« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

40℃

ようやく、復活してきました・・・

何としても岩手に出るために、岩手前の一週間は、感染症にならないように、細心の注意をはらって、すごしました。

それでも、白血球が低いためか、すぐに風邪をひいてしまい、前日も点滴をし、免疫を上げるためのありとあらゆることをして、何とか当日に、行ける状態になりました。

岩手滞在中は、もう、そんなことはすっかり忘れて、持っているエネルギーを出し尽くしたか!? というような状況で・・・

帰ってからが大変でした。

私はいったい何の病気になっているのだろう?  というような、何がどう悪いのか説明できないような、症状が出てきてしまいました。

のどが痛い、頭が痛い、全身が痛い、息苦しい、だるい、眠い、左足が激痛・・・

すべてが、ひと段落したかに思えた、先週の土曜日の夕方、身体が急変・・・

突然、身体が寒くて、震えが止まらなくなりました。

急いでダウンジャケットを着ましたが、震えは止まるどころか激しくなる一方。

歯がガクガクしだして、氷水に、全身つかっているかのよう・・・

私の人生でこんなに身体が震えたのは初めてのこと。

急激に気温が下がったとしても、こんなに寒く感じるのはおかしい。

次第に、歯のガクガクの幅が大きくなってきて、震えているというより、超高速で口を開け閉めしている感じに・・・

布団をかぶる。

寒さは、変わらない。

よく、熱を出すと、氷枕をしますが、そんなものをしたら、もっと寒くなって、凍死してしまいそう。

自分の手で身体をさわると、びっくりするほど熱い。

体温計で計ってみると、39.5度。

だいたい、熱を出すこともないし、熱が出たって、38度を超えることなどない私としては、39.5度は、未知の世界。

1時間後、再び計ると、なんと40℃。

40度って・・・  体温なのだろうか・・・  熊谷じゃあるまいし、どうなっちゃうのだろう・・・

これはいったいなんだ?

のども痛くないし、鼻水も出ないし、咳も出ない。

熱だけである。

インフルエンザかな?

とにかく熱を下げることに全神経を集中させよう。

熱を下げるには熱を外に出さなくては。

お湯をガブガブ飲もう。

ビタミンC   も補給しなくては。

みかんを大量に食べよう。

免疫力を上げよう。

しょうがをかじろう。

大量のお湯、大量のみかん、しょうが、トイレ、睡眠、着替え・・・ これを朝までの間に10回以上繰り返す。

朝8:00、体温は36.5度に。

あ~ よかった・・・

一応、こわいので、インフルエンザの検査をしに行く。

インフルエンザではないことが判明。

とりあえず、よかった・・・

どうも左足がズキズキ痛むので、見てみると、リンパ説のあたりが、かなり広い範囲で、赤くはれていて、湿疹のようにも見える。触るととっても熱いので熱を持っているようだ。

というわけで、いま病院で診察待ちでございます。

毎日のように何らかの病院に行っていて、たまたま、病院に行かない日だったのに、また病院にいます。

予約していない外来なので、かなり待つと思われます。

あの熱はなんだったのか? 左足の腫れは何なのか? もうすぐ解明されます・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

岩手⑮

つづいて、1500mの結果です!214

みんな疲れているはずなのに、タイムがよかったです!

3名がメダル獲得!

あらい 1位

藤城 3位

YASU 3位

でメダル獲得!

そして、なんと、あらいは、全体でも、2位!という快挙!

やはり、泳ぐ妄想&2キックは、イケる!?

記録は下記のとおり

215

あらい 19.12.01

藤城  20.29.61

YASU  22.46.52

百瀬  22.51.12

HIDE  26.37.72

総監督は、長距離を解禁するそうです!?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

岩手⑭

な、なんと!

211

日本新記録でした!

