« 世界水泳2011★5日目結果&6日目の見どころ | トップページ | 世界水泳2011★7日目結果&8日目の見どころ »

世界水泳2011★6日目結果&7日目の見どころ

いよいよ 7日目となりました。

期待はしていましたが、ここまですごい記録が出るとは思ってもみなかったので、泳ぎは進化しているな~ と実感です。

カウンターなんて気にしたことがなかったのですが、妙にカウントが増えているような気がして、見てみたら、1日に1000以上アクセスがあるみたいです。

このカウンターは、携帯からはカウントされないので、携帯から見た人を入れると、すごい数になっているのかも!?

---------------------

6日目の決勝結果

---------------------

●女子100m自由形

デンマークの「オッテセン選手」と、ベラルーシの「ゲルシメニア選手」が同着で、どちらも金メダルです!

銅メダルは、オランダの「R・クロモヴィジョジョ選手」

ヨーロッパ勢強し! です。

1位が二人、4位が二人と同着が二組と珍しいレース。

とにかく、1位~6位までが、0.3秒差ですから、肉眼で見る限り、1~6位までが同着に見えました。

○決勝結果

1 OTTESEN Jeanette DEN  53.45

1 HERASIMENIA Aliaksandra BLR  53.45

3 KROMOWIDJOJO Ranomi NED  53.66

4 HALSALL Francesca GBR  53.72

4 HEEMSKERK Femke NED  53.72

6 COUTTS Alicia AUS  53.81

7 VOLLMER Dana USA  54.19

8 COUGHLIN Natalie USA  54.22

-------------------------------

●男子200m背泳ぎ

ロクテ選手、今大会、調子がいいと分かってきましたが、それにしても、この記録は、異常ですね。

1分52秒台ですよ。

52秒台なんて、人間が出せるんですね。

入江選手は、実力通りの、素晴らしい記録でしたので、何も悔むことはありません。

「バタフライは背泳ぎより速い」という定説は、もはや覆されようとしている!?

真の世界記録は、入江選手のもつ「1分54秒08」でした。

つまり、ロクテ選手は、1分53秒を一度も出さずに、1分52秒を出したのです。

200m背泳ぎって、今でも2分を切ると速いという印象ですが・・・

今大会で、一番驚いた記録です。

○決勝結果

1 LOCHTE Ryan USA  1:52.96

2 IRIE Ryosuke JPN  1:54.11

3 CLARY Tyler USA  1:54.69

4 ZHANG Fenglin CHN  1:56.39

5 KAWECKI Radoslaw POL  1:57.33

6 DONETS Stanislav RUS  1:57.36

7 RANFAGNI Sebastiano ITA  1:57.49

8 WATANABE Kazuki JPN  1:57.82

--------------------------------

●女子200m平泳ぎ

優勝はソニ選手でした。

予想してた結果ですが、2位のエフィモワ選手のこの記録は、世界歴代3番目の記録ということになります。

素晴らしいです。

しかし、3位のこの記録を見る限り・・・金藤選手、いけたなぁ・・・

○決勝結果

1 SONI Rebecca USA  2:21.47

2 EFIMOVA Yuliya RUS  2:22.22

3 MCCABE Martha CAN  2:24.81

4 SUN Ye CHN  2:25.09

5 KANETO Rie JPN  2:25.36

6 HIGL Nadja SRB  2:25.93

7 PEDERSEN Rikke DEN  2:26.56

8 PIERSE Annamay CAN  2:27.00

-------------------------------

●男子200m平泳ぎ

まず、北島選手、よくやりました!

記録も素晴らしいです。

ギュルタ選手も、この記録なら納得ですね。

平泳ぎ王国ハンガリー復活か!?

○決勝結果

1 GYURTA Daniel HUN  2:08.41

2 KITAJIMA Kosuke JPN  2:08.63

3 VOM LEHN Christian GER  2:09.06

4 SHANTEAU Eric USA  2:09.28

5 JAMIESON Michael GBR  2:10.67

6 TITENIS Giedrius LTU  2:11.07

7 CHOI Kyu Woong KOR  2:11.17

8 WILLIS Andrew GBR  2:11.29

-------------------------------

●男子800mリレー

このメンバーでアメリカが負けるわけないという感じですが、意外に接戦でしたね!

そして、ついに出た!

引継ぎ「0.00秒」!

引継ぎ「0.10秒」くらいでもフライングに見えることがありますが、これはまさにドンピシャですね!

