00になったら 1番で 呼ばれるとのこと。

診察開始の9:00までに時間がある。

診察が始まっても きっとうまくしゃべれないので 今のうちに 症状を書いておこう。

これまでの症状を スマホのタブレットに 打ちこむ。 

9:00になり 診察室に。

今朝から 急に痛みだしたこと。

あまりに痛みが強く 何かを飲み込むことも もちろん しゃべることもできないこと。

この病院での 過去のことは 全部カルテに書いてあるので・・・ ということ。

先生に このようなことを書いたタブレットを見せ 診察が始まりました。

耳や 鼻や のどなど いろいろと診ていただく。

のどをよく見るために 鼻から超小型のカメラを入れることになり・・・

「鼻から このカメラを のどまで入れていきます。」

「ひはほーへふへ・・・」(←痛そうですね)

「ん? なんですか? 紙に書いてください。」

「痛そうですね」 と書いてみせると。

「これは 子どもでも やりますから 大丈夫。 ゆっくり入れていきますからね。」

「はいひっはいひはほほは はいんへふは?」

「え? なんですか? 書いてください。」

「大失敗したことは ないんですか?」 と書いてみせると・・・

「失敗したことはありませんから! 大丈夫ですよ。」

カメラは 鼻から口の奥に入り のどの奥まで・・・

痛いことは痛いが のどの痛みが強すぎて よく分からない。

ひととおり 検査が終わると・・・

「のどは腫れてはいますが ひどく腫れてはいません。 これから腫れが大きくなるかと思います。 これは インフルエンザか 左耳に中耳炎があるので 中耳炎の影響でしょう。 まだ熱が出ていないので インフルエンザかどうかは 今は分かりません。 インフルエンザだとすると 今日の夕方から 夜あたりに高熱が出るはずですので 明日 インフルエンザの検査をしましょう。」

処方箋を出していただき 家に戻り ひたすら寝ていると 夕方から 熱が・・・

これは インフルエンザかも・・・

どこで もらったんだろう??

しかし こんなに のどが痛かったことは 初めてだ。

「のどが痛くてしゃべれない」 なんてことが あるんだなあ・・・

とにかく 眠いので ひたすら寝てしまいました。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2バタ③

この一週間 頭の鈍痛と 首から方にかけて 痛みというか違和感というか 重ーく にぶ~く スッキリしない感じがあって ついに背中まで・・・

眠くて眠くて仕方ないので 寝ると10~12時間睡眠。

眠れるということは 眠るに限ると思い そのうち回復するだろうと・・・

金曜日 午前中から いろいろと用事を済ませ 予定より早くプールについてしまいました。

う~ん・・・

まだレッスンまでは 1時間以上ある。

車で寝ようか・・・

泳いでスッキリしようか・・・

いろいろ迷った挙句 泳いでスッキリすることに。

プールは ガラガラだったので 1コース貸し切り状態。

200を 3分サークルで回ろうと思い 泳ぎ始めるが 2本で サークルが間に合わない。

とにかく 身体が動かない。

こんな感覚は 久しぶり。

200は あきらめて 50mを 1分サークルで ゆっくり泳いでみる。

20本泳いでも 身体の 重くてだるい感じは 改善されず・・・

これは 泳いでもダメかな・・・ と思い 水中歩行に変える。

しばらく歩いた後 100mを1分30秒サークルで泳いでみるが 2本目で 間に合わなくなる。

そんなこんなで 50分がたち レッスンがスタート。

----------------------------

このところ 2バタを泳ぐことが お決まりメニューとなってしまい!? この日も 「全員で2バタ」をやることに。

たっぷり時間をかけて・・・ と思っていたのですが みなさん サクサク泳いでしまい あっという間に全員が完泳!

みんなすごい!

すっかり 2バタが大変・・ と思わなくなってしまったようで!? 

わたし的には そんな感覚になってほしかったので 大満足。 

時間が 余っちゃったなぁ・・・

全然スッキリしないけど ぼくも 2バタを泳いでみるか。

ご休憩中の皆さんに説明し 一人で 2バタを泳がせてもらうことに。

はじめの50は 37秒 100mは 1分16秒。

前回泳いだ時と比べて 身体が 重いこと重いこと。

え~い! スッキリしないから 飛ばしてしまえ! と ここから頑張って泳ぎ 2分33秒でゴール。

こんなに 速く泳げるとは・・・ と思ったその時・・・ 

「あれ・・・?」 

突然 身体が スッキリしたのでした!

