« 血小板 | トップページ | 折り返し »

ガンの知識

がん告知から7ヶ月がたち、色々な方から、ガンの情報をいただきました。

どういう治療がいいとか、どういう食事、どういう生活をしていけばいいとか、ごくごく自然なものから、とっても怪しいものまで!? たくさんの情報をいただきました。

本来、わたしは、知らないことがあると、トコトン調べるたちなのですが、どうもこのガンに関しては、全く調べる気にならず、病院の先生に言われたままに過ごしてきました。

本当は、自分のことですから、詳しく本を読んだり、調べたり、するのが普通なのだと思いますが、なんというか、ガンに関わりたくないというか、いまだにガンじゃないと心のどこかで思っているのか、とにかく知りたいと思えなかったのです。

たまたま、6月の入院の時に、同じガンで、同じ年の方のブログを見つけ、9月に彼が亡くなってからは、ますます、詳しく知りたくなくなってしまいました。

たぶんこれが、自分以外の人のことだと、一生懸命調べたりするのかもしれません。

ガンのことを、知れば知るほど、ガックリきそうな気がして、ガンの記事があっても、気にはなるけど、あまり詳しく読まなかったりしてきました。

それでも、ガンにいいと言われる食事や生活は、なんとなくわかってきたので、取り入れて過ごしているつもりです。

年が明け、ようやく、これから何をしていくべきか、考えられるようになってきました。

|

« 血小板 | トップページ | 折り返し »

心と体」カテゴリの記事

コメント

何故?何故なの?という疑問をとことん持ったらいいと思います。
泳ぐことをとことん探求することと同じです。
自分自身の身体が何で出来ているかを考えれば
見えてきます。

私事ですが年末に高熱を出しました。
熱で動けなくなり、2日間横になってました。
動けるようになって会社へ出社し
「病院へ行くように」と上長からの指示があったので
内科へ行きました。
内科の受付では「風邪ですか?」と。
『風邪って何だろうか?』という疑問がありました。
「夜中に高熱が出て38度7分くらいで、動けませんでした。
熱は2日したら自然と下がりました。」
診断は5分も掛からず「自然と下がる熱ならインフルエンザではない普通の風邪ですね」
で終わり、総合感冒薬を貰いました。薬は体の毒だと思っているので
全く飲みませんでした。

熱だけなら自分の体をよく知っていれば、薬は不要なのです。
体が欲しがっているのは栄養と休養とわかっていたので
それで十分だったのです。

ウイルス性のインフルエンザだとしても体に闘う力があれば
何とかなります。

薬にも色んなものがあります。細胞に栄養を与えるものか破壊するもなのか
自分の体は自分自身が医者よりもわかってると思います。

人生は誰しも一度限りです。
闘病の戦術は幾つも知っておいた方がいいでしょう。

私の知人の情報では
同様な症状を栄養のみで闘病を克服したと聞きます。

人は60兆もの細胞で出来ているといいます。
小腸の内面は1日で生まれ変わり、血液は90日、
一番長い期間の骨は7年掛かるといいます。
7年すれば全て生まれ変わるのです。

病院の先生は症状から病名をつけ、薬学知識によって治療を進めます。
それもひとつの手段であり、自分自身の体に合っているかは誰にも解りません。
先生たちの「統計的な判断」が、ピッタリと当てはまるのでしょうか。


自分自身の体について医者よりも詳しく語れるように
私はそうありたいと常日頃思っています。

投稿: ^^; | 2011年1月16日 (日) 22時35分

幸せはガンがくれた 心が治した12人の記録
川竹文夫
創元社(大阪)
先生、楽天ブックスから送らせていただきました。もうお読みでしょうか?
私はまだこれからです。もしお持ちでしたら、どなたかに差し上げてくださいね。
また1人、スイマーが癌になりました。マスターズ年齢別100フリーで優勝されたことのある方です。他人事ではありません!!
(お家の電話番号が不明でしたので、私の家の番号で送っております、あしからず!)

投稿: 2キックラブ | 2011年1月31日 (月) 21時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1395152/38425415

この記事へのトラックバック一覧です: ガンの知識:

« 血小板 | トップページ | 折り返し »