これには、重要な作戦がありまして・・・

直前に行われた緊急ミーティングで、一致団結するとともに、ある作戦を立てたのです。

その作戦通りに泳いだメンバーたち。

日本記録証は、メンバー全員と、チームに一枚いただけます。

全指揮をとっていただいた、総監督に一枚を。

210

| | コメント (0) | トラックバック (0)

岩手⑬

199 リレーが終わりました!

なんと、昨日のジャグジーのなまっていたおじさんは、役員の偉い人でした!

そして、結果、2位でした!

世界記録はとても無理でしたが、日本記録は微妙なところ・・・

とりあえず、日本記録は場内放送があるのですが

なかったので、日本記録は無理かも・・・です。

でも、みなさんがんばりました!

これから1500mが始まります!Ph_195

引き続き気合を入れていきます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

岩手⑫

196 男子160区分は6チームが世界記録の申請を!

ドエライ速い人たちが全国から集まっています!

あらいSSはエントリータイムでいくと、4番目。

これは3位入賞も難しい・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

岩手⑪

190  世界記録の申請を出しました。

最新の世界記録を見てびっくり!

恐ろしく速い記録に更新されていました。

でもとりあえず、申請だけはしておこう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

岩手⑩

会場に到着しました189_2

しげおさんも!188

| | コメント (1) | トラックバック (0)

岩手⑨

決戦前に・・・187_2

余裕を見せるために、スタバでリラックス・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

岩手⑧

さんまに、牡蠣、三陸の海産物の数々・・・

あ~ 楽しくない。181

練りウニ、焼き味噌、がっくら、豆麩のピザ・・・

ほんとに、楽しくないなあ~

これも明日のため。

183

あさ開、南部美人、浜娘、岩手のお酒も・・・

あ~、なんてつまらないんだ・・・

最後に「わんこそば」を・・・

あ~、楽しくない楽しくない・・・

184

| | コメント (0) | トラックバック (0)

岩手⑦

目的は、あくまで、大会である・・・176

こんなことはどうでもいいのである・・・

ちょっと気になる店を見つけたので、入ってみることにした。

すべては、大会のために!?

異常に低いのれん。

異常に狭い入り口の扉を入ると、そこには、別世界が・・・178

そこは長屋をイメージした、不思議な空間・・・

席に案内されると、大きな太鼓の音が・・・

お殿様のようなひじ掛けも。

180

| | コメント (0) | トラックバック (0)

岩手⑥

173_2 温泉の後は、繁華街へ・・・

まずは昼間に気になっていたお店へ。

珍しい、豚のレバ指とハツ刺を・・・

174

| | コメント (0) | トラックバック (0)

岩手⑤

泳いだ後は、温泉に・・・171

このあたりの夜は真っ暗。そして寒い・・・

なので、露天風呂がとっても気持ちいいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

岩手④

大会会場を視察!

「よし、明日、ここで奇跡を起こすのだ・・・」

各自アップをし、100×20 2.00 を泳ぎ

ジャグジーに入って終了!

ちょっと水温が高めだが

なかなか泳ぎやすい。

お隣のコースでは、志手さんが泳いでいた!

「あら。大丈夫なんですか?泳いじゃって・・・」

「はい! あんまり大丈夫じゃないですけど!? 明日出るので下見に来ました!」

ジャグジーでは地元の人が、大会について語ってくれるが・・・

なまりすぎていて、何を言っているのかよくわからない・・・

まあ「今年の大会は大勢になった」169_4 ということのようである・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

岩手③

165 前沢牛といわて牛です!

