« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

世界水泳2011★7日目結果&8日目の見どころ

いよいよ最終日です!

1500は楽しみですね~

----------------------
7日目の結果
----------------------

●女子50mバタフライ

優勝は、タッチの差でデッカー選手!
2位にアルシャマー選手!
加藤選手は6位
25秒台が5人!
25秒を出せばメダルという訳にはいかなかったですね・・・
加藤選手26秒だと、6位は仕方ない・・・!?
女子のスプリントはヨーロッパが強いです。

○決勝結果

1 DEKKER Inge NED  25.71
2 ALSHAMMAR Therese SWE  25.76
3 HENIQUE Melanie FRA  25.86
4 LU Ying CHN  25.87
4 SJOESTROEM Sarah SWE  25.87
6 KATO Yuka JPN  26.02
7 VOLLMER Dana USA  26.06
8 GUEHRER Marieke AUS  26.21

--------------------------------

●男子50m自由形

シエロフィーロ選手強し!
シエロフィーロ選手だけ、身体一つ出ていて、あとは横一線でした。

○決勝結果

1 CIELO FILHO Cesar BRA  21.52
2 DOTTO Luca ITA 21.90
3 BERNARD Alain FRA 21.92
4 ADRIAN Nathan USA  21.93
5 FRATUS Bruno BRA  21.96
6 TAKACS Krisztian HUN  21.99
7 BOVELL George TRI  22.04
8 LOUW Gideon RSA  22.11

--------------------------------

●女子200m背泳ぎ

フランクリン選手、またまた大幅に記録更新です!
この記録は、異常です!
この2日間で一気に「2分05秒10」ですよ!
これはとんでもない選手が現れましたね!

○決勝結果

1 FRANKLIN Melissa USA  2:05.10
2 HOCKING Belinda AUS  2:06.06
3 VAN ROUWENDAAL Sharon NED  2:07.78
4 ZEVINA Daryna UKR  2:07.82
5 BEISEL Elizabeth USA  2:08.16
6 NAY Meagen AUS  2:08.69
7 SIMMONDS Elizabeth GBR  2:08.76
8 CASTEL Alexianne FRA  2:09.07

--------------------------------

●男子100mバタフライ

フェルプス選手、気合が入っていただけに、来ましたね~!

一人ダントツの50秒台です。

メダルは50秒前半と、予想通り。

藤井選手は5位でした。

○決勝結果

1 PHELPS Michael USA  50.71
2 CZERNIAK Konrad POL  51.15
3 MCGILL Tyler USA  51.26
4 DUNFORD Jason KEN  51.59
5 FUJII Takuro JPN  51.75
6 KOROTYSHKIN Evgeny RUS  51.86
7 VERLINDEN Joeri NED  52.21
8 HUEGILL Geoff AUS  52.36

--------------------------------

●女子800m自由形

すごい記録が出ました。
800mもここまで競ると、記録がぐんと上がりますね!
わたしの記憶では、22年前の1989年にエバンス選手が、8分16秒を出して以降、8分20秒を切った選手はほとんどいないですよ。
しかもアドリントン選手は、17秒台ですからね~
これはエバンス選手の記録を更新するのも、夢じゃないですね。

○決勝結果

1 ADLINGTON Rebecca GBR  8:17.51
2 FRIIS Lotte DEN  8:18.20
3 ZIEGLER Kate USA  8:23.36
4 SUTTON Chloe USA  8:24.05
5 KAPAS Boglarka HUN 8:24.79
6 GOLDMAN Katie AUS 8:29.20
7 TROTT Wendy RSA  8:30.45
8 BOYLE Lauren NZL  8:32.72

--------------------------------

●女子400mメドレーリレー

まず、アメリカは、このメンバーは、負けるはずがないですね。
自由形に「フランクリン選手」とは、驚きましたが、52秒台で泳いでいます。
このフランクリン選手、来年のロンドンでは、とんでもないことを起こしそうです・・・
日本は、松本選手が大健闘でした!

○決勝結果

1 USA United States of America 3:52.36
COUGHLIN Natalie  59.12
SONI Rebecca  1:04.71
VOLLMER Dana  55.74
FRANKLIN Melissa  52.79
2 CHN People's Republic of China 3:55.61
ZHAO Jing  59.24
JI Liping  1:06.27
LU Ying  56.77
TANG Yi  53.33
3 AUS Australia 3:57.13
HOCKING Belinda  59.91
JONES Leisel  1:06.18
COUTTS Alicia  56.69
DINGJAN Merindah  54.35
4 RUS Russia 3:57.38
ZUEVA Anastasia 59.13
EFIMOVA Yuliya  1:05.91
BESPALOVA Irina  58.61
POPOVA Veronika  53.73
5 JPN Japan 3:57.84
TERAKAWA Aya  1:00.02
SUZUKI Satomi  1:06.30
KATO Yuka  57.55
MATSUMOTO Yayoi  53.97
6 GBR Great Britain 4:01.09
DAVIES Georgia  59.95
TADD Stacey  1:09.14
GANDY Ellen 57.97
HALSALL Francesca  54.03

1 CAN Canada
DSQ
8 GER Germany
DSQ

--------------------------------
★8日目の決勝の見どころ★
--------------------------------

●女子50m平泳ぎ

ハーディー選手いよいよ登場です!
この50m平泳ぎは、「31秒」というタイムが一つのラインになります。
31秒で泳ぐ選手はたくさんいます。
30秒台で泳ぐと「お~!すごい!」となります。
毎年10人近くが、30秒台を出しています。
この雰囲気ですから、もしかしたら、決勝は、前人未到の「29秒台」が見られるかもしれません!
ソニ選手は50mのベストが30秒で、100mが1分04秒です。
つまり、50mで30秒を切れなくても、100mで1分05秒は切れるのですよ。

準決勝から30秒台が5人。
非常にハイレベルです。
決勝は何人が30秒台を出せるのか?
ハーディー選手がソニ選手の3冠を阻止するのか?
注目です。

○準決勝結果

1 HARDY Jessica  USA  30.40
2 SONI Rebecca  USA  30.74
3 EFIMOVA Yuliya  RUS  30.81
4 PICKETT Leiston  AUS  30.96
5 JONES Leisel  AUS  31.14
6 JOHANSSON Jennie  SWE  31.16
7 NIJHUIS Moniek  NED  31.40
8 EJDERVIK Rebecca  SWE  31.41
9 HAYWOOD Kate GBR  31.43
10 ZHAO Jin  CHN  31.46
11 LIU Xiaoyu  CHN  31.50
12 CHOCOVA Petra  CZE  31.75
13 MC MAHON Sycerika  IRL  31.83
14 VAN BILJON Suzaan  RSA  31.97
15 PEDERSEN Rikke  DEN  32.07
16 TREPP Jane  EST  32.33

--------------------------------

●女子50m自由形

まず、24秒台ですよね。
決勝はおそらく全員が24秒台になると思いますし、全員がほぼ同着になると思います。
このレースで勝つのは、実力の他に、何か持っている人です!?
楽しみなのは、本番に強いアルシャマー選手。
全く調子が読めないハーディー選手。
決勝が楽しみです。

○準決勝結果

1 KROMOWIDJOJO Ranomi  NED  24.56
2 OTTESEN Jeanette  DEN  24.61
3 ALSHAMMAR Therese  SWE  24.63
4 HERASIMENIA Aliaksandra  BLR  24.69
5 HALSALL Francesca  GBR  24.80
6 VELDHUIS Marleen  NED  24.88
7 HARDY Jessica  USA  25.00
8 VANDERPOOLWALLACE  BAH  25.05

9 BRANDT Dorothea  GER  25.06
10 KUKLA Yolane  AUS  25.11
11 WEIR Amanda  USA  25.14
12 HALICEK Olivia  AUS  25.20
13 DRAKOU Theodora  GRE  25.22
14 VAN LANDEGHEM Chantal  CAN  25.23
15 POON Victoria  CAN  25.26
16 ALJAND Triin  EST  25.57

--------------------------------

●男子50m背泳ぎ

いつでも、どんな時でも、24秒台を出していた「古賀選手」が25秒台ということは、よほど体調が悪いのでしょう。
決勝は、もちろん24秒台の戦いになりますが、やはり注目は、「タンコック選手VSラクール選手」ですね。
なんてったってタンコック選手は、200m背泳ぎに出て、はじめの50mで世界記録を狙う選手ですからね。
50では負けたくないはずです。

○準決勝結果

1 TANCOCK Liam  GBR  24.62
2 LACOURT Camille  FRA  24.85
3 ZANDBERG Gerhard  RSA  24.91
4 WILDEBOER FABER Aschwin  ESP  24.99
5 THOMAN Nicholas  USA  25.03
5 PLUMMER David  USA  25.03
7 LANG Flori  SUI  25.07
8 BARNEA Guy  ISR  25.09

9 KOGA Junya  JPN  25.14
10 STOECKEL Hayden AUS  25.20
10 MEEUW Helge  GER  25.20
12 DI TORA Mirco  ITA  25.40
13 DELANEY Ashley  AUS  25.43
14 GRIGORIADIS Aristeidis  GRE  25.46
15 LIJESEN Bastiaan  NED  25.51
16 FRANCIS Charles  CAN  25.56

--------------------------------

●男子1500m自由形

この大会でわたしが最も注目している選手が二人いました。
一人目は、昨年、あり得ない記録を連発していた「ラクール選手」
本当にそんなに速いのかどうかを見たかった。

もう一人は、「ソン・ヨウ選手」
昨年のアジア大会で、その実力は存分に分かったものの、やはり、あのハケット選手の記録にこれだけ迫ったということは、あり得ないことだったので。

本日は、このあり得ない瞬間が見られるかもしれません。

万が一ですよ、ソンヨウ選手がハケット選手の記録を破ったら、わたし、丸坊主になりますよ。(えっ!? すでに丸坊主??)

予選から、超ハイレベルなレースになっています。

これ予選ですか??
全員が15分を切っているなんて、すでにあり得ないレースになっています。

そして、宮本選手、なんと57秒台ですよ。
すごいことやりましたね。
もうこの結果で十分です!?

世界記録は「14分34秒56」。
100mを「58秒2・平均」で泳がないといけません。
こんな記録を、破れる人なんて、いるはずがないのです。

○予選結果

1 SUN Yang  CHN  14:48.13
2 KIS Gergo  HUN  14:52.72
3 VANDERKAAY Peter  USA  14:54.99
4 LA TOURETTE Chad USA  14:55.59
5 COCHRANE Ryan  CAN 14:55.86
6 JOENSEN Pal  FAR  14:56.66
7 MIYAMOTO Yohsuke  JPN  14:57.12
8 PIZZETTI Samuel  ITA  14:58.30

Br_decobanner_20110710201047_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

世界水泳2011★6日目結果&7日目の見どころ

いよいよ 7日目となりました。

期待はしていましたが、ここまですごい記録が出るとは思ってもみなかったので、泳ぎは進化しているな~ と実感です。

カウンターなんて気にしたことがなかったのですが、妙にカウントが増えているような気がして、見てみたら、1日に1000以上アクセスがあるみたいです。

このカウンターは、携帯からはカウントされないので、携帯から見た人を入れると、すごい数になっているのかも!?

---------------------

6日目の決勝結果

---------------------

●女子100m自由形

デンマークの「オッテセン選手」と、ベラルーシの「ゲルシメニア選手」が同着で、どちらも金メダルです!

銅メダルは、オランダの「R・クロモヴィジョジョ選手」

ヨーロッパ勢強し! です。

1位が二人、4位が二人と同着が二組と珍しいレース。

とにかく、1位~6位までが、0.3秒差ですから、肉眼で見る限り、1~6位までが同着に見えました。

○決勝結果

1 OTTESEN Jeanette DEN  53.45

1 HERASIMENIA Aliaksandra BLR  53.45

3 KROMOWIDJOJO Ranomi NED  53.66

4 HALSALL Francesca GBR  53.72

4 HEEMSKERK Femke NED  53.72

6 COUTTS Alicia AUS  53.81

7 VOLLMER Dana USA  54.19

8 COUGHLIN Natalie USA  54.22

-------------------------------

●男子200m背泳ぎ

ロクテ選手、今大会、調子がいいと分かってきましたが、それにしても、この記録は、異常ですね。

1分52秒台ですよ。

52秒台なんて、人間が出せるんですね。

入江選手は、実力通りの、素晴らしい記録でしたので、何も悔むことはありません。

「バタフライは背泳ぎより速い」という定説は、もはや覆されようとしている!?

真の世界記録は、入江選手のもつ「1分54秒08」でした。

つまり、ロクテ選手は、1分53秒を一度も出さずに、1分52秒を出したのです。

200m背泳ぎって、今でも2分を切ると速いという印象ですが・・・

今大会で、一番驚いた記録です。

○決勝結果

1 LOCHTE Ryan USA  1:52.96

2 IRIE Ryosuke JPN  1:54.11

3 CLARY Tyler USA  1:54.69

4 ZHANG Fenglin CHN  1:56.39

5 KAWECKI Radoslaw POL  1:57.33

6 DONETS Stanislav RUS  1:57.36

7 RANFAGNI Sebastiano ITA  1:57.49

8 WATANABE Kazuki JPN  1:57.82

--------------------------------

●女子200m平泳ぎ

優勝はソニ選手でした。

予想してた結果ですが、2位のエフィモワ選手のこの記録は、世界歴代3番目の記録ということになります。

素晴らしいです。

しかし、3位のこの記録を見る限り・・・金藤選手、いけたなぁ・・・

○決勝結果

1 SONI Rebecca USA  2:21.47

2 EFIMOVA Yuliya RUS  2:22.22

3 MCCABE Martha CAN  2:24.81

4 SUN Ye CHN  2:25.09

5 KANETO Rie JPN  2:25.36

6 HIGL Nadja SRB  2:25.93

7 PEDERSEN Rikke DEN  2:26.56

8 PIERSE Annamay CAN  2:27.00

-------------------------------

●男子200m平泳ぎ

まず、北島選手、よくやりました!

記録も素晴らしいです。

ギュルタ選手も、この記録なら納得ですね。

平泳ぎ王国ハンガリー復活か!?

○決勝結果

1 GYURTA Daniel HUN  2:08.41

2 KITAJIMA Kosuke JPN  2:08.63

3 VOM LEHN Christian GER  2:09.06

4 SHANTEAU Eric USA  2:09.28

5 JAMIESON Michael GBR  2:10.67

6 TITENIS Giedrius LTU  2:11.07

7 CHOI Kyu Woong KOR  2:11.17

8 WILLIS Andrew GBR  2:11.29

-------------------------------

●男子800mリレー

このメンバーでアメリカが負けるわけないという感じですが、意外に接戦でしたね!

そして、ついに出た!

引継ぎ「0.00秒」!

引継ぎ「0.10秒」くらいでもフライングに見えることがありますが、これはまさにドンピシャですね!

800mリレーで、よくこんなコワイことができるなぁ・・・

○決勝結果

1 USA United States of America 7:02.67

 PHELPS Michael  1:45.53

 VANDERKAAY Peter  1:46.07

 BERENS Richard  1:46.51

 LOCHTE Ryan  1:44.56

2 FRA France 7:04.81

 AGNEL Yannick  1:45.25

 MALLET Gregory  1:46.81

 STRAVIUS Jeremy  1:45.40

 GILOT Fabien  1:47.35

3 CHN People's Republic of China 7:05.67

 WANG Shun  1:47.09

 ZHANG Lin  1:46.14

 LI Yunqi  1:47.30

 SUN Yang  1:45.14

4 GER Germany 7:08.32

 BIEDERMANN Paul  1:45.20

 WALLBURGER Tim  1:47.70

 FILDEBRANDT Christoph 1:48.16

 STARKE Benjamin  1:47.26

5 AUS Australia 7:08.48

 FRASERHOLMES Thomas  1:48.35

 MONK Kenrick  1:45.84

 KILLEY Jarrod  1:48.01

 NAPOLEON Ryan  1:46.28

6 GBR Great Britain 7:10.84

 DAVENPORT Ross  1:47.31

 CARRY David  1:47.47

 SCOTT Jak  1:48.78

 RENWICK Robert  1:47.28

7 JPN Japan 7:10.92

 MATSUDA Takeshi  1:47.37

 HIHARA Shogo  1:46.87

 KOBORI Yuki  1:47.74

 OKUMURA Yoshihiro  1:48.94

8 ITA Italy 7:12.26

 MAGLIA Gianluca  1:48.57

 MAGNINI Filippo  1:47.54

 BELOTTI Marco  1:47.97

 PIZZETTI Samuel  1:48.18

-------------------------

★7日目の決勝の見どころ★

-------------------------

●女子50mバタフライ

まずこの種目、タイムの目安は「26秒」です。

26秒台で泳ぐ選手は、たくさんいます。

25秒台で泳げる選手は少ないです。

加藤選手も、25秒台で泳げば十分にメダルのチャンスありです。

やはり優勝候補は、大ベテラン「アルシャマー選手」

自由形もバタフライも、50mでは負けなしの選手。

決勝は、アルシャマー選手が、25秒前半で泳ぐのでは!?

