« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

続つけま

ついに 一本だけ長いまつ毛が 邪魔になってきました。

これまでは 人に言われはするものの 自分としては あることに気付かなかったのですが いまは あることもわかるし ちょっとだけ うっとおしくなってきました。

このまつ毛は 上のまつ毛です。20120225_104130

上のまつ毛が 目の下のほうまで来てしまった・・・

全然大事にしていないので 顔を洗ったり 目をこすったりして ゴシゴシやっちゃってます。

もうなくなっているかな? と思うと ほお骨あたりに 毛先が当たり・・・

これが 縁起ものだとすると これがあるうちに 宝くじでも買ったほうがいいかしら・・・?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

徳多朗

昨日は 全身のCT検査でした。

予約は 10:30。

今回も 造影剤をつかっての CTなので 朝食は抜き。

結局 お昼くらいまでかかってしまうので そのあと朝食 と言っても 時間的には お昼ごはん。

このところ 朝食がメインとなっている わたしとしては 夕食抜きは 全然OKですが 朝食抜きは かなりキビシイ・・・

朝 大量の野菜を摂取する私としては 病院から 大好きな「シズラー」に 直行しようと思ったのですが その道中で 「ここにしちゃおう・・・」と 大人気のパン屋さんに。

すっかり 好みが変わってしまい ドライフルーツも食べられるようになってしまったわたし。

おいしそうなパンと トマトやブロッコリーの入った パ二―二を注文。

糖尿のことを考えると いきなり炭水化物は ちと 危険!?ではありましたが 帰ってから 野菜の大量摂取をしようと思いいただきました。

徳多朗さんは 大賑わい。20120227_115647

お上品そうな方や おしゃべりな方が多く!? 女性たちで ごった返しており これだけ人がいるのに 男性は わたし一人・・・

そうそう 入院中のCTはよくやりました。 

テーブルに「遅食」のプレートが置かれて 検査をしてから朝食になるのですが 造影剤を入れたあとは 食欲がなくなり 全く食べることができず 外部から仕入れたパンのみが食べられる・・・

この日も 気持ち悪さはあったので パンで正解だったかも・・・

食べたいパンを ちょっとかじり あとは お持ち帰りしました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

1時間

今日は 水泳にまったく興味がない うちのボクちゃんの話です・・・

---------------------------------------

彼は そろそろ 小学三年生が終わろうとしています。

これまで 本人が 泳ぎたい と思うまでは 無理に泳がせなくてもいいかなと思って のんびり構えておりました。

幼稚園の時は・・・ 

ついに クラスで「水に もぐれない最後の一人」になりました。

「みんなもぐれるのに お前だけ もぐれないなんて たいしたもんだ!」

と ほめてやりました。

顔に水がかかるのが 嫌なようで お風呂でも 顔に水がかかると ゴシゴシと いつまでも顔を拭いていました。

でも お水は嫌いじゃないようで 何度かプールで遊んでいるうちに いつの間にか もぐれるようになりました。

お水が 嫌いにならなければ それだけで じゅうぶん。

お水の中って楽しいなあ・・・

そんな風に思えたら それが一番大事。

泳ぎたい! と思った時に泳げばいいかな・・・

小学1年の時は プールに行ったのは 一年間で4回。

小学2年の時は 一年で3回。

小学3年にいたっては お友達と遊ぶことが忙しくて プールはゼロ・・・

先日 本当に久しぶりに 「プールで泳ぎたい!」 と言いだしたので 行ってみました。

泳ぎたいと思った理由は 「太ってきたので泳いで痩せたい」 ということらしく・・・

今どきの子は とっても身体が細くて 手足も長いのだが・・・

うちのぼくちゃんは 昭和の子 いや 明治 大正の子? という感じの 「昔のこども~」という体型。

手脚は短く 上腕 モモ おしりが大きい。

ただでさえ ずんぐりむっくり しているのに さらに太ってきたので ドラえもんみたい!?

たぶん 一年半ぶりのプール。

大きかったはず水着が パンパンになっている・・・

「泳いで痩せたいんだけどさ どうしたら痩せるかなあ?」

「そうねえ~ ひたすら泳ぎつづけることだね~」

「ひたすら泳ぐには どうしたらいいの?」

「そうだね~ ゆっくり泳ぐことかな。 急ぐと続かなくなるから ゆっくりゆっくり泳いでみたら?」

「よし! じゃあ 泳ぎつづけるから やめるまで止めないでね。」

なんだか 妙にやる気に満ちている・・・

そして スタート。

言われた通り!? ものすごく スローな動き・・・

息継ぎのときは 完全にあおむけになり やっと息つぎをしているようなクロールだが 太っているせいか 沈まない・・・

25mに ようやく たどり着き 折り返す。

「まあ この泳ぎじゃ 50mいけるかどうかって感じかな・・・」

ゆっくり ゆっくり 蛇行しながらも なんとか50m泳げた。

おっと! 立つかと思ったら また折り返した。

こんなに 危なっかしい泳ぎなのに やめそうでやめない・・・

こんな調子で 100m 200mが過ぎて・・・

ついに 30分経過・・・

まだ 泳いでいる・・・

大丈夫かな?? 

今度は 心配になってきた。

泳ぎ続けているうちに 脳の回路が おかしくなってしまったんじゃないだろうか・・・?

45分経過・・・

今にも 立ちそうで立たない。 

沈みそうで 沈まない。 

この 危なっかしいクロールは まだ続いている・・・

そろそろ 1時間になろうとした その時 ついに ゴールが・・・!

「あ~ 疲れた~!」

「よく がんばったね~!」

「泳ぎながら 数えてたんだけどさ たぶん1000mだと思うんだけど。」

「そうだね ピッタリ1000mだね。 よく泳げたね~」

「いや~ 身体が軽くなったな~ 何キロやせたかな~?」

顔は 真っ赤っか。

身体も 血液がフル回転しているようで 全身赤くなっている。

しかし・・・

1年半ぶりに泳いで 1時間泳ぎつづけたのには さすがに驚きました。

これは ついに 水泳に目覚めたか? と思って聞いてみることに・・・

「こんなに泳いでないのに 1時間も続けて泳げたっていうのは すごいね。」

「そうだね。 こんなに泳げると思ってなかったよ。 ゆっくりゆっくり泳げって言うからさ ほら 池のカモみたいな気分で泳いでみたんだよね。」

「か カモ!? じゃあ 次は いつにする?」

「そうだねえ。 夏がいいかな。 8月くらい?」

目覚めては いないようでした・・・

| | コメント (1) | トラックバック (0)