166

| | コメント (0) | トラックバック (0)

岩手②

いわて牛&前沢牛のランチを食べに来ました。159

今回の岩手の目的は、記録への挑戦である・・・

こんな、牛なんか、どうでもいいのである・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

岩手①

077 本日、岩手に向かって出発いたしました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

退院後

退院後、検査が続いています。

化学療法は、クールが進むにつれて、副作用が強くなるのだそうです。

前回の化学療法では、入院中に肝臓の数値が上がり、退院して1週間くらいで正常値に近い数値に戻りました。

今回は、やはり、入院中に肝臓の数値が上がりました。

しかし、昨日の採血で、肝臓の数値が、基準値に戻ったのです。

先生もボソッと・・・

「すごい回復力だなぁ・・・」

2クール目で、退院後、一週間以内に数値が戻ったことに驚いている様子。

問題の白血球は、横ばい状態。

前回のパターンで行くと、来週くらいに、最も低い数値になるはず。

とにかく、風邪をひきやすいので、十分注意をするように! と念を押されました。

順調にいくと、12月に、3クール目の化学療法をやるとのことです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

退院

採血の結果・・・

とりあえず

白血球
基準値には達していないが
上昇傾向にある

肝臓
基準値には達していないが
下降傾向にある

できるだけ多くの人がいるところには行かないように

ということで退院の許可が出ました

「明日か明後日か来週でも退院していいですよ」

「じゃあ、今日は?」

午後に退院。

そのまま、町田に直行。

町田では、日本マスターズ長距離大会が行われている。

病院着のままだけど、まあいいか。

会場に到着。

たくさんの人に声をかけていただく。

「あれ? まだ入院中じゃ・・・」

「いや、退院してきましたので!」

「まさか、出る気じゃ・・・?」

「一応水着はあるんですけど・・・」

「やめた方がいいですよ」

会う人会う人に反対される・・・

受付には、大崎会長と、喜子さんも。

「あら、あらいさん、なんでここにいるの? まさか泳ぐつもりじゃないでしょうね?」

「まさか、そんなわけ・・・ まあ一応水着は持ってきましたけど・・・」

「泳ぐなら無理しないでね」

「おっと! 泳ぐならって言いましたよね! よし、これから人に聞かれたら、大崎さんに、無理しないで泳げ!と言われたから泳ぎますって言おう!」

「まあね。やりたいならやった方がいいよ。ただし、無理をしないでね。」

「はい。ありがとうございます。」

その後も、役員さんの会う人会う人に、お話しを。

出場する選手の皆さまも、会う人会う人に、お話を。

もう自分の泳ぐ時間まで、あと20分しかない。

全く寝たきりの2週間だったので、ちょっとアップをしておこう。

とりあえず400mを泳いでみる。

思ったより動けるな。まあ無理せず行こう!

前の組では、YASUが泳いでいる

「YASU、がんばれ~!」

前の組が終わり、スタートの時が。

スタート台に上がる。

「あ~ この景色。やっぱり町田はいいなあ・・・」

そして、スタート!

800mまで、とにかく、ここちよく泳ぐ。

途中500mのコールもしっかり聞こえるように、いったん止まって顔を上げる。

お~、みんな見てるなあ・・・

1000m通過。 全然余力がある。

でも無理しないでいこう。

1300m通過。

あと200だから、ちょっと上げてみよう!

そしてゴール!

タイムは20分44秒!

お~! こんなに速かったのか! でも全然疲れてないし、ここちよく泳げた! あ~ 来てよかった!

