« 入院11日目 | トップページ | ひとりごとの回答 »

ひとりごと

たいしたことではないので

さらっと 聞き流してください

さらっと…

ガンについての知識が、この数カ月で、とってもついてしまった私でございます。

こういうことは、当事者にならないと、深く知ろうとはしないです…たぶん

現代の医学では、ガンいう病気のとらえ方が、昔と変わってきていてます。

どの部位のガンでも、循環器も呼吸器も人間の身体は、それぞれが関連し合っているので、その部位の問題としてとらえるのではなく、身体全体として、その人間全体としてとらえる、という考え方になってきているようです。

例えば胃ガンの人の場合、胃を良くしようと胃の治療ばかりするのではなく、その人自体の生活習慣から、生活環境などを改善していくことが、大事なのだということです。

特に「気持ち」は、とっても重要な要素で、気持ちが前向きか、そうでないかだけで、その後の経過に、雲泥の差が出てくるようです。

毎日毎日、笑っているだけでガンが消えた人もいるようです。

病院内で、ガン患者の集いみたいなものがあって、そんなところに顔を出してみたりもしました。

自分が好きなこと、楽しいと思えることを、積極的に行うことは、非常にいい結果になることが多いという、お話を聞かせていただきました

え~ ここからが本題でございます。

何が言いたいのかというと、私はこのままいくと、明日退院となりそうです。

明後日に、三浦海岸で4kmの遠泳大会があります。

約3ヶ月以上、泳いでいません。

泳いでないどころか、ほぼ寝たきり状態で、退院後も車イスが主だったため、運動もゼロです。

でも ゆっくりのんびり泳いでみちゃうっていうのは、どうなんだろうなあ? なんて思ったりして…

途中できつかったら、やめればいいし…

私にとって、泳ぐことは、何よりも、前向きな気持ちになれる手段なんです。

肝臓も数値も正常値に近くなってきたし、白血球の数値も、超ギリギリ正常値を保っているし…

考えてみれば、運動をしていない3ヶ月のうち、入院してる期間がほとんどなんですよね。

ダメだと思うんです。

ダメどころか、明日に退院できないかもしれないので、そうなると不可能な話になります。

聞くだけ聞いてみるのは、問題ないですよね? 聞くだけですから…

今日は、4人の先生の診察があるので、ちょっとなんとなく聞いてみようかと…

先生に聞く前に、検温に来た看護婦さんに、ちらっと聞いてみました
「あのね、たぶん明日退院ってことになりそうなんですよ」
「よかったですね~ 抗がん剤、つらかったからね…」
「それでね。退院した翌日に、海で4km泳ぐレースがあって、それに出ていいですか?って先生に聞いてみようかなぁ~なんて…」
「あら~。あらいさん、かわいそうに。抗がん剤で頭がおかしくなっちゃったのかしら?」
「い、いや。そ、そうですよね。おかしいですよね。ボクどうかしてたかなぁ…」
「まあ、先生に聞いてみたら? いいと言うはずがないと思いますけど…」
「そ、そうしてみます…」

あくまで「ひとりごと」ですので…

|

« 入院11日目 | トップページ | ひとりごとの回答 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

その気持ちが大事up

「ひとりごと」でなくなると良いですねsign03

投稿: みきちゃん | 2010年8月20日 (金) 16時33分

「いいと言うはずがない」かもしれませんが、私もそのチャレンジする前向きな気持ちがいちばん重要なのではないかと思います。
なにもできませんが、応援しています。がんばれー!!

投稿: 月島マダム | 2010年8月20日 (金) 16時38分

うわ!

二人もコメントが来てるではありませんか!


わ~い わ~い

こういうのって、コメントにコメントするものなのですか?
ブログのルールを
よくわかってないのですが…

まあいいか

どなたか わかりませんが
ありがとうございます!!

前進あるのみでがんばります!

投稿: すじえもん | 2010年8月20日 (金) 22時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1395152/36262967

この記事へのトラックバック一覧です: ひとりごと:

« 入院11日目 | トップページ | ひとりごとの回答 »