« インターフェロンと痛み | トップページ | 退院 »

スタッフの皆さん

病棟には、先生をはじめ、看護師さんの他に、身の回りの世話をしてくださるスタッフ方が、数名いらっしゃいます。

検査の時は、検査室まで車イスを押してくれ、帰りも迎えに来てくれる。

テーブルを拭いたり、ごみを片づけたり、掃除、シーツ交換、ブラインドを上げたり下げたり、床を拭いたり、食事を運んだり、下げたり。

カルテやら書類やらを運ぶため、外来と病棟を行ったり来たり。

まあ、それはそれは、忙しい一日だな~ という感じです。

看護師さんも、とっても忙しそうだし、よくしてくださいますが、この方たちも、ホントに素晴らしいのです。

いつも笑顔で、元気いっぱい。

また、よく気づくんです。

「今日は顔色悪いね」

「気持ち悪い? さっきは元気そうだったけどね」

「病棟から出るなら、おなかに何かかけた方がいいよ。今、持ってくるから」

「ちょっと熱っぽいんじゃない? 看護婦さん呼んでくるからね。」

「めったに患者さんの名前って覚えないんだけど、あらいさんは、覚えちゃったよ。」
 
これは嬉しかったです。

ベッドの横に自分用のごみ箱があって、なんでも構わずそこに捨てるのですが、ごみを集める時に、ごみ箱を一つ一つ、一度、中のごみを出して、分別して、また集め直しているところを見たのです。

ごみの収拾は、シーツ交換や、お部屋のお掃除で、患者がいったん、お部屋から出される時にやっているので、こんな面倒なことをしていることに気付かなかったのです。

そこで・・・

ごみを集める時に、さりげなく、自分のごみを分別して、部屋を出ました。

そして、「いつもご苦労様です。分別しておきました。」
というお手紙を置いて。

この手紙を真っ先に見つけたのが、ごみを集めてくれる人ではなく、看護婦さん。

「なにこれ~! だまって分別しとけば、かっこいいのに、なんか、いやらしいよね~」

「これさ、結構、時間かけて書いたんじゃない? 字が丁寧だし・・・」

「えっ? なになに?」

なんか集まって来ちゃった・・・

遠くで色々と聞こえてくる・・・069_2

「サイテ~」

え~っ!? いま、誰か、サイテ~って言ってたような・・・ 

いいことしたはずなのに・・・

|

« インターフェロンと痛み | トップページ | 退院 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1395152/38181158

この記事へのトラックバック一覧です: スタッフの皆さん:

« インターフェロンと痛み | トップページ | 退院 »