カシミア

「首がつくところは 冷やさない方がいい」 という話を聞きました。

首 手首 足首など・・・

今日は 首のことです。

------------------------------------

20才くらいの時に タートルのセーターが 流行りました。

タートルに 混ブレ みたいな・・・

どうしても タートルが着たくて かゆいのを我慢して 一生懸命 着ていた覚えがあります。

わたしは 小さいころから アトピーなので 肌に触れるものは 「綿100%」でないと かゆくなってしまいます。

そこで 綿100%のタートルがいいと思って 着ていたこともあるのですが どうも 綿は 伸縮性が弱く 首にピタッとした感がなく 全体的にタイトな感じが出ないので 綿のタートルはいまいちでした。 

次第に かゆくならなくても なんか 落ち着かない感があって 「タートル自体 あまり好きではないのかも」 ・・・ということに気がつきました。

たぶん 常に首を圧迫している感じが 好きではないようです。

その後は タートルをやめ 首に何かを巻くようにしました。

これが とっても心地よく 首に巻くことが好きになり 冬でなくても ストールのような物とか 中尾彬のような マキマキしたものを 巻いていることが多くなりました。

徐々に ストールや マフラーなどのアイテムが 増え始めました。

デザインが気に入って ウールのものも つけたりしてみましたが やっぱりかゆい。

首に巻くものは 肌にじかに触れるので 持っているストールや マフラーは やはり 綿100%のものばかりです。

綿100%って なんとなく ゴワゴワした感じがあって やわらかさがなかったり あたたかそうに見えなかったり 重そうに見えるものが多いですが わたしの持っている ものは 一見 綿には見えない感じのものが多く 巻き心地も快適です。

デザイン的には 味気ないものが多いですが オーガニックコットンの いいものは 巻いていて とっても気持ちがいいです。

そんなことで とにかく 綿以外は ダメ! と決めつけていました。

しかし・・・

ある時 カシミアのマフラーをいただきました。

「あ~ 綿じゃないと ダメなんだよな・・・」

と思いながら 首に巻いてみました。

とにかく やわらかい。

不思議と かゆくならない。

「でも ずっとつけていたら かゆくなるに違いない・・・」

そう思って 一日巻いていましたが なぜか かゆくならない。

これは大発見でした!

もしかしたら 綿以外でも いけるのかもしれない!

化繊はダメだけど 実は 毛糸系はいけるのかも・・・?

カシミアは ヤギだよな。

・・・ってことは モヘアも いけたりして。

高そうなものが いけるのだとしたら アンゴラのうさぎちゃんや シルクのまゆちゃんも どうかしら?

アルパカのラクダさんだって だいじょうぶかも!?

ウールは どうなんだろう??

でも ウールって言うのは 色々種類があるのかもしれないけど やっぱり かゆくなるイメージだなぁ・・・

昔 バーバリーのマフラーが大流行した時に ウールを買ったら かゆかったんだよな・・・

あれ カシミアだったら かゆくなかったのかも・・・

そんなわけで 最近では 「首にカシミア」が マイブーム!?

どうでもいいことですが わたしは カシミヤだと思っていました・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

現金書留?

今年に入ってからというもの 例年より寒いのは 分かっているのですが それにしても 寒すぎます。

普通に あたたかい格好はしていたつもりでしたが そんなものでは 到底 寒さがしのげないので これまでにない防寒対策をするようになりました。

普通に服を着る前に 防寒対策をします。 

---------------------------------

★下半身

①腹巻付きのパンツをはく

②圧迫ストッキングをはく

③ヒートテックみたいな ももひき状のものをはく

★上半身

①ヒートテックみたいな薄い長そでのものを着る

②同じくヒートテックみたいな薄手の長そでのものを着る

③腹巻をする

--------------------------------

ストッキングの上に パンツが乗っかって その上に 上のヒートテックが乗っかって その上に 下のヒートテックが乗っかって・・・

こうなると おなかのあたりが 下のものと 上のものが重なり合ってすごいことに・・・

下の布に 上からかぶせて また下をかぶせて・・・

なんか 「現金書留用の封筒」みたい・・・!?

最後に 腹巻で止めて 3か所に 印鑑を・・・!?

ここまでが 服を着る前の 下準備。

ここから 服を着ます。

これだけしても 寒くて仕方ない・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ひなまつり

そういえば・・・

2月10日の 病院での腫瘍外来の診察の時に ビックリすることを言われました。

「ようやく 白血球も上がってきましたね。 よかったですね。」

「はい!」

「あらいさんは いつ頃から泳ぐつもりなの?」

「い いつ頃から・・・??」

「そろそろ プールに入ってもいいんじゃないかな? って思って。」

「そ そろそろですね・・・」

「もし入るなら 寒いから 冷えないようにしてほしいですけどね。」

「そ そうですね。 いつ頃にしようかなぁ・・・ さ 3月くらいがいいかな。 ひなまつりとかあるし・・・」

あ~ ビックリした・・・

先生は まだプールに入っていないと 思っていたようでした・・・

ビックリしすぎて ひな祭りとか 訳の分からないことを 言ってしまった・・・

そんなわけで 3月くらいから プールに入ろうかと思います・・・!?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

冬眠2

昨日は 無事MRを撮ることができました。

MRを撮るときは 音がすごいので 耳栓をして その上から ヘッドホンをして その上からヘッドギアみたいなものをつけます。

MRを撮るたびに 耳栓コレクションが増えていく・・・!?20120223


この病院の 耳栓は 蛍光色なので とっても派手です。

昨日は 大好きなオレンジ。

耳栓を入れた瞬間から爆睡でした・・・

たぶん30分くらい 撮っていたはずですが 寝てしまったので あっという間。

家に戻った後も またまた寝てしまいました。

-----------------------------------

今朝起きて・・・

気温はそんなに低くないはずなのに とっても寒い & やっぱり眠い。

どうしよう・・・

本日は 漢方の病院の予約が入っている日でした。

無理して行くことはないのですが 今日行かないと 次の予約は いつ取れるだろうか・・・

でも とても無理そうだったので キャンセルの電話をしました。

そして また寝る・・・

冬眠から覚めるまでに もう少しかかりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冬眠

日曜日の午後から 体調が悪いです・・・

久しぶりに 講習会などをやり 活動をしたからか・・・

先週は ちょっと泳いだりはしましたが ゆるゆる運動だし・・・

変なもの食べたかな・・・?

