« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

貧血

咳が止まらないというのは 困ったもので。

喘息かと思うほど 一度咳が出るはじめると しばらく止まりません。

苦しいのなんの。

はじめは 咳をするたびに起こる 強烈な頭痛との戦いだったのですが 今は クラクラっと 意識が遠くなるような症状との戦いです。

これが 貧血というものなのだろうか?

よく 朝礼の時に ばたっと倒れるやつが 貧血だよなあ。

これまで 全く無縁の「貧血」

貧血のイメージは 色白で やせていて いかにも 身体の弱そうな感じ。

「貧血で倒れたのは どなた?」

「はーい! ボクでーす!」

「え~っ!? あなたね~ いい加減にしなさいよ! 貧血なんて嘘ついて!」

「ホントなんです。 咳が止まらなくて 貧血で倒れたんです。」

うーん・・・

とても 信じてもらえそうもないな・・・


| | コメント (0) | トラックバック (0)

燃費

ガソリンが 高すぎる・・・

イランへの制裁などが 理由だと思うが・・・

高すぎる・・・

まるで 震災直後みたい。

現在の愛車は 大変 燃費が悪いため ガソリンの高騰は 大打撃でございます。

少しでも燃費を良くしようと 細心の注意をはらって 運転をしなければなりません。

とにかく 回転数を上げないように・・・

ストップ&ゴーが 少ないように・・・

長時間のアイドリングは やめて・・・

常に燃費が表示されているのですが それが 気になって気になって・・・

リッター 7~8くらいで いけていると安心なのですが 渋滞などがあると 4を切ってしまうことも・・・

--------------------------

わたしの身体は 小さいころから 非常に燃費がいいです。

ハイブリッド車よりもいいかも・・・

たぶん カブ並みです。

これは 体質だと思うのですが とにかく おなかが減りません。

昔から おなかが減らないので 無理やり 一日に 3食食べている感じです。

おなかが減らないので 「お昼ごはんを 食べ忘れる」 ことは しょっちゅうあります。

「おなかがペコペコ」なんて経験は 皆無です。

食べる量も たいしたことないです。

高校時代 男子校で 「お前 どんだけ 食べないんだよ・・・」みたいなことを 言われたような記憶が。

入院中に 4日間 何も食べていなかったときに 生まれて初めて おなかが「グ~」と鳴りました。

そのときも おなかが減ったという感じはなく。

「運動中にエネルギーが切れた」・・・なんて話を聞いても 何のことだか さっぱりわかりません。

過去に3回ほど フルマラソンを走ったことがありますが そのときも 給水はしたけど 給食はしなかったなぁ・・・

逆に ちょっと食べ過ぎると しばらく 何も要らないです。

たぶん 遭難して 一週間くらい何も食べなくても 水さえあれば 全然平気だと思います。

ちょっと下品な お話ですが・・・ 

排泄する量の基準って どのくらいなんでしょう?

どのくらいが普通で どのくらいが多いのか よくわからない。   

先日 うちのボクちゃんの 排泄の量を見たのですが まあ 本当にびっくりしました。

うちのボクちゃんの場合 便通がいいので ほぼ毎食後 排泄しているようです。

毎食後 排泄をしているのに 「毎回 こんなにすごい量なのか?」と聞くと 「そう」・・・と。

私は 人と比べたことがないので 自分は普通だと思っていましたが わたしの排泄は 本当に ちょびっとです。

食べた量から考えると スーパー銭湯? いや 数パーセントです。

回数は 一日に1度か2度あるので 便秘ということはないと思いますが とにかく ほとんど出ない という感じです。

出ないということは 「食べたものが ほとんど使われている」のではないかと思うのです。

蓄える力が 強く働いているような・・・

だから やせにくいのでは ないかと・・・

食べても食べてもやせている人を見ると 「なんて燃費の悪い身体なんだろう・・・ こういう人が抗がん剤なんてやったら 一気にやせちゃうんだろうなぁ・・・」 なんて思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

前向きな咳

熱は下がりました。

咳は本当にきついです。

でも この咳を 前向きに考えてみようと思います。

咳をしすぎると 頭が痛くなります。

それでも咳が出るので 無意識に頭を押さえてしまいます。

頭のどこを押さえると 一番痛くないかを考える。

いろいろな場所を 押さえてみる。

押さえてばかりではなく さすったりもしてみる。

頭皮をさすっていると気持ちいい。

一番痛くないところを発見。

耳のすぐ上の頭を 両手で押さえながら 咳をすると 痛くない。

頭をさすったり 押さえたり。

いつの間にか 自分で 自分の頭のヘッドスパ。

何か得した気分。

咳をするには かなりの腹筋を使う。

試しに 咳が出そうなタイミングで 腹筋をしてみる。

腹筋をしながら 咳が出た瞬間 強烈に腹筋に効く。

咳をしているだけで いい筋トレになる。

何か得した気分。

マスクをしたまま 咳を繰り返していると 酸素不足のためか 呼吸困難になってくる。

酸素が薄くなることで いい低酸素トレーニングになる。

咳をしているだけで 高地に行かなくても 低酸素トレーニングができる。

何か得した気分。

腹筋に 低酸素に ヘッドスパ。

咳って いいな・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3重苦

久しぶりの体調不良です

一度 咳が出だすと しばらく止まらない…

咳が止まらなくなり 呼吸困難で 息が吸えなくなり 起き上がって 呼吸を整える 

これが 朝まで 続きました

咳が止まらない 眠れない 熱が下がらない

この3重苦は なかなか きついです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リンパ痛

20日の講習会に ご参加いただいた皆様 お疲れ様でした。

大勢ご参加いただき ありがとうございました。

そのあとの プールでの練習に ご参加いただいた皆様も お疲れ様でした。

たっぷり 有酸素練習のあとの SPEED練習は なかなかの迫力でした。

50×4 2.30

50×4 1.00 or  50×4 1.20

50×4 2.30

全部HARD !!

わたし かなりの「ドM」と 自負しているのですが みなさんの苦しんでいる姿に 思わず ニヤリ・・・!?

隠れていた「Sキャラ」が こっそり顔を出してしまいました!?

---------------------------------

わたしも 調子に乗って 泳いでしまったのですが それが 原因とは思えませんが 翌日 左足のリンパが腫れ 熱が出てしまいました・・・

小さな リンパ痛は たまにあるのですが ここまで痛みがあるのは 久しぶり。

家の中では 杖がなくても 多少の移動はできるのですが 今回は 杖なしではまったく移動ができず・・・

感染で 救急で運ばれた時の痛みに かなり近いものがあり 「このまま 熱が上がり続けたら まずいぞ・・・」と思って とにかくひたすら寝ています。

2日たった今も やはり 痛みがありますが 熱は停滞しているので 私の免疫が食い止めてくれているようです。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

当選

すでに とんでもない長さとなってしまった わたしの 左目の 白いまつ毛・・・

福毛という説もあり このまつ毛が抜けないうちに 何かいいことが あるのではないかと 日々期待しているのだが・・・

そうだ! と思った 先週木曜日。

5億円と騒がれていた 宝くじの発売日が 昨日までと知り 買うことができず・・・

いいことは いつ起こるのだろうか・・・

と そこへ 1通のお知らせが・・・

「大阪の1500mの抽選が当選しました!」

今回は 1500の競争率がものすごい! という話を聞いていたので まさか当選するとは思ってもいなかったことで・・・

当たりたい時に 当たらないのに・・・

当たったことは うれしいが・・・

こんなことに 運を使ってしまっていいのだろうか・・・

久しぶりの大会。

受かってしまったので ちょっと 練習をしないと・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

思ったことが言えない・・・

先週の水曜日。 

免疫療法のクリニックに行きました。

こちらも 人気があり!?

