« ジョイ | トップページ | マザコン »

漢方の初日

大変お待たせいたしました。

これより 漢方のお話の はじまり はじまり~!

------------------------------------

3カ月待ち ついに 予約をした日が来ました。

この3カ月待つ間に 二度も 感染で入院をしてしまい 初めに相談したかったことから 状況が変わってしまったので さらにたくさんの相談内容を 送っていました。

病院は ホテルの中にあるという。

ホテルに到着。

な 何か高そうなホテルだなぁ・・・

診察時間より 30分も早く着いてしまいました。

地下に降りると 高そうなお寿司屋さんの 奥に 病院を発見。

中に入り さっそく受付を。

受付が終わり 待合室で待つことに。

待合室は 病院という雰囲気ではなく こじんまりとしたカフェ?みたいな感じ。

たくさんの本があり 座るところも多く ここなら いくらでも待っていられそう。 

看護師さんは 皆さんベテランという雰囲気で 安心できる。

診察の前に 看護師さんとお話を。

これまでの経緯など 詳しく話をする。

この時は ちょうど 感染で退院したばかりだったので その感染の話も。

血液検査 CT MRなどの 検査の結果を持ってくるのを忘れ 「次回は 必ず 持ってきてください!」 と念を押されました。

約20分ほど お話をした後 いよいよ 帯津先生にお会いすることに。

名前を呼ばれ 診察室に入る。

中は 応接室のような感じ。

いかにも 人のよさそうな 帯津先生がそこにいました。

「よくいらしていただきました。 色々と大変でしたね。」

「は はい。」

「送っていただいた これまでの経緯と 看護師がお伺いしたものを 拝見させていただきました。 これを見ると あまり いい状態とは言えないようですが あなたを拝見すると とっても元気そうですね。」

「はい。 会う人会う人に 元気そうだと言われます・・・」

「こんな大きな手術をして これだけ治療をしているのに 立派な体格をなさっていますよね。 相当な体力がおありなのかな。」

「そ そうなんでしょうか? やっぱり もっと痩せるものですか?」

「そうですね。 これだけの治療だと 普通は げっそり痩せてしまいますね。 立っているのがやっと・・・という感じになるはずですが。」

「泳ぐのは やっと・・・という感じですが 立っているのは平気です。」

「泳ぐ? 水泳をされるのですか?」

「はい。 抗がん剤の間も 泳げる時は泳いでいました。」

「それは すごいな~」

ここから 相談が始まりました。 

|

« ジョイ | トップページ | マザコン »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1395152/44127257

この記事へのトラックバック一覧です: 漢方の初日:

« ジョイ | トップページ | マザコン »