« 忍耐 | トップページ | お風呂 »

治療費

病気になると お金がかかります。

特に ガンは たくさんのお金がかかります。

今回は 治療費のことについて 書いてみようと思います。

------------------------------

手術が3回。

入院が9回。

通院は数えきれず・・・

ガンと告知されてから 今まで 全くといっていいほど 縁のなかった病院に たくさん行くことになってしまいました。

こんなに同じところに 毎日のように通い 何ヵ月もお泊まりするなんて 大学の出席日数より多い気がする!?

これだけ病院にかかると 色々なことがわかってきました。

---------------------------

病院に行き 診察をするたびに 診察の料金がかかります。

全く同じ診察でも 予約があったり なかったり 曜日や時間帯でも 金額が違っていることがあります。

検査も同様に 同じ検査をしても 金額が違っていることがあります。

私の場合 入院中に ありとあらゆる検査をしてきました。

検査も 一度ではなく 転移や進行を調べるために 何度も何度も 同じ検査をしています。

採血 採尿 レントゲン 超音波 心電図 CT MR などなど…

入院中は 毎回 検査内容が違っているのですが 同じ治療中の場合 退院時にかかる費用は ほとんど同じです。

入院中に出る薬も 毎回違いますし 使わなかった分は持って帰るのですが これも含めて 退院時にかかる費用は ほとんど同じです。

入院中は 一つの症状についての治療をひとまとめとして それに関わる検査や 処方箋は やってもやらなくても 出しても出さなくても 統一料金であるかのようで。

なんで同じなんだろう?

色々と疑問に思っていたので 試してみました。

退院する日に 会計の計算が終わったとの連絡を受けたあとに うがい薬があと1個だったので うがい薬の追加出してもらうように言ってみました。

計算が終わった後でしたが この追加分は請求されず・・・

う~ん これは間違いない・・・

通院の場合 検査をすると 検査をするたびに 一つ一つの検査料金が それぞれの検査ごとにかかります。

薬も 処方箋を出してもらったら 薬局で その都度 料金がかかります。

---------------------------

例えば 化学療法で2~3週間入院した場合に かかるものを挙げてみます。 

①診療の費用として考えられるものは・・・
(これはどの病院でも金額の差はあまりないと思います)

・毎日の診察(しかも先生は多数)
・抗がん剤の点滴(3種類×日数)
・抗がん剤前の点滴(×日数)
・インターフェロン(×日数)
・麻酔テープ(5枚×日数)
・検査費用(採血 採尿 レントゲン 超音波 心電図 CT MR)
・薬

②診療以外の費用として考えられるものは・・・
(これは病院によって大きく金額の差があると思います)
・お部屋代(差額ベッドなど)
・食事代(1日3食)
・シーツ、枕カバーなど
・タオル、パジャマなど
・看護師さんらの手厚い看護
・スタッフの皆さまのお手入れ(お掃除やごみ集め)
・テレビ、冷蔵庫使用料

②は 病院によって 金額が全く違うと思うので 比較になりませんが ①にかかるものを すべて 通院で行ったとしたら おそらくもっと高額になると思うのです。

これだけ入院 通院して わたしが思ったことは 「通院するより 入院した方が安くすむ」ということです。 

入院するとお金がかかると思っている方は多いようですが わたしは ガンのような 高額な治療や 検査をたくさんするような場合は 入院した方が安くすむような気がします。

治療費は 点数計算なので 入院でも通院でも 一つ一つの点数は同じなのかもしれませんが 入院中の検査だけみても たくさんした時と しなかった時と ほとんど金額が変わらなかったので。

---------------------------

もう一つ これも 何度も入院して分かった事ですが 医療費は ひと月ごとに締めて 点数計算をするようです。 

そうなると 入院期間が1ヶ月以内なら 月をまたがないで入院した方が安くすむのです。

例えば 2週間入院をした場合に 同じ月に2週間入院するのと 月をまたいで入院するのとでは 金額が全然違ってきます。

急な入院の場合は やむをえませんが あらかじめ入院期間が選べるなら 絶対に 同じ月で終わるようにした方がいいと思います。

---------------------------

「入院するとお金がかかる」

これは間違いありませんが 「高い」と感じるのは たぶん「お部屋代がかかる」と思っているからだと思います。

確かに 個室など 一部屋一泊2万円とか 5万円とか そういったお部屋はありますが 今の病院は どんな高級な病院でも 差額なしベッドがなくてはいけない法律なので 差額なしのベッドで入院の希望をすれば ベッド代はかかりません。

また ガンの治療のように あらかじめ 高額になることが分かっている場合は 健康保険から 限度額証明というものを発行してもらってから入院すると 退院時の支払いが安くなります。 

わたしのように賢く病院を利用しようと考えると なにか 気になることが起きた時に かかっている科からの 診療依頼で他の科にかかると 手間も時間も たぶん金額も変わってきます。

---------------------------

色々と病院に詳しくなってしまったのですが 私自身 40歳になるまで 病院に無縁だったので このようなことは 全く知らないことでした。

まあ健康であれば 病院に行く必要もないので こんな知識はいらないのです。

病院に行くことなく生活できるということは 本当に幸せなことだと あらためて思います。

|

« 忍耐 | トップページ | お風呂 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

ふ~ん。なるほど。
いらない知識じゃないですよ。
病院はみんなお世話になりますよ。
みんな老いていきますしね。

投稿: Rossana | 2011年11月23日 (水) 21時16分

友達のために樹状療法を探すうち
このブログにたどり着きました
大変な病気ですが、良くなりますように

保険適用分の治療には、「高額医療制度」(高額な医療費を支払ったときに申請できる)がありますが、申請請求しましたか?

投稿: | 2011年12月10日 (土) 20時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1395152/43102186

この記事へのトラックバック一覧です: 治療費:

« 忍耐 | トップページ | お風呂 »