800mリレーで、よくこんなコワイことができるなぁ・・・

○決勝結果

1 USA United States of America 7:02.67

 PHELPS Michael  1:45.53

 VANDERKAAY Peter  1:46.07

 BERENS Richard  1:46.51

 LOCHTE Ryan  1:44.56

2 FRA France 7:04.81

 AGNEL Yannick  1:45.25

 MALLET Gregory  1:46.81

 STRAVIUS Jeremy  1:45.40

 GILOT Fabien  1:47.35

3 CHN People's Republic of China 7:05.67

 WANG Shun  1:47.09

 ZHANG Lin  1:46.14

 LI Yunqi  1:47.30

 SUN Yang  1:45.14

4 GER Germany 7:08.32

 BIEDERMANN Paul  1:45.20

 WALLBURGER Tim  1:47.70

 FILDEBRANDT Christoph 1:48.16

 STARKE Benjamin  1:47.26

5 AUS Australia 7:08.48

 FRASERHOLMES Thomas  1:48.35

 MONK Kenrick  1:45.84

 KILLEY Jarrod  1:48.01

 NAPOLEON Ryan  1:46.28

6 GBR Great Britain 7:10.84

 DAVENPORT Ross  1:47.31

 CARRY David  1:47.47

 SCOTT Jak  1:48.78

 RENWICK Robert  1:47.28

7 JPN Japan 7:10.92

 MATSUDA Takeshi  1:47.37

 HIHARA Shogo  1:46.87

 KOBORI Yuki  1:47.74

 OKUMURA Yoshihiro  1:48.94

8 ITA Italy 7:12.26

 MAGLIA Gianluca  1:48.57

 MAGNINI Filippo  1:47.54

 BELOTTI Marco  1:47.97

 PIZZETTI Samuel  1:48.18

-------------------------

★7日目の決勝の見どころ★

-------------------------

●女子50mバタフライ

まずこの種目、タイムの目安は「26秒」です。

26秒台で泳ぐ選手は、たくさんいます。

25秒台で泳げる選手は少ないです。

加藤選手も、25秒台で泳げば十分にメダルのチャンスありです。

やはり優勝候補は、大ベテラン「アルシャマー選手」

自由形もバタフライも、50mでは負けなしの選手。

決勝は、アルシャマー選手が、25秒前半で泳ぐのでは!?

○準決勝結果

1 ALSHAMMAR Therese  SWE  25.52

2 DEKKER Inge  NED  25.78

3 LU Ying  CHN  25.87

4 SJOESTROEM Sarah  SWE  25.90

5 KATO Yuka  JPN  26.07

6 GUEHRER Marieke  AUS  26.12

7 HENIQUE Melanie  FRA  26.29

8 VOLLMER Dana  USA  26.32

9 TAO Li  SIN  26.34

10 DE PAULA Daynara  BRA  26.39

11 MAGNUSON Christine  USA  26.43

12 ALJAND Triin  EST  26.48

13 OTTESEN Jeanette  DEN 0 26.53

14 VELDHUIS Marleen  NED  26.61

15 MOHR Vanessa  RSA  26.74

16 IVRY Amit  ISR  26.79

----------------------------------

●男子50m自由形

この種目、やはり22秒がラインです。

21秒台を何人が出せるのか?

世界で初めて21秒台を出したのは、今から21年前の、1990年、アメリカの50mのスペシャリスト「T・ジェイガー選手」

50mしか出ない。

50mでは、絶対にビオンディ選手に負けない!

彼が登場するだけで、会場が一気に盛り上がる、短距離のスーパースターでした。

その後2000年に、「A・ポポフ選手」が出した「21秒64」という記録が、ずっと破られずにいました。

21秒台で泳ぐ選手が増えたものの、高速水着期を除くと、ポポフ選手の記録「21秒64」より速く泳いだ選手は、下記の3人だけです。

ネザン選手 21秒55

シエロフィーロ選手 21秒55

ブスケ選手 21秒36

決勝では、当然21秒の争いになりますが、何人が「ポポフ越え」できるか!? なんて見方も面白いと思います。

○準決勝結果

1 FRATUS Bruno  BRA  21.76

2 CIELO FILHO Cesar  BRA  21.79

3 ADRIAN Nathan  USA  21.94

4 DOTTO Luca  ITA  21.97

4 TAKACS Krisztian  HUN  21.97

6 LOUW Gideon  RSA  22.02

6 BOVELL George  TRI  22.02

8 BERNARD Alain  FRA  22.07

9 TARGETT Matthew  AUS  22.09

9 FESIKOV Sergey  RUS  22.09

11 ORSI Marco  ITA  22.13

12 ABOOD Matthew  AUS  22.16 0

13 BROWN Adam  GBR  22.21

14 NYSTRAND Stefan  SWE  22.23

15 GRECHIN Andrey  RUS  22.36

16 SCHOEMAN Roland  RSA  22.42

-------------------------------

●男子100mバタフライ

この種目の目安となるのは「52秒」

52秒台は大勢いますが、51秒台となると、速いなぁ~と思えるタイムです。

そして世界でたった二人だけ、「50秒台」で泳いだ選手がいます。

I・クロッカー選手

M・フェルプス選手

やはり、100mバタフライと言えば、「I・クロッカー選手」

現在のフラットなバタフライは、クロッカー選手の泳ぎから。

また、世界選手権と言えば「クロッカー選手」。

世界選手権のたびに、世界記録を塗り替えていました。

クロッカー選手が、世界で初めて50秒台を出しました。

2003年のバルセロナ世界選手権で50秒98

2005年のモントリオール世界選手権で50秒40

高速水着期を除く、真の世界記録は、この「50秒40」です。

今大会、フェルプス選手は、この100mに絶対の自信を持っているようですので、50秒台が出るかもしれません。

今回は準決勝で、全員が51秒台という超ハイレベルなレースとなっています。

藤井選手も51秒前半が出ればメダルの可能性ありです。

○準決勝結果

1 PHELPS Michael USA  51.47

2 CZERNIAK Konrad POL  51.54

3 MCGILL Tyler USA  51.56

4 FUJII Takuro JPN  51.69

5 KOROTYSHKIN Evgeny RUS  51.77

6 HUEGILL Geoff AUS  51.85

7 DUNFORD Jason KEN  51.92

8 VERLINDEN Joeri NED 51.97

9 STARKE Benjamin GER  52.18

9 CSEH Laszlo HUN 52.18

11 ASHBY Sam AUS  52.19

12 FROELANDER Lars SWE  52.34

13 LE CLOS Chad RSA  52.44

14 KORZENIOWSKI Pawel POL 52.54

15 DEIBLER Steffen GER  52.55

16 MANKOC Peter SLO  52.67

--------------------------------

●女子200m背泳ぎ

この種目は「2分08秒」がタイムのラインとなります。

2分07秒で泳ぐと、速いな~ と思えるタイムです。

この種目では、今から20年前に、とんでもない記録が誕生しました。

1991年、ハンガリーの「K・エゲルセギ選手」が「2分06秒62」という記録です。

2007年に「K・コベントリー選手」が「2分06秒83」という記録を出すまでの16年間、この「2分06秒台」で泳げる選手もいませんでいた。

現在までに、高速水着期を除いて、2分07秒を切った選手は、下記の6人だけです

エゲルセギ選手

コベントリー選手

チョウセイ選手

シモンズ選手

ホッキング選手

フランクリン選手

やはりメダルをとるには、2分06秒台となると思います。

・・・とここまでが事前に用意していたコメントです。

準決勝で、とんでもない記録が誕生しました。

なんと前人未到の「2分05秒台」です!

これはすごい!

フランクリン選手、一気に金メダル候補となりました。

酒井選手2分08秒台で11位とは・・・

おそろしいレベルの高さです!

○準決勝結果

1 FRANKLIN Melissa USA  2:05.90

2 HOCKING Belinda AUS  2:07.76

3 BEISEL Elizabeth USA  2:07.82

4 ZEVINA Daryna UKR  2:08.22

5 CASTEL Alexianne FRA  2:08.41

6 VAN ROUWENDAAL Sharon NED  2:08.42

7 NAY Meagen AUS  2:08.53

8 SIMMONDS Elizabeth GBR  2:08.79

9 RUSSELL Sinead CAN 2:08.80

10 ZHAO Jing CHN  2:08.86

11 SAKAI Shiho JPN  2:08.93

12 COVENTRY Kirsty ZIM  2:09.33

13 PROUD Stephanie GBR  2:10.57

14 DA ROCHA Duane ESP  2:10.74

15 INGRAM Melissa NZL  2:10.77

16 CANTIN Genevieve CAN  2:12.12

Br_decobanner_20110710201047

|

« 世界水泳2011★5日目結果&6日目の見どころ | トップページ | 世界水泳2011★7日目結果&8日目の見どころ »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1395152/41012015

この記事へのトラックバック一覧です: 世界水泳2011★6日目結果&7日目の見どころ:

« 世界水泳2011★5日目結果&6日目の見どころ | トップページ | 世界水泳2011★7日目結果&8日目の見どころ »