« 腫瘍外来【2番】 | トップページ | ウザい男 »

マンスリーフェロン2012.08

いよいよ 第4試合です。

第4試合は 月に一度のインターフェロンです。

インターフェロンを 打つ前に 次回用の麻酔テープをもらう。

これまでは 「ペンレス」という 本当に効いているのかどうか 怪しい!? ペラペラのテープでしたが 今度の後発版の 麻酔テープは 厚さもあって 何か効きそうな感じ・・・

トレイに 注射が 用意され インターフェロンの準備完了。

「はい では ベッドに横になってください。」

「は~い。」

「さて 今日は 誰が インターフェロンを 打つでしょう?」

「そうですねぇ。 主治医の超美人先生は 最近やってくれないし ○○先生は ニコニコしながら とっても痛いし 最近とっても上手になった かわいい Y先生がいいなぁ・・・」

「残念でした。 今日のインターフェロンは 新人ちゃんです!」

「し 新人・・・!?   いやな響き・・・」

「今日 担当するのは わたしで~す! ○○と言います。 痛かったらごめんなさ~い!」

「だ だれ?? 本当に おいしゃさんなの?」

この新人の先生は 見るからに若い! 

目は つけまっぽいし・・・!?

しゅしゅ?(頭に巻いてあるやつ)が お花や リボンみたいなのが たくさんついている。

「だ だいじょうぶ??」

「は~い! 自信はないけど 頑張りま~す!」

「じ 自信ないの・・・?  自信がないと困るんだけど・・・」

すると ベテラン先生が・・・

「あらいさん 新人ちゃん好きでしょ! この子 見かけによらず じょうずなのよ!」

「みかけによらず・・・って。 じゃあ お願いします。 超ゆっくり目でね。」

「あらいさんって 先生たちのランキングをつけてるんでしょ。 いきなり 3位とかに入ったりして。」

「上位3位はね。 相当上手じゃないと入れないから 無理だと思いますよ。」

周りの先生たちが 私の身体を押さえ インターフェロンがスタート。

1ヶ所ずつ ゆっくり ゆっくり 注射をしていく。

いつものことながら 全身汗びっしょり。

枕を握りしめている手も 汗でびっしょり。

無事 12発の注射が終了。

「どうでした・・・?」

「本当に見かけによらず うまいかもしれないなあ・・・」

「わたし 何位ですか?」

「そうねえ・・・ 8位かな。 でも いきなり8位は すごいけどね。」

「これでも 8位ですか?? 痛かったですか?」

「うん。 まあ・・・ 2発くらいは 激痛だったけど あとは我慢できたから。 はじめの頃は どの先生も 痛かったんだけど 先生たちの注射を打つレベルが ものすごく上がって みなさん 超美人先生並みになってきたから。」

「よし。 次はもっと上位を目指すぞ~」

「つ 次も・・・!?」

インターフェロンは終わり いつもどおり 夜から 翌日にかけて お熱が出ました。

|

« 腫瘍外来【2番】 | トップページ | ウザい男 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1395152/46932518

この記事へのトラックバック一覧です: マンスリーフェロン2012.08:

« 腫瘍外来【2番】 | トップページ | ウザい男 »