« 副作用 | トップページ | 町田に向けて »

はしご

昨日は 朝から 漢方の病院に行き その後 免疫療法の病院に行き 治療を行うという 病院のはしごでした。

抗がん剤の入院以降 なんとなく 1ヶ月に一度の頻度で 漢方の病院と 免疫療法の病院に行っていたのですが 病院での化学療法の治療と 大きな検査の日程などを うまく合わせるようにしていくうちに だいぶ 病院のパターンが 出来上がってきました。

大きな検査をして その結果を 化学療法の治療の日に当てて その結果を受けて 漢方の病院と 免疫療法の病院に行く。

この流れが出来上がったので 時間の予約を取る日程が なんとなく読めるようになってきました。

そして この間に起こったことの説明も しやすいというか 思い出しやすくなりました。

そんなわけで 一軒目の漢方の病院に。

こちらでは まず看護師さんに いろいろと報告を。

そして 先生に 報告をしながら 診察をしていただきます。

元気そうに見えるし 元気に動ける時こそ 用心を・・・!

脈 首の触診 舌の観察 ベッドで横になり 膝を立てて おなかの触診 うつぶせでの触診 座って 背中の触診 聴診器を当てたり たたいたり ・・・

熱が出やすいことで 胸に水がたまっている!?こと 肝臓のヘリに触れること。

いろいろ お話をしていただき 漢方を出していただきました。

こちらの病院は 毎度のことながら 明らかに 重篤そうなガン患者が たくさん来ています。

Tシャツ姿は わたしだけ・・・!?

------------------------------

次は 2件目へ!

こちらは 免疫療法の病院。

受付前の ホテルの一室のような 待合室は いつもより 混雑している様子・・・

やはり こちらも かなり重篤なガン患者と思われる人が 何人も待っています。

今日は 樹状細胞療法の日。

こちらでも これまでの経過を説明し 治療となりました。

ベッドに横になり 看護師さんが 検温 血圧 採血をしながら 色々とお話を。

「熱はどうですか?」

「血糖値がまた高いですけど インスリンは打ってますか?」

「首からの手のしびれはありませんか?」

「リンパの腫れはいかがですか?」

う~ん・・・ ここの看護師さんは 本当に 患者さんのことを熟知している。

自分が忘れていたことを 聞かれることも多く 本当にビックリする。

しばらくして 先生が来て 治療開始。

右のリンパ節に 注射をするのですが これが かなり痛い・・・

何度か熱を出したことがあるので またしばらくは おとなしくしていよう・・・

|

« 副作用 | トップページ | 町田に向けて »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1395152/47417837

この記事へのトラックバック一覧です: はしご:

« 副作用 | トップページ | 町田に向けて »