« 白血球は白い | トップページ | ガソリン »

久しぶりの漢方

昨日は 約2カ月ぶりに 漢方の病院に行きました。

この日の予約は 11:00だったので いつもより のんびりと優雅な朝食を・・・!?

予約10分前に受付をすまし テーブルのある椅子で待っていました。

少しして 看護師さんが登場。 

これまでの 経過をお話ししました。

「あらいさんの 化学療法の インターフェロンって どのくらいの周期でやってるの?」

「毎月です。」

「あらヤダ 毎月インターフェロンをやってるの? 毎月毎月やって 大丈夫なの?」

「いや 大丈夫というか・・・ 熱が出ることもありますけど・・・」

「毎月 化学療法やって こんなに元気なの? 信じられないわね・・・」

「そ そうですか・・・」

しばらくして 先生に呼ばれる。

これまでの経過を話す。

「最新の採血結果を見ると 肝臓の値のうち 2つだけちょっと高いですね。 これは おなかの風邪か何かですか?」

「はい。 まさに おなかの風邪?かどうかは 分からないのですが 嘔吐下痢で しばらく大変でした・・・」

「あとは 白血球が低いですね。 感染に注意ですね。」

「はい。 そうですね・・・」

「でも それ以外は とってもいいじゃないですか! 特に ヘモグロビンA1c なんて 素晴らしい回復ですね。」

「そう そうなんです。 今回の A1cの数値は 驚かれました。」

いろいろと この2カ月であったことを話す。

次に 別の部屋に移動して 触診を。

「今日は 肝臓も良さそうですね。」

「そうですか!」

今後の漢方の相談を。

とりあえず 鼻は良くなったので これまで通り 免疫力を上げる漢方のみを 継続するということに。

直前まで シャツを着ていたのですが 暑くなってきたので Tシャツ1枚でいると・・・

「あらいさんは いつも元気そうに見えるけど 今日は特に元気そうですね。」

「はい。 今日は とっても元気です!」

「でも・・・ Tシャツ1枚は まだ早いですよ。 白血球も少ないのですから 常に用心してくださいね。」

「は はい・・・」

今年は 特に寒い冬だったこともあると思いますが とにかく 寒気が常にしていて ようやく 寒いという感覚がなくなってきました。

「暑い』は 脱げばいいけど 「寒い」はどうにもならないから やはり常に 寒い想定を心がけなくては。

|

« 白血球は白い | トップページ | ガソリン »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1395152/45025659

この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりの漢方:

« 白血球は白い | トップページ | ガソリン »