« ただものじゃない女性 | トップページ | 樹状細胞療法③ »

樹状細胞療法②

樹状細胞療法の お話のつづきです。

樹状細胞療法を行う上で 白血球の血液型が必要になります。

この 白血球の血液型を HLA(ヒト白血球型抗原)と言います。

わたしのHLAを調べた結果 下記の型でした。

HLA遺伝子型
26:01
31:01

HLA抗原型
A26 A31

白血球や 血小板が不足した時に 同じ型を入れたりできるそうです。

このHLAを元に 自分に合う 抗原ぺプチドが あるかどうか 調べることになります。

血液に こんな型があったなんて 知らなかった・・・

「あなたの血液型は?」と聞かれたら 今後は このように答えようかと思います。

「わたしの血液型は O型で HLAは A26 A31 です。」

「むむ・・・ おぬし やるな・・・」

血液型を聞かれて HLAを答えるなんて 「こいつは タダものじゃない」と 思われるに違いない・・・!?

|

« ただものじゃない女性 | トップページ | 樹状細胞療法③ »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1395152/43802738

この記事へのトラックバック一覧です: 樹状細胞療法②:

« ただものじゃない女性 | トップページ | 樹状細胞療法③ »