« 安静 | トップページ | 退院 »

おかあさん

うちのかあちゃんは、よくお見舞いに来てくれます。

タイミング悪く、体調がすぐれない時に限って現れます。

何の気兼ねもないので、体調の悪い時は、体調が悪いとも言わず、黙ったまま横になっています。

「体調が悪い」と思うか、「機嫌が悪い」と思うか、微妙なところです。

来ると、「欲しいものはないか?」と聞きます。

「ない」と答えると、「お茶とか水は?」と聞いてくるので、「じゃあお茶」と言うと、お茶と水の両方を買ってきます。

そもそも、何もいらないと言っていて、やむをえず、お茶か水の中から、お茶を選んだのに、両方買ってくるなら、この一連の会話は一体何だったのだろう・・・

この入院で、母とメールをするようになり・・・

「この前の入院のときはトマトを欲しがってたけど、今回はどうですか?」

「何も欲しくないから、何もいらない」

「ごはんにかけるふりかけとか、海苔とか持っていこうか?」

「何もいらない」

「じゃあ郵便物だけ持って夕方いきます」

そして登場した、かあちゃんの両手には、トマトがいっぱい・・・

----------------------------

先日、同じ部屋の人が、夜中に激しい痛み訴え、医師、看護婦さんらが、緊急の対応を。

「い、痛い・・・ た、助けて・・・」

たいへんな痛みのようで、聞いていて、部屋にいる他の人も、なんとかしてあげたいが、何もできない。

「うわぁー! い、痛い・・・  痛いよー おかあさん・・・」

窮地に出たひと言「おかあさん」

お孫さんも大きいようで、私より、はるかに大先輩の男性。

いくつになっても、おかあさんは偉大です。

|

« 安静 | トップページ | 退院 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1395152/37549575

この記事へのトラックバック一覧です: おかあさん:

« 安静 | トップページ | 退院 »