身体がスッキリしないことがありましたら 2バタを 頑張って泳ぐことを お勧めします!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2バタ②

どうも このところ 体調がすぐれない・・・

なにか とっても疲れるようなことをした覚えがないのですが だるさがひどく 寝てばっかりです・・・

午後9:00に寝て 午前9:00に起きるって どういうこと!? と思うのですが 早寝しても 遅くまで寝てしまう・・・

そうそう

先日 またまた レッスン時に 「全員で2バタ」をやってみました。

この日は ただものじゃない 79歳のバタフライの世界記録のかたも参戦!

1時間 じっくり 細かいタイミングを練習して 3グループに分けて スタート!

この日は 全員 あっけなく完泳!

なんか 物足りなそうだなあ・・・

来週は 4バタにしますか!?

--------------------------

わたしは 月曜日に 久しぶりに 「150×10 2.00」に 挑戦してみました。

これは わたしにとって 限界サークルなので 戻りタイムはどうでもよく 10本回れるかどうかの勝負。

やはり はじめの3本くらいが うまくかみ合わなく タイムは間に合うも きつい感じでしたが 4本目以降は 動きの引っ掛かりがなくなり 途切れなくなってきたので こうなってしまうと 身体は 一気に楽に。

平均 1分50~52秒くらいで 泳げました!

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2バタ

ようやく 大きなお仕事が 一段落・・・!?

お仕事というほどのことではないかもしれませんが プールを借りるというのは なかなか たいへんなことで・・・

本日は 水泳の話を。

毎月 一つの種目をメインに レッスンをしているのですが 今月の種目は バタフライ。

50mを速く泳ぐことよりも 200mを楽に泳ぐ方が 大事である・・・ と 思っているわたし。

速く泳ぐために まずは 楽に泳げることから始めよう。

楽に泳ぐとは 200mとか 300mとか そんなものではなく 20分でも 30分でも 1時間でも いつまでも 泳ぎ続けられるということ。

どの泳ぎでも そういう泳ぎ方が できるはずなのですが どうも バタフライは そういう感覚にならない人が多い。

こういう話は始めると 長~くなってしまいますが とにかく 昨日のレッスンは 冒頭から 「本日は 全員 200mバタフライを泳ぎますので!」 と宣言してから始まりました。

「え~っ!? 2バタ~!? そんなの 無理無理!!」 と なってしまいがちなのですが うちの皆さんは 「あ~ そうですか・・・」 くらいの リアクション。

前半1時間のレッスンが終わり 後半がスタート。

さあ これから全員で 200mバタフライを泳ぎましょう!

時間は いくらかかっても 構いません。 

タイムも取りません。 

すべて バタフライで泳いでください。

どうしてもきつかったら 止まって休んでください。 

泳ぎを 変えることは しないように。

75歳以上の方に限り 泳ぎを変えることを認めます!?

グループに分け スタート。

ゆっくり ゆっくり泳ぎ 全員完泳!

不安だった数名も!? 無事完泳!

皆さん すばらしい~!

あ~ よかった よかった・・・ と思ったのも つかの間!?

がんばっている皆さんを見て どうしても やりたくなってしまった わたし。

入院以降 一度も泳ぐことはなかった 200mバタフライ。

封印をしていた!? ・・・というほど 大げさなことではないですが わたしにとって 200mバタフライは 200mクロールと同様に がんばって泳ぐ種目。

この日は がんばって泳ぐつもりもなかったのですが なんとなく バタフライが乗っているような気がして 皆さんがゴールした後に 一人で泳がせていただきました。

泳ぎ始めると ゆったりしたテンポでも 体重が乗って気持ちいい。

はじめの100mは 1分16秒。

これなら 2分40秒くらいでいけるかも。

200は 2分34秒でゴール。

うわ~ 全然落ちなかった!

タイムがよく分からないのか 皆さんの反応は 「へぇ~」くらいでしたが 自分としては できすぎのタイム。

いつか どこかの大会で 200mバタフライでも出てみるか・・・

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すべらないように

しかし 昨日は おそろしいほど 降りました・・・

坂が多い 横浜国際周辺は ノーマルタイヤが通れない規制が あちこちであって 車がSTOP。

車が動かないので 道路は大渋滞。

電車も 徐々に止まりだし やむを得ず 予定していた講習会は中止。

歩くのが こんなに大変だったのは 初めてかも。

片手に傘 片手につえ。

道路は ツルツル滑るので いつもより しっかりと つえを握る。

足が滑るたびに つえに全体重をかけていたようで 今朝になって 手首が激痛。

折れているんじゃないか? と思うくらい 手首が動かない・・・

急いで 以前もらった 強い炎症剤の湿布を貼る。

しかし 危険なのは ところどころ凍結している 翌日の道路。

すべらないように すべらないように・・・

話がすべっても 足はすべらないように・・・!?

