« 世界水泳2011★3日目結果&4日目の見どころ | トップページ | 世界水泳2011★5日目結果&6日目の見どころ »

世界水泳2011★4日目結果&5日目の見どころ

---------------------

4日目の決勝結果

---------------------

●男子200mバタフライ

予想どおりの結果となりました!

松田選手、やりましたね!

高速水着期を除けば、自己ベストです。

フェルプス選手は、なんて言うんでしょう。

調子がいいとか、悪いとか、関係なく、この舞台に立つと、闘争本能に火が着いちゃうんですね。

全然200も真剣勝負じゃないですか!

まさか53秒台が出るとは思いませんでした。

本当にすごい選手です。

そして、3位には呉鵬選手。

呉鵬選手も、54秒台を出すとは、恐れ入りました。

2007年に、おデブちゃんになって、タイムが落ちてから、中国には次々新しい選手が誕生してくるし、もうこの選手は引退だな・・・なんて勝手に思っていたのに、あれから4年で、奇跡の復活です。

表彰台は、結局、「大ベテランそろい踏み」って感じでしたね。

○決勝結果

1 PHELPS Michael USA  1:53.34

2 MATSUDA Takeshi JPN  1:54.01

3 WU Peng CHN  1:54.67

4 CHEN Yin CHN  1:55.00

5 LE CLOS Chad RSA  1:55.07

6 KORZENIOWSKI Pawel POL  1:55.39

7 JUKIC Dinko AUT  1:55.48

8 BICZO Bence HUN  1:55.53

-----------------------------------

●女子200m自由形

ペレグリーニ選手、やはり強かったですね!

結局、55秒台を出したのは、ペレグリーニ選手だけでした!

200mという距離は、本当に難しい距離で、過去にも、「世界記録は準決勝で出る」というパターンが多かったです。

決勝はどうしても力が入ってしまうので、準決勝より結果が悪くなる選手が、特に200mは多いように思います。

まあとにかく、2冠達成です!

ペレグリーニ選手は、中距離の女王ですね!

○決勝結果

1 PELLEGRINI Federica ITA 1:55.58

2 PALMER Kylie AUS  1:56.04

3 MUFFAT Camille FRA  1:56.10

4 SJOESTROEM Sarah SWE  1:56.41

5 BARRATT Bronte AUS  1:56.60

6 SCHMITT Allison USA  1:56.98

7 HEEMSKERK Femke NED  1:57.63

8 LIPPOK Silke GER  1:58.26

-----------------------------

●男子800m自由形

ちょっとこれは・・・

とんでもない記録が出てしまいましたよ・・・

真の世界記録は、ハケット選手のもつ「7分38秒65」でした。

つ、ついに、ハケット選手の記録が破られました。

どこまでハケット選手に近づくか? と思っていたのに、いきなり、破ってしまいました。

これは1500mで、とんでもないことが起こりそうです。

さらに、このレース、7人が7分50秒を切っています。

他の選手も非常にレベルの高い記録です。

こんなに、ハイレベルな800のレースは初めて見ました。

○決勝結果

1 SUN Yang CHN  7:38.57

2 COCHRANE Ryan CAN  7:41.86

3 KIS Gergo HUN  7:44.94

4 MELLOULI Oussama TUN 7:45.99

5 JOENSEN Pal FAR  7:46.51

6 LA TOURETTE Chad USA  7:46.52

7 VANDERKAAY Peter USA  7:46.64

8 ROUAULT Sebastien FRA  7:55.91

-------------------------------

●男子50m平泳ぎ

シルバ選手、優勝です!

ブラジルの選手は、シロフィーロ選手といい、感情むき出しでいいですね!

ただ・・・ これ、水中カメラの進化は、こわいですね~

シルバ選手の最後のキックは、明らかにドルフィンキックでした・・・

○決勝結果

1 SILVA Felipe Alves BRA  27.01

2 SCOZZOLI Fabio ITA  27.17

3 VAN DER BURGH Cameron RSA  27.19

4 FELDWEHR Hendrik GER  27.41

5 DALE OEN Alexander NOR  27.43

6 GANGLOFF Mark USA  27.58

7 STEKELENBURG Lennart NED  27.65

8 DUGONJIC Damir SLO  28.00

----------------------------------

5日目の決勝レースの見どころです。

全体的に、記録のレベルが高いので、さすがは、世界選手権だなぁと思います。

-------------------------

★5日目の決勝の見どころ★

-------------------------

●男子200m個人メドレー

まずは、この個人メドレーという種目ですが、以前と変わってきていることがあります。

以前の個人メドレーの選手には、得意種目、不得意種目がハッキリある選手が多かったです。

現在の個人メドレーの選手は、得意種目は、その個人種目でも、TOPクラスの記録が出せることと、不得意という種目でも、不得意とは言えないくらい速い記録が出せる選手が多くなってきました。

