« 腕 | トップページ | 体調不良 »

腕立て伏せ

点滴がしばらく続くので、点滴の針は入れっぱなしになっています。

感染の恐れがあるので、針を入れておくのも、1週間が限度だそうです。

針が入っているのは、手首から肘の間の手首に近いところ。

抗がん剤が始まると、グッタリして、全く動かなくなる・・・

今は、安静と言われているが、動こうと思えば動ける・・・

足に炎症ができているので、歩かないように車イスがベッドの横に置いてある。

ベッドから出なければ・・・

ちょっと腹筋でもやってみるか。

ゆっくり20回くらいやってみる。

ベッドがギシギシいう。

これでは、すぐにバレてしまう。

ちょっとプッシュアップをやってみるか。

2~3回の腕立て伏せでも、ベッドがギシギシ音がする。

あと1回でやめよう・・・と思ったその瞬間、「あ、痛っ!!」

点滴の針が入ったままやっていたら、どうも針が動いてしまったのか、腕がとっても痛い。

「こりゃダメだ・・・」

ナースコールを押す。

「あらいさん、どうされました?」

「点滴の針を入れている腕が痛いんです。」

「すぐに行きますね。」

看護婦さんが来た。

「あら、すごく腫れてますね。とりあえず、すぐに抜きましょう。」

「お、お願いします・・・ あ~、痛い・・・」

「これは痛いでしょう。まだ3日目なのにね。明日入れ直しましょう。」

「は、はい・・・」

翌朝、先生が登場。

「点滴の針を入れ直しに来ましたよ。」

「お願いします。」

「なんで、こんなに腫れちゃったんだろうね? 夜でしょ? 点滴もしてない時間だしね。」

「ま、まあ、ちょっと、腕立て伏せをやってみたんです・・・」

「え~っ!? 腕立て伏せ?? 安静にしてって、毎日言ってましたよね?」

「は、はい。でも安静な感じで、2~3回って感じなんですけど・・・」

すると、隣のベッドの、おしゃべり野郎が

「2~3回じゃないですよ。30回はやってましたよ。ベッドがギシギシ言ってましたから。」

「お前、余計なこと言うな!」

「あらいさん、車イスもガンガンこいでますよ。今日は最高速を出したとか、廊下で何人もひきそうになったって自慢してましたよ。」

「自慢なんかしてないだろ。」

「あらいさん・・・  車イスはトイレだけにしてください。あとベッドの上でのトレーニングは一切禁止とします。」

その朝から「腕立て伏せ禁止令」が出てしまいました。

その後は来る看護婦さんらが・・・

「腕立て伏せして怒られたんだって?」

「腕立て伏せ禁止なんて初めて聞いた」

「ナースステーションのホワイトボードに【あらいさん、腕立て伏せ禁止】って書いてありましたけど?」

ついに、主治医の超美人先生の耳にも・・・

「あらいさん、夜中に腕立て伏せをして、点滴の針から炎症を起こしたと聞いたのですが、本当ですか?」

「いや、夜中に腕が急に痛くなったので、針を抜いてもらったんですけど・・・」

「腕立て伏せはしてないのですか?」

「いや、まあ、したような、しなかったような・・・ 夜中のことですからね。記憶も定かじゃないというか・・・」

するとまた隣のおしゃべり野郎が・・・

「入院した日から、ベッドがギシギシ言ってましたから、毎日やってますよ。」

「初日は、やってないだろ!」

「あきれてものが言えませんね。安静の意味が分かっていらっしゃらないようですね。」

「わかってますよ。もうしませんから・・・」

「当たり前です。」

え~、そんなわけで、点滴の針を刺したままの腕立て伏せは、やらない方がいいですよ。

|

« 腕 | トップページ | 体調不良 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

あらいさん・・・

お願いですからおとなしくして下さいよ~(^_^;)

先日書いた「無理し過ぎ」という言葉は撤回して
「無茶し過ぎ」にします。

点滴しながら腕立てなんて想像しただけでもぞっとします!!

投稿: のんのん | 2010年12月10日 (金) 11時37分

そうだね

まずいことしちゃったね

動けないから 動かないなら わかるんだけど

動けるのに 動かない というのは

結構つらいね・・・

投稿: すじ | 2010年12月10日 (金) 17時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1395152/38023692

この記事へのトラックバック一覧です: 腕立て伏せ:

« 腕 | トップページ | 体調不良 »