希望する日の予約が なかなかとれません。

久しぶりの治療となりました。

樹状細胞療法は 6回が終了し 一区切り。

この日は 活性化自己リンパ球法の治療をしました。

こちらは 「元気をつけてきてください!」と言われているので 朝は 恒例の!? 「優雅な朝食」を。

クリニックには15分前に到着。

診察が始まりました。

先生に この1ヶ月のことを報告。

インターフェロンの治療をしたこと このところの体調など 細かくお話をしました。

「気になるので リンパ球の治療の他に 感染症の検査をしましょう。」ということに。

今後の治療についても相談を。

あまりあてにはならないが マーカー値が高いことなどから 続けられるなら その方がよろしいかと・・・ あとは費用のことなど・・・

いつもいつも ご親切な診察が終わり 治療のため別のお部屋に移動。

ここの看護師さんは 経験豊富な方が多いのか お注射や 点滴もお上手。

まるで お医者さまとお話をしているかのような ガンの知識が豊富です。

しかも 数時間つきっきりでいてくれるので その間に 聞きたいことを なんでも答えてくれるし だるいとマッサージをしてくれたり かゆい所に手が届く?ような とにかく 何もかも行き届いた 素晴らしい対応です。

この日も 色々と聞いてみました。

「あらいさん なんか この前より 腕が太くなってません?」

「そ そうですか・・・?」

「ますます 元気そうに見えますね!」

「そ そうみたいで・・・ とにかく 良さそうなことを 何でもやってみようと思っているんです。」

「それは いいですよね。」

「ここって ガンの患者さんしか来ないじゃないですか。 みなさん 色々と されてるんですよね?」

「そうですね。」

「ぼくは 化学療法と この免疫療法と 漢方くらいかな・・・」

「漢方も 身体に合えば いいですよね。」

「あれってどうなんですか? 高濃度ビタミンの治療っていうやつ・・・」

「あ~ あれをされている方も多いですよね。 私もやってみたことがあります。」

「そうなんですか。 そういえば この前 レイキヒーリングっていう いかにも怪しそうなやつに行ってきたんですよ。 いかにも怪しそうで 実はそうでもなかったんですけど・・・」

「レイキは 私も何度もやったことがありますよ! 気功っぽくて 私は好きですけどね。」

「やったことあるんですか?  その時にね ミゾオチくらいのところで 何かが破裂するような音がしたんです! あれには ビックリしましたよ!」

「私も詳しくないけど 『思ったことが言えないと おなかにたまる』っていう話を聞いたことがありますよ。」

「そ それだ! そうか! そうなんだ・・・ ボクは思ったことが言えないからなぁ・・・ おなかに たまっちゃったんだな・・・ そうだったのかぁ・・・」

「あらいさんに限って そうは思えませんけど・・・ 」

点滴をしながら 色々なお話を・・・

「今日は 左足のむくみが結構ありますね。 リンパマッサージをしましょうか?」

「あ お願いします・・・」

マッサージも とってもお上手。

お部屋の温度も明るさも 細かく気を使ってくれるので とにかく快適。

時に 治療に関係ない どうでもいい話も聞いてくれる・・・

「この辺って たくさん飲食店がありますよね。」

「そうですね。 会社も学校も多いし お昼には困りませんね。」

「ボクの治療が終わったら お昼ごはんですか?」

「そうですね。」

「今日は どこに行くんですか?」

「まだ 決めてないですけど・・・ わたし めん類が苦手なんです・・・」

「ホントに!? いや~ 奇遇ですね~ ボクも メンは ちょっとね~  メンは最悪ですよね~  メンなんか 無くなっちゃえばいいのにね~」

「あら? この前 このビルの裏にある おうどん屋さんが とってもよかったと おっしゃってませんでした??」

「あ・・・  そ そんなところにも 行ったような・・・ 」

「『思ったことを言えない』どころか 『適当なことも ポンポン言えちゃう』んですね。」

「い いや・・・ 」

この日も 快適な治療となりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウイルスブロッカー

まあ 世の中 色々といいものがあるもので・・・

感染に 細心の注意が必要な 私としては マスクなどが 欠かせないわけでございます。

先日 このような モノをいただきました。

その名も 「ウイルスブロッカー」20120201

ウイルスブロッカーとは・・・

袋から取り出し シールをはがし 首から下げるだけ。

その効果は・・・

・周囲1mを立体的に除菌できる

・二酸化塩素は除菌として極めて効果が高い

・通常は液体の使用だが固形化に成功した

・効果は1ヶ月持続する

結局 除菌ですから 効果がわかりにくいですが 感染しないでいられたら これはウイルスブロッカーのおかげと思えばいいかな。

そういえば また 白血球が下がっていたから 要注意だな・・・

| | コメント (1) | トラックバック (0)

マンスリーフェロン

先日 月に一度の インターフェロンの治療をしました。

いつものように 採尿・採血をして 診察を待ちます。

待っている間に「スーパー銭湯」の話が聞こえてきました・・・

長~いソファが 一列 誰も座っていなかったので そちらに移動。

①「このソファ やわらかすぎず 固すぎず なかなか いいクッションだなぁ・・・」

②「たぶん あと30分は 待つだろう・・・」

③「寒いと じっとしてしまうけど ここは あたたかいな・・・」

以上 三つのことから 「腹筋をしよう!」ということに 決定しました。

ソファに横になり 腹筋を・・・

看護師さんが 呼びに来る。

「あらいさ・・・ な 何してるんですか??」

「見てのとおり 腹筋ですよ 腹筋。」

すると看護師さんは 足早に 診察室に入り・・・

「せんせ~ あらいさん 待合室のソファで腹筋してますよ~」

「何もこんなところでやらなくても・・・」

「ペンレス はがれてないといいわね~」

色々と聞こえてくる・・・

そして 名前が呼ばれて 診察室に。

「今日も たくさんいるなぁ・・・」

またしても たくさんの先生に囲まれる・・・

「前回から なにか 体調の変化はありませんか?」

「え~と 何があったっけ? 熱は何回か出て あと 鼻詰まりがひどくて あと 泳ぐと息苦しくて あと・・・」

「3月に入ったから 泳ぎ始めたんですね。」

「ま まあ ぼちぼちって感じで・・・」

「息苦しいって心配ですね。 息苦しくなるのは どのくらいの運動なの?」

「まあ そうですね・・・ 30分で2000mくらいです・・・」

ほとんどの先生は わたしの話を聞いている。

一人の先生が パソコンに向かって わたしの言動を電子カルテに 打ちこんでいる。

そのカルテを見ると 「30分で2000m泳ぐと息苦しい」と書いている。

「30分で2000mって よくわからないけど それは誰だって息苦しくなるんじゃないの?」

「ま まあ かなり苦しいことは 苦しいかな・・・」

「どうなんですか 全力を100としたら どのくらい きつい運動なんですか?」

「90くらい・・・?」

「90?? そんなの苦しいに決まってるでしょ! あのね 40とか50くらいの運動をしてください。」

「は はい・・・」

「右のリンパ節の腫れは どうなりましたか?」

「あ・・・ そうだ。 そんなこともありましたね。」

「あれだけ心配してたのに 忘れるなんて・・・」

リンパを調べてもらう。

全く腫れはなし。

次に検査結果の説明。

MRは 前回同様。

色々と書いてあるが 「明確な 新たな悪性腫瘍 転移は認められない。」と。

CTには ちょっと気になることが。

「胆のうの底部に 1cmを超える 結節が認められる」と。

尿検査は 異常なし。

血液検査は 白血球4000 その他 血糖以外は 問題なし。

血糖が異常に高いので 次回 胆のうと合わせて 診察ということに。

続いて インターフェロン。

担当は かわいいY先生。

この日は おみごと!

