« リンパの病院 | トップページ | 訃報 »

むくみと腫れ

7月の一回目の退院直後、突然、足の太さが2倍くらいになってしまいました。

しかも、腫瘍外来から帰ってすぐのこと。

今病院に行ったばっかりなのに、どうして??

すぐに病院に電話を…

「どうされました?」
「あのう、今、腫瘍外来から戻ったところなのですが、足が2倍くらい太くなってしまって…」
「足がむくんでいるということですか?」
「はい。2倍くらい。」
「足が腫れているということですか?」
「はい。2倍くらい。」
「むくんでいるのですか? 腫れているのですか?」
「むくんでいるし、腫れているし、とにかく太くなっているんです。」

この時、まだ、むくみと腫れの違いがよくわからずにいました。

足がふくらむ状態に変わりはないのですが、「足がむくむ」のと「足が腫れる」のは大きな違いがあって、その対処法も全く違ってきます。

むくみは、足全体が太くなります。

皮膚の色は変わらず。

私の場合ですと、ひざのお皿にあたるところが肉で覆われてしまって見えなくなり、足首もくるぶしが見えなくなりました。

ホントにちょうど2倍くらいの太さになって、普段ゆるゆるの短パンが、左足だけ入らなかったので、驚いたのですが、もっとひどい人の写真などを見ていたので、とりあえず慌てることはありませんでした。

むくんでいる状態は、痛みはそれほどなく、動きにくくなったり、気分が悪かったりということが主です。

腫れるという状態は、これも足全体というよりは、前側(リンパ管側)が太くなります。

でも足の後ろ側を見ることはほとんどないので、前方からの見た目には腫れとむくみの違いはわかりにくいです。

腫れるの特徴は、熱を持っていて、触ると熱いのと、色が赤い。

皮膚の表面をさするだけで激痛という感じです。

こうなってしまうと、冷やすか、それでもおさまらないようだと、抗生剤を飲むしかありません。

ケアを怠ると、むくみはすぐに出てくるし、ちょっと足を下ろす時間が長かったり、動きすぎたりすると腫れてくるので、なかなか大変です。

一日のうちで、このむくみと腫れがある日もあります。

朝むくんでいて、昼ころ腫れてきて、夕方おさまって、夜むくむ…

むくんだら、足を上げて、マッサージ。

腫れたら冷やして、安静に。

むくみと腫れが同時に起こったら、マッサージはせずに、足を上げて、冷やす。

全くこのような知識がなかった、初めての足のふくらみは、強烈な腫れとむくみの両方が同時に起こったのだとわかりました。。

この時、どうしたらいいのか、とりあえず、触ると熱かったので、無意識にアイスノンで冷やしていました。

これがいい対処だったようです。

むくみと腫れの違いが分かれば、かなりのリンパ通!?

|

« リンパの病院 | トップページ | 訃報 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1395152/36652178

この記事へのトラックバック一覧です: むくみと腫れ:

« リンパの病院 | トップページ | 訃報 »