よくわかりませんが 月曜日の朝に お腹が下ってしまい・・・

その後は 身体中が 一気にだるくなり 寝ても寝ても 寝足りない状態です。

月曜日は ほぼ一日 寝ていました。

起きると熱っぽく 測ろうかと思うと また寝てしまう。

火曜日の朝 なんとなくスッキリした感じだったので これはいける! と思って 起きたのですが すぐにだるくなって またおなかが下って いつのまにか寝てしまい・・・

これは おかしい・・・ 

起きて なにかしようとすると 身体がだるすぎて なかなか動けない。

気付くと また寝ていました。

こんなに眠れること自体 やっぱり 何かおかしい・・・

病院に行こうとも思ったのですが インフルエンザなど 病人がたくさんいるところに行くことが 弱っている私には 最もこわいことなので それなら寝ていたほうがいいような気もするし・・・ 

今朝 起きて おなかの具合は 良くなったので 一安心。

だるさは なんとなくあるのですが 今日は 午後から 頭部のMRを撮る予定。

MRは 1月に撮ったばかりですが 心配だからということで・・・

こりゃ MR中も寝てしまうな・・・

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

漢方の初日④

ひととおり 漢方の煎じ方の 指導が終わりました。20120217_112328_2

しばらくして 漢方が出来上がり 受け取りました。

「2週間分って こんなにあるの??」

※メガネは大きさの比較のためです・・・

その量にビックリ!

一日ごとに袋詰めされているが 一日の量も かなりの量。

漢方って よくわかっていなかったのですが もっと 葉っぱみたいなものかと思っていました。

葉っぱというよりは 木のくずみたいな感じ・・・

そして 一回の量ですが お茶を入れる という感覚の 葉の量ではない・・・!?

これが一回の量です!

※メガネは大きさの比較のためです・・・

ちなみに このメガネは 老眼鏡です。20120217_112627

あまり かけないようにしていますが これで見ると明らかによく見えます。

老眼鏡っていうと・・・

いや・・・ 

また話がそれてしまうので 漢方の話をきっちりしないと!

調合していただいたのは こんな感じでした↓

----------------------------

免疫力を上げる漢方

黄耆(オウギ)6
女貞子(ジョテイシ)6
白朮(ビャクジュツ)4.5
梅寄生(バイキセイ)4.5
霊芝(レイシ)4.5
薏簃苡(ヨクイニン)4.5
何首烏(カシュウ)4.5
カン蓮草(カンレンソウ)4.5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

漢方の初日③

ようやく 漢方の登場!

-----------------------------------

ていねいな診察が終わり 待合室に戻りました。

漢方の調合が出来上がるまでの間 看護師さんに 「漢方の煎じ方」の指導を受けることに。

「漢方は 一日分が 一袋になっているから それを全部使うのよ」

「はい。」

「まずね 500ccのぬるま湯 だいたい60℃くらいのお湯ね。 それに30分浸すのよ。」

「はい。」

「30分たったら 強火で沸騰するまで加熱するのよ。」

「はい。」

「沸騰したら とろ火で30分くらい煎じるのよ。」

「はい。」

「30分たったら 茶こしなどで 冷めないうちに すぐにこすのよ。」

「はい。」

「それを 一日で飲めばいいの。薄めて飲んでもいいし そのまま飲んでもいいし。」

「まあ できそうな感じです。」

「重要なのはね 30分間 煮詰めて ぴったり250ccになったら 大成功だからね。 20分で250ccになってもよくないし 30分で200ccになってもよくないの。」

「はい。」

「だいじょうぶ? できる??」

「やってみたいので やってみます。」

「この作業 面倒でしょ。 だから これを全部自動でやってくれる機械があるの。 面倒になったら これを使うといいわよ。」

「これは おいくらくらいするの・・・??」

「16,800円。」

「え~! 16000円もするの??」

「でもね。ずっと作っていると きっと欲しくなるわよ・・・」

「そうそう 漢方って言うと 食前ってよく言いますよね。 これも食前ですか?」

「いや これは食後とか 食事と食事の間とか。」

「はい。 分かりました。」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

漢方の初日②

ずいぶん寄り道してしまいましたが!?

ようやく 漢方が登場します!

---------------------------------

お部屋を移動し 診察ベッドに横になり 身体全体を診ていただきました。

聴診器をあて 触診したり・・・

次に座った姿勢で。

そして また 応接室のようなところに戻り お話が始まりました。

色々と話をしていただいたのですが 覚えていることを・・・

--------------------------

「あらいさんは ずいぶん わたしのことをお勉強していただいているようですので いろいろとお分かりかと思いますが がんを治すことは 健康であることが大事なんです」

「わたしの考えは 積極的な意味で 健康であることを目指すことだと思います。」

「例えば 血液や尿や細胞組織の検査結果が 正常値の範囲以内であれば健康である というのは消極的な考え方です。」

「病気でない状態が健康である これも同じです。」

「精神・身体・環境がほどよく調和し 与えられている条件で 最良 のクオリティ・オブ・ライフ(生の質)を得ている状態 が健康であると考えます。」

「命はエネルギーです。命はエネルギーレベルを上げながら前進しています。そのなかで起こってきたトラブルが病です。」

「西洋医学は修理工です。修理工は壊れたところを治す技術だけでいい。それに代替療法を加えることによって 身体だけでなく スピリットや マインドを高めていって 人間をまるごと全体的にみて 病の経過も治り方も生きていくことと同じように少しずつ高めていくことが大事だと思います。」

----------------------------

色々とせんせいの考えを聞かせていただきました。

つぎに 私からの相談は・・・

たくさんお聞きしたいことがあったのですが 今後 定期的に通うことができるなら その都度聞いたっていいので まずは 今後 何をしたらいいかを聞くことにしました。

「わたしの場合 何をしたらいいでしょうか?」

「そうですね。 これをやるといいと限定されるものはなくて 色々と試してみるといいと思います。 ずいぶん 感染をしているようですので まずは 自己免疫力を上げることだと思いますね。」

「はい。」

「試しに 漢方をやってみてはいかがでしょうか?」

「漢方ですか?」

「漢方は お飲みになった事ありますか?」

「葛根湯とか そういう有名なやつは 何度かありますけど・・・」

「やはり 合う合わないがあると思いますので 一度試してみて もし自分に合うようでしたら 続けてみてはいかがでしょう?」

「そうですか・・・ 漢方ね・・・ まったく考えてもなかったです・・・」

「免疫力を上げる漢方を 2週間分 調合しますので ぜひ やってみてください。」

「はい。 やってみます。」

ずいぶん 長くお話をしていただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マザコン

このところ まめに更新しているなぁ・・・

昨日は なに書いたっけ? と思って読み返してみる。

なるほど。

じゃあ 一昨日は なんだったっけ?

そうかぁ そういえば そんなこと書いたような気がする・・・!?

こんな調子で 一週間くらい読み返してみたら・・・ 

なんか疲れる・・・

ちょっと前のことを 読みかえしただけなのに なんでこんなに疲れるんだ??