○準決勝結果

1 ALSHAMMAR Therese  SWE  25.52

2 DEKKER Inge  NED  25.78

3 LU Ying  CHN  25.87

4 SJOESTROEM Sarah  SWE  25.90

5 KATO Yuka  JPN  26.07

6 GUEHRER Marieke  AUS  26.12

7 HENIQUE Melanie  FRA  26.29

8 VOLLMER Dana  USA  26.32

9 TAO Li  SIN  26.34

10 DE PAULA Daynara  BRA  26.39

11 MAGNUSON Christine  USA  26.43

12 ALJAND Triin  EST  26.48

13 OTTESEN Jeanette  DEN 0 26.53

14 VELDHUIS Marleen  NED  26.61

15 MOHR Vanessa  RSA  26.74

16 IVRY Amit  ISR  26.79

----------------------------------

●男子50m自由形

この種目、やはり22秒がラインです。

21秒台を何人が出せるのか?

世界で初めて21秒台を出したのは、今から21年前の、1990年、アメリカの50mのスペシャリスト「T・ジェイガー選手」

50mしか出ない。

50mでは、絶対にビオンディ選手に負けない!

彼が登場するだけで、会場が一気に盛り上がる、短距離のスーパースターでした。

その後2000年に、「A・ポポフ選手」が出した「21秒64」という記録が、ずっと破られずにいました。

21秒台で泳ぐ選手が増えたものの、高速水着期を除くと、ポポフ選手の記録「21秒64」より速く泳いだ選手は、下記の3人だけです。

ネザン選手 21秒55

シエロフィーロ選手 21秒55

ブスケ選手 21秒36

決勝では、当然21秒の争いになりますが、何人が「ポポフ越え」できるか!? なんて見方も面白いと思います。

○準決勝結果

1 FRATUS Bruno  BRA  21.76

2 CIELO FILHO Cesar  BRA  21.79

3 ADRIAN Nathan  USA  21.94

4 DOTTO Luca  ITA  21.97

4 TAKACS Krisztian  HUN  21.97

6 LOUW Gideon  RSA  22.02

6 BOVELL George  TRI  22.02

8 BERNARD Alain  FRA  22.07

9 TARGETT Matthew  AUS  22.09

9 FESIKOV Sergey  RUS  22.09

11 ORSI Marco  ITA  22.13

12 ABOOD Matthew  AUS  22.16 0

13 BROWN Adam  GBR  22.21

14 NYSTRAND Stefan  SWE  22.23

15 GRECHIN Andrey  RUS  22.36

16 SCHOEMAN Roland  RSA  22.42

-------------------------------

●男子100mバタフライ

この種目の目安となるのは「52秒」

52秒台は大勢いますが、51秒台となると、速いなぁ~と思えるタイムです。

そして世界でたった二人だけ、「50秒台」で泳いだ選手がいます。

I・クロッカー選手

M・フェルプス選手

やはり、100mバタフライと言えば、「I・クロッカー選手」

現在のフラットなバタフライは、クロッカー選手の泳ぎから。

また、世界選手権と言えば「クロッカー選手」。

世界選手権のたびに、世界記録を塗り替えていました。

クロッカー選手が、世界で初めて50秒台を出しました。

2003年のバルセロナ世界選手権で50秒98

2005年のモントリオール世界選手権で50秒40

高速水着期を除く、真の世界記録は、この「50秒40」です。

今大会、フェルプス選手は、この100mに絶対の自信を持っているようですので、50秒台が出るかもしれません。

今回は準決勝で、全員が51秒台という超ハイレベルなレースとなっています。

藤井選手も51秒前半が出ればメダルの可能性ありです。

○準決勝結果

1 PHELPS Michael USA  51.47

2 CZERNIAK Konrad POL  51.54

3 MCGILL Tyler USA  51.56

4 FUJII Takuro JPN  51.69

5 KOROTYSHKIN Evgeny RUS  51.77

6 HUEGILL Geoff AUS  51.85

7 DUNFORD Jason KEN  51.92

8 VERLINDEN Joeri NED 51.97

9 STARKE Benjamin GER  52.18

9 CSEH Laszlo HUN 52.18

11 ASHBY Sam AUS  52.19

12 FROELANDER Lars SWE  52.34

13 LE CLOS Chad RSA  52.44

14 KORZENIOWSKI Pawel POL 52.54

15 DEIBLER Steffen GER  52.55

16 MANKOC Peter SLO  52.67

--------------------------------

●女子200m背泳ぎ

この種目は「2分08秒」がタイムのラインとなります。

2分07秒で泳ぐと、速いな~ と思えるタイムです。

この種目では、今から20年前に、とんでもない記録が誕生しました。

1991年、ハンガリーの「K・エゲルセギ選手」が「2分06秒62」という記録です。

2007年に「K・コベントリー選手」が「2分06秒83」という記録を出すまでの16年間、この「2分06秒台」で泳げる選手もいませんでいた。

現在までに、高速水着期を除いて、2分07秒を切った選手は、下記の6人だけです

エゲルセギ選手

コベントリー選手

チョウセイ選手

シモンズ選手

ホッキング選手

フランクリン選手

やはりメダルをとるには、2分06秒台となると思います。

・・・とここまでが事前に用意していたコメントです。

準決勝で、とんでもない記録が誕生しました。

なんと前人未到の「2分05秒台」です!

これはすごい!

フランクリン選手、一気に金メダル候補となりました。

酒井選手2分08秒台で11位とは・・・

おそろしいレベルの高さです!

○準決勝結果

1 FRANKLIN Melissa USA  2:05.90

2 HOCKING Belinda AUS  2:07.76

3 BEISEL Elizabeth USA  2:07.82

4 ZEVINA Daryna UKR  2:08.22

5 CASTEL Alexianne FRA  2:08.41

6 VAN ROUWENDAAL Sharon NED  2:08.42

7 NAY Meagen AUS  2:08.53

8 SIMMONDS Elizabeth GBR  2:08.79

9 RUSSELL Sinead CAN 2:08.80

10 ZHAO Jing CHN  2:08.86

11 SAKAI Shiho JPN  2:08.93

12 COVENTRY Kirsty ZIM  2:09.33

13 PROUD Stephanie GBR  2:10.57

14 DA ROCHA Duane ESP  2:10.74

15 INGRAM Melissa NZL  2:10.77

16 CANTIN Genevieve CAN  2:12.12

Br_decobanner_20110710201047

| | コメント (0) | トラックバック (0)

世界水泳2011★5日目結果&6日目の見どころ

---------------------

5日目の決勝結果

---------------------

●男子200m個人メドレー

こんなすごいレースは、もう見れない!?

200m個人メドレーでこんな接戦、ありませんね。

だいたい個人メドレーというのは、一人だけ速いパターンが多くて、競らないんですよ。

これ二人とも世界記録です。

たぶん一人では出せない。

二人が競り合ってできた、とてつもない記録ですね。

●決勝結果

1 LOCHTE Ryan USA  1:54.00 WR

2 PHELPS Michael USA  1:54.16

3 CSEH Laszlo HUN  1:57.69

4 GODDARD James GBR  1:57.79

5 ROGAN Markus AUT  1:58.14

6 PEREIRA Thiago BRA  1:59.00

7 TO Kenneth AUS  1:59.26

8 HORIHATA Yuya JPN  1:59.52

--------------------------

●男子100m自由形

今大会、絶好調のマグヌセン選手、またまた47秒台で優勝です!

クロールは進化しましたね~!

そして、ハイデン選手も47秒台!

8位の選手が「48秒2」ですから、これはとんでもなく、ハイレベルでした。

○決勝結果

1 MAGNUSSEN James AUS  47.63

2 HAYDEN Brent CAN  47.95

3 MEYNARD William FRA  48.00

4 CIELO FILHO Cesar BRA  48.01

5 GILOT Fabien FRA  48.13

6 ADRIAN Nathan USA  48.23

7 DOTTO Luca ITA  48.24

8 VERSCHUREN Sebastiaan NED 48.27

--------------------------

●女子200mバタフライ

中国選手は2人ともメダルとなりましたが、二人とも05秒台に終りました。

しかし、しかしですよ、星選手、大健闘です。

日本人初の「05秒台」を出しました。

昨日も書きましたが、星選手は「世界で7人目」の2分05秒台を出した選手ということになります。

とにかく05秒台ですから、これは素晴らしい記録でした!

○決勝結果

1 JIAO Liuyang CHN  2:05.55

2 GANDY Ellen GBR  2:05.59

3 LIU Zige CHN  2:05.90

4 HOSHI Natsumi JPN  2:05.91

5 RICE Stephanie AUS  2:06.08

6 JAKABOS Zsuzsanna HUN  2:06.35

7 LOWE Jemma GBR  2:06.64

7 SCHIPPER Jessicah AUS  2:06.64

-------------------------------

●女子50m背泳ぎ

寺川選手、やりましたね。

27秒台、よく出しました。

すっぴんで、あれだけの、どアップで、見入ってしまう美しさ。

鼻をつまんでも美しい。

両手で顔をふさいでも美しい。

何をとっても素晴らしい。

○決勝結果

1 ZUEVA Anastasia RUS  27.79

2 TERAKAWA Aya JPN  27.93

3 FRANKLIN Melissa USA  28.01

4 GAO Chang CHN  28.06

5 SEEBOHM Emily AUS  28.07

6 WILKINSON Julia CAN  28.09

6 HERASIMENIA Aliaksandra BLR  28.09

8 PERIS MINGUET Mercedes ESP  28.42

---------------------------

●女子800mリレー

時間がないのでこのコメントはまたにします

○決勝結果

1 United States of America 7:46.14

FRANKLIN Melissa  1:55.06

KNUTSON Dagny  3:52.24

HOFF Kathryn  5:49.65

SCHMITT Allison  7:46.14

2 AUS Australia7:47.42

BARRATT Bronte  1:56.86

EVANS Blair  3:54.55

BAINBRIDGE Angie  5:51.91

PALMER Kylie  7:47.42

3 CHN People'sRepublic of China 7:47.66

CHEN Qian  1:57.37

PANG Jiaying  3:54.34

LIU Jing  5:52.19

TANG Yi  7:47.66

4 FRA France7:52.22

MUFFAT Camille  1:57.83

BALMY Coralie  3:55.83

BONNET Charlotte  5:54.66

ETIENNE OphelieCyrielle 7:52.22

5 HUN Hungary7:52.39

MUTINA Agnes  1:57.89

VERRASZTO Evelyn  3:56.38

HOSSZU Katinka  5:55.36

JAKABOS Zsuzsanna  7:52.39

6 GBR GreatBritain 7:53.51

JACKSON Joanne  1:57.92

TURNER Rebecca  3:56.29

MILEY Hannah  5:55.03

MCCLATCHEY Caitlin  7:53.51

7 CAN Canada 7:53.62

JARDIN Barbara  1:58.27

WILKINSON Julia  3:57.64

CHEVERTON Samantha  5:56.09

MACLEAN Brittany  7:53.62

8 NZL NewZealand 7:56.55

BOYLE Lauren  1:58.10

GESSLER Amaka  3:57.51

MARSHALL Penelope May  5:57.93

------------------------------

6日目の決勝レースの見どころです。

なんとか間に合ったかな?

-------------------------

★6日目の決勝の見どころ★

-------------------------

●女子100m自由形

さてこの種目、記録としては「54秒」が一つのラインとなります。

54秒を切ると「速いなぁ~!」と思えるタイムです。

初めて53秒台を出したのは、2000年オランダの「I・デブルーイン選手」

以後下記の16人の選手が53秒台を出しています。

「N・コフリン選手」

「J・ヘンリー選手」

「L・レントン(トリケット)選手」

「A・ミルズ選手」

「B・シュテフェン選手」

「A・ウィアー選手」

「M・フェルトハイス選手」

「R・クロモヴィジョジョ選手」

「F・ハルサル選手」

「A・ゲラシメニャ選手」

「D・ボルマー」

「F・ヘームスケルク選手」

「A・クッツ選手」

「J・オッテセン選手」

「C・ムファット選手」

そして、幻の世界記録!?と言われている「L・レントン(トリケット)選手」が出した「52秒99」が、世界最高記録となっています。

やはり、決勝進出には、53秒台。

メダル獲得には、53秒前半というのが条件となりそうです。

・・・と、ここまでが事前に用意していたコメントです。

昨日の準決勝を見ると、やはり53秒台が5人です。

決勝では52秒台が出るか?

○準決勝結果

1 HALSALL Francesca GBR 53.48

2 HEEMSKERK Femke NED   53.67

3 COUTTS Alicia AUS   53.78

4 OTTESEN Jeanette DEN   53.88

5 KROMOWIDJOJO Ranomi NED   53.94

6 VOLLMER Dana USA   54.05

6 COUGHLIN Natalie USA  54.05

8 HERASIMENIA Aliaksandra BLR  54.26

9 MUFFAT Camille FRA   54.28

10 VANDERPOOLWALLACEA. BAH   54.46

11 MARKOVARGAIda SWE   54.78

12 POON Victoria CAN   54.82

12 POPOVA Veronika RUS   54.82

14 KUKLA Yolane AUS   54.87

15 FAGUNDEZ Gabriella SWE  54.92

16 SMITH Amy GBR  55.33

-------------------------------

●男子200m背泳ぎ

これまた、日本人の優勝が見えてきたレースです!

2004年にアメリカの「A・ピアソル選手」が1分54秒台を出しました。

ここから、ピアソル選手独走状態がしばらく続きます。

やはり、1分54秒というのが非常にレベルの高い記録で、1分55秒台を出せる選手も、ほとんどいないのです。

これまでに、1分54秒台を出したことがある選手は下記の5人です。

入江選手

R・ロクテ選手

M・フェルプス選手

A・ピアソル選手

T・クレイリー選手

この中で一番速い記録を持っているのは、「入江選手」です。

ただ、今回のロクテ選手は、勝負強さが、一層増しているので、入江選手に、簡単には勝たせてくれないでしょう。

さらに好調「クレイリー選手」を合わせて、この3人以外画面に映らないくらい他を引き離すでしょう。

入江選手の金メダルに期待大です!

○準決勝結果

1 LOCHTE Ryan USA  1:55.65

2 IRIE Ryosuke JPN  1:55.96

3 CLARY Tyler USA  1:56.00

4 ZHANG Fenglin CHN  1:56.70

5 KAWECKI Radoslaw POL  1:57.15

6 RANFAGNI Sebastiano ITA  1:57.96

7 WATANABE Kazuki JPN  1:57.97

8 DONETS Stanislav RUS  1:58.00

9 DRIEBERGEN Nick NED  1:58.08

10 BERNEK Peter HUN  1:58.14

11 STASIULIS Benjamin FRA  1:58.19

12 LEBHERZ Yannick GER  1:58.56

13 PINZON Omar COL  1:58.95

14 ORIWOL Tobias CAN  1:59.45

15 DE DEUS Leonardo BRA  1:59.77

16 TOUMARKIN YakovYanISR  1:59.92

--------------------------------

●女子200m平泳ぎ

この種目、100m以上に、200mは、ケタ違いに速い選手がいます。

タイムの基準としては「2分25秒」としてみたいと思います。

やはり、2分25秒を切ると「速いなあ~!」と思えるタイムです。

1992年、岩崎恭子選手が金メダルを出した時、2分26秒でした。

今でも通用するタイムです。

国際大会でも、2分24秒で優勝もあり得ます。

ただ、ここからがすごい話です。

飛びぬけて速い二人がいます。

「ソニ選手」と「ジョーンズ選手」

この二人は、なんと2分20秒という記録を出しています。

高速水着期を除くと、これまでに2分21秒台も、2分22秒台も、この二人以外出した選手は、いないのです。

ジョーンズ選手が2分20秒を出したのは5年前の2006年で、その後は徐々に記録が下降気味なので、今回は、ソニ選手が圧勝となると思います。

たぶん彼女は、優勝なんて狙っていない。

高速水着の記録を、実力で更新したいと考えているに違いない。

ソニ選手に注目です!

○準決勝結果

1 SONI Rebecca USA 2:21.03

2 EFIMOVA Yuliya RUS 2:23.66

3 SUN Ye CHN 2:24.59

4 PIERSE Annamay CAN 2:24.73

5 PEDERSEN Rikke DEN 2:24.80

6 MCCABE Martha CAN 2:24.86

7 KANETO Rie JPN 2:25.41

8 HIGL Nadja SRB 2:25.56

9 GARCIA URZAINQUE Marina ESP  2:25.79

10 LECLUYSE Fanny BEL 2:25.92

11 BEARD Amanda USA 2:25.99

12 FOSTER Sally AUS 2:26.43

13 BACK Su Yeon KOR  2:26.61

14 TADD Stacey GBR 2:26.73

15 EL BEKRI Sara MAR  2:26.74

16 BOGGIATTO Chiara ITA  2:28.14

-------------------------------

●男子200m平泳ぎ

さあ、いよいよ、北島選手、決戦です!

この種目は、「2分10秒」という記録に注目。

この2分10秒という記録は、本当に長いこと切ることができませんでした。

1992年、アメリカの「M・バローマン選手」が「2分10秒16」という記録を出しました。

男子平泳ぎは

100mは1分00秒の壁

200mは2分10秒の壁

あとちょっとで2分10が切れるのに・・・というところから10年間、この2分10秒を切ることができませんでした。

この高い壁を、2002年に切った選手がいます。

もう、お分かりですね。

そうです。

日本のエース「北島康介選手」です。

韓国の釜山で行われた「アジア大会」で、前人未到の2分09秒台を出し、自身初の世界新記録を達成したのです。

このアジア大会は、観客も少なく、特に日本人はほとんどいないという、シ~ンとした会場でした。

この1カ月前の8月に横浜で「パンパシ選手権」があり、ここで出していたら、とんでもない騒ぎになっていたのに・・・

まあそんなわけで、2002年に北島選手が2分09秒を出してから、2分08秒へと記録は誕生して行くのですが、依然として2分10秒を切れる選手は少ないのが現状です。

おそらくこの決勝では、2分08秒の争いになるかと思います。

高速水着期をのぞいて、2分08秒台を出したことがある選手は、下記の5人です。

「冨田選手 2分08秒25」

「北島選手 2分08秒36」

「ハンセン選手 2分08秒50」

「ギュルタ選手 2分08秒92」

「クリスチャン選手 2分08秒97」

金メダル候補は、世界ランク1位の冨田選手。

ただ、直前の肉離れと、経験不足が心配されるところ。

・・・と、ここまでが事前に用意していたコメントです。

う~ん・・・

冨田選手が、ここまで記録が悪いとは・・・

非常に残念ですね~

この準決勝を見る限り、北島選手は間違いないでしょう。

○準決勝結果

1 KITAJIMA Kosuke JPN  2:08.81

2 GYURTA Daniel HUN  2:08.92

3 VOM LEHN Christian GER  2:09.44

4 SHANTEAU Eric USA  2:10.03

5 WILLIS Andrew GBR  2:10.49

6 JAMIESON Michael GBR  2:10.54

7 CHOI Kyu Woong KOR  2:11.27

8 TITENIS Giedrius LTU  2:11.43

9 BROWN Michael CAN  2:11.63

10 SNYDERS Glenn NZL  2:11.68

11 STEKELENBURG Lennart NED  2:11.72

12 TOMITA Naoya JPN  2:11.98

13 MOLNAR Akos HUN  2:12.07

14 ALVAREZ Melquiades ESP  2:12.15

15 CARNOL Laurent LUX  2:12.23

16 VERSFELD Neil RSA  2:12.32

Br_decobanner_20110710201047

| | コメント (0) | トラックバック (0)

世界水泳2011★4日目結果&5日目の見どころ

---------------------

4日目の決勝結果

---------------------

●男子200mバタフライ

予想どおりの結果となりました!

松田選手、やりましたね!

高速水着期を除けば、自己ベストです。

フェルプス選手は、なんて言うんでしょう。

調子がいいとか、悪いとか、関係なく、この舞台に立つと、闘争本能に火が着いちゃうんですね。

全然200も真剣勝負じゃないですか!

まさか53秒台が出るとは思いませんでした。

本当にすごい選手です。

そして、3位には呉鵬選手。

呉鵬選手も、54秒台を出すとは、恐れ入りました。

2007年に、おデブちゃんになって、タイムが落ちてから、中国には次々新しい選手が誕生してくるし、もうこの選手は引退だな・・・なんて勝手に思っていたのに、あれから4年で、奇跡の復活です。

表彰台は、結局、「大ベテランそろい踏み」って感じでしたね。

○決勝結果

1 PHELPS Michael USA  1:53.34

2 MATSUDA Takeshi JPN  1:54.01

3 WU Peng CHN  1:54.67

4 CHEN Yin CHN  1:55.00

5 LE CLOS Chad RSA  1:55.07

6 KORZENIOWSKI Pawel POL  1:55.39

7 JUKIC Dinko AUT  1:55.48

8 BICZO Bence HUN  1:55.53

-----------------------------------

●女子200m自由形

ペレグリーニ選手、やはり強かったですね!

結局、55秒台を出したのは、ペレグリーニ選手だけでした!

200mという距離は、本当に難しい距離で、過去にも、「世界記録は準決勝で出る」というパターンが多かったです。

決勝はどうしても力が入ってしまうので、準決勝より結果が悪くなる選手が、特に200mは多いように思います。

まあとにかく、2冠達成です!

ペレグリーニ選手は、中距離の女王ですね!

○決勝結果

1 PELLEGRINI Federica ITA 1:55.58

2 PALMER Kylie AUS  1:56.04

3 MUFFAT Camille FRA  1:56.10

4 SJOESTROEM Sarah SWE  1:56.41

5 BARRATT Bronte AUS  1:56.60

6 SCHMITT Allison USA  1:56.98

7 HEEMSKERK Femke NED  1:57.63

8 LIPPOK Silke GER  1:58.26

-----------------------------

●男子800m自由形

ちょっとこれは・・・

とんでもない記録が出てしまいましたよ・・・

真の世界記録は、ハケット選手のもつ「7分38秒65」でした。

つ、ついに、ハケット選手の記録が破られました。

どこまでハケット選手に近づくか? と思っていたのに、いきなり、破ってしまいました。

これは1500mで、とんでもないことが起こりそうです。

さらに、このレース、7人が7分50秒を切っています。

他の選手も非常にレベルの高い記録です。

こんなに、ハイレベルな800のレースは初めて見ました。

○決勝結果

1 SUN Yang CHN  7:38.57

2 COCHRANE Ryan CAN  7:41.86

3 KIS Gergo HUN  7:44.94

4 MELLOULI Oussama TUN 7:45.99

5 JOENSEN Pal FAR  7:46.51

6 LA TOURETTE Chad USA  7:46.52

7 VANDERKAAY Peter USA  7:46.64

8 ROUAULT Sebastien FRA  7:55.91

-------------------------------

●男子50m平泳ぎ

シルバ選手、優勝です!

ブラジルの選手は、シロフィーロ選手といい、感情むき出しでいいですね!

ただ・・・ これ、水中カメラの進化は、こわいですね~

シルバ選手の最後のキックは、明らかにドルフィンキックでした・・・

○決勝結果

1 SILVA Felipe Alves BRA  27.01

2 SCOZZOLI Fabio ITA  27.17

3 VAN DER BURGH Cameron RSA  27.19

4 FELDWEHR Hendrik GER  27.41

5 DALE OEN Alexander NOR  27.43

6 GANGLOFF Mark USA  27.58

7 STEKELENBURG Lennart NED  27.65

8 DUGONJIC Damir SLO  28.00

----------------------------------

5日目の決勝レースの見どころです。

全体的に、記録のレベルが高いので、さすがは、世界選手権だなぁと思います。

-------------------------

★5日目の決勝の見どころ★

-------------------------

●男子200m個人メドレー

まずは、この個人メドレーという種目ですが、以前と変わってきていることがあります。

以前の個人メドレーの選手には、得意種目、不得意種目がハッキリある選手が多かったです。

現在の個人メドレーの選手は、得意種目は、その個人種目でも、TOPクラスの記録が出せることと、不得意という種目でも、不得意とは言えないくらい速い記録が出せる選手が多くなってきました。

男子の場合、フェルプス選手は、バタフライ、背泳ぎ、自由形で、3種目とも、世界で3位以内に入る実力です。

平泳ぎが不得意とは言え、200mで2分16秒くらいで泳ぎますから、とても不得意とは言えない速さです。

そんなフェルプスの個人メドレーに、勝てる選手など、いるはずがないのです・・・

では、タイムから見ていきましょう。

この種目は「2分」というのが、一つのラインになります。

2分を切ると「速いなあ~」と思えるタイムです。

人類で初めて「2分」を切ったのは、1991年ハンガリーの「T・ダルニュイ選手」でした。

その後、記録は、1分58秒になり、2003年に、「フェルプス選手」が1分57秒台を初めて出しました。

その後、記録が塗り替えられるも、すべてフェルプス選手によるもの。

記録は1分56秒台になり、1分55秒台になり、ついには、1分54秒台を、フェルプス選手が出しました。

その後、高速水着期になりましたが、それでも54秒台を出せる選手は現れず・・・

ところが、2010年、「ロクテ選手」が、1分54秒台を出しました。

さらに、「ロクテ選手」が、フェルプス選手の世界記録を破るという、とんでもないことが起こりました。

そこで当然ながら、この二人の戦いになると思われます。

二人のベスト記録

フェルプス選手 1分54秒98

ロクテ選手 1分54秒43

1分55秒台を出した選手は、いません。

なので、この二人以外は、2分をやっと切るくらいの記録だと思われます。

・・・と、ここまでが事前に用意していたコメントです。

準決勝ではかなりハイレベルな記録でした。

13位の選手まで2分を切っています。

堀畑選手も決勝進出!

これは予想以上に速い決勝レースになりそうです。

し、しかし、ロクテ選手、ラストは、ものすごく流して56秒台でしたね・・・

○準決勝結果

1 LOCHTE Ryan USA 1:56.74

2 PHELPS Michael USA  1:57.26

3 CSEH Laszlo HUN  1:57.66

4 ROGAN Markus AUT  1:57.74

5 PEREIRA Thiago BRA 1:58.27

6 GODDARD James GBR  1:58.50

7 TO Kenneth AUS  1:59.17

8 HORIHATA Yuya JPN  1:59.47

9 TOWNSEND Darian RSA  1:59.49

10 JANUSAITIS Vytautas LTU  1:59.51

11 NEVO Gal ISR  1:59.67

12 CARVALHO Diogo POR  1:59.80

13 SCHEPERS Jan David GER  1:59.83

14 RODRIGUES Henrique BRA  2:00.04

15 VERRASZTO David HUN  2:00.05

16 CIESLAK Marcin POL  2:01.65

--------------------------------

●男子100m自由形

この種目は、競泳では、一番盛り上がる種目です。

そして、一番歴史が古い種目でもあります。

世界で初めて、「1分」を切ったのは、映画ターザンの主役の「J・ワイズミューラー選手」1922年のこと。

世界で初めて「50秒」を切ったのは、1976年の「J・モンゴメリー選手」

世界で初めて「49秒」を切ったのは、1985年の「M・ビオンディ選手」

世界で初めて「48秒」を切ったのは、2000年の「P・F・ホーヘンバンド選手」

その後、48秒台は出るものの、47秒台を出せる選手は現れず・・・

高速水着期を除くと、47秒台を出した選手は下記の4人です。

マグネセン選手 47秒49

ホーヘンバンド選手 47秒84

ハイデン選手 47秒98

ニストランド選手 47秒91

やはり決勝では、47秒台に期待したいですね!

・・・と、ここまでが事前に用意していたコメントです。

マグネセン選手、準決勝で47秒台です。

おそろしく絶好調です。

本番に強い、シエロフィーロ選手も、決勝では、やってくれそうな予感です。

47秒台は出るのか?

決勝が楽しみです。

○準決勝結果

1 MAGNUSSEN James AUS  47.90

2 ADRIAN Nathan USA  48.05

3 MEYNARD William FRA  48.25

4 HAYDEN Brent CAN  48.30

5 CIELO FILHO Cesar BRA  48.34

6 VERSCHUREN Sebastiaan NED  48.41

7 DOTTO Luca ITA  48.44

8 GILOT Fabien FRA  48.46

9 CZERNIAK Konrad POL  48.48

10 ROBERTS James AUS  48.49

11 MAGNINI Filippo ITA  48.50

12 MOORE Graeme RSA  48.59

13 GRECHIN Andrey RUS  48.67

14 PARK Tae Hwan KOR  48.86

15 LOUW Gideon RSA  48.96

16 LOBINTSEV Nikita RUS  49.00

---------------------------------

●女子200mバタフライ

この200mバタフライというのは、過去に異常な速さで泳ぐ選手がいました。

その人の名は、「M・T・マーハー選手」

マーハ―選手は、1981年に、「2分05秒台」を出しました。

このころの映像を見ると、ダントツに速すぎて、画面に他の選手が全く映らないのです。

その後、2007年までの26年間で、2分05秒台を出した選手は、たったの3人だけです。

マダムバタフライと言われた「S・オニール選手」

身長186cmの「O・イエジェイチャク選手」

まだまだ現役の「J・シッパー選手」

この後、高速水着期に入り、記録は次々出ました。

高速水着期がおわり、再び05秒台が見られる日は来るのだろうか? と思われたのですが・・・

中国の選手が、とてつもなく速い記録!?を出したのです。

なんと、前人未到の「2分04秒台」

しかも、二人もです。

リュウ・シカ選手 2分04秒40

ショウ・リュウヨウ選手 2分04秒44

こうなると、金、銀は、この二人になると思います。

・・・と、ここまでが事前に用意していたコメントです。

準決勝では、06秒台でしたが、やはり、決勝では中国選手が、来ると思われます。

銅メダルを取るには、2分05秒台を出さないと厳しいかもしれません。

星選手、05秒台を出して、メダル獲得に期待しましょう!

○準決勝結果

1 LOWE Jemma GB  2:06.30

2 HOSHI Natsumi JPN  2:06.69

3 LIU Zige CHN  2:06.69

4 GANDY Ellen GBR   2:06.73

5 JAKABOS Zsuzsanna HUN  2:06.77

6 SCHIPPER Jessicah AUS  2:06.93

7 JIAO Liuyang CHN  2:06.99

8 RICE Stephanie AUS  2:07.32

9 BELMONTE GARCIA Mireia ESP 2:07.94

9 HERSEY Kathleen USA  2:07.94

11 GRANSTROEM Martina SWE 2:08.01

12 LACROIX Audrey CAN  2:08.70

13 CHOI Hye Ra KOR  2:08.81

14 CRIPPEN Teresa USA  2:09.27

14 JEDRZEJCZAK Otylia POL  2:09.27

16 MARKOVARGAIda SWE 2:09.56

----------------------------

●女子50m背泳ぎ

50mの予想は非常に難しいです。

この種目はタイム的には、27秒台を何人が出せるか? というところでしょう。

高速水着期以前は、27秒台で泳ぐ選手は一人もいませんでした。

高速水着期後、27秒台で泳ぐ選手が続々現れました。

寺川選手もその一人です。

やはりメダルを取るには、27秒台が絶対条件となりそうです。

逆に言うと、27秒台が出れば、金メダルの可能性もありです!

飛びぬけて速い選手は、いないので、ここはチャンスです!

○準決勝結果

1 ZUEVA Anastasia  RUS  27.88

2 PERIS MINGUET Mercedes ESP  27.93

2 HERASIMENIA Aliaksandra  BLR  27.93

4 GAO Chang  CHN  28.05

5 WILKINSON Julia  CAN  28.10

6 FRANKLIN Melissa  USA  28.14

7 TERAKAWA Aya  JPN  28.16

8 SEEBOHM Emily  AUS  28.19

9 DRAKOU Theodora  GRE  28.25

10 DAVIES Georgia  GBR  28.26

11 ZHOU Yanxin  CHN  28.44

12 AVRAMOVA Ekaterina  BUL  28.64

13 MOSKVINA Kseniya RUS  28.75

13 SPOFFORTH Gemma  GBR  28.75

15 MENSING Jenny  GER  28.83

16 PELTON Elizabeth USA  28.85

Br_decobanner_20110710201047

| | コメント (2) | トラックバック (0)

世界水泳2011★3日目結果&4日目の見どころ

第3日目も、大変素晴らしい記録が続出!

世界選手権、盛り上がってきましたね!

---------------------

3日目の決勝結果

---------------------

●男子200m自由形

この200m自由形は、すごいレースでしたね~

1分44秒台が5人ですよ!

こんなハイレベルなレースは、見たことがありません。

正直、ロクテ選手は、調子がいいとしても、45秒台だと思っていたので、一番驚きました。

こうなると、200m背泳ぎは、入江選手が簡単には勝たせてもらえないかも知れませんね。

ロクテ選手以外は完全に同着という感じ。

パク選手は相当悔しいでしょうね。

○決勝結果

1 LOCHTE Ryan USA  1:44.44

2 PHELPS Michael USA  1:44.79

3 BIEDERMANN Paul GER  1:44.88

4 PARK Tae Hwan KOR  1:44.92

5 AGNEL Yannick FRA  1:44.99

6 LOBINTSEV Nikita RUS 1:46.57

7 MEICHTRY Dominik SUI  1:47.02

8 IZOTOV Danila RUS  1:47.46

-------------------------------

●女子100m背泳ぎ

これまた、タイム的には、予想通りと言えば予想どおりですが、大混戦でした。

1位~5位が0.3秒の差しかないので、見た目では着順の判断がつかないレースでしたね。

寺川選手は、もっと上位にも見えましたが、たぶん、寺川選手を中心に見ているので、そう見えたのかもしれません。

この上位の5人の実力は、互角と言っていいと思うので、最後のタッチのタイミングとか、本当に些細なことの結果ですね。

でも結局、こういうレースで勝てる人と、勝てない人がいるんですよね。

勝負強さとか、運とか!?

寺川選手には、50に期待しましょう。

○決勝結果

1 ZHAO Jing CHN  59.05

2 ZUEVA Anastasia RUS  59.06

3 COUGHLIN Natalie USA  59.15

4 SEEBOHM Emily AUS  59.21

5 TERAKAWA Aya JPN  59.35

6 HOCKING Belinda AUS  59.53

7 SIMMONDS Elizabeth GBR  59.89

8 RUSSELL Sinead CAN  1:00.20

-------------------------------

●女子1500m自由形

フリース選手、最後まで強かったですね!

800mの通過が8分23秒でしたから、800のレースと考えても非常に速いタイムです。

しかし、必ず中国の選手はいますね。

層の厚さを感じます。

○決勝結果

1 FRIIS Lotte DEN  15:49.59

2 ZIEGLER Kate USA  15:55.60

3 LI Xuanxu CHN  15:58.02

4 KOBRICH Kristel CHI 16:05.11

5 GORMAN Melissa AUS 16:05.98

6 TROTT Wendy RSA  16:06.02

7 VILLAECIJA GARCIA Erika ESP 16:09.71

8 SHAO Yiwen CHN 16:12.01

-------------------------------

●男子100m背泳ぎ

これまた予想どおりの結果となりました!