あまりに痛みが少ない・・・

「はい。 終わりましたよ。 痛かったですか?」

「え~!? 終わったんですか?? 始まった事も気づかなかったですよ! すご~い すご~い!!」

「じょうずになったのかなぁ・・・」

「すごいね! 上手なんてもんじゃないですよ! 天才ですね! 注射選手権があったら金メダルですよ!」

「そんなに?? ○○先生よりも 上手だった?? なんてね・・・」

「○○先生なんて あんなの問題外ですよ! ケタ違いにうまいですよ!」

周りにいた先生たちが・・・

「始まった事も気づかないなんて よく言うわよね。 『今から始めま~す』って言ってたじゃない。」

「○○先生のこと 大好きなくせに あんなのとか言っちゃってるし。」

「調子いいのよね。」

------------------------------

でも やっぱり インターフェロンのあとは 熱が出ました・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ピンク

先週の木曜日に 漢方の病院に行きました。

このところ 朝一しか予約が空いていません。

朝一の 予約の前に 「優雅な朝食」を済ませないといけません。

そうなると とっても早く おうちを出ないといけません。

そんなわけで 早朝に出発をし 漢方の病院へ。

「優雅な朝食」をすませ 病院に。

前回の予約は 熱が出てしまったため キャンセル。

その前に来たのは1月のこと。

その日から 約2ヶ月間の 経過を説明しなければいけない。

なにが あったっけ??

こんな時 秘書がいるといいかも・・・!?

「え~と 先々週の木曜日は 何があったっけ?」

「先々週の木曜日は 午後からお熱を出されました。」

「あ~ そうか。 じゃあ 先週の水曜日は?」

「先週の水曜日は リンパの腫れがありました。」

「そうだったね。 ありがとう。」

なんて・・・

看護師さんに 秘書がまとめてくれた!?経過を説明。

しばらくして 呼ばれ お部屋に。

「その後 どうですか?」

「何度か熱を出したりと 色々ありまして・・・」

「白血球が下がっているから 気をつけないとね。」

「あと 鼻づまりがひどくて 今の漢方に足してもらうことはできますか?」

「そうだね・・・ 今は免疫力を上げる漢方で 鼻づまりの漢方は混ぜることができないから 別で出しますよ。 別々で煎じてもらったら 同じ日に両方飲んでも構いませんので。」

「はい。 あと 明日 病院でインターフェロンなんですけど その時に MRとCTの結果が出るんです。」

「そうですか。 そうしたら その結果をまた教えてください。」

いろいろとお話をして 診察室へ。

診察台に横になり 色々と触診をする。

「そういえば 昨日 ○○さんの レイキヒーリングっていうのに行ってきたんですよ。」

「あ~ そうですか。 まあ レイキは 気功のようなものですね。」

「そうみたいですね。」

「う~ん・・・ やっぱり今日は 肝臓のヘリに触れますね。 明日 病院で検査結果が出るなら ちょっと聞いてみてください。」

また お部屋に戻り・・・

「あらいさんは いつもお元気そうに見えるけど 今日は特にいいですね。」

「そうですか?」

「そういう 明るい色の服を着るっていうのも とってもいいですよ。」

「そ そうですね・・・」

服の色なんて気にしたことがなかったが そういうことも だいじかも。

やはり ここに来る方は ガン患者が多く 明らかに 「患者さん」と わかるくらい 痩せて 元気のない人が多い。20120308_095427

よく見ると 服も 地味目の色の人が多い。

ピンクなんか着てるのは ぼくだけ・・・!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レイキヒーリング③

続きです・・・

---------------------------

「また あとで来ますので しばらく休んでいてください。」

約20分後。

再び先生が登場。

「いかがでしたか?」

「よく分かりませんが とても心地よかったです。」

「それはよかったです。 どうも あらいさんは 胃のあたり?に悪いものがたまっていたようですね。」

「そうなんですね・・・  正直 はじめに 頭のマッサージから 始まったじゃないですか。 始まってしばらくは 何も感じないので 『気だか何だか全くわかりません!』 って感じだったのですが 足首を持たれたあたりから 身体の中で泡がはじけるような感じがあって ちょうど ミゾオチあたりで バン!って何かが破裂したような感じがしたんです。」

「そこですね。 レイキヒーリングは デトックスだと思っていただけると いいと思うのですが 多分その破裂した感じが悪いものだったのだと思います。 人によって感じ方は全然違うので あらいさんの場合は はじけるような感覚だったんですね。」

「あとは寝てしまったので よく分かりませんでしたけど・・・」

「よく 寝てらっしゃいましたよ(笑)。 はじめてのひとは どこに 悪いものがたまりやすいかを 探すのに 時間がかかるのですが 一度見つけると その人のくせというか だいたい 同じようなところに溜まってくるので 次からは そこを中心にヒーリングすると 短時間ですむようになるんです。」

「まあとにかく ボクの場合は なんだか 訳も分からずに ここに来ましたし 全然信用してませんでしたし 何も感じるはずがないと思っていたので 破裂した時はビックリしましたけど とても心地よかったので それなりに 何かいいような気はしました。」

「この レイキヒーリングは トレーニングすれば 誰にでもできるんです。 なので できるようになれば 自分で自分の身体をヒーリングすればいいので お勉強されて ご自身でやってみるのもいいですよ。」

「そうなんだ。」

「わたしも 自分の息子が 小さいころに病気にかかってばかりいて 病院に行かないですむにはどうしたらいいか?と思って 色々と勉強したのですが イギリスにいた時に 現地で 流行っていたのが このレイキヒーリングで やっていただいたら 息子が病気にならなくなったので 自分でもやってみようと思ったんです。」

「そうなんですか。 ぼくは 『霊の力?で幸せにする』とか聞いていたので 『そんなもの デタラメに決まってる!』 と思って 『インチキを暴いてやろう!』くらいに思ってきたのです。」

「れ 霊の力って・・・!? それはオカルトですね・・・ なかなか説明するのが難しいのですが 科学的なデータがあって証明もされていて 統合医療として 認められている国も増えてきています。 特別な能力があるということではなくて エネルギーをうまく使うというか 『気功』と似ているので 『気功』と思っていただくのが 一番わかりやすいかも。 とにかく あらいさんの場合は ガンで 抗がん剤をたくさんやられているのに こんなに筋肉があるというのは 理解しがたい感じですし オーラも ものすごく元気に出ているので あとは免疫力を上げるように やっていけば このヒーリングは必要ないと思います。」

「そうですか。 抗がん剤は 本当にダメージが大きいんですよね。 ぼくも やった直後は かなりのダメージでした。 体力もかなり落ちましたし。  でも不思議と痩せないんですよね。 病院の先生も 帯津先生も 免疫療法の先生も 『こんなに元気そうな人は見たことがない』とか 『データにならない』とか 言われてしまって。」

「ホントにそう思います。 確かにデータにならないかもね(笑) わたしも病院で 患者さんにヒーリングをすることが多いのですが 弱っている方は 気も少なくて たくさん いい気を入れてあげるんです。 すると みるみる元気になってくるんですよ。 そうそう 今から 24時間以内に 水を2リットル以上飲んでください。 水を飲んで 悪いものをドンドン出してくださいね。 あと 便通もよくなると思います。」

「はい。 たくさん水を飲むようにします。 ぼくは いいと思うことは 何でもやってみよう! と思って 積極的に取り入れようと思っているのですが こういった スピリチャル的なことは どうも うさんくさく思えて 聞こうとも思えなかったのですが これは よさそうな気がしました。」

「それはよかったです。 いろいろと 試されていると思いますが わたし 自分でもやっていますけど ヨガも とってもいいと思うんですよ。 特にインドのアーユルヴェーダとかね。」

「ヨガね・・・ よさそうですね。」

お話しすること30分。

わたしのために ずいぶんと お時間を割いていただきました。

「霊をあやつる人が幸せにする」という いかにも怪しいフレーズしか 聞いていなかったので とても やる気になりませんでしたが これも なかなか いいような気がしました。  

そんなわけで 霊子ちゃんは 意外に まともでした・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レイキヒーリング②

移動したお部屋は これまたとっても 素敵なお部屋。

始める前に 身体で気になるところや 調子の悪いところなどを話す。

そもそも 何かしてほしくて 来たわけではないので 気になるところと言われても・・・

最近 気になるのは すぐに息苦しくなること。

あとは これまであったことなどを 詳しく話しました。

帽子 ベルト 腕時計 ブレスレットをはずす。20120307_3

時計は 狂ってしまうらしい。

この日は たまたま 黄色い石のブレスレットをしていました。

「この石は何ですか?」

「なんでしょう? よくわかりませんが 色が気に入って 昔に買ったものだと思います。」

「石には 悪いものがたまりやすいので 悪いものを取り除いて いい気を入れておきますね。」

「は はぁ・・・」

ここでまたお水を飲み ベッドに横になる。

「では 始めますね。 何かあったらすぐに言ってください。 眠くなったら寝ちゃってください。」

「はい。」

ここから レイキヒーリングが スタート!

お部屋は暗くして 神秘的な音楽が静かに流れている。

わたしは 仰向けで寝ていて せんせいは 頭の後ろに立って 頭のマッサージをゆっくりはじめた。

とっても気持ちいい。

頭から首筋にかけてゆっくりマッサージ。

これが ヘッドスパ? これはとても 心地いいけど 別にこれといって 何かを感じるとか 「気」がどうのとかは全くわからない。

20分くらいたってから 先生の手が 肩にかかった。

じっと肩に手を置いているのですが 胸から手の先までが ピリピリしびれて 力が抜けていくというか 力が入らない。

これは 明らかに おかしなことがおきてるぞ。

しばらくそのままの状態が続き 今度は せんせいが 手首を持って しばらくじっと・・・

おなかの上に手を置き じっと・・・

だんだん 足のほうに行き つぎは 足首をつかんで じっと・・・

すると 「足の中で ポコポコと 泡がはじけるような」感触が。

これはなんだ?

先生がつかんでいるのは 両足の足首なのに 左足だけが 足の中で ポコポコ言って 泡がはじける感じがする。

その ポコポコが だんだん上に上がってきた。

ひざを超えて ももで ポコポコ言ってる。

股関節を超えて おへそのあたりまで ポコポコ言ってる。

そして みぞおちあたりまで来たときに 突然 大きな音が!

「バン!!」

風船が破裂したような 大きな音とともに おなかの中で何かが破裂したのです!

これには驚いて 目を開けて起き上がってしまい せんせいを見ると せんせいは 何事もなかったかのように 目を閉じて 足首をつかんだままじっとしている・・・ 

う~ん・・・ 

今のは 一体なんだ??

次は うつぶせに。

背骨を上から下までゆっくりさすりながら 「骨髄を入れ替えます」と・・・

骨髄を入れ替える?? 

本当に入れ替えるなら たいへんな 機材が必要だぞ!?

骨髄に いい「気」を入れる ということだと思うが。

わき腹から 足にかけて 「リンパの流れをよくしていきます」 と言いながら リンパマッサージ。

いつの間にか寝てしまい 今度は また仰向けに。

頭のマッサージから始まって 気を送っている様子。

そして 再び寝てしまった・・・

「はい 終わりましたよ~ しばらく休んでいってくださいね。」

| | コメント (1) | トラックバック (0)

レイキヒーリング①

 
事前に 何の予備知識もなく 行くことにした「霊子ちゃん訪問」
どうやら このお誘いを受けている あやしいものは「レイキヒーリング」というものらしい・・・
 
「青山にある サロンで レイキヒーリングの すごい先生がいる」という情報しかなく・・・
 
レイキヒーリング??0a5b5ea7c7cc6ff8b0a2f959572760bd


 
何だそれ?
 
レイキヒーリングの レイキは 「霊気」のことらしく・・・
 
住所をたよりに 探すと 素敵な建物を発見!
 
何風というのか よくわからないが とにかく素敵な建物。
「あ! ここだ! これが自宅??」
 
レイキヒーリングのすごい先生は ご自宅で サロンを開いているという・・・
 
インターホンを押す。
 
「はい お待ちしておりました。」
06

 
エレベーターの扉が開く。
 
2階に上がり 中に入ると よくわからないけど 素敵な美容院?? という感じの なんとも素敵な雰囲気。
 
いきなり 「高そうなネコ」が お出迎え。
 
お手入れしまくっているネコちゃん。 
 
キレイな ぬいぐるみ みたい・・・
 
ほかにも お客さんが 数名いる。
 
美人のスタッフの女性が2人。
Muchu

とっても ニコニコしている。
 
ニコニコしすぎて あやしい・・・!?
 
すると 奥から 先生が登場。
 
先生は やせていて とっても美人。
 
「お待ちしてました。 どうぞ 白湯でも飲んで ソファで ゆっくりしてください」
 
ぬるま湯をいただく。
 
うーん・・・ 
 
見たところ とってもキレイな 感じのいいところだなぁ・・・ 
 
ここで いったい何が始まるんだ?
 
いきなり 霊なんか呼ばれても 困るなあ・・・
 
そこに 今度は 見たこともない犬が登場!
Dsc_0100

チワワ並みの小ささで ものすごくやせた 猟犬タイプの犬。
 
犬やネコは 生まれてから 何匹も飼っているので たいていの種類は わかるのですが こんな犬 見たことがないし 毛並みがきれい過ぎる・・・
 
しばらくして 先生が再び登場。
 
「はじめまして わたし ○○です。」
 
名刺をいただく。
 
あれ??
 
ホリスティック医学協会と書いているぞ・・・
 
「あのう・・・ ここに ホリスティック医学協会って書いてありますけど ぼく 明日 帯津先生のところに行くんです。」
 
「え~? そうなんですか? 帯津先生には いつも お世話になっています。 私も 統合医療をやっているので 帯津先生には つい先日会ったばかりです。」
 
「すみません。 ぼくね 何の情報もなく ここにきたので どんなに怪しいことをされるのかと 思っているのですけど ここはいったい何をするところなんですか?」
 
「ここは 主に ヘッドスパをやっています。 簡単に言うと頭のマッサージです。 それに レイキヒーリングといって 『気』を入れたりしています。 霊気という名前から 元々は日本発祥なんですけど 海外で注目されて 逆輸入という感じですね。 マクロビみたいな。 イギリスやドイツでは もうレイキヒーリングは 保険が効くんですよ。 科学的な根拠があって それを一生懸命広げていているんですけどね。 根拠がなかったら ただのオカルトだしね(笑) いまは スピリチャル的なことが大騒ぎになっているから 誤解されやすいんですけど。」
 
「ぼくはね とにかく こういったことを 全く信用してないので 効くとか なんだか よくわからないんですけど 何をするんですか?」
 
「あらいさんには 寝てていただいて 頭のマッサージをしながら 身体から 悪いものを出して いい『気』を入れていきます。 人によって 感じ方は様々ですが 何か感じるかもしれません。
 
「きっと 何も感じないともいますけど・・・」
 
「ガンと診断されているわけですから 悪いものがあったわけで いま身体にどれだけ悪いものがあるか わかりませんが 少しでもあるなら それを 取り除いて いい気を入れるだけで とってもいいと思いますよ。
 
「よくわからないけど やってもらいますか・・・」 
 
「ただ・・・」
 
「な なんですか?」
 
「さっきから あらいさんの身体から出ている オーラ(気)を見ているのですが 恐ろしく大きくて 元気な気が出ているんです。 こんな がん患者は はじめて見ました・・・」
 
「そんなに 気が出ていますか?」
 
「ええ。 ものすごいです・・・  たぶんですけど あらいさんは ガンと共存できるタイプだと思います。 ガンは常に身体にいたとしても そのガンに負けないというか・・・ ヒーリングも 免疫力を上げるだけで いいような気がしますね。 」
 
「まあ どこに行っても 元気そうに見えると 言われます・・・」
 
「では 場所を移動しましょう。 あと まだお水が飲めるようでしたら できるだけ たくさん飲んでください。」
 
そんなわけで 「レイキヒーリング」が 始まることになりました。
 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スーパー銭湯

診察を待っているとき  30代くらいの ご夫婦が お隣にいました。

小さな声でお話をしているのですが  よく聞こえました。

これは  この夫婦の 「果てしなく すれ違っていく会話」です。

---------------------------------------------

「この前ね  ずっと応募してた 入場券が当たったのよ!」

「へー  そうなんだ」

「なかなか当たらないのよ。スーパー銭湯なんだから!」

「す  スーパー銭湯?」

「そうなのよ! この入場券が当たるなんて  すごいのよ!」

「そ  そんなにすごいの?」

「そりゃそうよ! スーパー銭湯よ!」

「その入場券って  買うといくらするの?」

「ネットのオークションだと 8000円とか 10000円とかするんじゃないかしら?」

「そ  そんなに高いのか?」

「そうよ 手に入らないのよ! こんなの奇跡よ! すっごく たくさんの応募なんだから!」

「へ~  それは 行ってみたいね。」

「えっ? あなたも行くの?  会社休めるの?」

「おいおい  会社休んでまで  行くことないだろ。」

「会社休めないと 行けないわよ。 平日よ。」

「平日じゃなくても  日曜日でいいだろ?」

「ダメよ。 お母さんと一緒なんだから!」

「えっ? 母さんも一緒なのか?  お前 二人で行くつもりだったのか?」

「そうよ  平日だし あの子も楽しみにしてるし。」

「あの子って誰だ?」

「なに言ってるの?  ひかるよ  ひかるに決まってるでしょ!」

「・・・???」

--------------------------

えー

どうやら NHKの「おかあさんといっしょ」のコンサートのチケットが 当たったということでした。

当たる確率は「数%」のようで・・・

数パーセント と  スーパー銭湯・・・

ここから 会話のすれ違いが 始まってしまったようです。

まるで コントみたいなやり取りでした・・・


| | コメント (0) | トラックバック (0)

報告は後日

おはようございます

皆さん 幸せですか?

幸せではない方 わたしと一緒に 幸せになれるところに 行きましょう

霊の力で・・・!?

--------------------------------

一昨日の夕方 ついに 行ってきました。

これは また報告します。

--------------------------------

昨日は 漢方の病院でした。

こちらもまた 報告します。

--------------------------------

本日は 色々な検査の後 インターフェロンです。

糖尿のことも・・・

では 行ってきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プロポリス②

プロポリスは 歴史が長く 古代ローマでは「天然の抗生物質」と言われていたそうです。

昨年 レッスンに「プロポリス通」の方がいらして その方から 「おすすめのプロポリス」をいただきました。20120127_095726

プロポリスは アルコールで抽出されるので アルコールのにおいも 強烈です。

安いプロポリスは アルコールの量が多いらしく これでは効きにくいとのこと。

いただいたのは 「ブラジル産」で プロポリスは ブラジル産は 最も高級品のようです。

ブラジルのミツバチは たいへん優秀らしく 成分も他の国のものの 数千倍にもなるようです。

飲み方としては カプセルに入れたり お茶にまぜたり と 飲みやすく飲むのが 通常の飲み方のようですが この「プロポリス通」の方に言わせると 直接口に入れて飲むのが一番! とのこと。

プロポリスは 小さな瓶に ちょっとだけ液体が入っています。

ふたが スポイトになっていて スポイトで液体を吸い上げて 1滴とか2滴とか たくさん飲んでも10滴くらいが 一回に飲む量です。

1滴でいいくらいの量を お茶にまぜたりしたら コップについてしまったりして もったいない。

だから スポイトを口に入れて 直接飲むのが一番!

免疫療法の先生も 病院の先生も 漢方の先生も プロポリスは お勧めしていましたが とにかく 「プロポリスは 成分が強いので ちょっと体調が悪い時は かえって 身体に負担を与えたり おなかを下したりするから 気をつけて飲んでください」と言われました。

この ブラジル産プロポリスは とっても高いものらしく 高いだけあって 味がとっても濃厚です。

なんとなく わたしのイメージは 「高いユンケル1本を 1滴まで濃厚にしたもの」という感じ!?

いつも持ち歩いていますので 試してみたい方 「お口に1滴」 いかがでしょう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プロポリス①

ガンにいいことを調べると たくさんあります。

治療も 色々ありますが これからは 食事のことを載せていきたいと思います。

ガンにいいと言われている食事や これを飲むと ガンにいいとか。

ガンにいいというものは 抗がん作用があると言われている物。

でも よくよく考えると ガンにいいものは 身体にいいもの。

つまり 普通に健康な人でも ガンにいいと言われるものを積極的にとることで 様々な病気の予防になるし 健康でいられる手段だと思います。

まずは ガンにいいと言われる 有名なものから。

今回は 「プロポリス」のお話を。

ガンになる前は なんとなく聞いたことがあった「プロポリス」

ハチが関係しているということはわかっていましたが よく分からず。

はちみつの濃いやつ?20120127_095542

ロイヤルゼリーとは違うの??

