« プロポリス① | トップページ | 報告は後日 »

プロポリス②

プロポリスは 歴史が長く 古代ローマでは「天然の抗生物質」と言われていたそうです。

昨年 レッスンに「プロポリス通」の方がいらして その方から 「おすすめのプロポリス」をいただきました。20120127_095726

プロポリスは アルコールで抽出されるので アルコールのにおいも 強烈です。

安いプロポリスは アルコールの量が多いらしく これでは効きにくいとのこと。

いただいたのは 「ブラジル産」で プロポリスは ブラジル産は 最も高級品のようです。

ブラジルのミツバチは たいへん優秀らしく 成分も他の国のものの 数千倍にもなるようです。

飲み方としては カプセルに入れたり お茶にまぜたり と 飲みやすく飲むのが 通常の飲み方のようですが この「プロポリス通」の方に言わせると 直接口に入れて飲むのが一番! とのこと。

プロポリスは 小さな瓶に ちょっとだけ液体が入っています。

ふたが スポイトになっていて スポイトで液体を吸い上げて 1滴とか2滴とか たくさん飲んでも10滴くらいが 一回に飲む量です。

1滴でいいくらいの量を お茶にまぜたりしたら コップについてしまったりして もったいない。

だから スポイトを口に入れて 直接飲むのが一番!

免疫療法の先生も 病院の先生も 漢方の先生も プロポリスは お勧めしていましたが とにかく 「プロポリスは 成分が強いので ちょっと体調が悪い時は かえって 身体に負担を与えたり おなかを下したりするから 気をつけて飲んでください」と言われました。

この ブラジル産プロポリスは とっても高いものらしく 高いだけあって 味がとっても濃厚です。

なんとなく わたしのイメージは 「高いユンケル1本を 1滴まで濃厚にしたもの」という感じ!?

いつも持ち歩いていますので 試してみたい方 「お口に1滴」 いかがでしょう?

|

« プロポリス① | トップページ | 報告は後日 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1395152/44387672

この記事へのトラックバック一覧です: プロポリス②:

« プロポリス① | トップページ | 報告は後日 »