入江選手、見事、52秒台で、銅メダルです!

おめでとう! 

いくら結果が良くても、なかなか喜ばないコメントが多い入江選手ですが、これは素直に喜んでほしいです。

100mで銅を取れるなんて、スプリント力も抜群!

5位の選手が53秒0ですから、超ハイレベルですね。

○決勝結果

1 LACOURT Camille FRA  52.76

1 STRAVIUS Jeremy FRA  52.76

3 IRIE Ryosuke JPN  52.98

4 THOMAN Nicholas USA  53.01

5 PLUMMER David USA  53.04

6 TANCOCK Liam GBR  53.25

7 MEEUW Helge GER  53.28

8 KEAN Gareth NZL  53.50

--------------------------------

●女子100m平泳ぎ

ソニ選手、強し!

ジョーンズ選手は、泳ぎがずいぶん変わりましたね。

腕の動きに、ずいぶん改良を加えているように思えますが、以前の方が、ずっといいと私は思います。

まあとにかく、またしても中国選手がからんでいます。

中国はすごい! としか言いようがありません。

そして鈴木選手も、このタイムなら、メダルいけましたね。

○決勝結果

1 SONI Rebecca USA  1:05.05

2 JONES Leisel AUS  1:06.25

3 JI Liping CHN  1:06.52

4 EFIMOVA Yuliya RUS  1:06.56

5 SUN Ye CHN  1:07.08

6 PEDERSEN Rikke DEN  1:07.28

7 TYLER Jillian CAN  1:07.64

8 NIJHUIS Moniek NED  1:07.97

----------------------------------

4日目の決勝レースの見どころです。

熱くなるあまり、日に日に、見どころコメントが長くなってきたような・・・!?

-------------------------

★4日目の決勝の見どころ★

-------------------------

●男子200mバタフライ

タイム的に言うと、この種目は「1分55秒」というのがラインになります。

1分55秒を切ると「速い!」と思えるタイムです。

2008年-2009年の高速水着期には、55秒を切る選手が続出でしたが、この時期を除くと、55秒を切った事がある選手は下記のとおりです。

エスポジト選手 54秒62

山本貴司選手 54秒56

柴田隆一選手 54秒99

コルゼニオスキー選手 54秒93

呉鵬選手 54秒91

ダルシ―選手 54秒61

ビッゾ選手 54秒79

松田丈志選手 54秒02

この中で、今回出場している選手は、4人。

呉鵬選手は、現在、55秒を切ることは難しいと考えると、松田選手の記録は、一番速いということになります。

しかし、しかしですよ。

もう一人怪物がいます。

「M・フェルプス選手」です。

2001年に、世界で初めて55秒を切ったのは、M・フェルプス選手です。

その後10年間で、この55秒を切った選手が、たったこれだけしかいない中、フェルプス選手の出した記録は、なんと「1分52秒」なのです。

一人だけ、ずば抜けた記録です。

もちろん高速水着ではない記録としてです。

今回、フェルプス選手は、200mよりも、100mに重点を置いているようで、「55秒を切ればいいか・・・」くらいに思っているようですので、これは大チャンスです。

・・・とここまでは、事前に用意していたコメントでした。

準決勝を見て、まず54秒台を4人も出したことに驚きました!

これは超ハイレベルです。

呉鵬選手の54秒台はない・・・という、大変失礼なコメントをしましたが、54秒台は、十分あり得ます。

決勝は、53秒台を出さないと、金メダルは難しそうです。

フェルプス選手も、準決勝は55秒の後半くらいかと思っていました。

200m自由形の決勝を泳いだ後に、まさかの54秒台です。

松田選手に期待しましょう!

○準決勝結果

1 MATSUDA Takeshi JPN  1:54.30

2 CHEN Yin CHN  1:54.80

3 PHELPS Michael USA  1:54.85

4 JUKIC Dinko AUT  1:54.94

5 WU Peng CHN  1:55.28

6 BICZO Bence HUN  1:55.35

7 LE CLOS Chad RSA  1:55.56

8 KORZENIOWSKI Pawel POL  1:55.85

9 CLARY Scott USA  1:56.01

10 ALMEIDA Kaio BRA  1:56.06

11 CIESLAK Marcin POL  1:56.13

12 CSEH Laszlo HUN  1:56.32

13 DE DEUS Leonardo BRA  1:57.58

14 DRYMONAKOS Ioannis GRE  1:57.77

15 DIMITRIADIS Stefanos GRE 1:58.16

16 ROCK Michael GBR  1:58.78

-----------------------------------

●女子200m自由形

この種目は、日本が世界から遅れている種目です。

かつて、「2分を切ると速い!」という時代がありました。

今から17年前の1994年に、ドイツのスーパースター「ファンアルムジック」選手が、「1分56秒台」を出しました。

そのころ、日本では「千葉すず」選手が、「1分58秒」で泳ぎ、世界の決勝の舞台で活躍していました。

このころは「ファンアルムジック選手」だけが速いという感じで、2分を切ればメダルの可能性ありという時代でした。

その後、ファンアルムジック選手が、2002年に、自身の記録を更新。

しかし、日本では2分を切る選手が、長い間現れなくなってしまいました。

2007年、ようやく、ファンアルムジック選手の記録が破られ、記録は一気に、「1分55秒台」に!

高速水着期を除くと、1分55秒台を出した選手は、下記の6人です。

ルーツ選手 55秒68

マナドゥー選手 55秒52

パールマ―選手 55秒73

ムファット選手 55秒95

バラット選手 55秒74

ペレグリーニ選手 55秒45

このうち、ルーツ選手とマナドゥ選手は出場していません。

1分55秒の闘いになると予想されます。

55秒台を何人が出せるのか?

400mにつづいて、ペレグリーニ選手の2冠なるか?

このあたりに注目です。

○準決勝結果

1 HEEMSKERK Femke NED  1:55.54

2 PELLEGRINI Federica ITA 1:56.42

3 PALMER Kylie AUS  1:56.59

4 MUFFAT Camille FRA  1:56.62

5 SJOESTROEM Sarah SWE  1:56.71

6 BARRATT Bronte AUS  1:56.90

7 LIPPOK Silke GER  1:57.02

8 SCHMITT Allison USA  1:57.07

9 MUTINA Agnes HUN  1:57.53

10 COSTA SCHMID Melania ESP  1:57.83

11 TANG Yi CHN 

12 BOYLE Lauren NZL  1:58.09

13 JARDIN Barbara CAN 1:58.18

14 UEDA Haruka JPN  1:58.28

15 ISAKOVIC Sara SLO  1:58.52

16 VERRASZTO Evelyn HUN  1:59.71

-----------------------------

●男子800m自由形

この種目は、五輪にない種目です。

記録的には、8分を切れば速い!という印象ですが、この種目の世界記録はずば抜けています。

この記録にはドラマがありました。

2001年世界選手権で、夢の対決がありました。

長距離を得意とするハケット選手と、初めて800mを泳ぐソープ選手。

スタートしてから、ハケット選手のとなりで、ぴったりついていくソープ選手。

二人は、お互いを見ながら、750mのターンまで、全く同時にターンをしていました。

ラスト50mで、一気にソープ選手が、ラストスパート!

下記の結果となりました。

ソープ選手 7分39秒16

ハケット選手 7分40秒34

長距離に絶対的な自信を持っていたハケット選手は、初めて泳いだソープ選手に負けてしまい、このあと、チームの誰とも話をすることがなくなり、一人の世界に・・・

そして、大会最終日、この悔しさを1500mに全てぶつけ、現在の大記録が誕生したのでした。

その後、2005年に、ハケット選手は、ソープ選手の記録を塗り替え、この時出した「7分38秒65」という記録が現在の世界記録となっています。

今大会では、久々に、ハケット選手の記録に近い選手が現れました。

中国の「ソンヨウ選手」

彼がどこまでハケット選手に近づけるのかに注目です。

-------------------------------

●男子50m平泳ぎ

50m種目は、誰が勝つのか全く予測不可能です。

この50m平泳ぎで、高速水着期を除いて、26秒台を出した選手はいません。

しかし、27秒台を出せる選手は、山のようにいます。

決勝は、27秒台の前半での争いになるでしょう。

優勝の可能性が高いのは、「バンダーバーグ選手(放送ではファンデルバーグと言ってたような?)」

50mだけの男だと思っていたら、100mで北島選手に勝ちましたので、期待できそうです。

・・・とここまでは、事前に用意していたコメントです。

準決勝で驚きました!

「ファンデルバーグ選手」と、「フェリテ・ダ・シルバ選手」が、なんと26秒台です!

これは真の世界新記録です!!

人類初の26秒台ですよ!

これに驚かない解説は、なぜ??

50mを勝ちまくっている「ファンデルバーグ選手」が、これだけガッツポーズをしたのは、初めて26秒台が出たからですよ!

これは大変レベルの高い決勝になりそうです。

○準決勝結果

1 VAN DER BURGH Cameron  RSA  26.90

2 FRANCA DA SILVA Felipe  BRA  26.95

3 DALE OEN Alexander  NOR  27.33

4 SCOZZOLI Fabio  ITA  27.37

5 DUGONJIC Damir  SLO  27.51

5 STEKELENBURG Lennart  NED  27.51

7 FELDWEHR Hendrik  GER  27.53

8 GANGLOFF Mark  USA  27.57

9 SNYDERS Glenn  NZL  27.64

10 MARKIC Matjaz SLO  27.71

10 AGACHE Dragos  ROU  27.71

12 TRIZNOV Aleksandr  RUS  27.73

13 RICKARD Brenton  AUS  27.80

14 POLYAKOV Vladislav   KAZ  27.81

15 BARTUNEK Petr JAN  CZE  27.87

16 SILADJI Caba  AUG  27.89

Br_decobanner_20110710201047_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

免疫療法

世界水泳2011上海大会 3日目の結果&4日目の見どころ の前に・・・

ちょっと病気のお話を・・・

昨日の診察で、白血球が700まで落ちてしまいました・・・

骨髄抑制によるものだと思われますが、それにしても、遅すぎるというか、40日以上たって、なぜ今ごろこんなに下がってしまうのか・・・?

血糖値も、またまた上昇傾向です。

調子が戻りつつあると自覚していただけに、この結果は、あまりにもショッキングでございました。

いま風邪をひいたら、肺炎で死ぬ・・・ 抵抗力がほとんどない状態だそうです。

やはり、免疫療法をやるしかないのかな・・・

免疫療法は、確実に白血球を上げ、化学療法を併用できる画期的な治療です。

抗がん剤を始めた当初から、この治療には興味がありました。

でも、保険がきかない治療のため、目玉が飛び出るほどの超高額な治療です。

ハイブリッド車が軽く買えちゃうくらいの金額です。

これまでも入院、治療で、お金がかかりすぎているので、到底できるものじゃないですが。

孫さんみたいに、300万くらい寄付しても、痛くもかゆくもない人は、いないだろうか・・・

「昨日さ、300万なくなっちゃってさ~ まあいいか~」なんて人!?

まさか自分がガンになるなんて、思いもしなかったですから、ガン保険など全く興味がなかったのですが、ガン保険のCMなどを見ると、ガンの先進医療の特約なんて、ホントに助かる内容ですよ。

タイムマシンがほしいですね。

2年前の自分に、「ガン保険に入れ」の7文字をメールしたいですね。

Br_decobanner_20110710201047

| | コメント (0) | トラックバック (1)

世界水泳2011★2日目結果&3日目の見どころ

第2日目も、大変素晴らしい記録が続出でした!

---------------------
2日目の決勝結果
---------------------

●女子100mバタフライ

「ボルマー選手」またしても56秒台です!
すばらしい!

そして、クッツ選手、この日、2つの決勝種目があるにもかかわらず、「56秒台」で、2位です。

3位は中国の「リクエイ選手」。

一体、中国には、何人バタフライの選手がいるんだ?

○決勝結果

1 VOLLMER Dana USA  56.87
2 COUTTS Alicia AUS  56.94
3 LU Ying CHN  57.06

4 SJOESTROEM Sarah SWE  57.38
5 GANDY Ellen GBR  57.55
6 LIU Zige CHN  57.57
7 SCHIPPER Jessicah AUS  57.95
8 LOWE Jemma GBR  57.96

----------------------------

●女子200m個人メドレー

予想どおりの結果となりました。

まずは、優勝の中国の「ヨウ選手」、真の世界記録樹立です!

08秒台は、すごいですね~!

こんな記録って出せるんですね。

ホントにすごいです。

そして2位には、注目どおり、クッツ選手でした。

さらに、悪い予想も当たってしまいました・・・

なんと、ライス選手、09秒台を出していたにもかかわらず、4位という結果に・・・

こんなハイレベルなレースは見たことがありません。

○決勝の結果

1 YE Shiwen CHN  2:08.90
2 COUTTS Alicia AUS  2:09.00
3 KUKORS Ariana USA  2:09.12


4 RICE Stephanie AUS  2:09.65
5 LEVERENZ Caitlin USA  2:10.40
6 HOSSZU Katinka HUN  2:11.24
7 MILEY Hannah GBR  2:11.36
8 WILKINSON Julia CAN  2:16.18

----------------------------

●男子50mバタフライ

まさに横一戦とは、このことですね。

1位と8位が、0.5秒差です。

全員がほぼ同着ということです。

記録的には平凡ですが、「シエロフィーロ選手」は、やはり、ここぞで勝てる、何かを持ってますね。

すごい男だ!

ヒューギル選手も、きっちりメダルです。

ホントに素晴らしい。

○決勝の結果

1 CIELO FILHO Cesar BRA 23.10
2 TARGETT Matthew AUS  23.28
3 HUEGILL Geoff AUS  23.35
4 BOUSQUET Frederick FRA  23.38
5 MANAUDOU Florent FRA  23.49
6 DEIBLER Steffen GER  23.55
7 DUNFORD Jason KEN  23.60
8 GOVOROV Andriy UKR  23.64

----------------------------

●男子100m平泳ぎ

まずは、オーエン選手、真の世界記録達成です!

おめでとうございます!

この記録は速すぎますね!

いかに北島選手がベストコンディションだったとしても、この記録は出ないでしょう。

とにかく素晴らしい記録です。

1分を当然のように切る選手たちが、みな切れないという、かなり緊張したレースだったことがうかがえます。

追う人間は楽ですが、追われる人間は、きついですね。

○決勝結果

1 DALE OEN Alexander NOR  58.71
2 SCOZZOLI Fabio ITA  59.42
3 VAN DER BURGH Cameron RSA  59.49
4 KITAJIMA Kosuke JPN  1:00.03
5 RICKARD Brenton AUS  1:00.11
6 GYURTA Daniel HUN  1:00.25
6 TITENIS Giedrius LTU  1:00.25
8 GANGLOFF Mark USA  1:00.52
--------------------------------

さて、本日3日目の決勝レースの見どころです。

4日目の決勝種目も、本日予選、準決勝があるので、載せたいのですが、おそらく、それを載せてしまうと、混乱を招きそうなので、決勝種目のみ、見どころをお伝えしたいと思います。

-------------------------
★3日目の決勝の見どころ★
-------------------------

●男子200m自由形

かつては、キングオブスイマーと言われた、この「200m自由形」

短距離の強い選手が勝つのか、中距離選手が勝つのか?

これまでも名勝負の数々がありました。

記憶に新しいのは「ソープ選手VSホーヘンバンド選手」

どちらも勝ったり負けたりと名勝負でした。

記録から見ていきましょう。

この種目は「1分45秒」というのが、一つのラインになります。

1分45秒を切ったことがある選手というのは、高速水着期を除くと、下記の5人だけになります。

フェルプス選手 43秒台
ソープ選手 44秒台
ホーヘンバンド選手 44秒台
パク選手 44秒台
ソン選手 44秒台

準決勝は45秒止まりだろうという、私の予想どおり。

さて決勝は・・・?

やはり44秒台で決着がつくと思われます。

44秒台が出せるのは、パク選手とフェルプス選手の2名以外にいないのでは・・・

この二人の一騎打ちになるだろうと予想します。

44秒台が出るかどうかにも注目!

