« 3日目 | トップページ | 4日目 »

食事

言いだしてしまった以上、あとには引けない・・・!?

どうしても、ステロイドを使いたくないので、「吐き気止めなしの抗がん剤」に挑戦して3日目が終りました。

眠くて眠くて仕方ありません。

昼間はほとんど寝ているので、これだと夜は眠れないと思うのですが、夜もずっと寝ています。

起こされない限り、いつまでも寝ているという感じです。

一日を24時間とすると、20時間は寝ています。

何か治療をするとき、食事の時、回診の時など、起こされて起きるのですが、すぐに寝てしまいます。

PCをつけると、起動してすぐに寝てしまいます。

インターフェロンも痛いし、抗がん剤の血管痛もひどいのですが、それでも最後の方は寝てしまいます。

寝る子は育つと言いますので、退院したころは、身長が180cmくらいになっているかもしれません。

困ったのは、食事がとれないこと。

1日目の夜、2日目の朝、昼、夜、3日目の朝、昼、夜と、こPh_475れで7食連続で食べられません。

まあ、人間、一週間くらい飲まず食わずでも死ぬことはないだろうし、まだまだ蓄えがある!?私の身体なので、自分では全然心配していないのですが、先生や看護師さん、調理部の方までが、心配してくれます。

まったく何も食べていないわけではなく、初日に持ってきたパンを、食事の時間になると「2かじり」くらいはしていますが、まあそれでも食べていないに等しいくらいです。

持ってきたパンは、フランスパンのバケットの半分のサイズのもの。

その半分のサイズのものを、4等分に切ってあり、その4等分されたものの「1切れ」が、3日たった今も食べきれていません。

あとは、トマトジュースと水を飲むくらい。

今回は、あたたかいお茶も受けつけません。

吐き気がひどいというよりも、「食欲が全くわかない」という感じです。

空腹感もありません。

おなかも減らないし、食べたくならないのですが、おなかはグ~グ~なります。

申し訳ないのは、食事を残すことです。

残すとかいうレベルではなく、ふたも開けないし、まったく手をつけないので、なんとかして食べられる物を・・・ と心配してくださります。

今朝は、調理師の方が、好き嫌いや、味付けのことで、ベッドまでわざわざ来てくださいました。

「好きなものをお出ししますので、何か食べたいものはありませんか? お好きな味付けにしますのでもう少し甘い方がいいとか、遠慮なく言ってください・・・」

すでに入院時に、ごはんは、たぶん食べたくなくなるので、主食はパンに変更していただいておりました。

さらにわがままを言うなら・・・Ph_472

そうだ、冷たい麺なら食べられるかもしれないと思い、「冷たい麺」という、超わがままな希望を言ったところ、さっそく本日のお昼は「ざるうどん」が出てきました。

通常のおかずはそのままなので、「通常の食事(主食はパン)+冷たい麺」という、おぼん2つ分の超豪華&超わがままなメニューでした。

その超わがままメニューが、テーブルに並ぶと、看護師さんらも見に来て・・・

「うわ~、なんかすご~い!」
「なにこれ~! おいしそう!」
「なんかさ、超特別扱いじゃない?」

た、たしかに、これはすごい・・・

でも・・・
全然食べたくない・・・

結局、そっくりそのまま、お返しすることに・・・

被災地では食べたくても食べられない人がいるっていうのに。
日頃、食べ物を残すなんてことはあり得ない私なので、ものすごい罪悪感である・・・

そして、夜も、またまた、通常メニュー+ざるそばの「ダブルトレイ」に・・・
がんばって、つゆに薬味は入れたのですが・・・
どうしても食べることができず、お返ししてしまいました。

だるさがハンパじゃないです。

この感じ、どう例えたらいいだろう・・・?

ずっと揺れる船にいる感じというか、眠いし、気持ち悪いし、何もする気になれない無気力感・・・

やばい、また眠くなってきた。

また明日もがんばります。

|

« 3日目 | トップページ | 4日目 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1395152/40409926

この記事へのトラックバック一覧です: 食事:

« 3日目 | トップページ | 4日目 »