« お誘い | トップページ | プロポリス① »

ちょっと・・・

ちょっと 水泳の話を・・・

しゃべったって 何時間もかかることなので 文字にしきれませんが・・・

できるだけ簡潔に・・・

このところ 昨年の世界選手権を予選から全部見直しているのですが ますます 見えてきます。

いいイメージを残し プールに向かう・・・

-------------------------------------

この日は 100はここちよく 50はスピードを上げて・・・という感じで泳ごうと思ったのですが 100mの2.00サークルを 150mでやってみようかと思って いけるところまで150に挑戦してみました。

100×5 2.00
 50×4 1.15
150×5 2.00
 50×4 1.15
100×5 2.00
(セット間なし)

戻りタイム
1.20 1.20 1.20 1.22 1.19
32 31 31 31
1.48 1.52 1.53 1.54 1.55
33 31 32 31
1.25 1.24 1.25 1.19 1.18
 

結果 150mは 2.00で回ることができました!

この日のテーマは 回転を上げて泳ぐこと。

いつもより短いストロークで回転を上げることで どのくらいスピードが出るか どのくらい疲労度があるか。

疲労度という点では よかったと思いますが やはり短すぎるストロークは スピードが出ない。

かといって大きくすると 途切れてしまう。

途切れないように大きく泳ぐことが 今後の課題。

 
-------------------------------

先日 1コース貸切の好条件で泳げたので 最後の30分をきつめに泳いでみました。

淡々と同じ割合の違う距離で ピラミッド風にやってみました。

間に合うかどうか・・・

・・・というのも いつもは ロングスパッツで練習しているので ある程度 水着の力があるような・・・

この日は 普通の練習水着でやってみました。

どのくらいで戻れるのか? どこまでもつか!? みたいな感じで。

200×4 3.00
400×1 6.00
200×2 3.00
100×4 1.30
(セット間なし)

戻りタイム
2.32 2.33 2.33 2.34
5.14
2.36 2.37
1.16 1.16 1.14 1.12

色々な泳ぎ方を試しながら泳いでいました。

やっぱり 「途切れない」に限ります。

スタート後の 数ストロークをノーブレスで 途切れないリズムを作って そのリズムを崩さないように呼吸を入れていく。

入水後に 休んだり ストロークに過度な緩急をつけると 同じ力加減でも タイムが落ちる。

押している感とか 進んでいる感と タイムは全く別物なので 完全に途切れないリズムができた時は 疲労感が全くなく もの足りない感がいっぱいで スピード感もないが タイムはとってもいい。

何度やってもこうなるので これが今のところ 一番効率のいい泳ぎ方だと思う。

速くて途切れないリズムから 途切れないリズムを変えないまま だんだん その回転を遅くして 動きを大きくしていく。

わたしの場合 25mを22~25ストロークくらいからはじめて 最終的には14~15ストロークまで リズムを変えないで大きくしていく。

これがうまくいかなかったら また速い回転からやり直す。

キックは あっても なくても 2でも 6でも 入れたい時に ほんのちょっと タイミングよく入れるだけ。

わたしの 今のキックは 1キックのみ。

左足は動かないこともないのですが 使うと あとで足がパンパンに腫れてしまうので 極力じっとさせて 右足のみ 左手の入水とほぼ同時に 打っている。

なんともかみ合った時は 誰かが後押ししてくれているかのように 身体が浮いてくる。

このイメージが いつでもできるといいんだけど。

ちょっと 水泳の話でした・・・

|

« お誘い | トップページ | プロポリス① »

水泳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1395152/44387050

この記事へのトラックバック一覧です: ちょっと・・・:

« お誘い | トップページ | プロポリス① »