« オンコール | トップページ | 眠れる森 »

太平洋戦争

「太平洋戦争」って!?

ガンとは、全然関係ありません・・・

もちろん、治療とも、ぜ~んぜん関係ありません・・・

わたし、ひそかに政治活動を行っている、あやしい人間でもありません・・・

話は、入院前夜のことでした・・・

--------------------------

わたしは毎晩、小2の息子くんと一緒に寝ています。

入院生活が長くなり、すっかり病院リズムになってしまった私は、夜が起きていられなく、子供と同じ時間に、一緒に寝ています。

寝る時は、いつもお話をします。

お話しのお題は、息子くんが決める。

お話しと言っても、話し始めてすぐに寝ついてしまうので、5分と話は続かないのですが・・・

今回の入院の前夜、いつものように、「じゃあ寝よう」と、電気を消すと・・・

「ね~。どうして日本は、アメリカと戦争したの? なんで日本は負けたの?」

「せ、戦争?  今日はまた、ずいぶん難しいことを聞くんだね~  そうだね~ どこから話せばいいかなぁ。 これは日本とアメリカだけの話じゃないんだよね~  その前に、中国とのことがあってね・・・」

「グ~、グ~・・・」

「ええっ?? もう寝ちゃったの?」

これで、この話は終わってしまったのですが、戦争の話って、うちの父が戦争に行ったこともあり、ある程度分かってはいるが、きちんと説明できるほど理解しているかというと、そうでもないし・・・

よ~し、今回の入院で、トコトン調べてみるか。

だいたい、歴史に興味のなかった私は、第2次世界大戦だけを調べても、それ以前のことがよくわかっていないので、かなり歴史をさかのぼって、調べていきました。

この2週間、どうせグッタリしているので、ゆっくりじっくり、起きている時は、戦争に関する記述を読んでいました。

他に何もせず、一つのことに、いくらでも時間がかけられることなんて、普段の日常ではありえないことだしなぁ・・・

特に、こういった得意でない分野の話は、途中で途切れてしまうと、よく分からなくなってしまうので、ぶっ続けで集中するに限る。

もうかれこれ、何十時間、読んだかしら?

ようやく、色々と分かってきました。

だいたいの概要が分かってくると、突っ込んだ話も分かってくるし、書く人によって視点が違うので、ニュアンスもかなり違ってくる。

人それぞれ意見があり、どう感じるかは、人それぞれでいいと思いますが、事実は事実として、知っておかなければいけないなあと実感。

戦争責任なんて、考えようによっては、どこにも向けるところがない。

ヒットラーなんて、とってもひどい人だと思っていたが、日本の軍隊の幹部の方が、よほどひどい人間が多いようにも思えるし。

この戦争の根本は、明治憲法からの天皇制であろうと思いました。

神であり絶対権力を持っている天皇は、大日本帝国皇帝であるが、最終的な政治決断を下すのは誰か、という点は曖昧だったこと。

南方資源地帯を確保、長期自給の態勢の達成という目的で、講和することはできなかったのか?

あとから分かったことから、たらればの話はキリがないですが。

アメリカは嫌な国だと思っていたけど、戦い方に正義感を感じられる。

イギリスのことも、ドイツのことも、ソ連のことも、よ~く分かってきたし。

枢軸なんてことも知らなかったからなあ。

ミッドウェー、ガダルカナル、サイパン、ビルマ、戦艦大和、ゼロ戦・・・

この戦争によって犠牲になった人々に、心からご冥福をお祈りするしだいです。

これだけわかれば、説明できるぞ~!

家に帰ったら、何から話すかな・・・

今日は、いまいちよくわかっていなかった、靖国神社について、お勉強してみます・・・

|

« オンコール | トップページ | 眠れる森 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1395152/38968716

この記事へのトラックバック一覧です: 太平洋戦争:

» ガンほど厄介きわまる病気はない!でも・・・ [【ガンとの闘い】ガンに負けるな!]
がんはとても深刻で苦しい病気です。その状況は実際に罹った者にしか分らないのかもしれません。それでも、誰にでも共通する思いは、何とかその状況を打開したいという思いではないでしょうか? [続きを読む]

受信: 2011年2月23日 (水) 20時52分

« オンコール | トップページ | 眠れる森 »