はじめの入院をしたあと さっそく 「プロポリス」をいただきました。

ありがたいことです。

まだ ガンのことも プロポリスのことも よく分かっていない頃でした。

「これが プロポリスか・・・」

飲みにくいので カプセルに入れて飲むのがいいらしい。

飲むことで 何がいいのか? 

そもそも プロポリスが 何なのか?

まずは調べてみることにしました。

プロポリスは ミツバチが樹液を集めて 巣に集めたもので 殺菌力がすごく 細菌やウイルスから身を守っているといわれていること。

また たくさん取れないことから とっても高価なものであること。

見た目はドロッとしていて これが樹液だけなのか ハチの身体を通ることで何かの成分に変わるのか ハチが何かの成分を足しているのか そのあたりは よく分かっていないようですが 色々な成分が半端じゃない数値の液体です。

においも強烈で なんとなく はちみつっぽい感じもありますが 「よく分からないけど 効きそう」な においです。

プロポリスが そのままということではなく プロポリス配合みたいな ちょっとだけ入っている飴など プロポリス関連商品は たくさんあるみたいですが 私がいただいたのは 完全に「プロポリス」という感じの物。

どのくらいの頻度で飲んだらいいのか?

いまいち よくわからないまま 飲んでいました。

でも飲むと なんか元気になった感じがあり 身体もあたたまるような・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちょっと・・・

ちょっと 水泳の話を・・・

しゃべったって 何時間もかかることなので 文字にしきれませんが・・・

できるだけ簡潔に・・・

このところ 昨年の世界選手権を予選から全部見直しているのですが ますます 見えてきます。

いいイメージを残し プールに向かう・・・

-------------------------------------

この日は 100はここちよく 50はスピードを上げて・・・という感じで泳ごうと思ったのですが 100mの2.00サークルを 150mでやってみようかと思って いけるところまで150に挑戦してみました。

100×5 2.00
 50×4 1.15
150×5 2.00
 50×4 1.15
100×5 2.00
(セット間なし)

戻りタイム
1.20 1.20 1.20 1.22 1.19
32 31 31 31
1.48 1.52 1.53 1.54 1.55
33 31 32 31
1.25 1.24 1.25 1.19 1.18
 

結果 150mは 2.00で回ることができました!

この日のテーマは 回転を上げて泳ぐこと。

いつもより短いストロークで回転を上げることで どのくらいスピードが出るか どのくらい疲労度があるか。

疲労度という点では よかったと思いますが やはり短すぎるストロークは スピードが出ない。

かといって大きくすると 途切れてしまう。

途切れないように大きく泳ぐことが 今後の課題。

 
-------------------------------

先日 1コース貸切の好条件で泳げたので 最後の30分をきつめに泳いでみました。

淡々と同じ割合の違う距離で ピラミッド風にやってみました。

間に合うかどうか・・・

・・・というのも いつもは ロングスパッツで練習しているので ある程度 水着の力があるような・・・

この日は 普通の練習水着でやってみました。

どのくらいで戻れるのか? どこまでもつか!? みたいな感じで。

200×4 3.00
400×1 6.00
200×2 3.00
100×4 1.30
(セット間なし)

戻りタイム
2.32 2.33 2.33 2.34
5.14
2.36 2.37
1.16 1.16 1.14 1.12

色々な泳ぎ方を試しながら泳いでいました。

やっぱり 「途切れない」に限ります。

スタート後の 数ストロークをノーブレスで 途切れないリズムを作って そのリズムを崩さないように呼吸を入れていく。

入水後に 休んだり ストロークに過度な緩急をつけると 同じ力加減でも タイムが落ちる。

押している感とか 進んでいる感と タイムは全く別物なので 完全に途切れないリズムができた時は 疲労感が全くなく もの足りない感がいっぱいで スピード感もないが タイムはとってもいい。

何度やってもこうなるので これが今のところ 一番効率のいい泳ぎ方だと思う。

速くて途切れないリズムから 途切れないリズムを変えないまま だんだん その回転を遅くして 動きを大きくしていく。

わたしの場合 25mを22~25ストロークくらいからはじめて 最終的には14~15ストロークまで リズムを変えないで大きくしていく。

これがうまくいかなかったら また速い回転からやり直す。

キックは あっても なくても 2でも 6でも 入れたい時に ほんのちょっと タイミングよく入れるだけ。

わたしの 今のキックは 1キックのみ。

左足は動かないこともないのですが 使うと あとで足がパンパンに腫れてしまうので 極力じっとさせて 右足のみ 左手の入水とほぼ同時に 打っている。

なんともかみ合った時は 誰かが後押ししてくれているかのように 身体が浮いてくる。

このイメージが いつでもできるといいんだけど。

ちょっと 水泳の話でした・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お誘い

調子に乗ると いいことがありません・・・

急に運動をしたおかげで 身体は 一気に お疲れになった様子です。

こんな時は 寝るに限ります・・・

先週は なにか 神でも降りてきたかのように? 泳ぎが絶好調でした。

泳ぎの神は いるに違いない・・・!?

-------------------------------------

マインドコントロールされている(らしい?) 中島知子さんが 騒がれています。

占い師に ドップリはまるなんて わたしには 到底 考えられませんが それで幸せなら いいんじゃないの? なんて・・・

わたしは 占いのたぐいを 全く信用しません。

占いなんて デタラメだし・・・!?  

いや それなりに根拠があってのことかもしれませんが・・・

占いで 決断を左右されたりするなんて 考えられない・・・

全く興味はありませんが たまに 見てみると 「これって 誰にでも 当てはまるじゃん」。

占いなんて すべてデタラメだと思っているので わたしの場合は 占いを信じるなんてことはありませんが それを信じたり 聞いてもらったことで その人が癒されるのなら それはそれで 結構なことだと思います。

20年以上前に 占い好きの人と知り合い その人が 細木数子さんの大ファンでした。 

なんとか星人とかで分類するやつで 「占いなんて・・・」 と思って ちょっと本を読んでみたところ あまりに細かく診断されているので 「これはすごいなあ~」 なんて思いました。

さすが 有名なだけはある。

デタラメも ここまで来ると 説得力がある!?

占いは 当たるとか 当らないとか いうよりも きっと 話を聞いてもらったり 相談に乗ってもらうことに 意味があるのだろうと思います。

未来予想というよりは カウンセリング!?

昔から 占いを信用していなかった私は「占いは 誰にでも 当てはまりそうなことを言っていればいいんだから 誰だってできるよ。」と よく周囲に言っていました。

学生時代 「誰にでもできる!」と言っていたら 「じゃあ やってみなよ!」と言われ でたらめな手相占いを 路上でやった事がありました。

机とイスを置いて 待っていると 一人の女性が・・・

さっそく 手を見せてもらう。

「あ~ なるほどね~  あなたは そういう性格なんですね~」

「な 何か出てますか?」

「ちょっとした一言が いつまでも気になることって ないですか?」

「ある!! あります!!」

「やっぱりね・・・ この右手に出てますね・・・」

「え~? そうなんですか?」

「最近 身近な人で 病気になった人がいますよね?」

「え~? 身内では 特にいませんが・・・」

「身近な人ですよ。 会社の人とか・・・」

「会社ですか・・・ あ~ います! いますよ!」

「やっぱりね・・・ 左手に出てますよ・・・ ほら この親指のつけ根のちょっと膨らんでいるところ ここ ここですよ。 でもこの人 もう元気になってきてませんか?」

「はい。 もう元気に出社してます。」

「やっぱりね・・・」

「なんか 当たってる~!」

ちょっとした一言ことが気になるなんて 誰にだってあるでしょ!?

