« 免疫療法 | トップページ | 世界水泳2011★4日目結果&5日目の見どころ »

世界水泳2011★3日目結果&4日目の見どころ

第3日目も、大変素晴らしい記録が続出!

世界選手権、盛り上がってきましたね!

---------------------

3日目の決勝結果

---------------------

●男子200m自由形

この200m自由形は、すごいレースでしたね~

1分44秒台が5人ですよ!

こんなハイレベルなレースは、見たことがありません。

正直、ロクテ選手は、調子がいいとしても、45秒台だと思っていたので、一番驚きました。

こうなると、200m背泳ぎは、入江選手が簡単には勝たせてもらえないかも知れませんね。

ロクテ選手以外は完全に同着という感じ。

パク選手は相当悔しいでしょうね。

○決勝結果

1 LOCHTE Ryan USA  1:44.44

2 PHELPS Michael USA  1:44.79

3 BIEDERMANN Paul GER  1:44.88

4 PARK Tae Hwan KOR  1:44.92

5 AGNEL Yannick FRA  1:44.99

6 LOBINTSEV Nikita RUS 1:46.57

7 MEICHTRY Dominik SUI  1:47.02

8 IZOTOV Danila RUS  1:47.46

-------------------------------

●女子100m背泳ぎ

これまた、タイム的には、予想通りと言えば予想どおりですが、大混戦でした。

1位~5位が0.3秒の差しかないので、見た目では着順の判断がつかないレースでしたね。

寺川選手は、もっと上位にも見えましたが、たぶん、寺川選手を中心に見ているので、そう見えたのかもしれません。

この上位の5人の実力は、互角と言っていいと思うので、最後のタッチのタイミングとか、本当に些細なことの結果ですね。

でも結局、こういうレースで勝てる人と、勝てない人がいるんですよね。

勝負強さとか、運とか!?

寺川選手には、50に期待しましょう。

○決勝結果

1 ZHAO Jing CHN  59.05

2 ZUEVA Anastasia RUS  59.06

3 COUGHLIN Natalie USA  59.15

4 SEEBOHM Emily AUS  59.21

5 TERAKAWA Aya JPN  59.35

6 HOCKING Belinda AUS  59.53

7 SIMMONDS Elizabeth GBR  59.89

8 RUSSELL Sinead CAN  1:00.20

-------------------------------

●女子1500m自由形

フリース選手、最後まで強かったですね!

800mの通過が8分23秒でしたから、800のレースと考えても非常に速いタイムです。

しかし、必ず中国の選手はいますね。

層の厚さを感じます。

○決勝結果

1 FRIIS Lotte DEN  15:49.59

2 ZIEGLER Kate USA  15:55.60

3 LI Xuanxu CHN  15:58.02

4 KOBRICH Kristel CHI 16:05.11

5 GORMAN Melissa AUS 16:05.98

6 TROTT Wendy RSA  16:06.02

7 VILLAECIJA GARCIA Erika ESP 16:09.71

8 SHAO Yiwen CHN 16:12.01

-------------------------------

●男子100m背泳ぎ

これまた予想どおりの結果となりました!

入江選手、見事、52秒台で、銅メダルです!

おめでとう! 

いくら結果が良くても、なかなか喜ばないコメントが多い入江選手ですが、これは素直に喜んでほしいです。

100mで銅を取れるなんて、スプリント力も抜群!

5位の選手が53秒0ですから、超ハイレベルですね。

○決勝結果

1 LACOURT Camille FRA  52.76

1 STRAVIUS Jeremy FRA  52.76

3 IRIE Ryosuke JPN  52.98

4 THOMAN Nicholas USA  53.01

5 PLUMMER David USA  53.04

6 TANCOCK Liam GBR  53.25

7 MEEUW Helge GER  53.28

8 KEAN Gareth NZL  53.50

--------------------------------

●女子100m平泳ぎ

ソニ選手、強し!

ジョーンズ選手は、泳ぎがずいぶん変わりましたね。

腕の動きに、ずいぶん改良を加えているように思えますが、以前の方が、ずっといいと私は思います。

まあとにかく、またしても中国選手がからんでいます。

中国はすごい! としか言いようがありません。

そして鈴木選手も、このタイムなら、メダルいけましたね。

○決勝結果

1 SONI Rebecca USA  1:05.05

2 JONES Leisel AUS  1:06.25

3 JI Liping CHN  1:06.52

4 EFIMOVA Yuliya RUS  1:06.56

5 SUN Ye CHN  1:07.08

6 PEDERSEN Rikke DEN  1:07.28

7 TYLER Jillian CAN  1:07.64

8 NIJHUIS Moniek NED  1:07.97

----------------------------------

4日目の決勝レースの見どころです。

熱くなるあまり、日に日に、見どころコメントが長くなってきたような・・・!?

-------------------------

★4日目の決勝の見どころ★

-------------------------

●男子200mバタフライ

タイム的に言うと、この種目は「1分55秒」というのがラインになります。

1分55秒を切ると「速い!」と思えるタイムです。

2008年-2009年の高速水着期には、55秒を切る選手が続出でしたが、この時期を除くと、55秒を切った事がある選手は下記のとおりです。

エスポジト選手 54秒62

山本貴司選手 54秒56

柴田隆一選手 54秒99

コルゼニオスキー選手 54秒93

呉鵬選手 54秒91

ダルシ―選手 54秒61

ビッゾ選手 54秒79

松田丈志選手 54秒02

この中で、今回出場している選手は、4人。

呉鵬選手は、現在、55秒を切ることは難しいと考えると、松田選手の記録は、一番速いということになります。

しかし、しかしですよ。

もう一人怪物がいます。

「M・フェルプス選手」です。

2001年に、世界で初めて55秒を切ったのは、M・フェルプス選手です。

その後10年間で、この55秒を切った選手が、たったこれだけしかいない中、フェルプス選手の出した記録は、なんと「1分52秒」なのです。

一人だけ、ずば抜けた記録です。

もちろん高速水着ではない記録としてです。

今回、フェルプス選手は、200mよりも、100mに重点を置いているようで、「55秒を切ればいいか・・・」くらいに思っているようですので、これは大チャンスです。

・・・とここまでは、事前に用意していたコメントでした。

準決勝を見て、まず54秒台を4人も出したことに驚きました!

これは超ハイレベルです。

呉鵬選手の54秒台はない・・・という、大変失礼なコメントをしましたが、54秒台は、十分あり得ます。

決勝は、53秒台を出さないと、金メダルは難しそうです。

フェルプス選手も、準決勝は55秒の後半くらいかと思っていました。

200m自由形の決勝を泳いだ後に、まさかの54秒台です。

松田選手に期待しましょう!

○準決勝結果

1 MATSUDA Takeshi JPN  1:54.30

2 CHEN Yin CHN  1:54.80

3 PHELPS Michael USA  1:54.85

4 JUKIC Dinko AUT  1:54.94

5 WU Peng CHN  1:55.28

6 BICZO Bence HUN  1:55.35

7 LE CLOS Chad RSA  1:55.56

8 KORZENIOWSKI Pawel POL  1:55.85

9 CLARY Scott USA  1:56.01

10 ALMEIDA Kaio BRA  1:56.06

11 CIESLAK Marcin POL  1:56.13

12 CSEH Laszlo HUN  1:56.32

13 DE DEUS Leonardo BRA  1:57.58

14 DRYMONAKOS Ioannis GRE  1:57.77

15 DIMITRIADIS Stefanos GRE 1:58.16

16 ROCK Michael GBR  1:58.78

-----------------------------------

●女子200m自由形

この種目は、日本が世界から遅れている種目です。

かつて、「2分を切ると速い!」という時代がありました。

今から17年前の1994年に、ドイツのスーパースター「ファンアルムジック」選手が、「1分56秒台」を出しました。

そのころ、日本では「千葉すず」選手が、「1分58秒」で泳ぎ、世界の決勝の舞台で活躍していました。

このころは「ファンアルムジック選手」だけが速いという感じで、2分を切ればメダルの可能性ありという時代でした。

その後、ファンアルムジック選手が、2002年に、自身の記録を更新。

しかし、日本では2分を切る選手が、長い間現れなくなってしまいました。

2007年、ようやく、ファンアルムジック選手の記録が破られ、記録は一気に、「1分55秒台」に!

高速水着期を除くと、1分55秒台を出した選手は、下記の6人です。

ルーツ選手 55秒68

マナドゥー選手 55秒52

パールマ―選手 55秒73

ムファット選手 55秒95

バラット選手 55秒74

ペレグリーニ選手 55秒45

このうち、ルーツ選手とマナドゥ選手は出場していません。

1分55秒の闘いになると予想されます。

55秒台を何人が出せるのか?

400mにつづいて、ペレグリーニ選手の2冠なるか?

このあたりに注目です。

○準決勝結果

1 HEEMSKERK Femke NED  1:55.54

2 PELLEGRINI Federica ITA 1:56.42

3 PALMER Kylie AUS  1:56.59

4 MUFFAT Camille FRA  1:56.62

5 SJOESTROEM Sarah SWE  1:56.71

6 BARRATT Bronte AUS  1:56.90

7 LIPPOK Silke GER  1:57.02

8 SCHMITT Allison USA  1:57.07

9 MUTINA Agnes HUN  1:57.53

10 COSTA SCHMID Melania ESP  1:57.83

11 TANG Yi CHN 

12 BOYLE Lauren NZL  1:58.09

13 JARDIN Barbara CAN 1:58.18

14 UEDA Haruka JPN  1:58.28

15 ISAKOVIC Sara SLO  1:58.52

16 VERRASZTO Evelyn HUN  1:59.71

-----------------------------

●男子800m自由形

この種目は、五輪にない種目です。

記録的には、8分を切れば速い!という印象ですが、この種目の世界記録はずば抜けています。

この記録にはドラマがありました。

2001年世界選手権で、夢の対決がありました。

長距離を得意とするハケット選手と、初めて800mを泳ぐソープ選手。

スタートしてから、ハケット選手のとなりで、ぴったりついていくソープ選手。

二人は、お互いを見ながら、750mのターンまで、全く同時にターンをしていました。

ラスト50mで、一気にソープ選手が、ラストスパート!

下記の結果となりました。

ソープ選手 7分39秒16

ハケット選手 7分40秒34

長距離に絶対的な自信を持っていたハケット選手は、初めて泳いだソープ選手に負けてしまい、このあと、チームの誰とも話をすることがなくなり、一人の世界に・・・

そして、大会最終日、この悔しさを1500mに全てぶつけ、現在の大記録が誕生したのでした。

その後、2005年に、ハケット選手は、ソープ選手の記録を塗り替え、この時出した「7分38秒65」という記録が現在の世界記録となっています。

今大会では、久々に、ハケット選手の記録に近い選手が現れました。

中国の「ソンヨウ選手」

彼がどこまでハケット選手に近づけるのかに注目です。

-------------------------------

●男子50m平泳ぎ

50m種目は、誰が勝つのか全く予測不可能です。

この50m平泳ぎで、高速水着期を除いて、26秒台を出した選手はいません。

しかし、27秒台を出せる選手は、山のようにいます。

決勝は、27秒台の前半での争いになるでしょう。

優勝の可能性が高いのは、「バンダーバーグ選手(放送ではファンデルバーグと言ってたような?)」

50mだけの男だと思っていたら、100mで北島選手に勝ちましたので、期待できそうです。

・・・とここまでは、事前に用意していたコメントです。

準決勝で驚きました!

「ファンデルバーグ選手」と、「フェリテ・ダ・シルバ選手」が、なんと26秒台です!

これは真の世界新記録です!!

人類初の26秒台ですよ!

これに驚かない解説は、なぜ??

50mを勝ちまくっている「ファンデルバーグ選手」が、これだけガッツポーズをしたのは、初めて26秒台が出たからですよ!

これは大変レベルの高い決勝になりそうです。

○準決勝結果

1 VAN DER BURGH Cameron  RSA  26.90

2 FRANCA DA SILVA Felipe  BRA  26.95

3 DALE OEN Alexander  NOR  27.33

4 SCOZZOLI Fabio  ITA  27.37

5 DUGONJIC Damir  SLO  27.51

5 STEKELENBURG Lennart  NED  27.51

7 FELDWEHR Hendrik  GER  27.53

8 GANGLOFF Mark  USA  27.57

9 SNYDERS Glenn  NZL  27.64

10 MARKIC Matjaz SLO  27.71

10 AGACHE Dragos  ROU  27.71

12 TRIZNOV Aleksandr  RUS  27.73

13 RICKARD Brenton  AUS  27.80

14 POLYAKOV Vladislav   KAZ  27.81

15 BARTUNEK Petr JAN  CZE  27.87

16 SILADJI Caba  AUG  27.89

Br_decobanner_20110710201047_2

|

« 免疫療法 | トップページ | 世界水泳2011★4日目結果&5日目の見どころ »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1395152/40974921

この記事へのトラックバック一覧です: 世界水泳2011★3日目結果&4日目の見どころ:

« 免疫療法 | トップページ | 世界水泳2011★4日目結果&5日目の見どころ »