« USオリンピックトライアル⑦ | トップページ | 左首腕痛① »

ややこしいアメリカ女子選手!?

2000年以降 2つ以上の種目で 「TOPクラスの記録で泳ぐ選手」が 増えてきたように思います。

日本でも 藤井選手のように 自由形とバタフライで 国内TOPで さらに 個人メドレーでも速い・・・

「2つ以上の種目で速い・・・」

「得意種目が2つ以上ある・・・」

「不得意種目がない・・・」

こういうことだけではないのです。

「2つ以上の種目で TOPクラスの速さ」ということです。

一つの種目で 世界TOPの人が 2つ以上の種目で 世界TOPで泳ぐとしたら・・・ そんな人が 個人メドレーをやったとしたら・・・ 誰もかなわないのです。

ついには バタフライ 背泳ぎ 自由形 の3種目で 世界TOPレベルで泳ぐ選手が現れました!

その名は 超人 M.フェルプス選手。 

不得意とされる 平泳ぎでも 200mで 2分16秒くらいで泳ぐわけですから 個人メドレーは もはや フェルプス選手以上の記録を出すことは あり得ないと思われました。

しかし 超人はもう一人誕生しました。

まさかの フェルプス選手の個人メドレーの記録をやぶった ロクテ選手。

ロクテ選手は 自由形では 昨年の世界選手権で優勝。

背泳ぎは 世界記録保持者。

バタフライでも 世界ランク4位。

-----------------------------------

以前から 不得意種目が少ない・・・ という選手はいました。

しかし 今は 「不得意種目が少ない」とか 「得意種目が多い」というレベルではなく 一つ一つの種目が それぞれの種目の中で 世界TOPレベルで泳げるということ。

そういった選手が コフリン選手や コベントリー選手や マナデュー選手のように 女子の選手でも 増えてきました。

特に 今回のアメリカ選手に この傾向が強い!

「あれ? この人って 背泳ぎの選手じゃなかったっけ?」

「自由形? 平泳ぎじゃなかったっけ・・・?」

とにかく 非常にややこしい状況なので 五輪前に スッキリさせておきましょう!

・・・ということで 「ややこしい女子選手」を わかりやすくまとめてみました。

---------------------------------

●J.ハーディー選手
ハーディー選手は 自由形と平泳ぎの短距離が速い!
これは 非常に 珍しい組み合わせです。
全米選手権の結果
100m平泳ぎ 3位
50m自由形 1位
100m自由形 1位

●D.ボルマー選手
ボルマー選手は 100mバタフライでは 世界NO.1!

自由形の短距離・中距離も速い!
バタフライと自由形という組み合わせは よくある組み合わせ!?
全米選手権の結果
100mバタフライ 1位
100m自由形 7位
200m自由形 3位

●C.レベレンツ選手
レベレンツ選手は 平泳ぎと個人メドレーが速い選手です。
全米選手権の結果
200m個人メドレー 1位
400m個人メドレー 2位
200m平泳ぎ 8位

●M.フランクリン選手
現在 背泳ぎでは 世界NO.1です!
自由形でも 世界TOPクラスです!
全米選手権の結果
100m背泳ぎ 1位
200m背泳ぎ 1位
100m自由形 2位
200m自由形 2位

●E.ベイゼル選手
400m個人メドレーでは 世界NO.1です!
背泳ぎも 世界TOPクラス!
自由型中距離も速い!
全米選手権の結果
400m個人メドレー 1位
200m個人メドレー 5位
200m背泳ぎ 2位
400m自由形 5位

●C.アダムス選手
バタフライが世界TOPレベル!
個人メドレーも速い!
200mバタフライ 1位
400m個人メドレー 3位

あ~ ちょっとスッキリした・・・

|

« USオリンピックトライアル⑦ | トップページ | 左首腕痛① »

水泳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1395152/46185276

この記事へのトラックバック一覧です: ややこしいアメリカ女子選手!?:

« USオリンピックトライアル⑦ | トップページ | 左首腕痛① »