身近な人が病気になったり 治ってくるのも 当たり前でしょ~!?

これ どこかの 占いに 書いてあった事を そのまま言ってみただけ・・・

3日間くらいやってみたのですが 意外に人が集まってしまい・・・

--------------------------------------

何か うまくいかないので 祈祷をする。

「うまく いきますように・・・」

病気や けがが続くので 祈祷する。

「健康で ありますように・・・」

これは よくわかります。

よく分からないのは 合格祈願。

合格するかどうかは お勉強したかどうかの 実力。

お願いしたからといって 学力が上がるわけがない。 

そういえば 受験の時に 「絶対に合格する合格祈願」というのがありました。

その合格祈願は 10万円で 「万が一 合格しなかったら 全額お返しします」というもの。

まあ 誰かは合格すると思いますので 確実に儲かるという しょうもない代物でした。

こんな しょうもないものでも 大勢の人が 祈願していたので 驚いた記憶があります。

祈る時間があるなら 勉強すればいいのに・・・

合格した人はね 祈願が効いたからではなく 勉強したからです。

合格できなかった人はね 祈願が効かなかったからではなく 勉強が足りなかったからです。

--------------------------------------

困ったときの 神頼み。

何かに 頼ったり 縋ったり こういうことは 人間が生きていく上で必要なことだと思います。

宗教が盛んでない日本人には 国を上げて 一つの宗教 だったりすると 理解しがたい感がありますが 何かを信じることは 素敵なことだと思います。

抗がん剤で入院していた時 何で自分は こんな目に合っているんだろう?? と よく思いました。

神様は わたしに試練を与えていらっしゃるのかしら?

神様 仏様 でもやっぱり オレ様・・・??

立派な方が 説法を説けば 説得力もありますが ブクブク太った坊主が カウンタックに乗って 解脱したなんて言われても・・・

-----------------------------------

話が ずいぶんと 外れてしまいましたが・・・

結局ですね 何を言いたいかというと 近々 とっても あやしいことに お誘いを受けているのです。

お誘いとは 「霊をあやつる方が わたしを なんとかしてくれる」のだそうです。

この人は 自称「霊の力で 人々に幸せを届けている人」。 

「あらいさんには悪いものがあって 霊の力で幸せにできる」のだそうです。

あやしいな・・・

実に あやしい・・・

幸せになる壺でも 売りつけられるのかしら?

「絶対に幸せになるんだろうね? ならなかったら どうしてくれる??」なんて詰め寄ったりして・・・

よりによって こんなことを 最もバカにするような私に 「霊をあやつる」なんて よく堂々と言えたもんだ・・・

あるとき そんな話を 帯津さんにしてみると・・・・

「バカげた話なんですけどね 霊の力で幸せにする という人がいるんですよ。」

「なんでも やってみたらいいじゃないですか!」

そ そうきましたか・・・

なんだか バカバカしすぎて 面白そうなので 行ってみることにしました。

霊子ちゃん!?に 会うことができましたら 報告しま~す!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

わたしは 歯医者に行ったことがありません。

行ったことがないので 歯医者さんが 儲かるとは思えません…

このフレーズ これまでにも 何度か書いたような。

でも本当に 大人になるまで 知りませんでした。

歯医者に行ったことがある人って こんなに多いんだということを。

歯医者さんって たくさんあるような気がします。

こんなに 歯医者さんがたくさんあって いったい 誰が行くんだろう? と思っていました。

先日 ロッカーで 「どうにもならない歯が 一本あって インプラントにするか 橋渡しみたいなやつにするか 入れ歯にするか」 みたいな話を聞いたときに たった一本の歯のことで 大変だなあ… と思いました。

そもそも 歯が痛いって なんだろう??

歯って骨じゃないの?

骨が痛いって よくわからないなあ。

うちの父は 84歳で亡くなるまで 全部 自分の歯でした。

この事に ずいぶん驚かれました。

ボクも 歯をみてもらったのは 子供の頃の歯科健診と 40歳の健診でみてもらっただけですが 虫歯と言われたことはなく。

実は ちょっと 行ってみたかった 歯医者さん。

先日 うちのぼくちゃんが 歯が痛いと言うので 「ついにきたか!」 と思って 歯医者さんに行くことに。

楽しみだな~ 

うわさに聞く 「コップを置くと 自動的に水が満タンになる機械」が見られるぞ!

診察の結果 ぼくちゃんに 虫歯はなく 疲れとか? 寝不足とか?

そのときに言われたことが…

「小学校3年生で 全く虫歯がないということは 今後もなる可能性が少ないです。 どんなによく磨いていても 虫歯になる子は 小学校3年生で すでになっています。」

そうなんだ…

ボクは虫歯になりにくい 遺伝子のようだ。

これは 親に感謝しなくては。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

初挑戦

今日も 水泳のお話です。

3月に入ったことだし 昨日 さっそく 泳いでみました。

-------------------------------------

たま~に 泳ぐ 監視員くんとの会話の中で・・・

「あらいさんはさ 200で 2.40サークルだと 何本回れる?」

「2.40?? そんな速いサークルは やったことがないなぁ・・・」

「じゃあ 100で 1.20サークルは?」

「それは ずっと前にやったことあるけど 4本くらい回れたかなぁ・・・」

「ぼくね この前やってみたんですよ。 100だと4本。 200は2本でした・・・ あらいさんは もっといけそうだよね。」

「そうかなぁ・・・ 機会があったらやってみるか・・・」

--------------------------------

昨夜の練習の 最後の30分間。

皆さん それぞれのサークルで 30分間のセットをやることに。

皆さん 「わたしが 何か やりたそうな気配」 を察してか?

「せんせい 1コース使って 一人でやったら?」

「いや ボク一人で 1コースなんて 悪いですよ。 みんなで 2コースに分かれてやりましょうよ。」

「何したいのかわからないけど 何かやりたそうだから 一人でやりたいんじゃないですか?」

「やりたいことなんて 全然ないですよ~  な~んにもね な~んにも・・・  で でも 一人でやってもいい??」

「お好きにどうぞ。」

みんなで泳ぎたかったのに どうしても 「一人でやれ」というので 仕方なく一人で泳ぐことに・・・!?

100×10 1.20

200×5 2.40

この二つをやってみることにしました。

間に2分の休憩を入れても 30分で終わる 恐ろしいメニュー・・・

まあ 回れなくなったら サークルを遅くしよう。

以前は こういった やれるかどうかわからない練習は とっても力が入ってしまい 「きっと回れないだろうな・・・」なんて思いが 頭の中で ぐるぐる回って いや~な気持ちでした。

しかし 今は 「今日 泳げる身体」 であることに感謝。

明日は また どうなるかわからない身体。

あの時やっていたら・・・ と思うことがないように チャンスは 大事にしないと。

ダメでも何でも とにかく 思いっきり 身体を使いたい気分。

まずは 100から。

勢い余って 1本目は 1.12。

2本目は 1.14。

3本目は 1.16。

この計算で行くと あと2本で 回れなくなるぞ・・・

しかし 4本目からは 1.16 で 安定してきて なんとか10本回ることができました。

あ~ なんとか回れたぞ・・・

でも この後 200なんていけるかなぁ・・・

2分間休憩。

まったく 心拍数が戻らないがスタート。

1本目 2.33。

2本目 2.36。

3本目 2.38。

もう 休むというより 折り返している感じ。

あ~ もうダメかも・・・

でも こんないい条件で泳げることは もう ないかもしれない・・・

エネルギーを使わないように。

動きを止めないように。

壁を強く蹴らないように。 

省エネ 省エネ・・・

4本目は 2.35。

そしてラストは 2.38。

なんとか いけた・・・

不思議だ・・・

実に不思議だ・・・

何で こんな速いサークルが回れたのか・・・

なにか 別の力が はたらいているのか!?

神が力を与えてくれたのか?

終わってからも 30分くらい 汗が噴き出ていましたが なんて心地いいんだろう。

泳げるって 素晴らしい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

泳がないで泳ぐ

今日は 水泳の話です。

今日から 3月。

3月に入ったので そろそろ 泳ごうかと思います!?

--------------------------------------

「泳ぐ」ことを考えるときに 「泳ぐ」。

泳ぎたいなあ・・・ と思った時に泳ぐ。

「こうやって泳いでみたら どうかなあ?」 と思って泳ぐ。

当たり前のことですが 私はこれまで 泳ぐことを考えた時に 泳いでいました。

しかし これは 身体が健康で 泳げる状態だから できること。

入院すると 泳ぎたくても 泳げない。

泳げないから 落ち込んだり 悔やんだり。

いや 落ち込んでも 悔やんでも 泳げないことに かわりはないのだから 今できる 「泳ぐ」を考えよう。

「泳ぐ」ことを 徹底的に考える。

泳がないで 「泳ぐ」って・・・?

-------------------------------------- 

約一年半 入退院を繰り返し 入院中は 絶対安静状態が 続きました。

トイレに行くのも 車椅子。

24時間 じっとしているだけで 運動は ゼロです。

手術し はじめの入院中は 「泳ぐ」ことは もう できないだろうと思いました。

抗がん剤の治療が始まると なにか希望がないと やりきれない思いになり そのとき 強く思ったのが「泳ぐ」ということでした。 

「また泳げる日がくるなら それに向かって がんばろう」

「泳ぐ」ことに 希望を託し 「退院したら 必ず泳ぐ!」と思うようになりました。

速く泳ぐことは どうでもいい。 

また 水に入って 少しでも泳ぐことができたらいいな・・・

過酷な治療中も 退院後も 元気そうに見られました。

元気でない時でも 元気そうに見られるのは たぶん 気持ちが元気だから。

元気な気持ちの源は「泳ぐ」ということ。

いま 泳ぐたびに 幸せを感じています。

-----------------------------------------

入院中 寝る時間 起きる時間は 決まっていますが 24時間ベッドの上にいるだけです。

起きて 何か活動をするわけでもないので 寝たいときに寝て 起きたい時に 起きればいいのです。

体調が悪いときは ただただ 悪いのが通り過ぎるのを待つだけ。

時間だけが 過ぎていきます。

体調がいいときは 「泳ぐ」ことを考えていました。

身体が元気だったら 泳ぐことを考えたときに 泳ぐことができます。

入院中は 泳ぐことを考えたときに 泳ぐことができないので 「泳ぐ」空想をするしかありません。

時間はたっぷりあるので 空想する時間もいっぱい。

空想は ドンドン膨らんできます。

泳ぎたいなぁ~

いつ泳げるかな・・・

退院したら まず プールに行きたいなぁ・・・

プールに入ったら まず なにをしようかなぁ・・・

とりあえず 浮いてみるか・・・

よし 今日は より効率よく泳ぐための研究をしよう・・・

進むには たくさん押せたほうがいい。

押せる面積を増やすとしたら・・・

押せる時間が長いほうがいいのだろうか?

後ろに向く面積が多い時間を増やすほうがいいような・・・

進むには 邪魔な抵抗がないほうがいい。

これは 推進力が増えるけど 抵抗も増えそうだ・・・

どうすることが一番効率がいいのだろう・・・

自転車は 軽いギアで 速く回す方が 結果的に速い。

これって水泳でも言えそうだ・・・

スピードを上げるよりも 落とさないと考えたほうが いいような・・・

何時間でも 何日間でも 「泳ぐ」ことを考える時間がある。

PCには 水泳の動画が 山ほど入っている。

たくさん見る。

ベッドで横になり イメージする。

目を閉じて じっと 空想する。

ベッドは水平だ。

まくらをどかして 両手を上げ 仰向けや うつ伏せで じっとしていると まるでプールに浮いているような気がしてくる

頭の後方に進むんだよな・・・

足の方向に水が流れていく・・・

あたまはこうかな・・・

背中はこうかな・・・

シーツが水面だとすると 今 水面の上にいることになるんだなあ・・・

水平って 頭が下がっている感じがするなあ・・・

ちょっと 足をバタバタさせてみるか・・・

もっと細かく 動かしてみよう・・・

いや もうちょっと 強く動かしてみようか・・・

バタバタ バタバタ・・・

「ちょっとうるさい! あらいさん なにやってるの??」

看護師さんに しかられることも しばしば・・・
  
イメージは 膨らんでいく。

空想上の自分は 自由自在に動いている。

時には ありえないスピードで泳いでいる自分がいる。

退院したら とんでもなく 速いスピードで 泳げてしまいそうだ・・・

退院したら プールに行くぞ~

---------------------------------

一年半の間 入院中は 泳ぐことができなかった。
 
退院した現在も 泳ぐ機会は 週一以下になっている。

以前より 体力は 落ちまくっている。 

しかし 泳ぐ効率は 格段に上がっているのがわかる。

元気なときは 「泳ぐ」ことを考えるとき 泳いでばかりいた。

「泳ぐ」ことを考えたときに 泳げなかったことで 泳ぐことを考える 貴重な時間ができた。

もしかしたら ボクは プールでは泳げなかったけど ベッドの上で泳いでいたんだ。

泳がないで泳ぐことで 泳ぐことに関しての 考える幅が広がり 見方も変わってきました。

常に 前向きな わたし・・・ 「あ~ 入院してよかった」なんて

---------------------------------

先日 監視員君と 200×5 をやりました。

だんだん タイムを上げていこう!

1本目 私2.33 監2.38。

これは速すぎたかも・・・

2本目がスタート。

100を過ぎて 隣を泳ぐ監視員を見ると「あ あれ・・・平泳ぎ??」

かれは 余裕をかましてか!? 2本目と3本目を 個人メドレーで上げてきた。

そして ラスト5本目。

50を通過し 前を泳ぐ監視員君。

100を通過し さらに前を泳ぐ監視員君。

150を通過し 「あれ? いないぞ・・・?」

200でゴール。

私は2.20 彼は 2.30。

100のレースに出るらしく 100まで全開で行ってみたとか。

おかげで 私は 2.33-2.28-2.24-2.24-2.20 と ありえない速さで泳ぐことができました。

あ・・・

3月から泳ぐので これくらいで泳げたらいいな という空想です。 空想。。。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »