« 雪化粧 | トップページ | バレンタイン »

化学療法1日目(4クール)

化学療法1日目が終了しました!

抗がん剤の前に、インターフェロンから始めることに。

インターフェロンは、以前に「皮下注射」って聞いたような気がして、皮下注射だと思っていました。

「皮下注射」って痛いんだなあ・・・ と、ずっと思っていたのですが、インターフェロンは「皮下注射」ではなく、「皮内注射」だそうです。

皮内注射は、皮膚の中の、とっても浅い所に薬を入れるそうで、神経は皮膚のすぐ下に通っているので、とっても痛いのだそうです。

インターフェロンは、痛いけど、「注射を打つ技術」に大きな差があることが分かってしまったので、6人いる先生の「今日は、どの先生なんだろう・・・?」、とドキドキしておりました。

インターフェロンの時間になり、登場した先生は・・・ なんと7人目の先生!

この先生は、前回の3クール目のインターフェロンの時に、押さえ役として!?来ていた先生。

「今日のインターフェロンは、なんと私で~す!」

「そうなんですね。よろしくお願いしま~す。ボクね、もうかれこれ、300回くらい打たれていますから、打ち方によって、痛みが大きく変わることが分かっちゃっているんです。」

「どう打つと痛くないの?」

「やっぱり、ゆっくり打つことなんですよ! ゆっくり、ゆっくりって感じで!」

「そうなんですね。では、ゆっくりやりましょうね。 わたし、インターフェロン打つの初めてなんで・・・」

「は、はじめて!?」

「記念すべき、第1回目!」

「そ、それは、いい記念になりそうですね・・・」

インターフェロンが始まりました。

ゆっくり、ゆっくり打ってくれた先生。

打たれている間は、両手で手すりにしがみついて、歯を食いしばって、目をつぶっているので、どう打っているのかは見えないのですが、この先生、とても初めてとは思えないほど、上手でした。

「せんせい、ものすごく上手ですよ! いきなり第2位です!」

「え~? ホントですか~? よかったです!」

そして、抗がん剤の前の、吐気止めの点滴が始まる。

これまでのクールで、やはり吐気がひどかったので、今回は、さらに強い薬になったようで、薬剤師さんが説明に・・・

「今までより、ずいぶん大きいなあ・・・」

約1時間で、点滴が終わり、いよいよ1つ目の抗がん剤が・・・

この日は個室だったので、ブラインドを閉めると、部屋は真っ暗に。

完全なる遮光である。

3つの抗がん剤が終わったのは、夜の9:00。

あ~、長かった~

抗がん剤が終わっても、全然元気!

これなら明日も楽しみだ!?

|

« 雪化粧 | トップページ | バレンタイン »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1395152/38880477

この記事へのトラックバック一覧です: 化学療法1日目(4クール):

« 雪化粧 | トップページ | バレンタイン »