○準決勝の結果

1 AGNEL Yannick FRA  1:45.62
2 BIEDERMANN Paul GER  1:45.93
3 LOCHTE Ryan USA  1:46.11
4 PARK Tae Hwan KOR  1:46.23
5 PHELPS Michael USA 1:46.91
6 MEICHTRY Dominik SUI  1:47.30
7 LOBINTSEV Nikita RUS 1:47.34
8 IZOTOV Danila RUS  1:47.39

9 VERSCHUREN Sebastiaan NED  1:47.52
10 DAVENPORT Ross GBR  1:47.76
11 MONK Kenrick AUS  1:47.86
12 RENWICK Robert GBR  1:47.89
13 OLIVEIRA Nicolas BRA  1:48.18
14 FRASER Shaune CAY  1:48.46
15 SHAPIRA BARORNimrod ISR 1:48.59
16 KOBORI Yuki JPN  1:48.65

-------------------------------

●女子100m背泳ぎ

これは日本が得意な種目です。

この種目のタイムは「1分」が目安となります。

2002年に、史上初の59秒台を出したのは、今大会も出場している「コフリン選手」

その後、1分を切る選手は、しばらく現れませんでした。

2007年に、ようやく1分を切る選手が。

「コベントリー選手」と「マナドゥー選手」です。

2008年、高速水着期に入り、急激に59秒台を出す選手が増えました。

高速水着期が終わり、これでまた1分を切る選手は出ないだろうと思われたのですが、ここから背泳ぎの進化が始まったのです。

2010年は、10人の選手が1分を切りました。
2011年は、8人の選手が1分を切りました。

こうなってくると、1分を切っただけでは、メダルに手が届かないことも考えられます。

もしかすると優勝タイムは58秒台の可能性も・・・

・・・と、ここまでは、事前に用意していた文でした。

驚いたのは準決勝で、59秒台で決勝に残れないという、想定外の結果となりました。
これは酒井選手が遅いのではない。
まわりが速すぎるのです。
59秒で決勝に残れないなんて、考えられないことです。
寺川選手はきっちり決勝に残りましたので、十分にメダルの可能性があります。

やはり注目は、この2選手。

中国の「チョウセイ選手」
日本の「寺川選手」

○準決勝結果

1 COUGHLIN Natalie USA  59.38
2 ZUEVA Anastasia RUS  59.41
3 ZHAO Jing CHN  59.44
4 SEEBOHM Emily AUS  59.54
5 RUSSELL Sinead CAN  59.68
6 HOCKING Belinda AUS  59.69
7 SIMMONDS Elizabeth GBR  59.80
8 TERAKAWA Aya JPN  59.81

9 SAKAI Shiho JPN  59.94
10 ZEVINA Daryna UKR  1:00.05
11 PELTON Elizabeth USA  1:00.14
11 VAN ROUWENDAAL Sharon NED  1:00.14
13 WILKINSON Julia CAN  1:00.35
14 DA ROCHA Duane ESP  1:00.55
15 AVRAMOVA Ekaterina BUL 1:01.10
16 PRINSLOO Karin RSA  1:01.54

-------------------------------

●女子1500m自由形

この種目は、五輪にない種目のため、挑戦する選手も少ないため、レベルの高いタイムがこれまでにあまり出ていない種目です。

世界記録は「15分42秒」

この記録は高速水着期にも破られなかった記録です。

記録の目安としては「16分」

16分を切ると「速いな~」と思えるタイムです。

どの選手が優勝するかは、全く予想できませんが、16分を目安にレースを見ると面白いと思います。

-------------------------------

●男子100m背泳ぎ

これは大注目のレースです!

まず、タイムで見ていくと、「53秒」というのが一つの目安となります。

53秒台で泳ぐということが、「速い!」と思えるタイムです。

アテネ五輪で銅メダルを獲得した「森田選手」は、世界で5人目の53秒台を出した選手です。

その後、53秒台を出す選手が増えてきました。

そして、ついに2007年に、「ピアソル選手」が、前人未到の52秒台を出しました。

高速水着期に52秒台を出す選手が急増しましたが、これは水着によるもの。

これでまた、53秒台の争いかと思われた、2010年、とんでもない選手が現れました。

わたしとしては、今大会で注目度NO.1の選手です。

フランスの「ラクール選手」

彼の記録を初めて知った時は、入院中だったのですが、「計測の間違い」だと思いました。

そんなはずはない記録だったからです。

その記録とは「52秒11」です。

これまでに、高速水着期をのぞいて「52秒台」を出したことがある選手は下記の3名のみです。

52秒98 ピアソル選手
52秒85 タンコック選手
52秒11 ラクール選手

ピアソル選手は引退しましたので、日本選手がメダルをとるとなると、やはり52秒台というのが、条件となりそうです。

・・・と、ここまでは事前に用意していた文です。

準決勝で、とんでもない記録が誕生しました。

ラクール選手と同じフランスの「ストラビュス選手」です。

記録はなんと「52秒76」

こうなると、ラクール選手は確実に52秒台できますから、入江選手は52秒台を出さないとメダルは厳しいということになりそうです。

○準決勝結果

1 STRAVIUS Jeremy FRA  52.76
2 IRIE Ryosuke JPN  53.05
3 LACOURT Camille FRA  53.09
4 PLUMMER David USA 53.30
5 MEEUW Helge GER  53.34
6 THOMAN Nicholas USA  53.49
7 TANCOCK Liam GBR  53.60
8 KEAN Gareth NZL  53.69

9 STOECKEL Hayden AUS  53.70
10 TREFFERS Ben AUS  53.87
11 DRIEBERGEN Nick NED  53.98
12 WILDEBOER FABER Aschwin ESP  54.03
13 DONETS Stanislav RUS  54.10
14 KOGA Junya JPN  54.16
15 SUN Xiaolei CHN  54.21
16 GRIGORIADIS Aristeidis GRE  54.22

-------------------------------

●女子100m平泳ぎ

この種目はタイムに非常にばらつきのある種目です。

記録の目安としては「1分07秒」というのが一つのラインになります。

1分07秒を出せる選手は大勢います。

なので06秒台を出せば確実に決勝に進出できます。
もしかすると、07秒台の前半でも決勝に進出できるかもしれません。

しかし、メダルとなると、1分05秒台。

金メダルを取るには1分04秒台となりそうです。

つまり、飛びぬけて速い選手がいるのです。

まず優勝候補は「ソニ選手」

唯一、04秒台の記録を持っています。

そしてそのライバルとなる選手は2人。

「ハーディー選手」と「ジョーンズ選手」

この3人がずば抜けて速いので、他の選手がメダルを取るのは非常に難しそうです。

面白いのは、この3人は全く泳ぎ方が違うので、そのへんも良く見るのも面白いですよ。

・・・とここまでが事前に用意していた文です。

ちょっと状況が変わってきました。

まず、ハーディー選手が出場していないということ。

ということは、3位は誰にでもチャンスがあるということです。

この絶好のチャンスだったのですが、鈴木選手は惜しくも決勝に残れませんでした。

1分07秒6だと、やはり厳しいかな・・・

○準決勝結果

1 SONI Rebecca USA  1:04.91
2 JONES Leisel AUS  1:06.66
3 JI Liping CHN  1:07.09
4 PEDERSEN Rikke DEN  1:07.13
5 SUN Ye CHN  1:07.25
6 TYLER Jillian CAN  1:07.28
7 EFIMOVA Yuliya RUS  1:07.53
8 NIJHUIS Moniek NED  1:07.60

9 SUZUKI Satomi JPN 1:07.68
10 PICKETT Leiston AUS  1:07.87
11 JOHANSSON Jennie SWE  1:08.02
12 POEWE Sarah GER  1:08.38
13 CHOCOVA Petra CZE  1:08.40
14 HOESTMAN Joline SWE  1:08.55
15 BEARD Amanda USA1:08.64
16 GARCIA URZAINQUE Marina ESP  1:08.81

Br_decobanner_20110710201047

| | コメント (2) | トラックバック (0)

世界水泳2011★1日目結果&2日目の見どころ

こういう国際大会は、テンションが上がります。

寝たきりですが、元気が出ます。

自分としても、ここまで体調の悪い日々が続くのは初めてなので、不安や、いら立ちも、通り越して、「無」の境地です。

がんばってまとめてみましたので、見てみてください。

これまでの国際大会と大きく違っているのは、会場を真っ暗にして、8コースの選手から、一人ずつ入場するという演出。

これは素晴らしいですね!

では、昨日の決勝種目の結果です。

---------------------
1日目の決勝結果
---------------------

●男子400m自由形

パク選手、素晴らしいの一言です。

はじめの100mを、あれだけのスピードで入って、ラストの100mのスパート。

カッコよすぎです。

ソン選手はまだ、得意の800と1500がありますので、そちらが楽しみです。

3位にビーダーマン選手が入った事は、素晴らしいですね!

○男子400m自由形・決勝結果

1 PARK Tae Hwan KOR  3:42.04
2 SUN Yang CHN  3:43.24
3 BIEDERMANN Paul GER  3:44.14

4 VANDERKAAY Peter USA 3:44.83
5 COCHRANE Ryan CAN  3:45.17
6 AGNEL Yannick FRA  3:45.24
7 MELLOULI Oussama TUN 3:45.31
8 ROUAULT Sebastien FRA  3:47.66

----------------------------

●女子400m自由形

優勝は、ペレグリーニ選手の圧勝でした。

まず記録が素晴らしい!

これは、正真正銘の「世界新記録」です!

まず、これを大いに褒め称えないといけません。

4分01秒台ですよ!

すごいですね~

そして、この400のレース展開がまたすごかったですね。

前半の200mは「2分02秒30」です。

後半の200mは「1分59秒67」です。

これは驚異としか言いようがありません。

詳しくは200mの時に説明しますが、200mで2分を切るということは、とってもすごいことなんです。

ペレグリーニ選手は、後半の200mで2分を切ったのです。

あり得ないことです。

こんなすごいことを、なぜ解説しないのだろう?

そして、4分05秒を5人も切っていることに、レベルの高さを感じました。

○女子400m自由形 決勝結果

1 PELLEGRINI Federica ITA  4:01.97
2 ADLINGTON Rebecca GBR  4:04.01
3 MUFFAT Camille FRA  4:04.06

4 PALMER Kylie AUS  4:04.62
5 FRIIS Lotte DEN 4:04.68
6 BOYLE Lauren NZL  4:06.11
7 HOFF Kathryn USA  4:08.22
8 COSTA SCHMID Melania ESP  4:09.66

----------------------------

●女子400mリレー

優勝は、オランダでした。
オランダのスプリンターぞろいは強いですね。
平均53秒4ですよ。
2位はアメリカ。
ハーディー選手がもう少し速いと優勝!という感じでしたね。
3位はドイツ。
シュテフェン選手は健在でした!
ベテランをTOPにもってくるというのも面白い。
日本はとにかく引継ぎがうますぎますね。
これは相当な練習がうかがえます。
ハギトモ選手が入ると、もう一つくらい順位が上がりそうですね。

○女子400mリレー 決勝結果

1 NED Netherlands 3:33.96
DEKKER Inge  54.91
KROMOWIDJOJO Ranomi  53.26
VELDHUIS Marleen  53.33
HEEMSKERK Femke  52.46

2 USA UnitedStates of America 3:34.47
COUGHLIN Natalie 54.09
FRANKLIN Melissa  52.99
HARDY Jessica  54.12
VOLLMER Dana  53.27

3 GER Germany 3:36.05
STEFFEN Britta  54.51
LIPPOK Silke  54.17
VITTING Lisa  53.85
SCHREIBER Daniela  53.52

4 CHN People's Republic of China 3:36.36
LI Zhesi 54.35
WANG Shijia  54.53
PANG Jiaying  54.36
TANG Yi  53.12

5 AUS Australia 3:36.75
BARRATT Bronte 54.81
GUEHRER Marieke  54.37
DINGJAN Merindah  54.14
COUTTS Alicia  53.43

6 CAN Canada 3:38.42
POON Victoria 54.74
SAUMUR Genevieve  55.47
VANLANDEGHEM Chantal  53.76
WILKINSON Julia  54.45

7 JPN Japan 3:39.55
UEDA Haruka 54.98
MATSUMOTO Yayoi  54.00
ITO Hanae  54.94
HASEGAWA Natsuki  55.63

8 DEN Denmark 3:39.74
BLUME Pernille  54.63
NIELSEN Mie  55.23
OTTESEN Jeanette  53.76
FRIIS Lotte 56.12

----------------------------

●男子400mリレー

なんと優勝は、オーストラリアでした!
急きょメンバー交代で出場した、第1泳者のマグネセン選手、真の世界新記録です。
わたし1泳でこの記録が出た瞬間、絶叫でした!
ついに、ホーヘンバンド選手の記録が破られたのです。

2位はフランス。
ベルナール選手以外が速い!という感じ。

そして、3位はアメリカ。
やはりフェルプス選手は、本番に強いですね。
これだと、200mバタフライも、強そうです。
ロクテ選手はメンバーから外されてしまいましたが、外さない方が良かったような!?

○男子400mリレー 決勝結果

1 AUS Australia 3:11.00
 MAGNUSSEN James  47.49
 TARGETT Matthew  47.87
 ABOOD Matthew  47.92
 SULLIVAN Eamon  47.72

2 FRA France 3:11.14
 BERNARD Alain  48.75
 STRAVIUS Jeremy  47.78
 MEYNARD William  47.39
 GILOT Fabien  47.22

3 USA UnitedStates of America 3:11.96
 PHELPS Michael  48.08
 WEBERGALE Garrett  48.33
 LEZAK Jason  48.15
 ADRIAN Nathan  47.40

4 ITA Italy 3:12.39
 DOTTO Luca  48.56
 ORSI Marco  48.51
 SANTUCCI Michele  48.01
 MAGNINI Filippo  47.31

5 RUS Russia 3:12.99
 LAGUNOV Evgeny  48.89
 GRECHIN Andrey  48.56
 LOBINTSEV Nikita  47.45
 FESIKOV Sergey  48.09

6 RSA SouthAfrica 3:13.38
 MOORE Graeme  48.15
 TOWNSEND Darian  47.76
 LOUW Gideon  47.91
 SHANKLAND Leith  49.56

7 GER Germany 3:15.01
 DEIBLER Markus 49.24
 STARKE Benjamin  49.22
 FILDEBRANDT Christoph  48.45
 DI CARLI Marco  48.10

8 GBR GreatBritain 3:15.03
 BROWN Adam 49.05
 TANCOCK Liam  48.60
 TURNER Grant  48.86
 BURNETT Simon  48.52

-------------------------
★2日目の決勝の見どころ★
-------------------------

●女子100mバタフライ

まず、この種目は、58秒というのが、一つのラインになります。

2000年までは、1分を切ることが、大変な時代でしたが、2000年以降は、1分を切るのが当たり前に。

今では、58秒台を出せる選手は、山ほどいる・・・という感じです。

しかし、57秒台!となると、出せる選手は非常に少なく、57秒台と聞くと「速いな~」と思えるタイムです。

真の世界記録は、10年前に「デブルーイン選手」の作った「56秒61」です。

現在の世界記録は、56秒06ですが、これは高速水着の時の記録。

つまり、高速水着をもってしても、55秒台を出すことはできなかったのです。

56秒台というの非常にレベルの高い記録だということを押さえた上で、準決勝の記録を見ていくと・・・。

なんと、「ボルマー選手」が56秒台を出しました!

しかも、「56秒47」です!

つまり、これは世界新記録なんです!

とんでもない記録が、準決勝で、誕生してしまったのです!!

なんで解説者は、この快挙をさらっと流してしまうのか!? 全く理解できませんが、決勝が楽しみです。

決勝進出者は、キレイに58秒で、わかれました。

私の予想では優勝タイムが57秒台でした。

しかし、準決勝で、まさかの56秒台の前半を出してしまった「ボルマー選手」に大注目です!

○準決勝結果

1 VOLLMER Dana USA  56.47
2 LU Ying CHN  57.18
3 SJOESTROEM Sarah SWE 57.29
4 COUTTS Alicia AUS 57.41
5 LOWE Jemma GBR 57.57
6 LIU Zige CHN 57.85
7 SCHIPPER Jessicah AUS  57.95
8 GANDY Ellen GBR  57.97

9 SAVARD Katerine CAN 58.07
10 ALSHAMMAR Therese SWE 58.20
11 OTTESEN Jeanette DEN 58.24
12 MAGNUSON Christine USA 58.59
13 DEKKER Inge NED 58.70
14 KATO Yuka JPN 58.71
15 TAO Li SIN 58.78
16 BESPALOVA Irina RUS 59.02

----------------------------

●女子200m個人メドレー

この種目、2分10秒というタイムが一つのラインになります。

高速水着前の世界記録は、2分09秒という記録があったのですが、ちょっとあやしい記録!? で、ここ10年以上、2分10秒を切る選手は、いませんでした。

この個人メドレーという種目、とにかく進化しています。

高速水着後の、今年も昨年も、2分09秒台で泳いでいる選手がいます。

そして、今回の世界選手権では、準決勝から、09秒台が・・・

これは決勝が非常に楽しみな種目になりました。

オーストラリアの「ライス選手」
アメリカの「クコース選手」
中国の「ヨウ選手」
オーストラリアの「クッツ選手」

この4人が、「2分09秒台」を出しています。
私の予想では、中国の「ヨウ選手」と、オーストラリアの「クッツ選手」の優勝争いだと思っていたのですが、まさか、ライス選手が09秒台を出すとは・・・

こうなると、09秒台でも、メダルに届かないというとんでもない結果が待っているかもしれません。

2分11秒台でないと、決勝に残れない。

12秒のコベントリー選手が決勝に残れないという、超ハイレベルなレースになっています。

○準決勝の結果

1 RICE Stephanie AUS  2:09.65
2 KUKORS Ariana USA  2:09.83
3 YE Shiwen CHN  2:10.08
4 COUTTS Alicia AUS  2:10.65
5 MILEY Hannah GBR  2:10.95
6 LEVERENZ Caitlin USA  2:11.15
7 HOSSZU Katinka HUN  2:11.71
8 WILKINSON Julia CAN  2:11.92

9 COVENTRY Kirsty ZIM  2:12.21
10 BELMONTE GARCIA Mireia ESP 2:12.37
11 VERRASZTO Evelyn HUN  2:12.51
12 MORNINGSTAR Erica CAN 2:12.67
13 O'CONNOR SiobhanMarie GBR 2:13.26
14 LECLUYSE Fanny BEL 2:13.68
15 ZAVADOVA Barbora CZE  2:14.03
16 CHOI Hye Ra KOR 2:15.90

----------------------------

●男子50mバタフライ

この種目は、五輪にない種目です。

記録的にも、23秒台の争いというのが、ずっと続いています。

50mという距離は、ホントに一発勝負なので、ちょっとしたスタートの遅れや、タッチが合うかどうか・・・など、運も実力のうちというところもある種目です。

真の世界記録は、Mrスプリンター「スクーマン選手」の「22秒96」

そのスクーマン選手は、惜しくも、9位で準決勝敗退・・・

準決勝TOPは、自由形の世界記録を持つ、シエロフィーロ選手。

ドーピング問題がありましたが、これもクリア。

そしてなんと、2位に、かつてのバタフライ王、「ヒューギル選手」が。

こういう選手が復活して、上位に入ると嬉しいですね~!

とにかく、実力は、互角なので、全く予想がつかないです。

○準決勝の結果

1 CIELO FILHO Cesar  BRA  23.19
2 HUEGILL Geoff  AUS  23.26
3 MANAUDOU Florent  FRA  23.32
4 DUNFORD Jason 28  KEN 23.34
5 DEIBLER Steffen  GER  23.39
5 GOVOROV Andriy  UKR  23.39
7 TARGETT Matthew  AUS  23.41
8 BOUSQUET Frederick  FRA  23.42

9 SCHOEMAN Roland  RSA  23.48
9 CZERNIAK Konrad  POL  23.48
11 LENDJER Ivan  SRB  23.54
12 CAVIC Milorad SRB  23.59
13 HEERSBRANDT Francois  BEL  23.68
14 VERLINDEN Joeri  NED  23.73
15 JAMES Antony  GBR  23.74
16 HOCKIN Benjamin 23.95

----------------------------

●男子100m平泳ぎ

この種目は、北島選手が常に勝ち続けてきた種目なので、なじみのある種目だと思います。

記録的に言うと、やはり、「1分」というのがラインです。

1分を切れば「すごい!」

1分00秒台には、たくさんの選手がいる・・・

2001年に、人類で初めて「59秒台」がでました。

その世界初の59秒台を出した「スロードノフ選手」は、予選17位で、惜しくも予選敗退・・・

人類が1分を切って、10年がたちますが、やはり1分を切れる選手は、ほとんどいません。

真の世界記録は、なんと昨年北島選手が出した「59秒04」です。

つまり、北島選手は、2度の五輪で2種目で2連覇という偉業を成し遂げたあと、一度引退し、復活した年に世界新記録を出したのです。

今大会では、予選、準決勝ともに1分を切ってきた北島選手。

絶好調であることは間違いなしです。

大舞台に強い北島選手に期待しましょう!

立石選手は、1分00秒3で決勝に残れませんでした。
1分00秒3と聞くと、「優勝タイム?」と思っても不思議ではありません。
このタイムで決勝に残れないなんて、考えられないことです。
こんなハイレベルな平泳ぎのレースは、これまでにないです。

○準決勝結果

1 DALE OEN Alexander NOR  59.37
2 KITAJIMA Kosuke JPN  59.77
3 SCOZZOLI Fabio ITA  59.83
4 RICKARD Brenton AUS  1:00.04
5 VAN DER BURGH Cameron RSA  1:00.07
6 GANGLOFF Mark USA 1:00.19
7 GYURTA Daniel HUN  1:00.23
8 TITENIS Giedrius LTU  1:00.26

9 TATEISHI Ryo JPN  1:00.36
10 SPRENGER Christian AUS  1:00.44
11 STEKELENBURG Lennart NED  1:00.50
12 DUBOSCQ Hugues FRA  1:00.56
13 SNYDERS Glenn NZL 1:00.59
14 FRANCA DA SILVA Felipe Alves BRA  1:00.73
15 1 FELDWEHR Hendrik GER  1:00.91
16 8 JAMIESON Michael GBR 1:00.93

Br_decobanner_20110710201047

| | コメント (1) | トラックバック (0)

世界水泳2011★1日目の見どころ

おそらく、テレビは日本選手ばかりに注目すると思いますので、今日も準決勝の北島選手がクローズアップされるはずです。

しかし、北島選手の決勝は明日なので、本日の決勝種目の見どころをご紹介します。

わかりやすく解説しますので、この注目ポイントを押さえてみていただけると、面白く見れると思いますよ。

-----------------------

●男子400m自由形 決勝

自由形の中距離王の決定戦。

かつてこの種目で、「圧倒的に400mが強い」という選手はいませんでした。

たいてい、五輪でも世界選手権でも、400m自由形が一番最初の種目になります。

これは私の勝手な解釈ですが、「400m自由形」が一番最初にやる理由は、たぶん、「400m自由形」という種目が盛り上がらないからだと思います。

短距離でもなく、長距離でもなく、速いんだか遅いんだか、よくわからない距離・・・

しかし、1999年、そんな地味な種目を、大いに盛り上げてくれた選手が現れました。

この地味な「400m」で、「圧倒的に速い選手」が現れたのです!

その名は、オーストラリアのスーパースター「イアン・ソープ」選手です。

この400m自由形は、3分45秒を切れる選手が、ほとんどいない種目です。

3分45秒を切ることができれば、誰もが優勝候補。

そんな中、「I.ソープ選手」の出した、3分40秒という記録は、永久に破られることはないだろうと思われていました。

高速水着期の2009年、「ビーダーマン選手」によって「1/100秒」破られましたが、所詮水着でのこと。

今回の世界選手権でも、やはり3分45秒を切る選手が、メダルの条件となります。

今大会、この「I.ソープ選手」の記録に迫る、二人の選手がいます。

韓国の「パク・テファン選手」と、中国の「孙杨(ソン・ヨウ)選手」。

なんと、共にベストは3分41秒です。

「パク選手」は、北京五輪の金メダリスト。

特にラスト100mの追い上げは、素晴らしい!

「ソン選手」は、昨年から急成長の長距離選手。

現在も1500mの世界記録となっている「G・ハケット選手」のコーチについています。

身長は約2mと、アジア人とは思えない体格。

優勝は、この二人のどちらかということは間違いないと思いますが、どちらもアジア人ということが、すごいことです。

自由形以外の種目で、アジア人が強い、ということがあっても、自由形は、やはり欧米選手が圧倒的に強いのが競泳の歴史です。

日本選手が決勝に残るのは非常に難しいとも思われます。

仮にアジア人が表彰台を独占したら・・・これは歴史的な快挙です。

----------------------------------

●女子400m自由形 決勝

この種目、まずわかっておいていただきたいのは、「4分10秒」というラインです。

この「4分10秒」というタイムが、一つの目安となるタイムです。

「4分10秒」を切る選手は速い。

「4分10秒」を切れないと、話にならない、という大きな境界線です。

この女子400m自由形は、この4分10秒を切ってくることが、メダルの条件でした。

日本選手では、「柴田亜衣選手」が、かつて「4分05秒」を出していますが、残念ながら、現在の日本選手には、「4分10秒」を切れる選手はいません・・・

柴田選手が絶好調のころは、4分05秒を出せれば、ほぼ金メダルでした。

この種目の世界記録は、1988年J.エバンス選手の出した4分03秒。

もうこの記録は、破られることはないと思われてきました。

高速水着期に、この記録も破られました。

しかし、やはり、20年以上前の記録に及ばないということで、あまり盛り上がらない種目となっていました。

ところが、この2年間で、この種目は、水着に関係なく、急激な高速化が起こりはじめました。

4分05秒を切る選手が、続出してきたのです。

そして、ついに4分02秒台を出す選手が現れました!

そんなことから、今回の世界選手権は、非常に見ごたえのある種目となりました。

まず「4分10秒を切らないと決勝に残れない」ということ。

メダルを獲得するには、「4分05秒を切らないといけない」ということ。

さらに優勝するには、4分02秒台!?という、恐ろしい高速レースとなりそうです。

やはり注目は、この2選手。

北京五輪金メダルのイギリスの「レベッカ・アドリントン選手」

イタリアの「フェデリカ・ペレグリーニ」選手です。

とにかく、4分05秒切るという、とんでもない高速レースが見られることは、すごいことですよ。

Br_decobanner_20110710201047

| | コメント (4) | トラックバック (0)

水泳の話

依然として、回復傾向にない私でございます。

高くも低くもない熱が、いつまでも続くのも、困ったものです・・・

--------------------------

今後は、水泳の話も、少しずつ、こちらに載せようと思います。

そんなわけで、本日は水泳ネタです。

いよいよ、明日から、世界選手権が中国の上海で開催されます。

今回は、テレビ朝日が、大変力を入れてくれたので、なんと全日程(8日間)地上波のゴールデンタイムで放送されます。

自称、日本一水泳に詳しい!? 私としては、全力で解説をしようと気合が入るところですが、なにぶん、このような体調のため、やれる範囲で、誰もが楽しめる、わかりやすい解説をしていこうかと思います。M_main_1109_4

タイミング良く、先日(7月19日)発売の「月刊SWIM・9月号」で、わたしの書いた記事が載っております。

「世界水泳上海2011の見どころ」という特集記事でカラー 6ページです。

かなり字が多いのですが、なかなか面白い内容になっていますので、ゆっくりじっくり読んでいただけると、いいかと思います。

言いたいことは、記事の10倍以上あるのですが、特に、読んでいただきたいのが「真の世界記録」というページです。

もう、レースは、明日に迫ってしまったので、特別に、このページの内容だけ、こちらに載せてしまいます。

あとは雑誌を見てください

-------------------------

★これが真の世界記録だ!
(高速水着期を除いた世界記録一覧)

今回の世界選手権を観戦する上で、必ず押さえておきたいポイント、それは記録です。

競泳の進化は記録の進化でもあります。

第1回アテネ五輪から始まり、少しずつ、少しずつ、記録は破られてきました。

80年代に入ると、世界記録の更新は少なくなり、その短縮も0.1秒、0.01秒という小さな単位になってきました。

90年代になると、世界記録が1つも誕生しない年が続きました。

記録の更新がなくなり、競泳の記録は、いよいよ人間の限界に達したかに思われました。

2000年になり、足首までを覆う水着が誕生すると、再び記録の更新が見られるようになりました。

これが水着によるものかどうか、難しい判断ではありますが、これまで滞っていた「世界記録」が、再び2000年から更新され始めたことは事実です。

そして問題の2年間がやってきます。

レーザーレーサーをはじめとする、高速水着が誕生した2008年と、2009年です。

なんとこの2年間に、1500mを除くすべての世界記録が塗り替えられたのです。

高速水着が禁止となって2年目の今年になっても、「世界記録」はその2年間に樹立された記録になっています。

つまり、現在「世界記録」とされている記録は、高速水着の恩恵を受けた記録であって、「真の世界記録」ではない。

現在の世界記録と比較して、今回の結果を見てしまうと、どんなに素晴らしい記録が出たとしても「なんだ、世界記録とくらべると遅いんだ……」と、とんでもない勘違いをしてしまうのです。

そこで、正しい記録を知っていただこうと思い、問題の2年間を除いた世界記録の一覧表を作ってみました。

つまり、これが「真の世界記録」ということになります。

この表を見ながら「世界水泳」を観戦していただけると、タイムが速いのかどうか、正確に分かると思いますので、ぜひ参考になさってください。

これを作っていて、非常に驚いたことがあります。

それは、高速水着が禁止になった2010年以降の記録が、2007年以前の記録を更新している種目が、かなりあるということです。

これは「泳ぎの進化」が成し得たことにほかなりません。

---------------------------

この「真の世界記録」は、わたしのHPに載せています。

K011

Br_decobanner_20110710201047

| | コメント (1) | トラックバック (0)

点滴ネット

Ph_507 じっとしていると、色々なことを考えます。

じっとしていると、身体が機能しているのが分かります。

自分の身体を信じ、回復を待つのみです。

この1ヶ月は、特に点滴をはじめ、検査、採血、インスリンなど、注射をすることが多く、特に腕の内側は、静脈がわかりやすいのか、入りやすく、ここばかり針を刺します。

もう何回刺したか分かりません。

点滴は、すぐに入りにくくなってしまうため、3日でルートを取り直す。

上手な先生なら、1発で入るのですが、失敗することもあったり・・・

点滴してないときはテープでとめるが、それもかぶれてきて、ネットを使ったり・・・

そんなこんなで、腕の内側は、針の刺しすぎで!? 結構すごいことになっていました。

点滴のネットは、かぶれずに非常にいいと思ったのですが、前腕用というのが、あまりに細くて、かえってかゆくなってしまいました。

そこで、いろいろと試した結果、最後は、大腿部用に。

これ本当に大腿部用? と思えるほど細いやつでした。

足と言えば、左足の感染も取れてきたようで、腫れは引き、太さはほぼ正常に。

むくみは取れませんが、色もだいぶ落ち着いてきました。Ph_508

Br_decobanner_20110710201047

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ほしいもの

こんな時は、気持ちを盛り上げるために、どうしたらいいんだろう?

いろいろ考えたのですが、ほしいものを考えてみることに・・・

あれがほしいなあ・・・

これがほしいなあ・・・

こんな事を考えてみたら、元気になれるかも。

最新の水泳グッズ、大好きな帽子やブーツ・・・

以前は、そんな物が浮かんだけど・・・

いま思い浮かぶ物は、ずいぶん違うなぁ・・・

-------------
いま欲しい物
-------------

●杖

毎日杖を使うようになって、不便に感じることや、こういう物があればなぁ・・・

・グリップが握りやすい
・グリップが体重を乗せやすい
・単純に見た目がかっこいい
・立てかけても倒れにくい
・着く部分の接地面が大きいもの
・接地面がすべりにくい

●体温計

体温を測ることが多いのですが、わきに挟んでから結果が出るまでにとっても時間がかかるので、すぐに結果がで出るやつがあったらいいなぁ・・・

●サンダル

歩くのが不自由になって、少し歩くだけでもとっても疲れてしまう。はきやすい物であることはもちろんですが、夏はむれないもので、軽くて、疲れなくて、見た目もかっこいいものがあればなぁ・・・

●氷まくら

病院で使っていたような、巨大なやつ

●新鮮な野菜やフルーツ

なんでこんなものが浮かぶのか不思議でならないのですが、いかにも、みずみずしい! というような野菜や果物が頭に浮かぶのですよ・・・
わたし、お寿司が大好きなのですが、いまは、生ものは、感染しそうな気がして、怖いなあなんて。

Br_decobanner_20110710201047_2

| | コメント (1) | トラックバック (0)

弱音

ちょっと弱音を吐きます

常に前向きでいるのも、なかなか大変であります。

わざわざ、ここで、弱音を吐く必要もないように思いますが、つらい時はつらいと言うことも大事かなと思って。

弱音を吐くことで、わたしがスッキリするんです。

人に話をすると、自分はすっきりしますが、話をされた人は、いい迷惑です。

ここなら、誰というわけでなく、話せるので、特定の人が迷惑にならないだろう・・・という都合のいい解釈!?

内容は、マイナスな要素しかないので、読んだ人にとって、何一ついいことはありません。

むしろ、いや~な気持ちになって終わりです。

なので、この記事は読まないことをお勧めします。

この記事によって、得をするのは私だけなので・・・

------------------------

両腕の内側に、大きな斑点ができました。

それが大きくなったり小さくなったり、赤くなったり、白くなったりしています。

蚊に刺されたのかな? と思っていましたが、両腕同時というも変だし、大きさが、十円玉くらいになってきて、これはいよいよ怪しいと・・・

いや~な予感が的中・・・

また、熱が出ました。

これはおそらく、感染です。

抗生剤を飲んでいるのに、感染となると、今度は別の方法で治療となるはず。

先日退院してから、プールには入っていません。

日常生活も、菌に感染しないように、細心の注意をはらっています。

それなのに、熱が出る・・・

熱が出ると、もう、いいかげん、自分の身体に、うんざりです。

かれこれ、もう一年以上、ずっとこんな繰り返しです。

昨年の6月に緊急手術。

傷が完全にふさがる前に、院内感染。

退院後は、車イス。

すぐに抗がん剤がスタート。

身体中がダメージをうけ、退院後も、しばらくは安静が続く・・・

泳げるまでに回復したころには、次の抗がん剤のため入院。

抗がん剤も、やればやるほど回復が遅れるし。

白血球が少ないことは、自覚症状がないので、いま感染しやすいのかどうかなんて分からない。

原因が分からずに感染する。

高熱が出る。

しばらく動けない。

泳げる身体になるために、また一からやり直し。

いつも元気いたいのに、身体がそうであってくれない。

無気力のぐうたら人間と違って、わたしは、常に動き続けていることに、生きがいを感じている。

熱なんか、ガンになるまで、ほとんど出たことがなかったのに。

熱が出るたびに、「またか・・・」と、自分自身に、ガッカリしてしまいます。

熱が出るたびに、自分が情けなくて、涙が出てきます。

病院にも行きたくない。

入院もしたくない。

治療もしたくない。

元気になるための治療であることは、分かっていますが、痛いとか、つらいは、嫌だなあ。

先日の感染の時、足に火がついたように熱くて、じっとしていても痛くて、膝を伸ばすことも曲げることもできなくて、ただひたすら痛みに耐えるだけ。

あまりにつらくて、足の不自由な方には申し訳ないですが、こんな足、根元から切断してほしいと、訴えました。

元気になりたい。

走れるようにならなくてもいいから、思いっきり歩きたい。

思いっきり泳ぎたい。

痛いとか、つらいがない一日を過ごせれば、それだけでいいのに。

Br_decobanner_20110710201047_2

| | コメント (3) | トラックバック (0)

SPF100

昨日は「狛江市民水泳大会」の諸々の事で、体育協会事務所に行きました。

事務所には美人事務員さんが。

久しぶりにお会いしたので、しばし歓談をしました。

その後、大会に向けた打ち合わせをするために、体育館の館長さんとお会いすることに。

館長さんが登場し、世間話を含め、プールについて、約1時間のお話をしました。

プールに行き、管理の責任者さんともご挨拶を。

さて、そろそろ帰ろうかと思ったその時、館長さんが、言ってはいけない一言を・・・!?

「あらいさん、そういえばさ、もうすぐ世界水泳が始まるでしょ。日本はどうなの?」

「いま、なんと?」

「ほら、世界水泳が始まるでしょ。日本はどうなの?」

「わたしの口から、世界水泳の話を聞きたいわけですね・・・?」

「うん。詳しそうだからね。 北島とかさ、日本はどうなの?」

「世界水泳という言い方は、テレビ局が勝手につけた呼び名で、「世界選手権」が正しいのです。そもそも、世界選手権が始まったのは・・・」

きっと彼は、今ごろ後悔しているに違いない・・・!?

このあと、約2時間、世界水泳の話を、一からはじめました。

館長さんの表情には、後悔の念が、ひしひしと・・・

「あらいさん、すみません・・・  そ、そろそろ、戻らないと・・・ いろいろな話を、ありがとう。 な、なんか、水泳が一気に詳しくなった気がするよ・・・」

まだ、男女の個人メドレーの話をしていなかったのに・・・

熱い戦いは、もう間もなく始まるのである。

--------------------------

このプールは屋外。

OPENしたてのプールはものすごくキレイ。

日本にはない!? という、いただいた「SPF100」という日焼け止めを塗りまくり、しばらく外にいました。

し、しかし・・・

この「SPF100」、全然効果がない・・・!?

なんか焼けたような気がします。

ちなみに、SPFは、%だと思っていましたが、違うのですね。

日本は法律上、SPF50%が上限だそうです。

SPF50は、50%カットするのかと思ったら、赤くなるのを50倍のばすということみたいです。

20分で赤くなる人がいたら、20×50=約16時間の日焼け止め効果があるということみたいです。

PAは黒くなるのをおさえる度合いで、3段階あるようです。

---------------------------

ブログランキングが1位になっているという話が!?

言われたとおり見てみたのですが、ジャンルがずらっと並んでいるだけで、ランキングが分からないのですが・・・

でも、なんだかすごいですね。

でも、たぶん物珍しくて、見ているのでしょう。

OPENしたてのお店みたいに!?

---------------------------

「ビールが飲みたくならない病」を克服するために、無理矢理ビールを飲んでみました。

ちょっとだけ、おいしく感じられました。

よし、身体は、確実に回復しているぞ・・・

もう一つの「泳ぎたくならない病」も早く克服しなくては・・・

Br_decobanner_20110710201047

| | コメント (2) | トラックバック (0)

退院後・・・

元気よく退院したものの・・・

やはり、おそとが暑すぎるのか・・・

体力が、極端に落ちてしまったのか・・・

予想以上に動けません・・・

家の階段の上り下りをしただけで、両足のふくらはぎがつってしまい、外来は車イスに・・・

ちょっと動く。

ちょっと話をする。

すぐに疲れてしまい、しばらく寝る・・・

これは普通に戻るまでに、相当かかりそうだなぁ・・・

「泳ごう!」という気力が、全くわきません。

これは今までにない症状!?

泳ぎたくならないなんて、これはかなりの重症である・・・

今回の感染があまりに怖かったというのもあると思いますが、それよりも、何かしよう!という気力がわかないのです。

さらに・・・

今の私が重症であることの、すべてを物語る一言を・・・

なんと・・・

ビールを飲みたくならないのです。

これはかなりの重症です。

雨が降ろうが、ヤリが降ろうが。

地震、雷、火事、親父!? 

どんなことがあっても、ビールは飲んでいました。

成人してから、一日たりともビールを飲まない日はなかったのです。

インフルエンザでも、ビールは飲みました。

せっかく、退院したのに。

こんなに暑いのに。

ビールが飲みたくならないなんて、あり得ない話。

-------------------------------

採血の結果、まだ白血球は低いですが、順調に回復してきました。

今月予定していたインターフェロンの治療は、抗生剤が終わるまで中止ということに。

足の色は、ようやく、足の色になってきました。

一部しこりが残っていて、その周辺は固くなっていて押すと痛いです。

入院中に腫れは引いたのですが、退院してからむくみが出てきて、足首がエライ太くなっています。

明日には大復活していると信じ、今日は、このまま寝ます・・・

Br_decobanner_20110710201047

| | コメント (0) | トラックバック (0)

退院

炎症反応が正常値になりました。

抗生剤が点滴から飲み薬に変わりました。

白血球はまだ正常値ではありませんが、多少の上昇傾向がみれたので、退院許可が出ました!

白血球が、正常値になるには1ヶ月はかかりそうです・・・

退院後もしばらくは要注意です。

--------------------

今日は、MR検査です。

脳転移、脳腫瘍の進行チェックです。

この病院のMRの機械は、最新のものらしく、このMRのためにわざわざ遠くから検査を受けに来る人が多いようで、予約がなかなか取れません。

入院中のオンコールだと、朝の6:00とか、夜の9:00なんてことも・・・

画像検査系(レントゲン、CT、MRなど・・・)は、受付の場所が同じで、検査をしまくっている私は、もうここの画像受付の方たちとも、顔なじみに・・・

「今日は何? MR?」

「ちょっとやせたんじゃない?」

「何も食べてきてないでしょうね!」

いつも思うのですが、このセンスのない検査着は、なんとかならないのだろうか・・・?

この検査着に着替えると、誰もが、いかにも病人!って感じになってしまう・・・

「この検査着、かわいいから持って帰りた~い!」

「これ家で着たいんだけど、売店で売ってないの?」

「今日は検査だ! わ~い!わ~い! 検査着が着れるんだ~」

着ていて気分よくなるような検査着があったらいいのになぁ・・・

気持ちが大事なんですよね、気持ちが・・・

些細なことでも気持ちが前向きになれば、きっと病気はよくなるはず!?

・・・と、思い、毎度受付では、このようなこと↓を提案してるのですが・・・

「いつも言うけどさ、この検査着って、なんとかならないのかねぇ・・・?」

「はい? 何ですか?」

「いつも思うんだけど、この検査着って、テンション下がるんだよね~  これ着て検査したら、結果が悪くなるような気がするんだよね~ 」

「今、忙しいので、用がないなら、イスに座っててください。」

「せめて男は、ジンベエっぽいのとかさ、女性は、チュニックみたいなのとか、もうちょっとかわいいと、いいと思うんだよねえ~ 」

「ここにいられると邪魔なので、イスに座っててください。」

「着ていて気分がよくなるような検査着だったらさ、みんな検査しに来ると思うよ・・・」

「ゴチャゴチャ言ってないで、早く着替えてきてください!」

なかなか聞いてもらえない・・・!?

Br_decobanner_20110710201047

| | コメント (2) | トラックバック (0)

三途の川

信じてもらえないかと思いますが、昏睡していた時、妙な夢を見ました。

いま思うと、あれって「三途の川」だったのかなぁ・・・と。

イメージしている三途の川って、船があって、川の向こうで呼んでいる人がいて・・・

これとは全然違います。

川というか、一面水なので、川というより湖とか海のような感じ。

川幅があるとしたら、とんでもなく広く、向こう岸は見えません。

どっちが上流なのか、よく分かりませんが、ゆっくり流れているという感じ。

流れがあるので、川なのかなあ・・・

私は、ガンガン泳いでいます。

100mを1分15秒くらいのペースです。

ただゴールが分からず、海で方向を見失って泳いでる感じです。

しばらくして、陸が見え・・・

「あ~ やっと休めるなあ・・・」

と思って終わりです。

目が覚めた時に、汗びっしょりで、息が上がっていました。

仮に、これが「三途の川」だったとしたら・・・

向こう岸まで泳ぎきっていたら、あの世に行ってたのだろうか?

そういったスピリチャル的なことを、全く信用していない私なので、「三途の川なんて、あるわけがない」と思っているのですが・・・

「三途の川の正式な川幅」が分かりませんが、大した川幅じゃなかったら、簡単に泳ぎきれてしまうなあ・・・なんて思いました。

私の見たものが「三途の川」だったとしたら、その川幅は、果てしなく広いものだったなあ・・・

もしかしたら、三途の川の川幅は、「その人の泳力に応じた川幅」になっているのかも・・・!?

それ以前に、三途の川は船で渡るもので、泳がないか・・・

Br_decobanner_20110710201047

K011

| | コメント (2) | トラックバック (0)

回復

ようやく、元気になってきました。

日々、回復はしていくものの、「元気」という言葉が出るのに12日間かかりました。

死なずにすんだだけでも、救われた思いです。

これまでも痛いことや、きついことは、たくさんありましたが、こんなにも、痛くて寒くて辛いことはなかったですし、こんな怖い思いは、もうしたくありません。

抗がん剤で入院していた時は、退院が近付くと早く泳ぐことばかり考えていました。

退院前日などは、病棟で腕を回してみたりして・・・

今回は怖いので、完全に白血球が上がって「もう泳いでいいですよ」と言われるまでは泳ぎません。

どんなことがあっても、泳ぎません。

「ちょっと見本やって」なんて言われても絶対に泳ぎませんからね。

溺れても助けませんから。

見て見ぬふりですから・・・!?

-------------------------

どうでもいいのですが、人気ブログランキングというのがあって、「登録してみてはいかがですか?」 というメールが以前からきていて、とりあえず登録をしてみました。

昨年6月から、HPはガンの話ばっかりになってしまい、ガンの話ばかり載せるのはどうだろう・・・? 

そこで、ガンのことはブログを作って、そこに載せていこうと思って、ブログというものを始めてみました。

いまだに、はじめの設定のままで、ブログのルールというか、システムが分かっていないです。

トラックバックとか、アバターとか、RSSとか、フッターのリンク、サイドバーのブログパーツとか?? 

こだわれば、色々できるみたいですが、よく意味が分かりません・・・

ツイッターとか、FACEBOOKなども、面倒そうで、リクエスト?というのが、よく来るのですが、「そのうち時間ができたら・・・」という感じで・・・

このブログについても、大勢の人に読んでもらいたいなんて思いはなくて、この貴重な体験を残しておこうと思っているだけなんです。

同じ病気の人がいたら、見てほしいなあと思います。

わたしも、同じ病気の人のブログなどを拝見させていただき、この病気に関しての理解が深まりましたので。

この一年数か月、ガンと水泳は切り離して考えていました。

でも、わたしには水泳があったから、きつい治療も乗り越えられてきたような気がします。

ガンと水泳は、つながっていると思えてきたので、ガンと水泳は分けずに考えていこうと思います。

Br_decobanner_20110710201047

| | コメント (5) | トラックバック (0)

事情聴取

入院して11日になります。

菌の培養検査の結果はまだ出ません。

1週間~2週間ということなので、結果はもう少しかかるかも。

そもそも、なぜ、こんなことになったのか?

菌による感染であることは間違いないのですが、菌が入るような、思い当たることがないのです。

どこからどうやって菌が入ったかは、いまだ不明です・・・

話ができるようになり、連日、事情聴取のように、来る先生、来る先生に、感染した近辺の行動を聞かれます。

救急で診ていただいた先生には・・・

「私は、プールがあやしいと思ったのよね。だから救急で来た時にすぐに聞いたのよ。『退院して1週間しかたってないけど、その間プールで泳ぎましたか?』 って。その時は『泳いでない』って言ったんだけど、どうもあやしいと思ったから、もう一度、夜中に病棟に入る時に、耳元でささやくように聞いてみたのよ。覚えてないと思うけど・・・」

---------------------

こんな感じだったようです・・・↓

「どうしても聞きたいことがあるんだけど、答えてもらえるかな?」

「はい・・・」

「退院してからさ、プールで泳いじゃったかな? 怒らないから正直に答えてね。」

「泳いだ・・・」

「いつ泳いだのかなぁ?」

「日曜日と月曜日と火曜日と木曜日・・・」

「どのくらい泳いだのかな?」

「○○mくらい・・・」

「そ、そうなんだ。答えてくれてありがとうね。」

--------------------

先生は紙にメモしていたみたいで、メモを見ながら・・・

「はじめはね、泳いでないって言ってたのに、泳いだ距離を計算すると、退院してすぐに8000mも泳いでいるのよね・・・ 白血球が低いのに。 信じられない話ですけど・・・」

「じゃあ、泳いだことが、感染の原因ですか?」

「う~ん、でも、そうとも言い切れないのよね。たぶん感染したとすると、熱が出た当日じゃないかと思います。」

「7月1日の金曜日は、プールに入ってないですけど。」

「そうみたいね。 だとすると、プール以外で菌が入ったと思うけど、心当たりある?」

「う~ん・・・ 思い当たることはないなぁ・・・」

「身体のあちこちを調べさせてもらったんだけど、左足の中指と薬指の間が、ちょっと水虫っぽく皮がむけていて、もしかしたら、そこからの感染かもしれないです。 金曜日に、はだしで菌に感染しそうなことなかった?」

「あったかなぁ・・・?」

---------------------

その後も、来る先生、来る先生が・・・

「昨日も聞いたけど、入院2~3日前からの行動を、正直に話して。」

「金曜日の朝からの行動を話してみてください・・・」

「ホントは金曜日にプールに入ったんじゃ・・・」

も、もう、これ以上お話しすることはないんですけど・・・

自分としても、「あれがまずかったかも・・・」ということがあれば、気をつけることができますが・・・

そんなわけで、感染経路は、不明のまま・・・

とにかく、意識が戻った時に、先生から言われた一言。

「よく戻ってきましたね。おかえりなさい。」

本当にヤバかったんだと思いました。

Br_decobanner_20110710201047

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コメント

本日、3回目の更新です。

元気になってきた証拠です。

そうそう。

このブログに変えてから(たぶん2月くらい?)、コメントに、コメントを書いていただいてもメールが来なくて、コメントを読んでおりませんでした。

気付いたら、いろいろな方からコメントを頂いていて。

ありがたいです。

名前がない方もいらっしゃるので、名前がない方も、コメントありがとうございます。

コメントが来ると、コメントという所に数字が出るんですね。

そこで、コメントを書いていただいた方に、お礼の一言を・・・

今後は、コメント欄も見るようにします!

---------------------------

狛江のみきちゃん さん
いつもありがとう。 糖尿のことでわからないことがあったら、よろしくです! 水泳はね、長距離も楽しいよ!?

Rossana さん
いつもありがとうございます。 まさかの尾崎つながりですよね。 きっとお会いしたら、尾崎話が盛り上がりそうですね! 

shono さん
いつも応援ありがとう。 お花好きになったきっかけは、間違いなくSHONOさんですよ。 今度はお花いじりさせてもらいに行きますね!

Kato @komae さん
ありがとうございます。 ライバルになるまでには、まだまだかかりそうだけど、また2バタ対決できるように、一から頑張ります! そうそう、水連の会長と飲んだってすごいですね!

ひげだるま。 さん
気にかけていただきありがとうございます。 今年区分上がったんですよね? 今年は日本新連発じゃないですか? また、ひげらんち しましょうね!

いっと さん
誰だかわからないのですが・・・ありがとうございます。 そうなんですよね。 敵が見えないだけに、困ったもんです・・・

248○ さん
少し遠くということですが・・・!? ご心配いただき、ありがとうございます。

pipi さん
どなたか分かりませんが、知っている人なのかなぁ・・・? いつも心配していただき、ありがとうございます。

スティッチ さん
これはもしかして・・・○○ちゃんかな? いつもありがとう。

shiozawa さん
あのshiozawaさんかな? いつもありがとうございます。

名古屋人 さん
名古屋人って、ボクの思っている名古屋くんかな? ありがとうございます。

ふうか さん
たぶん身近な方だと思うのですが・・・ ありがとうございます。

hide さん
これからもガンガン頼りますので!?  よろしくお願いします。

三浦@狛水協 さん
いつもありがとうございます。 先生にまでメールありがとうございます。 こういう、めんどくさい丁寧な文章が、本当に上手ですよね!? 

hiromi02160 さん
どなたか分からないのですが・・・ありがとうございます。

マリモ さん
身近な人っぽいけど・・・誰だろう? ありがとうございます。

イルカまま さん
いつも気にかけていただき、ありがとうございます。 一緒に撮った写真、欲しいです! 

岩本光司 さん
まさかの岩本さんじゃないですか? ありがとうございます。 ぼくも、岩本さん並みの強靭な身体にならないと!  岩本さんがモデルの東京五輪のポスター、わたし行きつけのスポーツマニアショップで60000円ですよ! ボクは持ってますけどね・・・

のんのん さん
いつもありがとう。 いろいろと思い出してたんだけどさ、たぶん、中2くらいの時に初めて行ったディズニーランドは、のんのんと一緒だったような・・・ あと鎌倉の鶴岡八幡宮の初詣とか・・・ 違うかなあ・・・

井手 さん
ありがとうございます。 いつも「何の根拠もないんだけど、あらいさんはダメになる気がしないんだよね」と言っていただけるのがうれしいです。

ちか さん
これは、ちかちゃんだよね?? ちかちゃんって看護師なの?? とにかく、ありがとう。

Br_decobanner_20110710201047

| | コメント (2) | トラックバック (0)

怖い話②

入院して3日目くらいの話です。

熱と頭痛で、頭を氷まくらでくるんで寝ていました。

なんとなく、気配を感じ、目を開けました。

よく見えないのですが、一人の女性が、ベッドの横に座っていました。

「起こしちゃったかしら? ごめんなさい・・・」

「はい・・・」

「あらいさん、だいじょうぶ~??」

「はい・・・」

「とってもつらかったでしょう。大変でしたね。」

「はい・・・」

「来るのはどうしようかと思ったんだけど、心配だったので来てしまいました。」

「はい・・・」

「でも何だかとってもつらそうね。 ごめんなさいね。 私、失礼しますから。 お大事になさってくださいね。 でも顔見れてホッとしたわ~」

「はい・・・」

その女性は立ち上がり、私の手の甲を、ポンポンとたたくと、帰って行きました。

「い、いまの人は・・・」

この女性なんですが・・・

全く見ず知らずの人なんです・・・

名前が思い出せないとか、見たことがあるとか、そんなんじゃなくて、全く見ず知らずの人です。

年齢はたぶん40歳前後。

黒い服を着ていました。

「たしか、あらいさんって言ってよな・・・?」

ゴミを集めに来た、お掃除の人に話をしてみる・・・

「いまね、全く見ず知らずの人がお見舞いに来たんですよ。」

「知らない人がお見舞いには来ないでしょ~」

「おかしいですよね。 ほら、今、ここから出て行った黒い服の女性ですよ。」

「私ずっとここにいましたけど、そんな人、見かけませんでしたけど?」

「ええっ?? 今いたじゃないですか? 黒い服の人ですよ?」

「あらいさん、熱でおかしくなっちゃったんじゃないの~?」

「そんなバカな・・・」

熱で身体がほてりまくっていたのですが、一瞬にして、身体が寒くなりました。

---------------------------

あとから、いろいろ考えてみました。

あの人は誰だったのだろう?

推測1
高熱で、ぼくの頭がおかしくなって、知っているはずの人を忘れているのかもしれない・・・

推測2
ボクにとっては知らない人だが、あちらは私のことを知っていて、勝手にきてしまったのかもしれない・・・

推測3
いや、知り合いでも何でもないのだが、あちらが頭がおかしくて、ぼくを知り合いだと思いこんでいるのかもしれない・・・

推測4
いやいや、お互いに頭がおかしくて、頭のおかしい二人を、運命が引き寄せてしまったのかもしれない・・・

推測5
もしかしたら、冠婚葬祭の泥棒みたいに、知り合いぶって何かを盗みに来たのかもしれない・・・

推測6

あの人は、あの世からの使者で、お迎えに来たのかも。

でもボクが目を覚ましたから、帰っていったのかも・・・

そうなんですよ。

そういえば、三途の川みたいな夢も見たんですよね。

その話は、また今度。

---------------------

「あらいさん」と名指しだったから、人違いということは考えにくい。

でも、全く見ず知らずの人が、私があらいさんであることがわかってしまうことが判明。

部屋の外に名札が貼りだしてあるので、病室の前まで来れば、私のベッドの位置に、「あらいさん」がいることは分かる。

それを確認せずに、勝手にベッドまで来たとしても、ベッドにも名札が付いているので、名前は分かる。

いや、待てよ・・・

常に前向きな私は、こう考えることにしました。

きっとこの人は・・・

私をゾッとさせて、熱を下げてくれたんだな・・・

ありがとう・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

歩行許可

入院10日目です。

熱は落ち着いてきました。

頭痛は相変わらずで、氷まくらをしています。

歩行の許可が出ました。

歩けそうだったら、看護師さんにことわって、病棟内の歩行のみOKに。

ベッドの掃除の時間に、杖で歩いてみました。

10日ぶりに地に足をつけるので、2、3歩で転びそうになりました。

考えてみれば、6月13日から抗がん剤の6クール目の入院をして、退院して、1週間で今回の入院になってしまったんですよね。

この1ヶ月は、ずっと寝たきり・・・

弱るはずだな。

-----------------------

ベッドの掃除ですごく毛が抜けているみたいと言うので見てみると、たしかに。

これだけ抗がん剤をしたんだから当然と言えば当然。

この際、スキンヘッドにしてしまおう!

洗面台に行き、ひげそりでチャレンジ。

これが意外に難しい。

後ろは見えないので、手探りで。

----------------------

昨日から背骨が痛いです。

背中の下に何かあるのかなと、夜中に起きては、ベッドを探すのですが、何もない・・・

ずっと寝てるからかな。

時間はあるので、推骨の数を数えてみる

腰というよりは、もうちょっと上の方で、胸椎の7番目とか8番目くらい。

------------------------

来る先生、来る看護師さんが・・・

「安静にしてますか~?」

「安静ですか~?」

もう、こればっかりです。

猪木の「元気ですか~!」に続く、新しいのフレーズ

「安静ですか~!」

------------------------

抗がん剤をしているわけではないのですが、食欲がなく、三分の一くらい食べるのがやっと。

トマトジュースと、オレンジジュースと、水ばかり飲んでいます。

抗がん剤中は、泳ぎたい思いが一層強くなって、早く復活することばかり考えていましたが、いまは、死ぬ思いをしたせいか、無事生きているなら、それでいいか・・・

| | コメント (1) | トラックバック (0)

プリちゃん

入院9日目となりました。

点滴が落ちなくなってきたので、3回目のルートの取り直しです。

抗生剤の点滴を一日3~4回、9日間入れ続けております。

「もう今回は、菌をガッツリたたきましょうね!」

まだ抗生剤の点滴は、つづくみたいです・・・

確実に身体が回復してきているのが分かります。

あと一息という感じです。

話がさかのぼりますが・・・

救命センターに運ばれるまでの話です↓

---------------------

7月1日(金)

この日は午後から、「今日は妙に足が痛むなぁ・・・」と思っていました。

夕方になって、歩けないほど痛みが強くなってきました。

「今日は歩きすぎたかなぁ?」なんて思いましたが、歩きすぎるほど歩いてないし、なんでこんなに足が痛いのだろう?と・・・

あまりに痛みが強くなってきたので、足を上げてしばらく休むことにしました。

午後7:00頃、決定的瞬間がきました。

急に、ブルっと身体が震えたのです。

「あ、これは・・・」

瞬時に、昨年12月の「丹毒」のことがを頭をよぎりました。。

そう、昨年12月に、白血球が下がっているところに、菌に感染し「丹毒」という診断で、1週間の入院をしました。

その時の症状は↓このような順番で起こりました。

①足が痛む
②ブルっと震える
③30分くらいして全身が震えだす
④高熱が出る
⑤足が腫れあがる
⑥菌に感染したと分かる

ブルっと来たということは、あと30分くらいで、全身が震えだし、寒くなって、とんでもない高熱が出るはず。

「これはまずい。すぐに病院に電話しよう・・・」

すぐに病院に電話しました。

「私は、先週までそちらの病院で、化学療法の治療で入院していた、あらいと申します。昨日の外来で受診したときに『いま白血球が下がっているから、もし熱が出たりしたらすぐにきてください』と先生に言われたんです。まだ測っていないのですが、たった今、熱が上がりはじめたので、先生がいらっしゃるなら、今から、そちらに向かいたいのですが。」

「はい。少々お待ちください。確認します。」

時間は午後7:00。

外来はとっくに終わっている時間。

「もしもし、お熱は大丈夫ですか? 現在、あらいさんのチームの先生は不在ですが、別のチームの先生ならいらっしゃいます。」

「何先生がいらっしゃいますか?」

「○○先生と○○先生です。」

午後7:00なので、いるのは当直の先生のみ。

私のチームの先生は誰もいないが、別チームの先生なら何人かいることが分かった。

「○○先生は、とにかくすぐに病院に来てくださいと言ってますので、すぐにいらっしゃってください。」

「はい。ではすぐに行きます。」

徐々に身体が震えはじめて、自力で行くのは難しそう。

救急で行くことに。

病院に向かう途中、容態が急変。

「きたきた・・・ どうしよう・・・ だいじょうぶかな・・・」

足が激しく痛みだし、真っ赤に腫れてきて、身体は寒く、歯がガクガクして、全身の震えが止まらない。

話をしようにも、歯がガクガク震えすぎて話せない。

救命センターに着き、歩けないので、ストレッチャーで運んでもらい、看護師さんに何枚も毛布をかけてもらう。

先生たちが登場し、これまでのことを話す。

違うチームの先生ですが、何度かインターフェロンをしていただいた先生たちだったので、私のことは、よくわかっていただいている。

即、点滴のルートをとってもらい、点滴開始。

この時点で、私の考えは、「点滴をしてもらって、熱が下がって、帰る」と思っていました。

身体のあちこちに、茶色い液を塗られ、採血が始まる。

何をしてるんだろう?

色々聞きたいが、歯がガクガクしてうまくしゃべれない。

先生たちは、慌しく動いている。

やっぱり、菌に感染したかな・・・

でも、この症状は、12月の時とは比べ物にならないくらいひどい・・・

どうなっちゃうんだろう・・・

しばらく救命センターにいました。

この間、ずっと一人の看護師さんがいました。

この看護師さん、慣れた手つきでテキパキ動いている。

その動きもさることながら、あり得ないくらい、かわいい顔をしている。

「キミは、プリプリプリティーのプリちゃんだね」

「はあ?」

「AKBで総選挙に出たら、絶対にTOPだね」

「なんですか?」

「プリちゃんは、こんな人眼につかないところにいるのはもったいないね」

「ごめんなさい。よく聞きとれなくて・・・」

色々話すも、震えと、ろれつが回らなくて、うまく話せず、話がかみ合わない。

しばらくして先生たちが・・・

「おそらく何らかの菌の感染だと思います。菌を特定する検査をしていますが、結果はすぐに出ないので、抗生剤で点滴をしましょう。やはり、このまま入院していただいて、早ければ2~3日。でもこれから、さらに状態が悪くなる可能性もあるので、そうなったら入院は長くなると思います。」

にゅ、入院か・・・

帰るつもりだったから、何にも持ってこなかったなあ・・・

それより、入院となると、明日からのレッスンはどうしよう?

どうやって連絡をつけよう?

足の痛みは益々ひどくなるし、身体の震えは増すばかり。

携帯はすでにバッテリー切れ。

充電機もない。

充電機を借りるにしても、私の携帯は、誰も持っていないころのスマートホンなので、普通の充電機と差し込み口の形状が違う。

家に電話して、部屋にあるパソコンからメールをしてもらうにしても、手順を説明できるほどしゃべることができない。

これは困った・・・

すると、プリちゃんが・・・

「ブログとかやってないんですか? ブログだったら、私の携帯からでも更新できますよね?」

ぷ、プリちゃん・・・

そ、そうだね・・・

ナイスアイデアだね、プリちゃん・・・

プリちゃんに、今の状況を書いてもらうことに。

次第に、痛みと寒さが耐えきれなくなくなってきて・・・

ここから、昨日の「怖い話」つながります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

怖い話

自分でゆっくり打っています。

まだ目は、かすんだり、二重に見えたりしています。

救急で入院して、いつの間にか、8日間がたちました。

元気になったというよりは、最悪の状況から、じっとしていても、苦痛がやわらいできたという感じです。

熱は下がりましたが、頭痛は続いているので、氷まくらが気持ちいいです。

足は、まだらに茶色くなっていて、固くなっているところがありますが、痛みは、だいぶ楽になりました。

車いすからベッドに移動するのも一人でできるようになりました。

一日中、点滴をしながら寝ています。

-----------------------

今回は、いろいろと怖い思いをしました。

あらためて思いました。

菌は怖いです。

あの、痛くて、寒くて、苦しい状態は、いま思い出しても、恐怖でしかありません。

足は痛すぎて曲げることも、伸ばすこともできず、触れただけでも激痛でした。

熱が40度を超えると、別世界になります。

寒いので、何枚もの毛布にくるまっていました。

先生たちに足を見せるたびに、毛布をはがし、足を見せていました。

足を見せようと、毛布をはがすと、炊飯器のふたを開けたみたいに熱気があるのです。

時間を追うごとに、苦痛が増していきました。

このまま死ぬな・・・と思いました。

でもあきらめたら、すぐに死んでしまうだろう。

耐えがたきを耐え、忍びがたきを忍び。

いまが一番きついところだから。 いまが一番・・・

ここを乗り切れば大丈夫。

先生たちが、少しの間いなくなる時間がありました。

頭がボーっとして、自分がどこにいるのか、よくわからなくなっていました。

意識がだんだん薄れていく中、壁を見て、天井を見て、入口の扉を見て・・・

「あ・・・ ここは・・・ 」

ゾッとしました。

なんということでしょう。

わたしの運ばれた救急救命センターの部屋は、まさに、一年半前にうちの父が、運ばれ、死亡と断定された部屋と、全く同じ部屋だったのです。

苦痛の限界に来ていた恐怖と、父が亡くなった部屋にいる恐怖。

ここから先は、あまり覚えていません。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

パソコン

あらいさんは、まだ目が見えずらいので、代わりに書いていますsweat01

車いすwheelchairでトイレtoiletに行けるようになりましたupup

小さな声でお話がhappy02できるようになりましたupup

伝言です

病室にパソコンがきました。

必要なメールのみ送ります。(送ってもらいます)

ご心配おかけしております。

頭痛はあるものの、熱は下がりはじめました。

目はまだはっきり焦点が合わないです。

足の痛みがひどく、足が変な色になっていて、色も質感もクヌギの木(カブトがいるやつ)のような感じです。

ベッドから車イスに移るのが大変です。

救命センターでの記憶がほとんどないのですが、ものすごく克明に状況を話していたそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

おめめ(◎_◎;)

sunこんにちは(*^-^)/

eyeあらいさんは目がかすんじゃって。。。eye 

文字を見たり打ったりが うまくいかないので。。。sad

代わりに打ってま~す。。。( ̄○ ̄;)!shine

あらいさんのブログは字ばっかり。。。sign02

もっと絵文字を つかいましょーー(*^ー゚)bクshineshine

菌の正体はわかりません。。。down

足がとってもイタイイタイ。。。downdown

頭もとってもイタイイタイ。。。downdown

bombお熱はちょっと下がってきました。。。up

とにかく 安静安静。。。hospital

sleepyベッドから動けませ~んshock

riceballごはんは ほとんど食べてないけど。。。sad

点滴で栄養がとれてるからだいじょうぶhappy01scissors

声を出すと頭にひびくので(´;ω;`)ウウ・・・

だまっておめめを つぶってま~すthink

時間かかりそうだけど 必ず復活しますpunchannoy

| | コメント (2) | トラックバック (0)

すみません

ベッドの上にいます

まだ ぼーっとしていてよく状況がわかってないです

いろいろご心配おかけしてすみません

痛くて動けないです

| | コメント (6) | トラックバック (0)

伝言

身体がとても熱いのですが、冷やすと寒いようです。

頭の下、両耳、頭頂部に氷を当て、足にアイスパック、足の裏に湯たんぽを入れています。

一日中寝ていて、たまに目を開けますが、目はうつろです。

24時間点滴している中、一日4回、抗生剤の点滴をしていますが、症状の改善にはいたっていない様子です。

伝言です。

スクールの皆様、個人の皆様、柏原先生、水協の皆様すみません

一日中、暑く寒く痛くて。

どうにもならず情けない。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

容態

現在の容態をお知らせします。

昨日19:30救命救急センターに救急搬送されました。

42度の高熱による悪寒戦慄と菌の感染による足の麻痺があり歩行できない状態でした。

皮膚の比較的浅い部分の感染と思われますので見切り発車ではありますがペニシリンの投与ほか24時間点滴を入れています。

インスリンを入れている方なのでインスリンと相性の悪い抗生剤は使用できません。

現在も40度の熱があり抗生剤を入れ続けておりますがなかなか下がりません。

菌の感染により足全体が真っ赤に腫れ上がり足に触れるだけでも強い痛みを訴えています。

依然として意識が朦朧としていて会話はほとんどできません。

白血球は15000

CRPも非常に高い数値です。

菌の培養検査をしておりますが菌の特定に至るまでには1週間かかります。

昨日よりも容態が悪いので危険な状況であり予断を許さない状況ですので慎重に経過観察を続けます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

処置室

救急病棟から処置室に移動しました

感染予防のため隔離です

震えていて聞き取りにくいのですがプリプリとかプライと言っているように聞こえます

どんどん書けといっています

腕、足の付け根などから、たくさん採血されています

熱が42度になりました

座薬をいれていますが意識はなさそうです

まだ点滴は生食だけです

私は救命に戻ります

| | コメント (1) | トラックバック (0)

救急搬送

代筆です

あらいさんは午後7:30  救命救急センターに救急搬送されました

震えがとまらず 一歩も歩くことができせん

熱は現在41度で上がりつづけています

培養検査がつづけています

入院が決まり3時間がたちますが、菌の特定がいまだにできず 治療が始まりません

足全体に痛みがあり ベッドでうずくまり 白目になっていて痛そうです

本人は身体がふるえっぱなしで 足と頭の痛みがひどいようです

スケジュールを気にされていて 伝言です

プールに行ってよていどおりつかってくれと言っています

携帯もパソコンがないから連絡できないと言っています

カシワラさんが、誰かこれをみたら仲間に伝えてくれと言ってます

ついにくるときがきたと言っています

| | コメント (2) | トラックバック (0)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »