« 糖尿病が・・・!? | トップページ | 瀬田クリニック »

遅延型過敏反応

土曜日の樹状細胞療法の治療の際に ツベルクリンのような 48時間で反応を見るための 注射を打ちました。

これが 今までは 痛くなかったのですが 今回は とっても痛みがあります。

しかも だんだん痛みが増してきています。

このように 痛みが出て 赤く腫れる状態を「遅延型過敏反応」と呼ぶらしく 一種のアレルギー反応のようなものだと思います。

遅延型過敏反応があったということは がん抗原を記憶したという事なので 樹状細胞療法の効果があったということです。

実際の治療は 右側のそけい部ですが 今回は そこも かなり痛みがあります。

とにかく 効いているということがわかっただけでも よかった よかった。

お風呂は 11日目にして 入ろうかどうしようか・・・という感じです。

傷口は ほぼ ふさがっているので 明日から プールにも復帰するつもりです。 

泳ぐのも 慎重に 様子をみながら・・・

また 一からやり直し・・・

------------------------------------

しかし よく熱が出るようになりました。

これまで 熱なんて出たことがなかったのですが 本当に いとも簡単に 熱が出るようになりました。

「いま何℃あるのか?」

これも かなり正確に わかるようになりました。

「今は 37.8℃だな。」

測ってみると ドンピシャ。

---------------------------------

「あなたの特技は 何ですか?」

「はい。 いとも簡単に 熱を出すことができます。」

「ね 熱・・・??」

「さらに 出た熱が何℃なのかも ピシャリと当てることができるんです!」

「そ そうなのか・・・  きみは 大したもんだな・・・ 」

こんな特技って・・・!?

|

« 糖尿病が・・・!? | トップページ | 瀬田クリニック »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1395152/43177857

この記事へのトラックバック一覧です: 遅延型過敏反応:

« 糖尿病が・・・!? | トップページ | 瀬田クリニック »