男子の場合、フェルプス選手は、バタフライ、背泳ぎ、自由形で、3種目とも、世界で3位以内に入る実力です。

平泳ぎが不得意とは言え、200mで2分16秒くらいで泳ぎますから、とても不得意とは言えない速さです。

そんなフェルプスの個人メドレーに、勝てる選手など、いるはずがないのです・・・

では、タイムから見ていきましょう。

この種目は「2分」というのが、一つのラインになります。

2分を切ると「速いなあ~」と思えるタイムです。

人類で初めて「2分」を切ったのは、1991年ハンガリーの「T・ダルニュイ選手」でした。

その後、記録は、1分58秒になり、2003年に、「フェルプス選手」が1分57秒台を初めて出しました。

その後、記録が塗り替えられるも、すべてフェルプス選手によるもの。

記録は1分56秒台になり、1分55秒台になり、ついには、1分54秒台を、フェルプス選手が出しました。

その後、高速水着期になりましたが、それでも54秒台を出せる選手は現れず・・・

ところが、2010年、「ロクテ選手」が、1分54秒台を出しました。

さらに、「ロクテ選手」が、フェルプス選手の世界記録を破るという、とんでもないことが起こりました。

そこで当然ながら、この二人の戦いになると思われます。

二人のベスト記録

フェルプス選手 1分54秒98

ロクテ選手 1分54秒43

1分55秒台を出した選手は、いません。

なので、この二人以外は、2分をやっと切るくらいの記録だと思われます。

・・・と、ここまでが事前に用意していたコメントです。

準決勝ではかなりハイレベルな記録でした。

13位の選手まで2分を切っています。

堀畑選手も決勝進出!

これは予想以上に速い決勝レースになりそうです。

し、しかし、ロクテ選手、ラストは、ものすごく流して56秒台でしたね・・・

○準決勝結果

1 LOCHTE Ryan USA 1:56.74

2 PHELPS Michael USA  1:57.26

3 CSEH Laszlo HUN  1:57.66

4 ROGAN Markus AUT  1:57.74

5 PEREIRA Thiago BRA 1:58.27

6 GODDARD James GBR  1:58.50

7 TO Kenneth AUS  1:59.17

8 HORIHATA Yuya JPN  1:59.47

9 TOWNSEND Darian RSA  1:59.49

10 JANUSAITIS Vytautas LTU  1:59.51

11 NEVO Gal ISR  1:59.67

12 CARVALHO Diogo POR  1:59.80

13 SCHEPERS Jan David GER  1:59.83

14 RODRIGUES Henrique BRA  2:00.04

15 VERRASZTO David HUN  2:00.05

16 CIESLAK Marcin POL  2:01.65

--------------------------------

●男子100m自由形

この種目は、競泳では、一番盛り上がる種目です。

そして、一番歴史が古い種目でもあります。

世界で初めて、「1分」を切ったのは、映画ターザンの主役の「J・ワイズミューラー選手」1922年のこと。

世界で初めて「50秒」を切ったのは、1976年の「J・モンゴメリー選手」

世界で初めて「49秒」を切ったのは、1985年の「M・ビオンディ選手」

世界で初めて「48秒」を切ったのは、2000年の「P・F・ホーヘンバンド選手」

その後、48秒台は出るものの、47秒台を出せる選手は現れず・・・

高速水着期を除くと、47秒台を出した選手は下記の4人です。

マグネセン選手 47秒49

ホーヘンバンド選手 47秒84

ハイデン選手 47秒98

ニストランド選手 47秒91

やはり決勝では、47秒台に期待したいですね!

・・・と、ここまでが事前に用意していたコメントです。

マグネセン選手、準決勝で47秒台です。

おそろしく絶好調です。

本番に強い、シエロフィーロ選手も、決勝では、やってくれそうな予感です。

47秒台は出るのか?

決勝が楽しみです。

○準決勝結果

1 MAGNUSSEN James AUS  47.90

2 ADRIAN Nathan USA  48.05

3 MEYNARD William FRA  48.25

4 HAYDEN Brent CAN  48.30

5 CIELO FILHO Cesar BRA  48.34

6 VERSCHUREN Sebastiaan NED  48.41

7 DOTTO Luca ITA  48.44

8 GILOT Fabien FRA  48.46

9 CZERNIAK Konrad POL  48.48

10 ROBERTS James AUS  48.49

11 MAGNINI Filippo ITA  48.50

12 MOORE Graeme RSA  48.59

13 GRECHIN Andrey RUS  48.67

14 PARK Tae Hwan KOR  48.86

15 LOUW Gideon RSA  48.96

16 LOBINTSEV Nikita RUS  49.00

---------------------------------

●女子200mバタフライ

この200mバタフライというのは、過去に異常な速さで泳ぐ選手がいました。

その人の名は、「M・T・マーハー選手」

マーハ―選手は、1981年に、「2分05秒台」を出しました。

このころの映像を見ると、ダントツに速すぎて、画面に他の選手が全く映らないのです。

その後、2007年までの26年間で、2分05秒台を出した選手は、たったの3人だけです。

マダムバタフライと言われた「S・オニール選手」

身長186cmの「O・イエジェイチャク選手」

まだまだ現役の「J・シッパー選手」

この後、高速水着期に入り、記録は次々出ました。

高速水着期がおわり、再び05秒台が見られる日は来るのだろうか? と思われたのですが・・・

中国の選手が、とてつもなく速い記録!?を出したのです。

なんと、前人未到の「2分04秒台」

しかも、二人もです。

リュウ・シカ選手 2分04秒40

ショウ・リュウヨウ選手 2分04秒44

こうなると、金、銀は、この二人になると思います。

・・・と、ここまでが事前に用意していたコメントです。

準決勝では、06秒台でしたが、やはり、決勝では中国選手が、来ると思われます。

銅メダルを取るには、2分05秒台を出さないと厳しいかもしれません。

星選手、05秒台を出して、メダル獲得に期待しましょう!

○準決勝結果

1 LOWE Jemma GB  2:06.30

2 HOSHI Natsumi JPN  2:06.69

3 LIU Zige CHN  2:06.69

4 GANDY Ellen GBR   2:06.73

5 JAKABOS Zsuzsanna HUN  2:06.77

6 SCHIPPER Jessicah AUS  2:06.93

7 JIAO Liuyang CHN  2:06.99

8 RICE Stephanie AUS  2:07.32

9 BELMONTE GARCIA Mireia ESP 2:07.94

9 HERSEY Kathleen USA  2:07.94

11 GRANSTROEM Martina SWE 2:08.01

12 LACROIX Audrey CAN  2:08.70

13 CHOI Hye Ra KOR  2:08.81

14 CRIPPEN Teresa USA  2:09.27

14 JEDRZEJCZAK Otylia POL  2:09.27

16 MARKOVARGAIda SWE 2:09.56

----------------------------

●女子50m背泳ぎ

50mの予想は非常に難しいです。

この種目はタイム的には、27秒台を何人が出せるか? というところでしょう。

高速水着期以前は、27秒台で泳ぐ選手は一人もいませんでした。

高速水着期後、27秒台で泳ぐ選手が続々現れました。

寺川選手もその一人です。

やはりメダルを取るには、27秒台が絶対条件となりそうです。

逆に言うと、27秒台が出れば、金メダルの可能性もありです!

飛びぬけて速い選手は、いないので、ここはチャンスです!

○準決勝結果

1 ZUEVA Anastasia  RUS  27.88

2 PERIS MINGUET Mercedes ESP  27.93

2 HERASIMENIA Aliaksandra  BLR  27.93

4 GAO Chang  CHN  28.05

5 WILKINSON Julia  CAN  28.10

6 FRANKLIN Melissa  USA  28.14

7 TERAKAWA Aya  JPN  28.16

8 SEEBOHM Emily  AUS  28.19

9 DRAKOU Theodora  GRE  28.25

10 DAVIES Georgia  GBR  28.26

11 ZHOU Yanxin  CHN  28.44

12 AVRAMOVA Ekaterina  BUL  28.64

13 MOSKVINA Kseniya RUS  28.75

13 SPOFFORTH Gemma  GBR  28.75

15 MENSING Jenny  GER  28.83

16 PELTON Elizabeth USA  28.85

Br_decobanner_20110710201047

|

« 世界水泳2011★3日目結果&4日目の見どころ | トップページ | 世界水泳2011★5日目結果&6日目の見どころ »

心と体」カテゴリの記事

コメント

(@Д@;はあ~。。。
なんだか読んでもチンプンカンプンですわ。
地デジが観られないから、世界水泳観られません。。。残念です~(涙)

投稿: Rossana | 2011年7月28日 (木) 22時26分

世水もせんせ~のレポートも…
ありがとうございますcryingclover
私もやっぱり頑張ろう…thinkrock

なんか、そんな元気がでてきましたdeliciousgoodshine

投稿: | 2011年7月29日 (金) 01時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1395152/40987774

この記事へのトラックバック一覧です: 世界水泳2011★4日目結果&5日目の見どころ:

« 世界水泳2011★3日目結果&4日目の見どころ | トップページ | 世界水泳2011★5日目結果&6日目の見どころ »