やっぱり 文が長いのかな・・・ 

これからは 言いたいことを 簡潔にするように心がけよう。

簡潔といえば 柑橘類が好きになって 早 一年がたとうとしているが 相変わらず好きのままだなぁ・・・

そんなことは どうでもいいとして。

そういえば ツイッターというのをやった事がないが あれって 短い文で つぶやくらしい・・・

言いたいことを 短い文でつぶやくっていうのは なかなか 難しそうだ・・・

----------------------------

最近 まめに更新をしている。

まめと言えば 最近 お豆が 無性に食べたくなる。

どうしても食べたい豆がある。

ただ 豆の名前が分からない。

それを 私なりに 簡潔に ツイッターしてみると・・・

「いま どうしても 食べたい豆があって その豆の名前は分からないんだけど 特徴は 色が肌色っぽくて 大きさはビー玉くらいで 見た目がまんまるというより ちょっとごつごつした感じで 味はあっさりしていて どちらかというと あじけない感じの あの豆が食べた~い!」

う~ん 長いな・・・

先日 テレビで「説明が長い男は マザコンである。」と ゲッターズ飯田とかいう 占い師みたいな男が言っていた。

「説明上手も マザコンである。」とも言っていた。

説明上手かどうかわからないが 説明が長いは 当てはなるような気がするので わたしは ゲッターズ飯田に言わせると マザコンのようである。

「一つのことに こだわることも マザコンである。」

「ハンカチを持ち歩いている男は マザコンである。」

「おいしい まずいを ハッキリ言う男は マザコンである。」

う~ん・・・

どれも 当てはまるような・・・?

しかし・・・

漢方の話の続きを書こうとしていたのに 何でマザコンの話になってしまったんだ??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

漢方の初日

大変お待たせいたしました。

これより 漢方のお話の はじまり はじまり~!

------------------------------------

3カ月待ち ついに 予約をした日が来ました。

この3カ月待つ間に 二度も 感染で入院をしてしまい 初めに相談したかったことから 状況が変わってしまったので さらにたくさんの相談内容を 送っていました。

病院は ホテルの中にあるという。

ホテルに到着。

な 何か高そうなホテルだなぁ・・・

診察時間より 30分も早く着いてしまいました。

地下に降りると 高そうなお寿司屋さんの 奥に 病院を発見。

中に入り さっそく受付を。

受付が終わり 待合室で待つことに。

待合室は 病院という雰囲気ではなく こじんまりとしたカフェ?みたいな感じ。

たくさんの本があり 座るところも多く ここなら いくらでも待っていられそう。 

看護師さんは 皆さんベテランという雰囲気で 安心できる。

診察の前に 看護師さんとお話を。

これまでの経緯など 詳しく話をする。

この時は ちょうど 感染で退院したばかりだったので その感染の話も。

血液検査 CT MRなどの 検査の結果を持ってくるのを忘れ 「次回は 必ず 持ってきてください!」 と念を押されました。

約20分ほど お話をした後 いよいよ 帯津先生にお会いすることに。

名前を呼ばれ 診察室に入る。

中は 応接室のような感じ。

いかにも 人のよさそうな 帯津先生がそこにいました。

「よくいらしていただきました。 色々と大変でしたね。」

「は はい。」

「送っていただいた これまでの経緯と 看護師がお伺いしたものを 拝見させていただきました。 これを見ると あまり いい状態とは言えないようですが あなたを拝見すると とっても元気そうですね。」

「はい。 会う人会う人に 元気そうだと言われます・・・」

「こんな大きな手術をして これだけ治療をしているのに 立派な体格をなさっていますよね。 相当な体力がおありなのかな。」

「そ そうなんでしょうか? やっぱり もっと痩せるものですか?」

「そうですね。 これだけの治療だと 普通は げっそり痩せてしまいますね。 立っているのがやっと・・・という感じになるはずですが。」

「泳ぐのは やっと・・・という感じですが 立っているのは平気です。」

「泳ぐ? 水泳をされるのですか?」

「はい。 抗がん剤の間も 泳げる時は泳いでいました。」

「それは すごいな~」

ここから 相談が始まりました。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジョイ

漢方の話まで あと一歩でしたが・・・!?

先日のインターフェロンでの話を先に。

-----------------------------------------

先日 月に一度のインターフェロン(マンスリーフェロン)の治療がありました。

いつも診察が終わると「そうだ あれを聞こうと思ってたんだ・・・」と 話そうと思ったことや 聞こうと思ったことを忘れてしまう。

直前まで 色々思っているのですが いざ 診察室に入って 大勢の先生に囲まれると すぐに忘れちゃう・・・

よし!

今日 先生に話すことを 考えておこう。

●今後の免疫療法を進めていく相談

とりあえず 6回の樹状細胞療法が終わったので 今後のことを聞いてみようかな

●樹状細胞療法後に熱が出たこと

今回は 5日間も熱が続いたんだよな

●右のそけいリンパが腫れたこと

1月に腫れたところじゃないリンパ節が腫れたんだよな

とりあえず この3つだな。

3つ 3つ・・・

3つある・・・と 覚えておけばいいかな。

-----------------------------

いつものように 病院に着き 採血と 採尿をおこなう。

採血は なんと540番・・・

ご 540人目・・・??

すごい人数・・・

検査が終わり 外来の順番待ち。

中待合室から 呼ばれました。

「はい。 あらいさんどうぞ。」

この日は腫瘍外来なので 診察室に入ると いつものように たくさんの先生方が・・・

「体調はいかがですか? じゃあ まず その後の経過を 聞こうかしらね。」

「せんせい。 いきものがかりの『じょいふる』って歌知ってます? ジョイ♪ ジョイ♪ ジョイジョイジョイ♪っていうやつ・・・」

「知りませんけど。」

すると 違う先生が・・・

「あ~ あの ポッキーのCMのやつ?」

「そう! そうです。 今日は まさに ジョイジョイって感じで いいですね!」

「ジョイジョイって・・・??」

「だって こんな大勢 先生がいるのに 男の先生が一人もいないんですよ。 ジョイ♪ ジョイ♪ 女医女医女医♪」

「・・・あのね。 そんなことは どうでもいいです。 前回のインターフェロンから 今日までの間 体調は いかがでしたか?」

「う~ん そうですね~ なにかあったっけ?? そうそう すっごく長いまつげを見つけたんです。 しかも 白い毛なんです。 これってなんでしょうね?」

「あら ほんとね。 福毛?じゃないの? 昔 ピアスの穴から白い糸って話あったわよね。」

「そうそう ありましたよね! だから 抜いていいものなのか 気になって」

「角膜を 傷つけたらよくないから 私が切ってあげましょうか?」

「いや け 結構です・・・」

「そんなことは どうでもいいですから その後 何か 体調の変化はありませんか?」

「う~ん なんだったっけ? なんか言おうと思っていたんだけど・・・ 3つあったような・・・ まあいいか。 特にないです。」

「そう。 では 今日の血液検査の結果ですけど 白血球がようやく4000になったわね。 これならインフルエンザとも戦えそうね。 」

「やっと 4000になりましたか!」

「腎臓も肝臓も CRPも 問題ないので 今日のインターフェロンは予定通りやりましょう。 あと 頻繁に リンパが腫れたりしているので 今月に CTとMRの検査も入れましょう。」

「はーい。」

インターフェロンも 無事終了。

会計もすませ 検査の予約窓口で説明を聞き 帰ろうとしたとき・・・

あ・・・ そうだ 言おうと思ったこと思いだした。

いつも こんなです・・・

また 熱が 出ないといいなぁ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヴァレンティーノ

土曜日の「すたろ~ん」 日曜日の「バタフライ講習」に 参加された皆様 お疲れさまでした。

また 遠方より ご参加いただいた皆様 ありがとうございました。

この両日は 久々に 子どもたちの参加が多かったです。

姉妹でJOに出場の選手の子 中学に入って水泳部で活躍中の子  すっかり身体が大きくなった子 すっかり速くなってしまった子 などなど・・・

半フリ33秒で 40秒サークルが10本回れる。

半ブレ40秒で 2ブレは3分を切る。

半フリ34秒で 2フリは2分30秒を切る。

半フリ34秒 半バタ36秒 半バック40秒 半ぶれ43秒 そして 2個メが2分45秒。

半バタが30秒で 半フリが32秒?? おやおや・・・!?

なかなか 大人じゃ計算が合わない!? 子供の力。

子供たちの 話を聞く目。

キラキラしています。

よし! と思った時の生き生きとした動き。

果てしない可能性を感じます。

やっぱり 子供はすごい!

子供たちに パワーをもらった気がしました。

すっかり速くなってしまった 小学6年生のMちゃんが チョコのかかったお菓子を みんなにくれました。

これは バレンタインのプレゼントだそうで・・・

そうか!

バレンタインね~

このバレンタインは ローマのお話なんですよね。

イタリア語だと バレンティーノ。

わたくし 以前は甘いものが 全く苦手でした。

チョコレートを食べたいなんて 思いもしなかったです。

抗がん剤から ずいぶんと味覚が変わってしまったのか?

甘いものを 以前よりは 受け付けるようになりました。

それでも 自分から 甘い物を買ってまで 食べることはありませんが・・・

えっ? なに??

これじゃ まるで催促しているみたいに聞こえちゃう・・・!?

「バレンタインだから チョコが欲しい」とか そういうことじゃないですから・・・

「甘いものが 以前より 苦手ではなくなったような気がするな~ 」という話ですから・・・

まあ 「もらって迷惑」 ということもないので 「いただけるなら 受け取る」と思いますけど・・・

「なんだ 子供たちの話は バレンタインのチョコがほしいという話のフリかよ」 と思われるかもしれませんが そうじゃありませんから・・・

おっと 偶然ですね。

今日が その「バレンタインデー」なんですね。

「残念だな~ あげたいけど 今日は渡せないから・・・」という方 別に 今週いっぱいくらいだったら 受け取りますけど・・・

バレンタインも チョコも どうでもいいんです。

子供たちは すごいなぁ~と 思っただけなので・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

自由診療

漢方まで あと少し・・・

-----------------------------

帯津さんの病院は 埼玉にあります。

こちらの病院は 内科、外科、消化器外科、循環器内科、脳神経外科、整形外科、心療内科、リウマチ科、泌尿器科、リハビリテーション科など なんでもある いわゆる総合病院です。

こちらの病院にいることが少ないようで!? なかなか予約がとれませんでした。

色々と日程を合わせて この埼玉の病院で 2カ月後の予約を取りました。

予約を取った後 「具体的な相談内容があったら FAXしてほしい」と電話がありました。

入院中で時間もあるし・・・

売店で 筆ペンと便箋を買い 相談したい内容を 延々と 書き連ね 埼玉の病院に FAXを送りました。

すると すぐに電話があり・・・

「あなたね これだけの内容は こちらの診察では 時間的に無理です。 どうしても 帯津先生でないと ダメですか?」

「はい。 帯津先生でないとダメです。」

どうも 帯津先生は 人気が高く 予約がやっと取れたとしても 診察時間は 5分あるかないか!? みたいな感じらしく・・・

「それでしたら 別のクリニックを紹介しますから そちらにかけてみてください。」

そこで 教えていただいたのは 週に2日は確実にいるという 池袋のクリニック。

こちらのクリニックは ガン患者のための 東洋医学専門のクリニック。

こちらに 週に2日間 診察をしてることが分かりました。

「なんだ そんないいところがあるなら それがいい!」

ここでは 一人あたり30分間の診察をしてくれるということ。

しかし 自由診療ため 保険が効かないということ。

リンパの病院と同様に ここも自由診療かぁ・・・

お寿司屋さんでいう 「時価」みたいな感じの 自由診療。

「お客さん いま食べたトロね 2000円だから」

「え~っ!? そ そういうのは 食べる前に言ってよ~」

自由診療という言葉に 脅威を 感じ始めていた時でした・・・

--------------------------------------

そういえば リンパの病院に 初めて 問い合わせをした時に・・・

「初めてなんですけど HPをみると 初診時に 診察料 約\10,000前後って 書いてあったのですが この 前後っていうのが気になるんですが 前後って どのくらい幅があるんでしょう?」

「その時に応じてですね 検査が多くなると 金額も少し上乗せになることもあるのですが たいていの方は10000円くらいということです。」

「そ そうですか・・・ じゃあ 初回は そのくらい用意していけばいいですか?」

「診察料が10000円くらいで あと ストッキングが これも物によりますが 5000~30000円くらいします。あと ドレナージュが6000円くらいになると思うので 50000円くらいあれば 間違いないかと思います。」

「ご 五万円!? あ あんたね 困っている人の弱みに付け込んで・・・ い いや 分かりました。 よろしくお願いします。」

「はい。 お待ちしております。」

実際に 行ってみて こんなに親切で こんなにていねいで こんなに素晴らしいストキングで ホントに行ってよかったと思っていますが はじめは「自由診療」に 腰が抜けそうになりました。

--------------------------------------

しかし この池袋のクリニックも 予約はいっぱいで 結局 3カ月後の予約となりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

帯津先生

よしよし・・・

順調に 漢方の話に近づいてきたぞ・・・

なぜ 帯津先生に興味を持ったのかというと その考え方に 共感できたからでした。

帯津先生は 医師なので 普通に病院を持っていて 普通に診察をしています。

ただその西洋医学に 中国医学や代替療法を取り入れて 医療の東西融合という 新しい考えのもとに がん患者専門の病院を作った人です。

悪いところだけを治療するというだけでなく 人間をまるごと捉えるホリスティック医学を提唱した 第一人者です。

わかりやすく言うと こんな人です↓・・・

---------------------------------

たけし軍団の「水道橋博士」が ハゲが治ったという話がありました。

一時は かつらをつけていたそうですが 今ではフサフサ。

「どうして ハゲが治ったんですか?」と聞かれて 彼はこう答えています。

「とにかく 頭にいいことを片っ端からやったら 髪が生えてきた。 色々やりすぎて どれが効いたのか よく分からない。」

まさに これ!

いいと思われることを 片っ端からやってみて 結果がよければ 何が効いたのかなんて どうでもいいじゃないですか!

色々やってみて ガンが良くなるなら それでいいじゃないですか。

とりあえず 何でもやってみよう!

これが 帯津先生の考えです。

たしかに・・・

すごい整体の先生も そんなこと言ってたよなあ・・・

「動くようになったなら 原因なんか どうだっていいじゃないですか!」

わたしも この考えに 大賛成です。

------------------------------------

初めてお会いした 帯津先生に・・・

「入院中に こんな あやしい物をもらったんですけど これってどう思います??」

「どんな治療でも とりあえず やってみたらいいじゃないですか!」

この あやしい?? と思ったのは 「聞くだけでガンが治るCD」でした。

入院中に 別のガン患者から もらったものでしたが 「なんじゃそれ!」って感じで 聞いたことはありませんでした。

しかし 帯津先生の話を聞くようになって 何でも試してみよう!と思うようになりました。 

西洋医学の先生自身が ガンにかかることも少なくありません。

意外と ガンになったお医者さんが こういった 代替療法を取り入れたりしています。

やれることは 何でもやろう!

そう 思うようになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

代替療法

よ~し!

も もう 余計な寄り道はしないぞ・・・

漢方 漢方・・・

先日の記事で 「サバイバー」のことを載せました。

サバイバーの皆さんの本を たくさん読んでいると  「帯津良一」という先生の名前が よく出てきました。

-------------------------------------

ガンには 色々な考え方があります。 

まさに病院とは 西洋医学的な見地から 症状を緩和させるための治療を行うところであり まずは 病院での診断が 大前提であると思います。

西洋医学的に ガンの治療をするためには 三大治療と呼ばれる(手術 抗がん剤 放射線)による治療が主なものになります。

これらは 「悪いものを取り除いて 強い薬でたたく」と とっても分かりやすい方法ですが それに伴うリスクも大きいので 人によっては この三大治療を拒否する人もいます。

わたしは たぶん 一般的な 同年代の男性よりも 体力もある方だと思っています。

抗がん剤をする前は 「ダメージが強い治療みたいだけど 自分は体力があるから 大したダメージはないだろう」と 思っていました。

しかし 始まってみると これが なかなか たいへんなもので 特に 半年を過ぎて 4クール目あたりからは ダメージもすごいし 回復に ものすごく時間がかかるようになりました。

こんなに体力のある私でさえ このダメージということは もともと体力がない方や 高齢の方が これをやったら たいへんなダメージだろうなあ・・・と思いました。 

抗がん剤治療をやっていく中で 色々と勉強をしてみました。

ガンは 特別な病気じゃないなぁ・・・

胃ガンの人は 胃が悪いってことではないなぁ・・・

身体にとって 良くないことがあった時 また それがいくつも重なった時 病気として現れる。

それが たまたま ガンとして胃に現れたり 肺に現れたりする。

だから その部位だけを 良くしようとするのではなく 身体全体を良くしていくことが 最善の治療なのではないか。

切ったり 取ったり たたいたりするだけでなく 自分の身体を良くしていくことが 大事なんだと思いました。

手術 抗がん剤 放射線 の三大治療以外の治療を 代替治療と呼びます。

代替療法は それこそ 数え切れないほど 色々なものがあります。

●伝統医学
漢方薬・鍼灸・気功・ホメオパシー・アーユルヴェーダ(インド医学)・チベット医学・ユナニ(ギリシャ医学)・自然療法・温泉療法など・・・

●整体療法
マッサージ・指圧・柔道整復・カイロプラクティック・オステオパシー・リフレクソロジーなど・・・

●食物療法
ライフスタイル改善療法・食事療法・ハーブ・アロマテラピー・健康補助食品・機能水・ビタミン・ミネラルなど・・・

●心身療法
精神療法・心理療法・催眠療法・バイオフィードバック・瞑想・カウンセリング・サポート療法・芸術療法・音楽療法…

●そのほかの療法
磁気療法・気功・ヨガ・エネルギー療法など・・・

このような 西洋医学ではない代替療法も 非常に有効だと思います。

サバイバーの皆さんが 代替療法を取り入れているという話に よく出てくる「帯津先生」に 一度話を聞かせてもらおうと思い 抗がん剤の6クール目に 病院から電話をしました。

なかなか 予約がとれず 結局 予約がとれたのは その3カ月後のことでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

漢方の話

よし!

今回は 漢方の話をするぞ~!

---------------------------

わたし 後悔したくないんです。

後悔しないためには 「できる時にする」ことだと思うのです。

後回しは よくない。

「もうすこし ○○になったら ○○しよう」みたいな 後回し思考。

いま思うと 「あの時 こうしておけばよかった」・・・って思うこと ありますよね。

後悔しても あとのまつり。

こんなに治療費がかかるなら あらかじめ 生命保険にでも 入っておけばね・・・

アフラック?とか 第一生命?とか 簡保?とかね・・・

かんぽ?

かんぽう?

そうそう 漢方と言えば・・・って ちょっと強引だったですか~♪(古っ!)

そういえば わたし 西田敏行さんに似ていると 小さいころから 言われていました。

ある時 テレビで 西田敏行さんの 10代のころの写真が出たのですが ボクの高校のときの顔にそっくり!

確かに似ているなぁ・・・

おっと 話がそれてしまいました。

そうそう。

わたし 後悔したくないんです。

後悔したくないので 「あの時 泳いでおけばよかった・・・」ということが ないようにしたいのです。

泳ぐと言えば・・・

このところ ねこ病院の院長が 絶好調です。

ついに 2キックをものにしたか!? 2キックで 練習タイムが格段に速くなっています。

ねこと言えば 芸人の 猫ひろしが カンボジア国籍を取り オリンピック出場を目指しているとか・・・

カンボジアね・・・

カンボジア・・・?

カンボ・・・??

かんぽう・・・!?

そうそう 漢方と言えば・・・

ちょっとね~ 

いくらなんでも カンボジアから 漢方は 強引すぎませんか? ローラさん?

「オッケ~!(^g^)d (ローラのつもり…)」

ローラと言えば 西城秀樹さんのおうちは 近所です。

近所にいるけど 姿を見ることは ほとんどなく その生活は 謎につつまれていて・・・

謎と言えば なぞかけ!?

それでは 一つ なぞかけと いきましょう・・・

「漢方」と かけまして

「無理な要求」と ときます

そのこころは・・・

「どちらも 簡単には飲めません・・・」

おあとがよろしいようで。

では失礼します。

・・・あれれ?

漢方の話は・・・!?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

サバイバー

よ~し! 

免疫療法の話が ひと段落したので 今度は 昨年夏から通っている 漢方の病院の話をしようと思います。

今 一番 話をしたいのは 食事のことなのですが 漢方のお話がひと段落したら 載せたいと思います。

--------------------------------------

ガンのことについての本は 今や とんでもない数が 出版されています。

新しい治療についての本や ガンと闘うための指南書のたぐいなど どこから どう手をつけていいやら・・・ という感じです。

いろいろな本がある中で 比較的 入りやすいと思ったのが 「ガンを克服した人の本」でした。

有名な先生が あ~だ こ~だ 言う話よりも 実際にガンと言われて 初めてガンのことを知って 様々な治療をして ガンを克服した 患者本人の話は 非常に分かりやすく思えました。

ガンが完全になくなるということはないにしても がんと宣告されて しかも 末期と言われたにもかかわらず いろいろな努力をした結果 余命の期間が過ぎても生きていて 検査をしてもガンが限りなく小さくなっていて ガンを克服した人がたくさんいます。

このような ガンを克服した人のことを 「サバイバー」と呼ぶようです。

生き残った? いや 生存者という意味で「サバイバー」 

サバイバーシップとか サバイバーマラソンまである!?

いま「サバイバーになるための本」が たくさんあります。

この サバイバーの皆さんは 治療のこと 生活スタイル 気持ち 食事など・・・ 本当にいろいろと勉強していて それを キチンと 実践している人たちばかりです。

その方法も 様々ですが 皆さん共通して言えることは みんな とっても 「明るく前向き」ということです。

明るく行こう!

常に 前向きが一番!

特にガンは 悪く考えたら キリがないんです。

わたしが ガンと言われた 初めのころは とにかく 「生きているうちに やれることをやらなくちゃ」 と必死に考えました。

たまたま 父が亡くなって 間もない頃で 父の遺品などを片づけているときに 「生きているうちに 身辺整理は必要だな~」なんて思っていました。 

そんなときに 自分が がんの宣告。

「いつ死ぬか わからないから 身の回りの整理をしよう」

最初の入院から退院した時は まず 大規模な身辺整理をしました。

思い出の品などは 写真に撮って すべて処分。

衣類も大量に処分。

おかげで タンスは スッカスカに・・・

次に思ったのは 「やれる時にやりたいことをしよう」

わたしにとって やりたいことは 泳ぐこと。

手術して 足が不自由になり これから始まる 抗がん剤を考えると 泳ぐとか 大会に出るとか そんなことは 二の次になりそうでしたが とにかく 大会のエントリーをしました。

結果 「退院した日に大会」なんてことも 多々ありましたが 「退院したら大会があるから・・・」 という使命感で きつい治療も がんばれたような気がしています。

そして いまでも 「次に泳げるのは いつか分からない」と思って泳いでいますので プールで泳げる時は 「泳げる幸せをかみしめて」泳いでいます。

-----------------------------------

あれれ?

漢方の話は・・・??

おかしいなあ・・・

漢方の話を書くつもりだったのに・・・

だいじょうぶ

次回 うまくつながりますので・・・!?

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

動かざること

久々に 水泳の話です。

これは 体調が悪くなる前のことです。

-----------------------------------

先週は とっても体調がよく 動きの歯車が合い とってもいい感じで泳げました。

さらに 大学の進学が決まった Jくんの登場に 元気が出て テンションが上がってしまいました。

この日は 短水路の練習で 練習の最後に 400mを測りました。

体調もいいし タイムもよさそうだなあと思っていましたが まさかの4分53秒が! (1.11-2.25-3.40-4.53)

これに調子に乗り 翌日の練習の最後に ブロークンで100mを1本。

先頭はJくん わたしは2番 3番は院長。

Jくんと 院長はクロールで わたしはバタフライで行くことに。

わたしは J君の5秒後にスタート!

見るみる遠ざかっていくJくん。

50mで10秒休憩し 再びスタート!

すると 今度は みるみる落ちてくるJくん・・・

ゴールしてタイムをみると なんと 1分03秒!(30-33)

Jくんも同じく1分03秒(27-36)

どうりで前半いなくなってしまったわけだ・・・

引っぱってもらったにしても タイムが良すぎる・・・

おそろしく 絶好調な日でした。

--------------------------------

無駄な動きをしないようにする MSC。

わたしの足は 動かなくなる一方なのに タイムが変わらないというか 逆にいいくらい!?

動かなくなったことに加えて 泳ぐ機会も減ったので 少ない時間と少ない力で 効率よく泳ぐことしか考えていない。

いかに泳がないで速くなるか・・・

動かせないから 動かさないというよりは 動かさないほうが逆に 有効にはたらくことが多いのが水泳。

動くことだけが運動じゃない。

動かさない運動もある。

止まってしまうくらいの動きで泳ぐ。

これも 有効な練習だと思う。

止まってしまうくらいの動きで 沈まないように泳ぐ。

わざと動きを遅くする。

動かせるところをあえて動かさないようにする。

身体は一枚の板になる。

動かざること サーフボードの如し。

体調が戻ってきたので また動かないで泳ごう・・・

| | コメント (1) | トラックバック (0)

悪寒

今年は 記録的な寒さ。

だから 寒いのは当たり前だと 思いますが。

わたし とっても 寒いんです。

年末から ずっと これまでにない「悪寒」が続いています。

免疫力が落ちると 身体が寒く感じるのかなあ。

とにかく ありえないほど寒いのです。

服を着こむとか お風呂に長くつかるとか 暖房 こたつ ホットカーペット 電気毛布・・・

そういった 当たり前に あたたまることをしていても とにかく寒いんです。

ヒートテックなんて 何枚重ねていることか。

ヒートテックなんて まだまだ甘い。

どうせなら ヒートテックなんてレベルじゃなく ヒートヒートテックとか オーバーヒートテックとか!?

いやいや そんなもんじゃなくて 着ただけで 身体中が 焼けつくように熱くなる ファイヤーブレイズテック(炎) 

いやいや 着ただけで熱帯地獄 レッド ホット バーニングテック(灼熱の熱さ)

いやいや 着ただけで焼け死んでしまう!? フレイムスロワーテック(火炎放射器)

もういいって・・・!?

いろいろと あたたまることで 身体の表面的にはあたたかいし 皮膚を触っても あたたかくなっているのですが 身体の中が寒いというか 寒気がおさまらないのです。

一年中 半ズボンで過ごしていた頃が 信じられません・・・

今朝になって ようやく 寒気がしなくなりました。

やっと 免疫力が上がってきたかな・・・

------------------------------

先日 NHKで「驚き!がんワクチン治療最前線」という番組を放送していたようで わたしは見ていなかったのですが 見ていた人が多かったようです。

「樹状細胞を紹介して 自分の持つ免疫能力を活性化させて がん細胞を攻撃するっていう番組でしたよ」

「そう まさに ボクのやっている治療が それですよ!」

「ブログに書いてあるのは よく分からなかったけど テレビで よく分かりました。」

「あのね ボクのブログにも とっても分かりやすく書いてあるんですよ。 それを読めば 分かると思うんだけど・・・」

「ブログは なんか 字ばっかりで・・・」

「そりゃそうですよ! ブログですから! 字で説明するしかないでしょ!」

まあ わかってもらえたなら なんでもいいか・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

玉川温泉

体調が回復傾向です。

声が出るようになり 熱も下がってきました。

あと一歩です。

以前 途中まで書いていた記事があったので・・・

--------------------------------

雪崩事故で 知られるようになった「玉川温泉」

わたしも ガンになるまでは知らない温泉でした。

この玉川温泉は まさに ガン患者のための温泉という感じで ガンの湯治場として
は 日本一有名な温泉だと思います。

初めて 病院で ガンのセミナーに参加した時に 玉川温泉ツアー?なるチラシを見
ました。

「玉川温泉って何だ??」

二子玉川にあるのかな??

全く知らない温泉だったので そんな感じでした。

色々とガンの事を調べていたり 本を読んだりすると とにかく よく出てくる「玉川
温泉」

長期滞在する人が多いようで 自炊できるスペースが多いということ。

テレビでもやっておりましたが 岩盤浴をする人がほとんどだそうです。

いつか一度くらいは行ってみようかな なんて思っていました。

しだいに どこで調べたのか 玉川温泉の案内が メールや郵送で送られてくるよう
になりました。

先日届いた玉川温泉ツアーは すごい内容でした・・・

題して「ガンをやっつけろ!玉川温泉ツアー!!」

このツアー 「ガンをやっつけろ!」と 大きく書かれた オレンジ色のTシャツを全員で来て 「ガンをやっつけろ!はちまき」を頭に巻き 「ガンをやっつけろ」の のぼりを持って行くという・・・

自称 「センスのいいがん患者」としては ちょっと このTシャツは いかがなものかと・・・

勢いは 前向きな感じなので いいと思いますが・・・

先日の 免疫療法の待合室で 雪崩が起きる前でしたが 偶然 玉川温泉の本を見ていました。

一度行く価値はあるかも!?

とにかく ガンにいいことは何でもやっていこうと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ダウン・・・

これは治療の効果なのだろうか・・・

具合いが悪すぎる・・・

熱も下がらないし 頭痛も・・・

インフルエンザじゃなかろうか?

火曜日まで あんなに動けたのが うそみたいだなぁ・・・

とにかく今は 通りすぎるのを 待とう


| | コメント (4) | トラックバック (0)

前向きな体調不良

先週から とっても体調がよく 今週に入っても 泳いだりしていました。

しかし・・・

先日 免疫療法の 樹状細胞療法をやりました。

この治療によるものなのか 分かりませんが 熱が上がってきました。

この治療によって 2~3日熱が出るということは 治療の効果が表れている証拠のようで むしろ喜ばしいことだそうです。

そうならいいのですが。

だるさもひどい。

全く起き上がることができない。

入院中と同じく 寝たままキーボードを打っている状態です。

右足の付け根というか 股関節のリンパ節?が腫れています。

結構な大きさです。

この腫れているところも 痛みがあります。

1月に 同じように 右足の付け根が腫れて これはリンパ節だと言われ 腫れの大きさが 指2本分になったら 入院と言われました。

いまは指1.5分分くらい。

ただ いま腫れているところは 1月に腫れていたところとは 違うところです。

1月に腫れていたところは 今も少し腫れが残っているので 触ると分かります。

そこよりもっと上です。

パンツやズボンを履こうとすると その腫れているところに指が当たるので 気がつきました。

この腫れも 治療の効果なら 大変喜ばしい腫れ!?

この体調不良は 治療によるもので 2~3日で終わると信じ 「前向きな体調不良」と思うようにしよう・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MHC検査

病院関係の書類が多すぎて 整理をしています。

血液検査のデータだけでも 電話帳くらいの厚さになっています。

昨日 整理をしていたら 昨年 8月29日の日付で MHC検査の結果が出てきました。

あ~! 

あったあった!

MHC検査の結果って なんとなく 聞いたような気もするが。

こんな用紙を見た覚えはないなぁ・・・

でも受け取っているということは たぶん この用紙を見ながら 説明を受けているはずだが・・・ 

覚えてない・・・20120829

このMHC検査は わたしのガンの組織を 免疫療法の病院から 専門の業者に依頼して 細かく病理検査をしたものです。

ガン組織を 病理検査に出したのは これで4度目ということになります。

一番はじめの病院での病理検査は 「陽性とも陰性ともいえない感じ」みたいな とっても曖昧なものでした。

2番目の病理検査は 主治医の超美人先生によるもので こちらは 陽性。

3番目は セカンドオピニオンでお願いした 聖路加病院で こちらも陽性。

そこで 覚悟を決め 緊急手術となったわけですが 詳しい病理検査に結果を見たことは ありませんでした。

この用紙は 「免疫組織化学判定報告書」となっていて 2枚ありました。

組織の拡大写真が たくさん載っていて たくさんの項目で 分析されていて 今 読むと とっても意味がわかります。

わたしの腫瘍細胞は 「STRONG」の強度の陽性 血管内陽性 と書かれています。

そうかぁ・・・

ストロングなんだぁ・・・

血管に飛び散った とか言っていたのは このことかぁ・・・

「広範囲に浸潤増殖する明瞭な腫瘍を認めます」と すごいことが なんとも的確に書いてあるし・・・

簡単に言うと「誰がどう見ても ガンですから~」って感じ・・・!?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

MHC

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フェイスブック

FACEBOOKに ずいぶん前に登録して その後 何もしていなかったのですが 気づいたら たくさんの 「お友達リクエスト」がきていました。

そもそも お友達なのですが お友達として承認するってことで いいのでしょうか?

なんだか よく分かっていませんが 一気に30人くらいの人の承認をしました。

これで お友達が たくさんできたのかなぁ・・・

実際に 20年ぶりとか そういう人もいるので 連絡先がわからないけど やり取りできるっていうことが いいのかも・・・ 

メッセージをくれた方 お返事が遅くなりました。

遅い人は 10ヶ月もかかってしまいました・・・

いろいろなことを ちょっとずつ 始めていきます。

メールも 未読がとんでもない量になってきたので ゆっくりお返事していきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »