« 終了! | トップページ | 退院 »

眼科

わたしのいる病棟は、眼科の患者さんが多いです。

昨年6月の、はじめの入院の時、異常に「ガン」という言葉に敏感だった私・・・

「この病棟は、眼科の患者さんが多いですね。」

と言われた時に

「え~~!? この病院には【ガン科】があるんですか?」

「眼科は、珍しい科じゃないと思いますけど・・・?」

「め、珍しいと思いますよ。ガン科なんて・・・ み、みんな、眼帯してるけど、ガンなんだ・・・」

しばらくして、眼科であることが分かり、「そうかぁ、眼科ね~ 」 と分かったのでした。

一日中、顔を合わせているので、病棟でお話しする方のほとんどが、眼科の患者さん。

私、もうかれこれ10カ月の間、入退院していますので、目の病気に関する知識もかなりついてしまいました。

元々、目に関しては、視力も良すぎるし、目が不都合になったことがないので、目の病気に関する知識がほとんどありませんでした。

知っているのは、白内障とか、緑内障とか。

白内障の人は、ほとんどいません。

いまや、白内障は入院の必要がないらしい。

いるとしたら他の合併症がある人。

多いのは、網膜はく離と緑内障。

網膜はく離にしても、緑内障にしても、名前のつかない目の異常の方も大勢いるのですが、何より驚いたのは、ほとんどの方が「糖尿病」なんです。

目が悪くなったのではなく、糖尿病が進んで、目に不都合が出た人ばかりなんです。

ほとんど両目が見えない人もいます。

「入院した時は、テレビが見れたんだけどね~」

仕切りカーテンを開けている時は、お話タイム。

仕切りカーテンを閉めると、暗黙の了解で「お話タイムは終了」となるのですが、ほとんど見えない人は、カーテンが閉まっているのかどうかなんて、わからないので、カーテンを閉めても話が続く・・・

突然目が見えなくなった人も多く、眼科の患者さんは、基本的に何かしたい時は、看護師さんを呼ぶことになっている。

勝手に歩くと、あちこちでぶつけて、捻挫したり、骨折する人も。

しかし、些細なことでいちいち呼ぶのは面倒だし、忙しそうだからと、勝手にトイレに行ったりして、みんな怒られている。

「○○さん、勝手に歩いちゃダメ!」

「すみません・・・」

「○○さん、トイレに行く時は呼んでって何度も言ってるでしょ!」

「なんか今日は見えるんだよね~ 今日のメガネかわいいね」

「今日はコンタクトです。 見えてないですね・・・」

眼圧というのも、縁がなかったのですが、眼圧が上がると、とっても辛そうです。

不都合がないと、なんとも思いませんが、不自由になると、そのありがたさに気付きます。

わたしのお隣の人は・・・

「あ~、車運転して~!!」

と毎日叫んでおります・・・

|

« 終了! | トップページ | 退院 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1395152/38994675

この記事へのトラックバック一覧です: 眼科:

« 終了! | トップページ | 退院 »