次の組は、藤城くん。

「がんばれ~!」

次は最終組。 いつもは、ここにいるんだよな~

いつも一緒に泳ぐ皆さんが泳いでいる。

そうかあ。 いつも一緒だから、泳ぎを見たことがないなあ・・・

消防庁の人、エライ飛び出してるなあ・・・ 最初の100が1分だ! あれはきっと落ちるな・・・

武春くんは、もう、きつそうだなあ・・・ まだ200だぞ・・・

茂夫さんは、荒っぽいけど、よく見ると、とっても身体を使って泳いでいるから、距離がいっても疲労が少ないかも知れないなあ。

岡田さんは、体重も軽そうだけど、泳ぎも軽いんだなあ。

池田さんは、キックが少なくて、すべっているみたい。

杉沢さんは、ド迫力! でもとっても身体が使えていて、茂夫さんぽい。

小林くんと、平出くんは泳ぎがそっくりだなあ・・・ 腕がのびている方のアクセントの取り方もまったく同じだ・・・

生井くんは、もっと回転が遅い泳ぎかと思っていたけど、とってもテンポがいいんだなあ・・・

野村くんは、ちょっと重いなあ・・・調子悪いのかなあ・・・

でもやっぱり最終組は、迫力が違うなあ・・・

サブプールはちょっと高くなっているので、よく見える。

そうそう、小学校の時、同じスイミングで、苦楽を共にした!?雄二に会場でばったり。

彼はもう、この町田のプールで、20年くらい責任者として活躍いている。

「おい、トシローだいじょうぶかよ?」

「今日、退院したんだけど、泳ぐつもり。」

「ほんとかよ。」

まあ、彼とは思い出がたくさんある。 

特にスイミングでは、速いグループではなかった!?者同士、イヤなことを共に分かち合ってきた。

早い人たちには分からない、下にいる人の気持ちをよ~く分かっている者同士、通じるものが、いまだにある気がする。

たくさんの方に心配していただき、励まされ、とっても幸せに思います。

やっぱり、結果はどうであれ、泳ぐこと、泳げることを、幸せに感じます。

ゆっくり休養します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おかあさん

うちのかあちゃんは、よくお見舞いに来てくれます。

タイミング悪く、体調がすぐれない時に限って現れます。

何の気兼ねもないので、体調の悪い時は、体調が悪いとも言わず、黙ったまま横になっています。

「体調が悪い」と思うか、「機嫌が悪い」と思うか、微妙なところです。

来ると、「欲しいものはないか?」と聞きます。

「ない」と答えると、「お茶とか水は?」と聞いてくるので、「じゃあお茶」と言うと、お茶と水の両方を買ってきます。

そもそも、何もいらないと言っていて、やむをえず、お茶か水の中から、お茶を選んだのに、両方買ってくるなら、この一連の会話は一体何だったのだろう・・・

この入院で、母とメールをするようになり・・・

「この前の入院のときはトマトを欲しがってたけど、今回はどうですか?」

「何も欲しくないから、何もいらない」

「ごはんにかけるふりかけとか、海苔とか持っていこうか?」

「何もいらない」

「じゃあ郵便物だけ持って夕方いきます」

そして登場した、かあちゃんの両手には、トマトがいっぱい・・・

----------------------------

先日、同じ部屋の人が、夜中に激しい痛み訴え、医師、看護婦さんらが、緊急の対応を。

「い、痛い・・・ た、助けて・・・」

たいへんな痛みのようで、聞いていて、部屋にいる他の人も、なんとかしてあげたいが、何もできない。

「うわぁー! い、痛い・・・  痛いよー おかあさん・・・」

窮地に出たひと言「おかあさん」

お孫さんも大きいようで、私より、はるかに大先輩の男性。

いくつになっても、おかあさんは偉大です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

安静

骨髄抑制がひどくなってきたので

しばらく、お見舞いは、中止でお願いします。

002789

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おとうさん

ちょうど一年前、11月3日、うちの父が亡くなりました。

結局のところ、これという死因は不明。

色々と悪い条件が重なったのだと、思う他ないという感じ。

自宅のお風呂で倒れ、救急隊が1時間以上蘇生。

最終的に運ばれたのが、私が今、入院している病院でした。

私の病室の窓から、父が運ばれた救命救急センターがよく見えます。

一年前の光景が、鮮明に蘇ります。

「なんでお前がそこに入院してるんだ?」

と言われそう・・・

こんな入院生活、父だったらどうなってるだろう? なんて考えてみたり。

今どき、ちゃぶ台をひっくり返すようなタイプなので、ここの食事は耐えられないだろうなあ・・・

世界一の自己中なので、きっと病院からしょっちゅう抜け出すだろうなあ・・・

声が人一倍大きいので、うるさいと注意されるだろうなあ・・・

その注意されたことに腹を立て、暴れ出すかもしれない・・・

あ~ やだやだ・・・

最も人に会わせたくない人でした。

頭の回転の速さ、おそろしいほどの知識、なんでも器用にこなす。

いつもエネルギー全開。

思い立った時の行動力。

こんなにせっかちなボクに「お前はグズだなあ」と言う。

何一つ、かなわない。

人づきあいが嫌い。 好きなことだけする。

84歳になっても、年を聞かれると、平然と「35歳です」と言う。

世界一の変人。

でも世界一尊敬しています。

ほとんど会うこともなかったのに、会いたくなりました。

退院したら、お墓まいりに行ってみよう・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

骨髄抑制

ガンが分かってから、次々と知らなくていい言葉を知る機会が増えました。

リンパ節、郭清、植皮、生検、原発、遠隔転移・・・

「いま、心配なのは、骨髄抑制なんですよね~」

まあ次々と、色々な用語が出てきます。

今、わたしの課題は「骨髄抑制」だそうです。

抗がん剤は、悪いガンをやっつけるのと同時に、やっつけなくていい、いい組織もやっつけてしまいます。

自分が骨髄を作ろうとしているのに、それ以上の骨髄をやっつけてしまうので、免疫力が低下してしまうのだそうです。

これ以上、骨髄抑制が進むと、無菌状態の新たな点滴が始まるそうで・・・

がん宣告をされてから、今までに聞いたことのない言葉が次々出てきます。

入院生活も慣れたもので、看護婦さんの言う言葉の意味がわからないことが多かったのですが、いまではすっかり・・・

おかげで、これまで病気に無縁だった私ですが、病院通になってしまったようで・・・

今じゃ毎日、こんな会話ですよ。

「あらいさんケンオンです。このあとサイケツで、そのあとゾウエイのエムアールだからチショクだね。ペンレスだけ置いていくね」
「は~い」

「エムアールは、オンコールだから、先にフェロンかも」
「はい。わかりました。」

「ちょっと待ってね。ダカルバジンは、ダブルチェックだから。ミンザイいる?」
「だいじょうぶです!」

いつの間にか、常連患者って感じですよ。

骨髄抑制は、本当にこわいことのようなので、十分注意しないと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

化学療法・10日目(2クール)

化学療法、ついに千秋楽を迎えました!

あ~
とりあえず、終わってホッとしました。

え~、では、無事終わったところで、ボクからぼくに感想を・・・

「いや~ お疲れさま! つらい治療だったね。」
「そうだね~ なんだかなんだ、10日間は長かったね~」

「前回の治療とくらべてさ、今回はどうだった?」
「やっぱりね、今回の方がきつかったね。特に気持ち悪さとだるさは、今回の方が上って感じかな。」

「そう言えばさ、食欲がなくて、パンしか食べられないって言ってた時、あったよね?」
「そうそう。 あの時はさあ、パンばかりかじってたよ。」

「パンをガリガリって?」
「そうそう。 ガリガリってね!」

「おかげで、ガリガリになっちゃったって?(笑)」
「ははは~ よせよ~(笑)」

「ははは・・・(大笑)」
「ははは・・・(大笑)」

くだらない・・・

「なんかさ、夜も眠れなかったんだって?」
「そうだね~ 2日くらい、明け方近くまで眠れない日があったね。」

「眠れないときは、どうしたの?」
「まあ、入院してるからさ、昼間も眠れるし、あまり気にしなかったけど。 そう言えば、まくらは、いろいろと変えてもらったな~」

「まくら変えたら眠れた?」
「ぜ~んぜん!」

「まくらかえて、お先 まっくらって?(笑)」
「ははは~ よせよ~ お先 真っ暗なんてよ~ ガンなんだぜ~(笑)」

「ごめん、ごめ~ん ははは・・・ ガンだけに がんばれって?(笑)」
「もう、よせってば・・・ ははは・・・(笑)」

ばからしい・・・

しかし、このバカバカしすぎるくらいのことでもないと、ただただ24時間きついだけの10日間は乗り切れません・・・

とりあえず、笑って終われて、よかったよかった・・・

あとは、明日朝の検査結果を待つのみ。

色々な数値がよければ、今週末の退院となりそうです。

---------------------------

今朝の「ペンレス大実験」の結果です。

おどろくべき結果となりました。

ペンレスなしで挑んだ本日の「インターフェロン」ですが・・・

な、なんと、これまでと、全く変わらない痛みでした…

つ、つまり・・・

私には、麻酔テープが全く効いていなかった ということがわかったのです。

や、やっぱり・・・

痛すぎるはずだ・・・

おまけに、本日のインターフェロンですが、ごていねいに、12カ所も、注射を打っていただきました。

打っている最中は、あまりに痛いので、ベッドの柵に両手で002897 しがみついているので、何カ所に注射したのかは、その時は分かりません。

終わって、ガーゼを当てて、シャワーの時などで、ガーゼをはがした時、ガーゼについている血の数でわかるのです。

いつもは、6個~8個の血の跡があるのですが、今日は12カ所も血の跡が…

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ペンレス

化学療法は、抗がん剤の話ばかりでしたが、もう一つの化学療法「インターフェロン」も同時に投与しています。

このインターフェロンというのは、とっても痛い、001 皮下注射です。

しかも1回の治療で、6~8か所も注射をするのです。

一つ一つの注射が、叫び声を上げるほど痛いです。

それを6~8回やって、その日のインターフェロンが終わりです。

それを、抗がん剤とは別に、毎日行います。

毎日、午前10:00が、インターフェロンの時間になります。

わたしのチームの、どの先生が、インターフェロンをやるのかはわかりません。

どの先生にやられても、痛いことは痛いのですが、それでも、やる人によって、多少痛みが違う気も・・・!?

インターフェロンは、ホントに痛いので、少しでも痛みを和らげようと、「ペンレス」という、麻酔テープを貼ります。

他の病院から来た先生の話だと、「前の病院では、ペンレスを貼らないで、インターフェロンを打っていたので、ここは親切だなあと思いましたよ。」と。

ペンレスとは、透析をする人のために、注射の痛みを少しでも緩和できるように・・・と開発されたものだそうです。

このペンレスは、貼ってから2時間後くらいに効くということ。

私の場合は、午前10:00にインターフェロンなので、午前8:00にペンレスを貼ります。

今日でインターフェロンも最終日。

前回と合わせると、20回目のインターフェロン。

累計160回の注射をしたことになります。

ここにきて、一つ疑問なことが…

このペンレスというのは、果たして本当に効いているのだろうか?

ペンレスなしでインターフェロンをしたことがないので、どのくらい痛みが緩和されているのかわからないのです。

先生方の話だと、ペンレスは全然効かない人がいるとか、元々たいした効果はないとか、確実に効果はあるとか・・・

本当効いているのかどうか疑問に思ったのは、単純にものすごく痛いからなんです。

仮にペンレスがなかった時に、これ以上痛いということが考えられないのです。

そこで、身体を張った、大実験を試みてみようかと…

本日のインターフェロン最終日は、「ペンレスなし」でいってみようかと・・・

せっかく麻酔テープがあるのに、それを使わずに痛い注射をしてみようということです。

先生たちも意見は様々・・・

「ペンレスは貼った方がいいと思いますよ~」
「でもペンレスがどのくらい効くのか知りたい!」
「わざわざ痛い思いするなんて・・・」
「やってやって!」

「痛みは全く変わらない」が私の予想です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

口内炎

04040 昨日より、たくさん、更新しています。

ネタはたくさんあるのですが、更新する意欲がでないというか、もうちょっと元気になったらにしよう・・・と

そんな事を思っていると、忘れてしまうのですよね。

これも前回の入院の時に載せようと思っていて、そのままになっていました。

たくさんある抗がん剤の副作用の一つに「口内炎」があります。

結局、今のところ、口内炎はできておりませんが、口の中がピリピリした感じ、のどに近い部分の痛み、舌がしびれる・・・と、このような症状は出ています。

口内炎ができてない理由は、これのおかげです!!

これは、たびたび講習会にいらっしゃる、子供のころからモデルとして活躍されていたという「美人歯科衛生士」の方から素晴らしいものをいただきました。

「これ、口内炎になりにくい歯磨きセットです!  これで、バッチリ!!  口内炎にならないですよ~!   あと、つらい治療がんばってくださいね!  私からパワーを送ります!!  え~い!!」

・・・と、パワー入りの歯磨きセット!?

おかげで口内炎になりませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お見舞い

だいぶ元気になりました。00222

本日よりお見舞いにいらっしゃる方はどうぞ

ただ、いつ体調が変わるか、わからないので、一日2時間程度で・・・

本日のお見舞いは午後1:00~3:00の間でお願いします。

メールをいただければ、病室など詳細を送ります!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

遮光

化学療法で投与する抗00588_3 がん剤は、3種類あります。

どれもそれなりに強い薬だと思いますが、その中でも、一番強い抗がん剤を投与する際は「遮光」をします。

遮光とは、光を当てないということで、光を当てることで薬自体も何か化学反応してしまうのか、よくわかりませんが、自覚症状としては、光が当たると、血管痛がひどくなります。

遮光するためには、専用の遮光袋があって、初日は、元の部分だけ遮光袋をしていたのですが、やはり血管痛がひどいので、すぐに管全体に遮光をしてもらいました。

とにかく、せんせいたちが、この遮光をした点滴を持ってくるだけで、近所のベッドに患者さんたちは「なにか大変なことが始まるみたいだぞ・・・」という雰囲気みたいです。

たしかに。 これ、あやしすぎます・・・

00788

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すじえもん

これが激ヤセ後です。

まくらに頭をつけたまま、写真を撮ると、何度やってもピントが合わなくて、とにかくシャッターを押し続けていたら、これが一番鮮明な写真でした。Snapshot_20101101_2

もうめんどくさいから、これでいいや。

あ~、疲れた・・・

| | コメント (3) | トラックバック (0)

化学療法・7日目(2クール)

昨日は、一日中、いい調子だったのですが、今日は、特に午後から、とっても身体がだるく、左半身が凝り固まっているような感じです。

首から肩から腕から足まで、左半身をマッサージされたいような・・・

今朝の採血で、白血球の数値が上がっていました。

よかったよかった。

そもそも白血球は、抗がん剤を投与して10日後以降から下がるはずなので、下がり始めるのが早すぎたので、どういうことだろう? と思っておりました。

先生も、骨髄の異常も考えていたとのこと。

とりあえずよかったです。

しかし、やはり、肝臓の数値は、前回よりもさらに上がっておりました。

たぶんこのだるさは、抗がん剤+肝臓の数値の上昇によるものだと思われます。

肝臓の項目の中でも、特に上がってしまうのが「AST(GOT)」と「ALT(GPT)」です。

4日前よりも2倍以上、上がっています。

やはり、まだご飯よりパンという感じで、365日3食ごはん党の私としては、考えられないくらいパンを食べています。

特に朝食のパンは、むしろご飯よりおいしく感じてきました。

ここに入院するたびに、食の好みが変わってきているような気が・・・

今なら、退院してからも、朝昼晩とパンでもいけるかも。

そうそう、わたしのPCには「WEBカメラ」が付いていSnapshot_20101026_4 て、それで自分を撮影してみました。

激ヤセぶりがわかるかと・・・!?

とりあえずこの写真が、入院した日です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »