« 岩手⑮ | トップページ | 足の腫れ »

40℃

ようやく、復活してきました・・・

何としても岩手に出るために、岩手前の一週間は、感染症にならないように、細心の注意をはらって、すごしました。

それでも、白血球が低いためか、すぐに風邪をひいてしまい、前日も点滴をし、免疫を上げるためのありとあらゆることをして、何とか当日に、行ける状態になりました。

岩手滞在中は、もう、そんなことはすっかり忘れて、持っているエネルギーを出し尽くしたか!? というような状況で・・・

帰ってからが大変でした。

私はいったい何の病気になっているのだろう?  というような、何がどう悪いのか説明できないような、症状が出てきてしまいました。

のどが痛い、頭が痛い、全身が痛い、息苦しい、だるい、眠い、左足が激痛・・・

すべてが、ひと段落したかに思えた、先週の土曜日の夕方、身体が急変・・・

突然、身体が寒くて、震えが止まらなくなりました。

急いでダウンジャケットを着ましたが、震えは止まるどころか激しくなる一方。

歯がガクガクしだして、氷水に、全身つかっているかのよう・・・

私の人生でこんなに身体が震えたのは初めてのこと。

急激に気温が下がったとしても、こんなに寒く感じるのはおかしい。

次第に、歯のガクガクの幅が大きくなってきて、震えているというより、超高速で口を開け閉めしている感じに・・・

布団をかぶる。

寒さは、変わらない。

よく、熱を出すと、氷枕をしますが、そんなものをしたら、もっと寒くなって、凍死してしまいそう。

自分の手で身体をさわると、びっくりするほど熱い。

体温計で計ってみると、39.5度。

だいたい、熱を出すこともないし、熱が出たって、38度を超えることなどない私としては、39.5度は、未知の世界。

1時間後、再び計ると、なんと40℃。

40度って・・・  体温なのだろうか・・・  熊谷じゃあるまいし、どうなっちゃうのだろう・・・

これはいったいなんだ?

のども痛くないし、鼻水も出ないし、咳も出ない。

熱だけである。

インフルエンザかな?

とにかく熱を下げることに全神経を集中させよう。

熱を下げるには熱を外に出さなくては。

お湯をガブガブ飲もう。

ビタミンC   も補給しなくては。

みかんを大量に食べよう。

免疫力を上げよう。

しょうがをかじろう。

大量のお湯、大量のみかん、しょうが、トイレ、睡眠、着替え・・・ これを朝までの間に10回以上繰り返す。

朝8:00、体温は36.5度に。

あ~ よかった・・・

一応、こわいので、インフルエンザの検査をしに行く。

インフルエンザではないことが判明。

とりあえず、よかった・・・

どうも左足がズキズキ痛むので、見てみると、リンパ説のあたりが、かなり広い範囲で、赤くはれていて、湿疹のようにも見える。触るととっても熱いので熱を持っているようだ。

というわけで、いま病院で診察待ちでございます。

毎日のように何らかの病院に行っていて、たまたま、病院に行かない日だったのに、また病院にいます。

予約していない外来なので、かなり待つと思われます。

あの熱はなんだったのか? 左足の腫れは何なのか? もうすぐ解明されます・・・

|

« 岩手⑮ | トップページ | 足の腫れ »

心と体」カテゴリの記事

コメント

無理し過ぎだと思う ( ̄○ ̄;)

投稿: のんのん | 2010年12月 1日 (水) 09時36分

その時は、無理したつもりがないんだけど、あとから、ドッと来るんだよね・・・

投稿: すじえもん | 2010年12月 1日 (水) 15時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1395152/37887730

この記事へのトラックバック一覧です: 40℃:

« 岩手⑮ | トップページ | 足の腫れ »