「せんせい 今日の話 すべりましたね・・・」

そんなバカな! 話がすべるなんて・・・!?

このところ 横浜国際のプールでレッスンをすると ドキッとする発言が多い。

「寒い・・・」

たしかに 横浜国際プールは 室温が低いので 寒いと感じることがあります。

しかし わたしが話をしている最中に 「寒い・・・」と言われると まるで わたしの話が寒いみたいで・・・

すべっても 寒くても それは わたしのせいではありません・・・!?

話が それましたが とにかく すべらないように 気をつけねば。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今月のはしご

木曜日は 病院のはしご。

漢方の病院と 免疫療法の病院で治療でした。

---------------------------------

家を出てるのは まだ夜が明けぬ 午前6:00 

首都高に乗るころ お空は茜色の 美しい東雲。

7:00にホテルに到着。

まずは 優雅な朝食を。

病院に行く前に いい気分になると よりいい治療が できるような気がする。

漢方の病院では 受付の方も 看護師さんたちも すっかり顔なじみに。

病院内のトイレに向かうと 帯津先生とバッタリ。

「あなたは いつも元気そうでいいね~ どこが悪いんだ?って 思っちゃうね。」

「はい。 ありがとうございます。 ここに来ると 元気になる気がします。」

看護師さんに 検査データを渡し 診察を。

特に報告することは ノロにかかったことと じんましんくらい。

検査結果も悪くない。

触診でも いつもの 「肝臓のへりにふれる」ということくらいで あとは問題なし。

いつもの漢方をいただいて つぎは 免疫療法の病院へ移動。

-----------------------------------------

免疫療法の病院は ビルの8階にあり 専用のエレベーターがあります。

8階は 免疫療法の病院と ガンの東洋医学系のクリニックと ガンのセカンドオピニオン専用のクリニックがあって つまり この階に来る人は 「全員ガン患者」ということになります。

このエレベーターに 他の人が一緒に乗ることは まず ないのですが この日は 他の人も一緒に8階へ。

ニット帽をかぶり つえをついた男性。Nec_0530

この人は間違いなく ガン患者だな・・・ と思いながら つえをよく見ると・・・

な なんだ この杖は!?

この方 つえ評論家と化してきたわたしが 全く見たことがない すごいデザインの 杖をついていました。

う~ん・・・ これは 見たことがないぞ・・・

つえが倒れない構造の 四足の杖があるのですが 四足なのに 非常にコンパクトで 四足部分が スキーのストックのリング位の大きさになっている。

あまり かっこよくはないけど 機能的には素晴らしい・・・

待合室に到着。

ここは 一流ホテルの ロビーを思わせるような 優雅な雰囲気。

受付を済ませ 待っていると 足の細い看護師さんがお出迎え。

診察室に入ると このところ毎回診察していただいている先生が待っていました。

検査データと 近況を 丁寧に カルテに入力し 診察が終了。

治療のための個室に移動。

今日の治療は リンパ球法の点滴。

足の細い看護師さんが 検温 血圧をはかり 点滴のルートをとってくれる。

こちらの看護師さんは 針を扱うレベルが高すぎる。

白血球は ドロドロしているので 入れる針も太めなのですが 針を刺すのも 刺した後 奥に入れるのも 全くの無痛。

「こちらの看護師さんは 本当に 針を刺すのが 上手ですよね~」

「そうですか? 普通ですよ。」

「皆さん 病気の知識も豊富だし 相当 レベルが高いですよね。」

「そうですか?」

「応対も丁寧だし 針を刺すのも上手だし 足も細いし。」

「あらいさん 前回の時も 足が細いって言ってましたね。」

「そ そう? 足が細いって言ってた??」

「はい。『ボクがどんなに痩せても そんなに細い足にはなれない』って。」

「そ そんなこと言いましたっけ??」

「あと 『膝から下が細い人は多いけど 膝から上が細いっていうのは なぜですか?』 って聞かれました。」

「そ そんなことまで・・・!?」

「覚えていらっしゃらないのですか? 麺の話もされていましたよ。」

「め めん・・・!?」

「太いめんより 細いめんばっかり食べているんじゃないかって。」

「あ~ な なんか そんな話をしたような・・・」

「『なんで細いのかわかった!』 とおっしゃって 『きっと うどんより そうめんが好きでしょ! ポテトも太いのより 細い方が好きでしょ! 細いものばっかり食べているから 足が細いんだ~!』 って おっしゃっていました。」

「そ そう言えば そんなことを言ったような・・・」

部屋の電気を暗くして 点滴中は 熟睡。

点滴が 生食水に変わったことも気づかず 看護師さんに起こされ 点滴終了。

待合室に戻り お紅茶を飲みながら 目玉が飛び出そうな金額の治療費を精算。

治療ができることに感謝。

今日も とっても いい治療ができました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

怒涛の自主練

昨日は 漢方の病院と 免疫療法の病院で治療でした。

治療をしてしまうと泳げないので 前日の水曜日の夕方に 自主練をしようと思い 横浜国際プールに行きました。

午後4:30過ぎ。

すいているとは思っていましたが まるっきり人がいないので 1コース 貸し切り状態。

よ~し 今日は 思い切った練習をしてみよう!

昨年秋からの 泳ぎのいい感じは 年が明けても続いている様子。

プールは せっかくの 貸し切り状態なので 「やったことがないサークル」に 挑戦してみようと思いました。

メニューは 「400×4」 と 「200×4」 をやることに。

400は いつも 「6分サークル」でやっているのですが 6分サークルだと 「待っている間に寒くなってしまう」 ・・・という これまででは 考えられない状況になってきたので 思い切って 「5分30秒サークル」に挑戦!

200は 2分40秒サークルまでは やったことがあったので 「2分35秒サークル」に挑戦!

とりあえず 2分30秒で泳げば 5秒休める・・・ 

あとは どこまで続けられるか・・・

400と200の間は 1分あけて 一気にやってしまおうと思い スタートしました。

----------------------

●400×4  5.30

5.07  5.03  5.00  5.02

あまり がんばらずに泳いだわりに 戻りタイムがよく 意外と たくさん休めました。

●200×4  2.35

2.28  2.30  2.32  2.28

着いて すぐに出る感じで 3本目は 「着いて スタート」 というより タッチターン状態でしたが なんとか 4本回れました。

全部が終わり すぐに 100m流して これだけ泳いで 35分間で終了。

まさに 怒涛の自主練でした・・・

------------------------

明後日の 1月13日(日) 午後1:30~ キャンセルし忘れた 1コースが取れていて もったいないので 怒涛の自主練をやろうかと思うのですが・・・

メニューは 「200×20 3.00」

一緒にやる! という方がいらっしゃいましたら ご連絡ください!

3分サークルで泳ぐので 150mでも構いません!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すごい女性

昨日 プールで すごい女性に お会いしました。

------------------------------------

横浜国際でレッスン後 ジャグジーに入っていると つえをついた女性が ごあいさつを。

「こんにちは。 世田谷のプールにも いらっしゃる先生ですよね?」

「あ はい。 世田谷にも行っています。」

「あらいさんですよね?」

「そ そうです。 よく名前をご存知で。」

そして このあと 約1時間半近く お話をすることになりました。

この方 子供のころに 原因不明の菌が入り 大腿骨が溶けるという難病で 片足が不自由なのですが 片足が不自由という次元を超えて 日常生活で どうにもならないことがいっぱいの 大変な方でした。

------------------------------

大腿骨の残っている部分の途中が 骨盤にくっついているという状態で 片足が極端に短く 全く動かすことができない。

骨盤から膝くらいにかけて麻痺があり その下の感覚はあるという。

身体に 菌が入っているため 人工的なものを入れることもできないどころか 手術をすることができない。

座ることができないので 立っているか 寝ているか という姿勢しかとれない。

腰掛けられないので 車イスに乗ることができない。

目が悪い。

菌が身体から抜けることがないため 頻繁に 感染を起こし 白血球が増えて CRPが上がり 抗生剤。

それでもダメだと 入院。

それが原因か? 頻脈があり その薬も絶えず飲んでいる。

目の手術をした際に 行った麻酔で 頻脈による 心停止したという。

骨盤付近の痛みが激しいため 痛み止めも常飲。

普段はロキソニンで 痛みがはげいしい時は ボルタレンの座薬。

座薬を入れると 副作用でしばらく 体調を崩す。

原因も治療もなく 50年近く 病院を転々としているが 今は リウマチの先生にかかっている。

薬の副作用で 太ってしまって 運動するために プールで歩くことから はじめたとのこと。

腰掛けられないので 車に乗れない。

運転も もちろんですが タクシーにも乗れない。

移動は バスか電車。

バスか電車に乗る時も 立っているしかない。

立っていることも 長くはできないので 長時間乗る時は 途中で降りて どこかで横になって休む。

イスに 骨が溶けていない側の腰を 少しだけ乗せることができるが すぐにつらくなる。

少しだけ乗せる腰の部分も 長年乗せているので 床ずれのような感じに。

横になっている時は ひじを使って移動をするので ひじは こすれて 皮膚が真っ黒になっている。

-------------------------------------

とりあえず ひと通り お身体の状況と 日常生活の大変さを聞きました。

痛みを伴う日常ほど つらいものはないと思います。

ここまでの話を聞いただけでも 大変だな~ と思ったのですが 大変なのは お身体のことだけでは ありませんでした。

身体のことは 自分がどうにかしていればいいことだから それほど苦には思わなかったのだという。

一番辛いかったのは 世間の目。

11才のある日 突然 熱が出たので 病院に行く。

「風邪でしょう」ということで 薬を飲んだが いつまでたっても熱は下がらないので 大きな病院を紹介してもらい そのまま入院。

原因不明の菌が 身体にあることが分かる。

その後 じょじょに足が痛み 動かなくなる。

15歳の時 大腿骨が溶け始め 足が不自由になり 松葉つえを使う生活が始まる。

学校の行事には ほとんど参加できない。

中学は 普通の中学に行き その後は 施設に。

成人するまでに 数え切れないほどの いじめにあった。

今は 世間の身障者への理解があるので 街を歩いていても 普通でいられるが 昔は できるだけ人眼に触れないように 隠れるように過ごしていた。

辛いことが たくさんあったけど 自分ですべて乗り越えてきたから 性格がきつくなってしまったと 笑顔で話す。

笑えるようになったのは プールに来るようになってから。

プールにいると 普通の人と同じ空間に居られる。

「普通の人と 同じ空間で 同じことをしていることが 初めてのことなんです。 それだけで うれしいんです。」

「普通の人と一緒にいる」 そんなことが うれしいと感じるなんて。

本当にたくさんの ご苦労をなさってきたのだろうと 聞いていて 涙があふれてきました。

プールに行くと わたしが笑顔で教えているところを いつも見ていて 素敵な人だなあ~(←これは言ってませんでした) いつか お話ししたいと思っていたようです。

このあと 込み入った身の上話を!? 色々聞かせていただいたのですが そちらも なかなか ご苦労が多かったようで・・・

いろいろとお話を聞かせていただきましたが こんなに大変な御苦労をされているのに 気持ちが いつも前向きで 本当に 頭が下がりました。

-----------------------------

約1時間半ちかく お話をして わたしが先にジャグジーを出たのですが つえを持って出ようとすると・・・

「あれ? あらいさんも 杖をついているのですか? どうかなさったのですか?」

「あ こ これですか? こ これは なんでもないですから! なんなんでしょうね? この棒は。」

「足が悪いのですか?」

「誰のかな~ ぼくのかな~? 一応持っていくか・・・」

「ごめんなさい。 わたしの話ばかりしてしまって。 今度 あらいさんの 足のお話を聞かせてください。」

「とんでもないです。 ぼ ボクなんて かすり傷みたいなものですから・・・ 」

「ははは。 かすり傷で 杖は持たないですよ。」

どうやら この方は ぼくが とっても謙虚な人だと思っている・・・

本当は 「自分の話が 大好き人間」だと 気付かれていないようだ・・・!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マンスリーフェロン2013-01

先週の金曜日は 月に一度の インターフェロンでした。

病院も この日が 営業初日とあって 朝からにぎわっていました。

わたしは 採血の 1等賞をねらって 8:06に 受付を!

本来は 8:30~なので ベスト10入りは 間違いないと にらんでいたのですが・・・

臨床検査で カードを通すと・・・

Nec_05041

なんと 46番。

1番は 一体 何時に?

採血も採尿も 無事終了。

診察が始まり 検査結果を。

白血球は低め。

食事前なのに やはり 血糖値は高め。

まだ ステロイドの影響が残っているようです。

お正月に たくさん飲んだにもかかわらず γ-GTPは 40台と ぜんぜんOK!

だいたい いつも通りの数値でしたが これまでになかった 好酸球が多く出ていて アレルギーが出ているのか? これは様子を見るということに。

ノロになった話と じんましんが出た話をして 予定通り インターフェロンの治療に。

今日の担当は すっかりベテランになってしまった かわいいY先生。

お注射の腕を格段に上げ 痛みはかなり少なくすみました。

早くも 次の 全身CTの予約と MRの予約を入れて終了。

いつも通りの 病院での一日が終わり いつもどおり お熱が出ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初泳ぎ

あ~ 忙しい 忙しい・・・

のんびりしすぎて!? 忙しい・・・

あまりに ぐうたらな 毎日を 送っていたおかげで やらねばならないことが 山のようにたまってしまいました。

気付けば 12月28日から パソコンの受信メールを開いておりませんでしたので メールが たまっておりました。

本日より 順番にお返事を送りますので よろしくお願いします。

昨年も ゆるゆる 過ごしていましたが 本年は 昨年に負けないくらい のんびり ゆっくり がんばりすぎずに 行こうと思います。

あんなに せっかちだったわたしは 一体どこに行ってしまったのでしょう!?

昨夜 12日ぶりに 泳ぎました。

昨年の秋くらいから 泳ぐ習慣がついていたので 12日間泳がないことが とっても不安な感じでした。

入院生活を思えば 1回の入院で20日間は プールに入ることができないので 12日間なんて なんてことない日数ですが・・・

ゆっくりアップをして 少しレッスンをして 最後に 皆さんは 100を2分15秒サークルで。

わたしは 「200×8 3.00」を 監視員くんと泳ぎました。

12日前の年末に 最後に泳いだのも そういえば この監視員くんとでした。

「今年は もう泳いだ?」

「いや あれ以来 泳いでないっすよ。」

「そうなんだ。 じゃあ ボクと一緒だね。」

この監視員くんは 練習スピードが同じくらいなので 泳ぎやすい。

100mまでは 監視員くんの方が 圧倒的に速いのですが それ以降は・・・!?

アップでは 何となく身体が重たく感じていましたが 200が始まると すぐに かみ合ってきました。

急がず 途切れず おなかに力を入れて・・・

あまりがんばらずに 泳いで 全部2分30秒以内で泳げました。

これは わたしとしては できすぎな結果です。

監視員くんも 2分35秒平均くらいで泳いでいたので 大満足の様子。

本日は 横浜国際で 初レッスンなので 終わったら ゆるゆるスイムでもしようかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハイテンション!?ひきこもり

ひきこもり 年末年始のおかげで 家から一歩も出ない日々が続いております・・・

新年早々 ひきこもっているのですが 母校の大活躍で テンションが上がってきました。

まずは 3年ぶりに 箱根駅伝に出場した母校。

予選会8位で 箱根の出場権を獲得。

1区の西池選手は 予選会でも 学内TOPだったので いけると思っていましたが 予選会で学内2位の関口選手が 5区でまさかの 8人抜き!!

往路5位という とんでもない成績に ビックリ。

なんとか シード権を取ってほしいと願っていたところ 最後は大健闘の9位で みごと シード権を獲得!

たすきのタオル!? が 欲しくなりました。

そして 高校の母校が 現在 全国高校サッカー選手権に 神奈川代表として 出場中。

順調に勝ち進み なんと 8強入り!

YAHOO NEWSの TOP記事に 「桐光学園 ディ・マリア」なんて おそろしいタイトルが!!

自分とは まるで関係ないですが 後輩の活躍に テンションが上がり お酒が進んでしまいました!?

母校の皆さん いいお正月を ありがとう。

本日は 検査と 治療です。

採血の数値は 半端じゃなく悪いと思われますが!? 母校の活躍のおかげで いい治療ができそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

寝正月

おけまして おめでとう ございます

なぜか 寝ても寝ても眠いという まるで ネコのような 毎日でございます。

特に お酒を飲むと あっという間に寝てしまう。

一日 20時間近く 寝ているのではないでしょうか。

箱根は 3年ぶりに 母校が走っておりますが 見ていると 寝てしまいそうです。

本年も よろしくお願いしいたします。

それでは おやすみなさい。。。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »